科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
ぷるるん♪冷たい!お酒?プチハイゼリーってなに? リモートデスクトップ サーバーカウボーイ 最安値オークション

 チリ鉱山事故、次々救出
 南米チリ・コピアポ郊外のサンホセ鉱山で起きた落盤事故で地下約700メートルに閉じこめられた作業員33人を引き上げる作業が12日午後11時すぎ(日本時間13日午前11時すぎ)に始まり、13日午前8時(日本時間同日午後8時)すぎまでに9人が救出用カプセルで地上に戻った。8月5日の事故発生から70日目。同月22日に全員の生存が分かって以来、2カ月近くにわたって続いた救出作戦が、最終局面を迎えた。

San José

 最初に救出されたのは、現場の副責任者フロレンシオ・アバロスさん(31)。33人のうち唯一のボリビア人だったカルロス・ママニさん(24)や最年少のジミー・サンチェスさん(19)、最年長のマリオ・ゴメスさん(63)らが次々と救出された。今のところ、生還者の健康には問題はない模様。救出順は健康度や鉱山での経験に応じて決められ、33人のリーダー格だったルイス・ウルスアさん(54)が最後になる予定だ。

 鉱山の救出専門家、マヌエル・ゴンサレス氏が12日午後11時20分ごろ、救出カプセル「フェニックス(不死鳥)」に乗り込んで縦穴を下り、16分後に地下の坑道に到達。作業員と抱き合い、握手を交わした。

 救出作業の手順の説明の後、アバロスさんを乗せたカプセルが午後11時55分、救出責任者の「引き上げを命じる」の指令とともに上昇を開始。カプセルの先端が地表に顔を出したのは約15分後の13日午前0時10分。ほぼ、事前の想定通りだった。その瞬間、作業員の家族たちが過ごすテントのそばで、チリ国旗をデザインした数十個の風船が宙を舞った。

 カプセルから出たアバロスさんは目を保護するためのサングラスをしており、テレビ中継の映像では表情は見えなかったが、憔悴(しょうすい)した様子はうかがえず、歩み寄った息子を強く抱きしめた。

 チリのピニェラ大統領はその後、現場で演説。「我々は信仰と希望の価値を学んだ」と語り、「この本物の偉業のための記念碑をつくり、そして我々の記憶にとどめよう」と呼びかけた。(asahi.com 2010年10月13日)

 チリ鉱山落盤事故とは?
 事故が起きたのはチリ北部コピアポ近郊で金や銅などを採掘しているサンホセ鉱山。2010年8月5日サンホセ鉱山の地下400メートル地点で落盤事故が発生した。事故発生当時、33名が採掘 作業を行っていたが、この落盤事故の影響で坑内に閉じ込められた。

 生存は絶望視されていたが、救助隊は確認のために地下700mにある避難所まで直径8センチのドリルで穴を掘り、ドリルを引き上げたところ、事故から17日経った22日にドリルの先端には赤い文字で「我々33名は待避所で無事である」旨をスペイン語で手書きされた紙が括りつけられているのを発見、坑内に閉じ込められた33名が地下700mの避難所で生存していることが確認され、さらにはこの中にはある従業員による妻宛に自分が元気であることを伝えるラブレターなども含まれていた。

 そして救助隊が直径10センチとなった穴にファイバースコープを挿し込むと地下の鉱員の顔が映し出され、翌23日には音声での通話に成功している。

 避難所には食料や水が備蓄され、通風口が継っていたため、彼らは生存していたが、彼らが発見されていたときあと2日分しか残っていなかった。避難所の広さは約50平方メートルだが、長さ約1.8キロの坑道に通じており、自由に歩き回ることができ、排泄物も場所を決めて坑道奥に廃棄している。33人は坑道内のトラックのバッテリーを使ってヘッドライトを充電し、光源にしていた。

 地下の生活
 作業員たちがいた避難所は地下624メートル、広さ約40平方メートル、天井の高さ4メートルの場所。直径15センチほどの穴から、食料や衣類などを受け取っていた。中には人が移動できる坑道が2キロあり、そこを「寝る場所」「食べる場所」「その他必要な場所」の3種類に分けて、救助を待ち続けていた。

 9月に入ってからは4人が虫歯に悩まされ、抗生物質・痛みどめ・特殊な歯ブラシなどを配給した。また、坑内は温度35度、湿度90%という悪環境であるため、水虫・皮膚炎・擦り傷などにも悩まされており、塗り薬、乾いた空気を送り込むなどしているが、いずれも根本的な解決には至っていない。

