サイエンスジャーナル

自然科学大好き!サイエンスジャーナル!気になる科学情報をくわしく調べ、やさしく解説します!

2008年02月

「惑星X」を発見!場所はコンピューター内?実在する第9惑星

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をくわしく調べ、誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
2006年8月にそれまで惑星のなかまに数えられ、第9惑星とされていた冥王星が国際天文会議で、惑星からはずされたのは記憶に新しい。

冥王星は、なぜ惑星からはずされたのだろう?

理由は簡単だ。それまで惑星というものの定義がはっきりなされていなかったのだ。当時は「太陽のまわりを回っているある程度の大きな丸い天体」という漠然とした認識があった。ところが、冥王星より大きな天体が次々に発見されたことが問題になった。

そこで、惑星とは何かはっきりと定義することにしたのが、先の国際会議の目的である。結局、冥王星は惑星と小惑星の中間の準惑星 (dwarf planet) になった。また冥王星は、海王星以遠の太陽系外縁天体 (TNO) のエッジワース・カイパーベルト天体 (EKBO) の冥王星族にも属することになった。

そして「惑星の定義」によると、その大きさは、冥王星の直径2300km程度の大きさでは足りず、最低でも水星の直径4879km程度の大きさが必要とされた。

こうなると、「今後、惑星と呼ばれる大きな天体の発見される可能性はないだろう。」と考えた天文学者も多かった。

ところが先日第9惑星が発見されたというニュースを見て驚いた。その大きさは地球程度もあり、その場所は何とコンピュータの中だという。どういうことだろう?

この第9惑星は、神戸大のパトリック・S・リカフィカ研究員と向井正教授が、コンピュータによる詳細な理論計算で世界で初めて突き止めた。

ご存じの通り、第8惑星までの公転軌道はほぼ同一平面上で平らに回っている。ところが太陽系外縁天体(TNO)には、その軌道から大きくずれているものが観察されるという。

その原因は、水星から海王星までの8惑星では説明できず、新たな「惑星X」を仮想的に加えて計算することで初めて、それが可能になることがわかった。

振り返ってみると冥王星も海王星の動きから、はじめは計算で発見された天体であり、その軌道は他の惑星の軌道と比べ17°もずれていた。

計算で予測された「惑星X」の軌道は20〜40°の傾きを持ち、地球程度の大きさで、今後10年以内に発見されると予想されている。現実に地球ほど大きな惑星が実在するのだろうか?(参考HP アイラブサイエンス記事/2006/10/22

関連するニュース
海王星外側に第9番惑星の可能性、神戸大が理論予測


エリスは、冥王星の惑星除外のきっかけとなった準惑星である。太陽系9番目となる未知の惑星が海王星の外側に存在する可能性が高いことを、神戸大のパトリック・S・リカフィカ研究員と向井正教授が、詳細な理論計算で世界で初めて突き止めた。

今後、観測体制が整えば、10年以内にも発見されそうだという。この成果は、4月発行の米天文学専門誌「アストロノミカル・ジャーナル」に発表される。 太陽系の縁では、「太陽系外縁天体」と呼ばれる1100個以上の小天体が、海王星軌道の外側を回っている。

その多くは、8惑星と同じようなほぼ円形の軌道をとるが、なかにはそれと大きくずれている天体もあり、なぜそのような変則的な軌道を持つのかが大きななぞとして残されていた。

リカフィカ研究員らは、太陽系ができ始めて間もない40億年前から現在までの惑星や太陽系外縁天体の軌道の変化を、最も有力な太陽系形成理論にもとづいてコンピューターで計算した。

その結果、水星から海王星までの8惑星では変則的な外縁天体の軌道を説明できず、新たな「惑星X」を仮想的に加えて計算することで初めて、それが可能になることがわかった。

これが、惑星Xが存在することの理論的な証拠になるという。 リカフィカ研究員らによると、突き止められた惑星Xは海王星の外側にあり、長半径が150億〜260億キロ・メートルの楕円(だえん)軌道を回っている。

