科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
簡単!オンラインショップ構築! 糖尿病食・痛風食・高脂血症食・高血圧食を配達! リスク開示・無料 不動産相談 

 12月21日夕方皆既月食
 12月21日夕方は2007年8月以来、3年ぶりに国内で皆既月食を観察できる。

 国立天文台によると、天気さえよければ、全国で見ることができるが、皆既月食の始まりは午後4時40分頃と早く、同5時54分頃には終わってしまう。その後、徐々に満月に戻る。

LunarEclipse

 皆既月食は、月、地球、太陽が一直線に並んだ時に、月が地球の影の中にすっぽりと入って暗くなる状態。東京では同日午後4時23分頃、東北東の空に下8割が暗く欠けた状態の月が姿を現し、すぐに皆既月食になる。

 月の出が遅い西日本では、皆既月食になった後で上ってくる。今年は1月と6月に部分月食があり、国内で次回、1年に3度月食を観察できるのは2094年だ。

 皆既月食は、暗く欠けると言っても、太陽光の一部が地球の大気で屈折して届くため、赤銅色に見えることが多い。同天文台では、観察キャンペーンを呼びかけている。詳細は次のアドレスで。http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20101221/ (2010年12月19日 読売新聞)

 月食の始まりは15時半
 今回、12月21日の月食の特徴は、まだ昼の15時32分に始まる。この時刻には、日本のほとんどの地域で月が地平線の下にあり見られない。したがって月は、月食が始まった状態(月が欠けた状態)で地平線から昇ってくる(「月出帯食」という)。
 月食の経過は日本全国どこでもほとんど同じ時刻だが、月の出の時刻は観察する場所によって大きく異なる。東京では16時23分に月の出となるが、この時の月は、すでに8割近くまで欠けた状態で昇ってくる。
 日本全体での大まかな傾向では、東日本ほど早い時刻に月の出となる。このため、月食を観察できる時間は、東日本ほど長くなる。また皆既月食が始まるときの月の地平線からの高さも、東日本の方が高く、条件が良いことになる。

 皆既月食は、16時40分に始まる。このとき、月は本影の中にすっぽりと入り込んでしまう。この時点では、およそ近畿地方以西では、まだ月が地平線の下にあり、観察できない。これらの地域では、皆既月食の状態で、月が地平線から昇ってくる。
 食の最大(月が、本影に最も深く入り込むこと)は、17時17分です。この時点でも、南西諸島の多くの地域などでは、まだ月が地平線の下にある。
 そして再び本影の縁に月が差しかかり、皆既月食が終わるのは17時54分となる。南西諸島西部の一部では、この時点でまだ月が地平線の下にある。この地域では、残念ながら皆既月食が終わった後に月の出となり、皆既月食が見られない。

 そして、19時2分、月が本影から完全に離れ、月食(本影食、部分月食)は終了となる。ただ、この後もまだ月は半影の中を通過しているため、しばらくは薄暗い部分が月面に残って見えるかもしれない。この半影食は20時6分まで続くが、半影の縁ははっきりしないため、いつ終わったかを見極めることは困難である。

 21日気になる天気は?
 まん丸い月が、突然欠け始め、やがて赤黒く輝く。そして再び月は丸い姿に戻っていく。一夜のうちにこのような変化が見られる、とても不思議な現象が「皆既月食」。

 皆既月食は、地球の影の中に月がすっぽりと入ることで起こる現象である。12月21日には、この皆既月食を日本のほとんどの地域で見ることができる。皆既月食が日本で見られるのは、2007年8月28日以来、およそ3年ぶりのことである。

 皆既月食中の月は、一般的に真っ黒にはならず、多くはよく「赤銅色」と表現される赤黒い色で観察される。しかしこの色は、皆既月食ごとに変化することが知られている。

 気になるのは天気だが、横浜地方気象台によると、20日、天気をもたらした、高気圧が日本海から東北地方に移動していく。明日は、高気圧が東北地方を通過し、午前中は晴れるが、夜には前線を伴った低気圧が四国付近に進む見込み。このため、神奈川県は曇りで夕方からは雨と予想している。残念ながら、ここ湘南では観察できない可能性が高い。

参考HP 国立天文台「皆既月食を観察しよう」「12月21日月食情報」 

天文年鑑〈2011年版〉
クリエーター情報なし
誠文堂新光社
理科年表 平成23年
クリエーター情報なし
丸善

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please