 地下まで商用電源が届き、地下での照明などが確保された。当初禁止された喫煙であるが、換気の目処がついた為許可され、タバコも配給されるようになった。清潔なシャツや組み立て式簡易ベットも送り込まれ、順次体力のない職員に割り当てられた。要望があった酒類の提供は禁じられた。

 救出スケジュール
 一方、彼らを救出するために直径70センチの穴を、地下700mまで掘り進むことになり当初救出まで4ヶ月かかると考えられた。

 この事実は、地下で救出を待つ作業員らには、精神面での問題から伝えられていなかったが、後ほど大統領より「クリスマスまでには助け出す」というメッセージとして救出までの時間が長期に渡ることが知らされた。

 当初は12月のクリスマスの時期までかかるはずだったが、通気口用にあけた穴を広げる工法に切りかえて突貫工事を進めた結果、救出までの期間は大幅に短縮された。

 10月6日には、掘り進めていた3つの穴のうち、プランBの穴があと残り100mになったと報道された。予定通りなら10月中旬救出できる見込みとなった。10月9日には、あと1-2日で穴が貫通する予定だと報じられた。

 10月10日早朝に、プラン-Bの掘削機が地下の避難所まで貫通したとのニュースが流れ、世界中から集まった報道クルーは合計で2500人に増えた。現地はごったがえしており、コピアポ市役所の炊き出しが足りなくなるアクシデントに見舞われた。先に医師と看護師の2人がカプセルで地下の避難所まで降りて33人の健康状態を確認した為、最終的には35人を救出することになった。

 日本時間13日午前11時すぎ(現地10月12日午後11時すぎ)についに1人目が救出された。日本時間10月14日、0時10分現在、15人目が救出されている。

 チり、サン・ホセ鉱山とは?
 サン・ホセ鉱山 (el yacimiento San JoséまたはEl mina San José) は、コピアポの45km北に位置する。鉱山を所有するのは、ミネラサンエステバン社。

 チリは鉱業国として長い歴史を誇り、今や銅生産量で世界一として知られている。しかし、一方で発掘現場のセキュリティ面は最先端技術ばかりではなく、古くからの発掘方法で掘り進めている為、2000年から年平均で34人が採掘中の事故により亡くなり、特に2008年には43人の命が失われている。この鉱山でも死亡事故を含む複数の事故が起こっており、政府は2010年7月から、鉱山所有会社らに坑道の強化に失敗している旨の警告を発していた。

 銅鉱石と銅の製錬
 銅鉱石を構成する鉱石鉱物には、次のようなものがある。自然銅(Cu)、輝銅鉱(Cu2S)、斑銅鉱(Cu5FeS4)、銅藍(コベリン:CuS)、黄銅鉱(CuFeS2)、硫砒銅鉱(Cu3AsS4)、安四面銅鉱((Cu,Fe,Zn)12Sb4S13)、赤銅鉱(Cu2O)、黒銅鉱(CuO)、藍銅鉱(Cu3(CO3)2(OH)2)、孔雀石(Cu2(CO3)(OH)2)

 銅鉱山で得られた黄銅鉱(主成分CuFeS2)にコークスのほか融剤として石灰石とケイ砂を加えて溶錬炉で溶融し、鉄分を除く。銅分は銅マットや銅鈹(どうかわ。銅精製への中間製品。硫化銅と硫化鉄の化合物から成る)の形で濃縮される。同時に生じる鉄分はケイ砂によって取り除かれる。また、ケイ砂と石灰石からケイ酸カルシウムが生成し、これが融剤として銅の融点を下げる。

 そして、銅マットを転炉に入れて、空気を吹き込んで不純物(硫黄、鉄など)を酸化除去し、粗銅(銅含有率は約98%)を精錬する。このとき2000℃を越える高温になり、還元される。

 その後、粗銅は電解精錬によって、99.99%以上の純銅に精製される。電解精錬によって得られた銅は電気銅とも呼ばれる。精錬方法により、純銅はタフピッチ銅・脱酸銅・無酸素銅などと分類される。高真空中で溶融すると、含まれる酸化銅(I)が揮発して除かれ酸素含有量の少ない地金が得られる。(Wikipedia)

 

参考HP Wikipedia「サン・ホセ鉱山事故」「銅鉱石」 

図解サイエンス 鉱物の不思議がわかる本―色・形・性質はどうして違うのか?150種以上の鉱物・宝石をビジュアル解説

成美堂出版

このアイテムの詳細を見る
地球スペシャル標本 宝石 (原石) コレクション 21種類

富士コスモサイエンス

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please