重さは地球の3〜7割で、この領域に多い氷と岩石でできた天体だと仮定すると、直径は、地球の約1万2700キロ・メートルに匹敵する1万〜1万6000キロ・メートルになるという。

惑星Xが太陽に最も近づく120億キロ・メートルの地点では、2006年に惑星から除外された冥王(めいおう)星と同じくらいの14・8〜17・3等の明るさで見えるはずだが、他の惑星が回る平面と20〜40度の傾きを持つため、見つからなかったらしい。 (2008年2月28日 読売新聞) 

 
新しい太陽系―新書で入門 (新潮新書 238)
渡部 潤一
新潮社

このアイテムの詳細を見る
太陽系と惑星 (シリーズ現代の天文学 第 9巻)

日本評論社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

太陽電池とその種類「色素増感型」「有機薄膜型」とは何か?

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をくわしく調べ、誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
これだけガソリンや灯油が高くなり、地球温暖化が問題になってくると、環境にやさしい新エネルギーの開発が待ち遠しい。

太陽電池(Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを直接電力に変換する電力機器である。二酸化炭素などの温室効果ガスを発生しないし、NOxやSOxなどの環境汚染物質も発生しない新エネルギーだ。

主流のシリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体を素材にしたものが実用化されている。最近は色素増感型(有機太陽電池)と呼ばれる太陽電池も研究されている。

太陽電池の基本原理は1839年フランスの物理学者アレクサンドル・エドモン・ベクレルによって最初に発見された。しかし実際に発電が可能となったのは1884年アメリカの発明家Charles Frittsにより半導体性のセレンと極めて薄い金の膜とを接合したもので、得られたエネルギー変換効率はわずか1%ほどのものだった。

現在のシリコン型太陽電池の誕生は1954年、M.B.Princeによって米国のベル研究所にて開発された、単結晶シリコン型太陽電池。当時は Bell Solar Battery と呼ばれ、太陽光のエネルギーを電力に変換する効率は6%であった。

変換効率については、2006年には変換効率40.7%の多接合型集光セルも開発されるなど、高性能化が進んでいる。一方で一般市場向けの製品では省資源化と低コスト化が進み、寿命も20年ぐらいに伸びている。

なお2006年までは、日本のシャープが太陽電池製造量で世界一であった。しかし、市場の急拡大に伴うシリコンの供給不足に対応できず、2007年の生産量はドイツQセルズ社がトップに立っている。

これからも期待したい太陽電池であるがどんな種類があるのだろうか?

これには大きく分けて3つのタイプがある。シリコン系化合物系そして有機系である。

シリコン系はシリコン半導体を使ったもの、化合物系は化合物半導体を使ったもの、有機系は色素を使って太陽光を電気エネルギーに変換する。エネルギー効率はシリコン系で最大40.7%、化合物系で25.1%、有機系で10.4%と小さくなる。

製造が簡単で材料も安価なものは有機系や化合物系である。また有機系の太陽電池には色素増感型太陽電池と有機薄膜太陽電池があり、色素増感型太陽電池では、色素としてシアン,マゼンタ,黄色の三原色を利用でき、カラフルな電池が設計できる。

有機系は形状の自由度が高いのも特徴だ。自由な形状に切り抜いたり,プラスチック基板を使えば折り曲げられる電池も実現できる。これに対して従来のシリコン系太陽電池は黒色で平坦な太陽電池しかできなかった。

このように太陽電池には、さまざまな種類がありそれぞれ一長一短がある。当面の課題である、経済性とエネルギー効率を上げるため、さまざまな研究がなされている。

シリコン系太陽電池とは? → アイラブサイエンス記事2007年04月10日

化合物太陽電池とは?   → アイラブサイエンス記事2008年01月01日


有機系太陽電池とは?


