科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
ライブコミュニケーション! 出会いをサポート! ネットショップレンタルサーバー

 ピロリ菌とは何か?
 ピロリ菌とは、ヒトなどの胃に生息するらせん型の細菌である。正式名はヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)である。1983年 オーストラリアのロビン・ウォレン(J. Robin Warren)とバリー・マーシャル(Barry J. Marshall)により発見された。

 胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって強酸性であるため、従来は細菌が生息できない環境だと考えられていたが、ヘリコバクター・ピロリはウレアーゼと呼ばれる酵素を産生しており、この酵素で胃粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する。このとき生じたアンモニアで、局所的に胃酸を中和することによって胃へ定着(感染)している。この菌の発見により動物の胃に適応して生息する細菌が存在することが明らかにされた。

pylori

 ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌やMALTリンパ腫などの発生につながることが報告されている。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となりうることが明らかになっている唯一の病原体である。2005年、ウォレンとマーシャルはピロリ菌発見の功績により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

 ピロリ菌は世界人口の約半数が感染しており、日本でも50代以上の半数以上が感染している。ピロリ菌でなぜ発癌するか?については、ピロリ菌が分泌する病原因子CagAというタンパク質が最も重要であると考えられている。このタンパクが胃上皮細胞内で「リン酸化」される結果、細胞増殖にかかわる活性化補助因子である「β-カテニン」が発がん関連遺伝子の転写を促進することが分かっている。 

 ところが、悪役であるピロリ菌にアレルギー性気管支ぜんそくの予防効果があることがわかった。どういうことだろう?

 気管支ぜんそくをピロリ菌で予防?
 ピロリ菌から抽出した物質を生後まもないマウスに与えるとアレルギー性気管支ぜんそくの予防効果があることを筑波大などの研究チームが突き止め、12月13日の米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーションに発表した。アレルギー疾患に効く予防薬開発が期待できそうだ。

 研究チームは、胃炎などを引き起こすピロリ菌が作る「ChAcG」という物質に着目。この物質を生後2週間のマウスに与えた後、アレルギー物質を投与したが、気管支ぜんそくの発症を抑え込むことができた。生後8週間のマウスでは同様に投与しても効き目はなかった。

 また生後2週間のマウスをインフルエンザに感染させた後、アレルギー物質を投与すると、同様に感染させた生後8週間のマウスに比べ、気管支ぜんそくの発症が大幅に抑えられた。

 免疫系の発達期にChAcGを投与されたり、インフルエンザに感染することで、細菌やウイルスを攻撃するリンパ球(ナチュラルキラーT細胞=NKT細胞)が活性化し、アレルギーを抑える物質を大量に分泌させたとみられる。

 幼少期に細菌やウイルスにさらされる機会が少ないと、大人になってアレルギー疾患にかかる危険性が高いという既知の仮説を実証した形だ。

 筑波大大学院数理物質科学研究科の島村道夫研究員は「ヒトの予防薬は近い将来、実用化が十分可能だ。食物アレルギーなど他のアレルギー性疾患にも効くだろう」と話している。(毎日新聞 2010年12月14日) 

 ブロッコリーにピロリ菌抑制効果
 胃がんのリスクを5倍以上に高めるといわれているピロリ菌だが、抗生物質による 除菌率は年々低下しており、除菌治療の補完的方法が求められている。それを一般の 食品で行うことを目的に探索した結果、ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンが注目されている。

 これまでに、スルフォラファンの抗ピロリ菌効果について、スルフォラファンを豊富に含む ブロッコリースプラウトをピロリ菌感染患者に投与する臨床試験を実施し、ブロッコリースプラウトの摂取によって、胃内のピロリ菌数が減り,胃炎が軽くなることが確認されており、この研究成果は、米国がん学会オフィシャルジャーナル「Cancer Prevention Research」2009年4月号に掲載されている。

 今回の研究では、スルフォラファンを含めて、抗ピロリ菌作用が報告されている4つの 食品成分(母乳由来のラクトフェリン、緑茶由来のカテキン、ウコン由来のクルクミン、ブロッコリースプラウト由来のスルフォラファン)のピロリ菌に対する抗菌作用を比較した。 今回の実験で、スルフォラファンは、他の食品成分よりも明らかに強い抗菌効果を持つことが確認された。

 これまでの研究で、スルフォラファンは他の食品成分とは異なり、私たちの体の免疫能力を高める作用も有することが 明らかになっているので、どの食品成分よりも強力で確実な胃がん予防効果を持つことが期待されている。 
 
 食品による菌の抑制
 近年、食品によるピロリ菌の抑制効果が確認されている。発芽3日目のブロッコリーの新芽(スプラウト)を2ヶ月間継続して食べた感染者において、胃の中に住むピロリ菌が減少したとの報告がされている。ブロッコリーの新芽に含まれるスルフォラファンが有効成分の1つと考えられている。また、梅に含まれるシリンガレシノールというリグナンの一種もピロリ菌の増殖抑制や胃粘膜への感染防御に有効であることが発見された。

 このほか、緑茶、緑茶カテキンやココア、ヨーグルト、コーヒー、わさび、ショウガ、ニンニク、キムチ などでも抑制が報告されている。さらに、ニュージーランド特産の蜂蜜であるマヌカハニーも、ピロリ菌駆除力を持つことが報告されている。

 ただし、これら多くの食品による抑制効果は限られた調査対象や動物実験を基にしたものがほとんどである。また、特定の食品だけを過剰に摂取することは(たとえピロリ菌に対しては効果があったとしても)、全身の健康にとって良くないことは容易に想像できる。ヘリコバクター・ピロリ関連疾患の現実的かつ実践的な予防対策として、広範囲な疫学調査に基づき広く受け入れられているのは野菜と果物の摂取、および減塩である。


参考HP Wikipedia「ピロリ菌」・村上農園スプラウト王国「
ブロッコリーに抗ピロリ菌作用」 

21世紀の知を読みとく ノーベル賞の科学 【生理学医学賞編】
矢沢サイエンスオフィス
技術評論社
DEMECAL(デメカル)ピロリ菌検査キット(胃がんリスクチェック)
DEMECAL(デメカル)
(株)リージャー

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please