科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
天然オリゴ糖で便秘解消! 薬剤師の求人・求職はファーマネット! 骨盤らくらくウォーキング スパッツ
 
 氷河とは何か?
 氷河(glacier)は、山地では重力、平坦な大陸では氷の厚さと高さによる圧力によって流動する、巨大な氷の塊である。氷河は、山がちな、または傾斜した地形に、複数年にわたって氷や雪が堆積し、万年雪が圧縮されることでできる。下部には過去の氷期にできたものが融けずに残っている。氷河は侵食、堆積を活発に行い、独特な氷河地形を生む。

 地球の気温と氷河は密接な関係があり、海進、海退の原因となる。現在陸上に見られる氷河は、南極氷床、グリーンランド氷床を最大級として、総計1,633万km²に及び、陸地面積の約11%を覆う。近年は地球温暖化の影響でその縮小が激しく、問題となっている。

Omaezawa 

 日本に氷河は残っているか?
 氷河でできる地形としては、立山連峰で、1905年(明治38年)に日本で最初に発見され学術的に記載された圏谷「山崎カール」がある。以後、多くの圏谷を含む氷河地形が国内で発見・調査され、日本に氷河時代が存在したことが証明された。

 これまで、氷河が過去にあったことを証明する地形は発見されたが、氷河自体は日本には発見されておらず、極東アジアの南限はカムチャツカ半島とされていた。

 ところが、立山の「御前沢カール」に、氷河の可能性のある「氷体」が発表された。2009年9月に北海道大で開かれた日本雪氷学会で、立山カルデラ砂防博物館の福井幸太郎学芸員(36)が発表。話題を呼んでいた。

 「御前沢カール」と呼ばれる雪渓に広がる「氷体」は、長さ700メートル、最大幅200メートル、厚さ30メートルで国内最大級。同博物館は実際に動いていることを確かめるため、10月から全地球測位システム(GPS)を使った測定を開始した。2010年10月には氷河であるかどうか結果が分かるという期待が高まっていた。

 日本にも氷河現存! 
 今回、氷体が氷河であるかどうかの結果が発表された。北アルプス立山連峰の雄山(標高3003メートル)にある御前沢雪渓で進められていた氷河調査は、雪渓下の氷体は「現存する氷河である可能性が高い」とする調査結果が30日、報告された。9月下旬からの全地球測位システム(GPS)での氷体の移動調査で、1カ月間で最大約30センチの動きが確認された。氷体そのものの移動が正確に確認されたのは国内では初めてだ。

 同日に東京都立川市の国立極地研究所で開かれた「第33回極域気水圏シンポジウム」で立山カルデラ砂防博物館(富山県)の飯田肇学芸課長と福井幸太郎学芸員が発表した。

 調査は今年8月末から、日本最大級の越年雪渓である御前沢雪渓(長さ700メートル、幅200メートル、厚さ最大30メートル)で実施。雪渓にドリルで直径5~6センチの穴を開け、氷体に届くよう高さ3メートルのポールを11カ所に埋設。先端にGPS用の機器を取り付け、9月下旬から移動データをとった。

 雪渓下の氷体は中央部にあるモレーンと呼ばれる丘を境に上流部と下流部に分かれており、下流部の方が氷体がぶ厚い。調査の結果、下流部では、約 1カ月間で 6~30センチの幅で、雪渓の傾斜方向に向かって氷体が移動していることが確認された。上流部では 1~2センチしか動いておらず「誤差の範囲を出なかった」という。 (asahi.com 2010年12月1日)

 氷河期とは何か?
 氷河期(ice age)は、地球の気候が長期にわたって寒冷化する期間で、極地の氷床や山地の氷河群が拡大する時代である。グリーンランドと南極に氷床が存在する現代、我々は未だ氷河期の中にいることになる。最後の氷河期は1万年前に終了したということになる。科学者の多くは氷河期が終わったのではなく、氷河期の寒い時期「氷期」が終わったとし、現在を氷期と氷期の間の「間氷期」と考えている。  

過去数百万年は、4万年から10万年の周期で多くの氷期が起こり、これについては研究がさかんに行われている。各氷期と間氷期ではそれぞれ平均気温が異なり、最近の氷期では年平均気温で7-8℃以上低下したというデータもあるが、「気温何度から氷期」というわけではない。その間にも小氷期、小間氷期が認められる。ヨーロッパでは「ギュンツ」、「ミンデル」、「リス」、「ウルム」の4氷期に区分されている。

 現在は間氷期?
 最近の氷期が終わったのは、1万年ほど前である。現在は典型的な間氷期が1万2000年ほど続いていると考えられているが、氷床コアデータによる精密な時期の断定は難しく、世界的な寒冷化をもたらす新しい氷期が間もなく始まる可能性もある。今のところ「温室効果ガス」を増加させている人為的な要因の方が、ミランコビッチの軌道周期のどの影響よりも重いだろうと信じられているが、地球軌道要素に対するより最新の研究は、人間活動の影響が無いとしても、現在の間氷期は少なくとも5万年は続くだろうとも示唆している。

 氷期と間氷期の変動に関連して、アメリカ国防総省が専門家に依頼して作成した地球温暖化の影響による大規模な気候変動を想定した安全保障についての報告書(Schwartz, P. and Randall, D. 2003)の存在が2004年に明るみに出て注目を集めた。 それによると、地球温暖化による海流の変化が原因で、北半球では2010年から平均気温が下がり始め、2017年には平均気温が7~8℃下がるという。逆に南半球では、急激に温度が上がり、降水量は減り、旱魃などの自然災害が起こるという。

 氷河期はなぜ起きるか?
 なぜ「氷河期」が起こるのか。これは大きなスケールで起こる氷河期についても、氷河期の中で起こるより小さな氷期/間氷期の繰り返しについても、いまだ議論されている問題である。一般的な総意としては、大気組成(特に二酸化炭素とメタンのフラクション)と、「ミランコビッチ・サイクル(英語版)」として知られる、太陽を回る地球の軌道要素(おそらく銀河系を回る太陽系の軌道も関係する)、太陽活動の減少、の3つの要素が組み合わされたものがその原因とされている。

 3つの要因のうち、最初の「大気組成の変化」は特に最初の氷河期について重要な原因とされている。スノーボールアース仮説では原生代後期の大規模な氷河時代の始まりと終りは、大気中の二酸化炭素濃度の急激な減少と、急激な上昇が原因であると主張している。残りの二つの要素については、現在最も議論が盛んに行われている。
 

参考HP Wikipedia「氷河」「氷河期」 

氷河期の謎とポールシフト (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
飛鳥 昭雄,三神 たける
学習研究社
氷に刻まれた地球11万年の記憶―温暖化は氷河期を招く
リチャード・B. アレイ
ソニーマガジンズ

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please