シリコンや無機化合物材料を用いた太陽電池に対し、光吸収層(光電変換層)に有機化合物を用いた太陽電池も開発されている。製法が簡便で生産コストが低くでき、着色性や柔軟性などを持たせられるなどの特長を有する。変換効率や寿命に課題があるが、実用化されれば将来の市場で大きなインパクトが期待されるため、開発が競われている。

色素増感太陽電池
有機色素を用いて光起電力を得る太陽電池。代表的なものはグレッツエル型(または湿式太陽電池)と呼ばれる型式のもので、2枚の透明電極の間に微量のルテニウム錯体などの色素を吸着させた二酸化チタン層と電解質を挟み込んだ単純な構造を有している。製造が簡単で材料も安価なことから大幅な低コスト化が見込まれ、最終的には現在主流の多結晶シリコン太陽電池の1〜数割程度のコストで製造できると言われている。

また軽量、着色も可能、などの特長を持つ。現在の課題は効率と寿命であり、技術的改良が進められている。電解液の蒸発を如何に防ぐかが重要であり、固体化などの技術開発が進められている。2005年時点での世界記録は、シャープが持つ10.4%である(Chibaら、15th PVSEC,Shanghai,2005)。既に企業による大型モジュールの試作やフィールドテストが各国で行われるなど、将来の低コスト太陽電池として有望視されている。生産過程でガスは使用しない。

有機薄膜太陽電池
導電性ポリマーやフラーレンなどを組み合わせた有機薄膜半導体を用いる太陽電池。開発が進めば、上記の色素増感太陽電池よりもさらに構造や製法が簡便になると言われており、電解液を用いないために柔軟性や寿命向上の上でも有利なのが特長である。

21世紀に入ってから盛んに開発が行われるようになっている。課題は変換効率であり、現在の記録は単接合では4〜5%程度、多接合ではUCSBの Heegerらの6.5%である。より高効率の出る材料の探索が進められている。 (出典:Wikipedia)

 

実用化に向けた色素増感太陽電池―高効率化・低コスト化・信頼性向上

エヌ・ティー・エス

このアイテムの詳細を見る
有機薄膜太陽電池の最新技術 (エレクトロニクス材料・技術シリーズ)
上原 赫,吉川 暹
シーエムシー出版

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

東京湾はエイリアンだらけ?「カイヤドリウミグモ」「ホンビノスガイ」

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をくわしく調べ、誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
千葉県の富津市の富津海岸では、3月8日から潮干狩りが始まる。期間は3月8日から8月31日まで楽しめる。料金は中学生以上1400円(2kg)、小学生700円(1kg)。ただし「潮干狩り」の名の通り、潮が引いた時間帯でないと入場できないので注意。

ところで2007年7月、同じ千葉の小櫃川河口付近では、アサリが大量に死んで、漁業に大きな被害が生じた。その原因はアサリに寄生するウミグモのなかま「カイヤドリウミグモ」が大量に発生していたことにあった。ウミグモのなかまはアサリなど軟体動物や刺胞動物の体に口吻をさし込んで体液を吸収することが知られている。

なぜこのような生物が大量発生するのだろう?

どうやら、この生物、古くから東京湾にいる生物ではなくて海外から来た外来種らしい。かれらはどうやって東京湾にやってくるのだろう?

「バラスト水」問題
調査の結果、船の“バラスト水”からやってくるものが多いそうだ。船は積み荷がないときは海水を吸い上げ、船のタンクに貯蔵し船のバランスをとる。港に着き、積み荷を積むときこのバラスト水を吐き出すため、この水の中に外来種が混ざって来る。
 
バラスト水1リットルに、およそ100種の生物がいるという。これまで問題になった生物には次のようなものがある。

・1988年アメリカ・ミシガン湖でヨーロッパから来た「ゼブラマッスル」が大発生。発電所の取水管を詰まらせ近隣を停電にし10億ドルの被害が起きている。
・アメリカ西海岸では「上海ガニ」が堤防に巣穴を掘り決壊させた。
・オーストラリア(タスマニア)では日本からのヒトデが漁業に大打撃を与えた。
現在の東京湾ではどうなのか?
・アメリカからやってきた「ホンビノスガイ」
・地中海から来たと思われるムラサキイガイ(4万トンもある)
・「チチュウカイミドリガニ」1984に発見され現在は帰化したも同然。
・北中米の西海岸からやってきた「イッカククモガニ」
・アオヤギやアサリを食べる北朝鮮からの「サキグロタマツメタガイ」。 

参考HP 近未来×予測テレビ「ジキル&ハイド」
  → http://www.asahi.co.jp/kinmirai/
富津漁業協同組合
 →  http://www.jf-futtsu.com/
東邦大学理学部 東京湾生態系研究センター
 → http://marine1.bio.sci.toho-u.ac.jp/tokyobay/index-j.html

 

東京湾の生物誌

築地書館

このアイテムの詳細を見る
外来水生生物事典
佐久間 功,宮本 拓海
柏書房

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

光ダイオード?LSIと光回路をつなぐ「光アイソレータ」開発!東工大

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をくわしく調べ、誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
CDやブルーレイディスク(BD)などでは大量の情報を光で読みとることができる。便利な時代になったものだ。しかし、CDやDVD、BDで記録されたデータは永遠でないことはご存じだろうか?

長いものでも100年、早いものでは、数年でデータが消えてなくなる。これはフォトクロミズムいう、光による化学変化でデータを書き込んでいるからで、光によってデータも変わってしまう。だから、CD類は絶対に太陽光に当ててはいけない。

人類は光をまだ十分に利用していない。もし光をディスクに当てるだけでなく、光を閉じこめておくことができれば、記録は永遠に残すことができるだろう。

情報通信は、今まで導線を使って、電子回路でデータの送信・受信・増幅などを様々な電子デバイス(周辺機器)が行ってきた。それと同じことを光デバイスに置き換えたり、光と電気をうまく接続して使おうという研究が進んでいる。

これまで通信用に使われてきた電子回路や電波による無線通信に比べ、次のような利点が光にはある。

光は、「電磁誘導ノイズの影響を受けない。」レーザー光を使用して「大量の情報を高速かつ長距離伝送することが可能」である。

このように光は、これからの情報社会には欠かせない技術である。現在LSI(集積回路)はシリコンを使った半導体でできている。また光通信で使われる光ファイバーは2酸化シリコンでできている。

LSI技術と光制御技術を融合する技術をシリコンフォトニクスという。発光・受光、光接続、変調・増幅などの機能とシリコンLSIを包含した概念である。

シリコンLSIを光で繋ぐことができれば、信号伝送速度は更に高速化できるし、並立コンピュータ間の接続なども光を使って行えば、その処理スピードは飛躍的にアップする(光接続コンピュータ)。さらにシリコンをベースにした半導体レーザーが開発されれば情報通信に革命をもたらすだろう。

今回、東京工業大学の研究チームが、シリコン電子デバイスに光機能を組み込み、高速光信号転送を実現するための必要不可欠な技術といわれる、光アイソレータを、初めて開発した。

光アイソレータとは、光を一方向にだけ伝え,逆方向から入射する光を遮断する機能をもっている。すなわち、アイソレータの順方向入射側に配置した光素子(通常は発光素子や増幅素子)を、逆方向に入射する光から遮断(アイソレート)するため、アイソレータという名称で呼ばれている。電子回路で言うとダイオードのようなものだ。

やがて光コンデンサーや光トランジスタができるかも知れない。そして人類は光を自由にあやつれるのだろうか?

関連するニュース
シリコン光回路に不可欠な光アイソレータ開発


シリコン電子デバイスに光機能を組み込み、高速光信号転送を実現するための必要不可欠な技術といわれる光アイソレータを、東京工業大学の研究チームが初めて開発した。

電子デバイスの高速化にともない、現在の電気配線ではチップ間の信号転送が追いつかないという問題が顕在化している。シリコン光回路は、これを解決するための方法として、米インテル社を初め、世界中の研究機関で研究開発が進められている。この光回路を実現するには、光を一方向にだけ伝え、逆方向から入射する光を遮断する機能をもつ光アイソレータが、鍵になる技術とされている。磁気光学ガーネットという材料が光アイソレータの有力な候補と考えられていたが、磁気光学ガーネットとシリコンは物性が大きく異なるため、光アイソレータをシリコン光回路上に形成することが難しかった。

水本哲弥・東京工業大学大学院理工学研究科教授と庄司雄哉・日本学術振興会特別研究員が用いたのは、真空装置中で磁気光学ガーネットシリコンにプラズマを照射して、接合する方法。通常、異なる結晶を接合する際に必要となる高温熱処理を避けることで、シリコンと磁気光学ガーネットのように熱膨張係数などの物性が大きく異なる二つの結晶を接合させることができた。( サイエンスポータル 2008年2月20日)

シリコン光回路とは?


シリコンは光ファイバ通信に用いられる波長領域で光吸収が小さく、光を比較的長い距離にわたって伝送することができる。また、シリコンの屈折率が高く、その周りをシリカなどで覆っても、光を十分にシリコンの中に閉じ込めることができる。

この性質を利用すると、ミクロンオーダーの曲率半径でシリコン光配線を曲げても、ほとんど外に漏れることなく光を伝送することができ、光配線を自在に引き回すことが可能になる。これらの特徴を活かして、電気配線に代わって光で信号を転送する光配線や、光通信用光回路の小型化などに用いられることが期待されている。

光アイソレータとは?


光を一方向にだけ伝え,逆方向から入射する光を遮断する機能をもっている.すなわち,アイソレータの順方向入射側に配置した光素子(通常は発光素子や増幅素子)を,逆方向に入射する光から遮断(アイソレート)するため,アイソレータという名称で呼ばれている.(東工大 プレスリリースより)
 

光・電波伝送入門
F.R. コナー
森北出版

このアイテムの詳細を見る
光・電波伝送入門 POD版 (電子通信工学シリーズ)
F.R.コナー,荒木 純道,関口 利男,辻井 重男
森北出版

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

予測不可能!富山湾・入善町を襲った「寄り回り波」とは何か?

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をくわしく調べ、誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
23日の土曜日には関東地方に「春一番」が吹いた。昨年より9日遅い。気温も上がりずいぶん暖かく感じた。「春一番」とは何だろう?

「春一番」とは立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強風の事である。主に太平洋側で観測される。春一番が吹いた翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い。

はたして24日の日曜日は一転強い北風が吹き、気温が下がった。ここ太平洋側は晴れていたが、京都に行った友人によると、一時吹雪になった。雪の金閣寺を見たそうだ。

日本海側も大荒れだった。ニュースを見ると、家内の実家のある富山県入善町で高波が発生、死者2人、重軽傷者11人を出し、浸水のため50人が避難した。夏に見た日本海は穏やかなイメージであったが、冬になると様子は一変する。

今回の高波の原因は冬型の気圧配置による強い北風と、富山湾特有の急に深くなる海底の地形にあり、「寄り回り波」という。「寄り回り波」は風速20m以上の風が10時間以上吹いた場合、富山湾で起きるといわれている。このような被害は過去にも数回起きているが、正確な予測はできないそうだ。

関連するニュース
富山県沿岸の高波は「寄り回り波」か 不明男性は遺体で発見


富山県沿岸で24日、住民が行方不明となるなどの被害をもたらした高波は、富山湾特有の地形によって発生する「寄り回り波」と呼ばれる現象だった可能性が高いことが25日、富山地方気象台の調査で分かった。一方、高波のため同県入善町で行方不明となっていた男性の遺体が同日発見された。

同気象台によると、寄り回り波は、冬型の気圧配置が強まり、北海道西方の海上で吹き続けた強風によって発生した波が、富山沿岸に急に押し寄せる現象。

富山湾は浅瀬から急に1000メートル以上の深さになるのが特徴で、北海道沖の強風で発生した高波が湾内に入り込んで浅瀬でせり上がり、勢いを保ったまま沿岸に打ち寄せることになるという。

同気象台は「寄り回り波が発生した上に、県東部で強い風が吹いたため、さらに高い波になったのでは」とみている。

また同県入善町芦崎では行方不明になっていた無職、西島良作さん(87)の遺体を富山県警などが25日発見した。自宅から約200メートル離れた場所で崩れた建物の下敷きになっていたという。高波が襲った同地区では、発生直後に住民約50人が避難所で一夜を明かした。(産経新聞 2008.2.25 )

富山湾の海底地形


富山湾の地形は特徴的である。海岸沿いには浅い部分がほとんどなく、急に海底に向かって落ち込んでおり、海底地形は非常に険しい谷(あいがめ)と尾根が多い。湾の大部分は水深300m以上にも及び、一番深い部分は1,000mを超える。海底が深く地形が複雑なため、冬の日本海北部で起こる荒波は富山湾内に入っても速度を緩めないまま海岸に押し寄せる。天候に関係なく襲うこうした波は「寄り回り波」と呼ばれ、海岸を浸食している。

入善沖の海底には、1万年前の森林の立ち木がそのまま残された海底林がある。また魚津の海底には、2000年前の森林が土砂に埋まったあと海面上昇で海面下に保存された埋没林と呼ばれるものがある。(出典:Wikipedia)
 

高潮の研究―その実例とメカニズム
宮崎 正衛
成山堂書店

このアイテムの詳細を見る
ナショナルジオグラフィックがとらえた大自然の脅威 (アーカイブ・ブックス)

日経ナショナルジオグラフィック社

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

世界に利用可能な水はわずか0.01% ドバイの発展と水の危機

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
テレビで「ドバイ」の特集をやっていた。アラブ首長国連邦の一つ「ドバイ首長国」の繁栄、発展には驚くべきものがある。かつては地平線しか見えない砂漠の地であったところにこのような大きな街ができようとは誰にも想像できなかった。

石油で蓄えた富を使って、観光と貿易と金融で街を発展させようとしている。そのための海運・航空設備がすごい。目指すは世界の「中継都市」だ。このやりかたでイスラム圏全体に経済発展が行きとどけばよいのだが、ここドバイならではの発展であり、一般イスラム社会とはかけ離れた世界である。

しかし、超高層のホテル群、そして豊かな緑。驚いたことに豊かな水がある。ドバイの近代化は石油が発見された1960年代から始まり、わずかな時間で一大リゾート都市として生まれ変わった。

アルミニウム採掘は、世界的に知られているドバイの産業。この採掘では海水が使われるが、その過程で海水が淡水化する。アルミニウム産業の副産物が、砂漠では貴重品の「水」になるというわけである。もちろんそれで必要量がまかなわれるわけではない。多額のお金をかけて海水がろ過され、水道水となって人々の生活に供給されている。

この土地では日本とは逆に、石油よりも水の値段の方が高く貴重品だ。 

ドバイで蒸留水の値段は「1ガロン(約4リットル)」で、だいたい日本円で230円。「マサフィー」や「アラビアンオアシス」というブランドのミネラルウォーターも売っている。これはアラブ首長国連邦のミネラルウォーター。砂漠の下を通っている水脈があり、複雑な地殻を通る間にミネラル分を豊富に含みさらに飲みやすくなる。ドバイではミネラルウォーターはだいたい「1本500ml」で50円前後。

地球上にはおよそ14億立方キロメートルの水があるといわれる。 でも、そのうちの97.5%は海水。淡水は残りの2.5%でしかない。しかも淡水の大部分は南極や北極などの氷河であり、地下水や河川の水、湖沼の水は地球上の水のわずか0.8%である。そのうちの大部分は地下水として存在し、私たちが利用できる河川や湖沼の水はわずか0.01%にすぎない。

このような状況を見ると、人口増加や地球温暖化にともなう干ばつで、将来世界的な水不足が起こるのは時間の問題である。日本では比較的降水量は多く、水にはめぐまれているが、お隣の中国ではすでに水質汚染による水不足が深刻である。 

関連するニュース
排水処理進まぬ中国農村、昔の日本の低コスト処理導入へ


環境省は、低コストで簡単に設置や維持管理ができる生活排水の処理設備を、中国の農村部に導入する事業に新年度から取り組む。現地の人たちだけで長く活用できる仕組みが実情に合うと判断した。

中国では台所やトイレからの汚水を地面に穴を掘って染みこませたりしている地域が多く、河川や地下水が汚れ、飲料水の質に悪影響が出ているという。

事業は、日中の協力で水質汚濁などに取り組む「水環境パートナーシップ」の一環。くみ取り式トイレに加え、水質浄化の機能がある微生物を含んだ土や砂利に汚水を通したり、そうした微生物が付着した円盤を水槽の中で回転させたりする装置など、仕組みが簡単で、必要な機械もポンプやモーター程度で済む設備を、数か所の地域で導入。4年かけて効果を検証する。

こうした技術はローテクで、下水道や浄化槽が普及した現在の日本ではあまり使われなくなった方法だが「現地の人たちが運営し、他の地域にも広がる方法を目指したい」と環境省水環境課では話している。(2008年2月9日23時36分  読売新聞)
 

ドバイ―海と砂漠で遊ぶ究極のリゾート・シティー (旅名人ブックス)
三島 叡,野田 恭,邸 景一,角田 満弘
日経BP社

このアイテムの詳細を見る
ドバイがクール―世界ナンバーワンずくめの楽園都市 (Jujiroブックス)
槙島 公
三一書房

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

蔵王が危ない! 樹氷に「黒いスス」中国からの大気汚染物質か?

 樹氷とは、冬山などで、過冷却水滴からなる濃霧が強風によって樹木などの地物に衝突し、その衝撃で凍結・付着した氷層。一般的には、氷層を付着させた樹木そのものを指して樹氷と呼ぶこともある。

 気温-5℃以下の環境で生じる。粒状構造。風上側へ向かって羽毛状に成長する。この様を俗に「海老の尻尾」などと呼ぶ。気泡を多く含むために不透明で、白色を呈する。

 日本では蔵王の樹氷林が有名で観光資源にもなっており、樹木が完全に樹氷や雪によって覆われたものは「スノーモンスター」とも呼ばれる。他に伊吹山や富士山のものがよく知られる。(Wikipediaより)

 冬の蔵王の代名詞ともいえる樹氷だが、黄砂が到達し始める春先には、冬季に白色だった樹氷林が黄色味を帯びることが知られており、春先の樹氷を溶かして、ろ過すると黄色い黄砂だけが残る。



 ところが近年、真冬の樹氷を溶かして、ろ過すると何と真っ黒い「すす」が残るという。この黒い「すす」はどこから来たものだろうか?

 東北大東北アジア研究センターの工藤純一教授(環境情報科学)と山形大の柳沢文孝准教授(環境化学)のグループによる人工衛星画像の解析で、冬季に中国大陸から日本列島に流れ込んでいるかすみのような気流が発見され、何であるかを調べている。

 蔵王(山形市)の樹氷は通常より高い酸性度を示しており、柳沢准教授が、1月7日と10日の2回、蔵王の樹氷を採取し、成分を分析。硫酸濃度が通常の雪の3倍近い水準で、水素イオン指数(pH)は3.8と強い酸性を示した。

 これまでの柳沢准教授による硫黄の同位体の構成比率の照合で、蔵王の硫黄分は、上海周辺や北京周辺で採取した石炭内の硫黄分と同じことが特定されている。

 気流の成分が、石炭を燃焼した後の硫黄酸化物であることがほぼ裏付けられた。この結果、中国からの気流の正体は環境汚染物質であると考えられている。

 一方、中国では気象観測データは国の安全と利益にかかわる機密情報として、あらゆる気象観測データを国外に持ち出すことを禁じた法律「気象局13号令」を施行しており、具体的なデータは中国側からは得られない。とんでもない国を隣人にもってしまったものである。


関連するニュース
蔵王・樹氷:硫黄汚染が深刻化…中国の都市部など発生源


 山形、宮城両県にまたがる蔵王連峰の冬の名物となっている樹氷で、硫黄汚染が深刻化していることが、柳沢文孝山形大准教授(環境化学)と工藤純一東北大教授(環境情報科学)の分析で分かった。硫黄酸化物は酸性雨の原因でもある。硫黄成分の特徴と衛星画像の解析から、発生源は北京など中国の都市部や工業地帯とみられる。

 柳沢准教授は1991年から毎年冬、蔵王連峰山頂付近で樹氷を採取し、酸性やアルカリ性の度合いを示す水素イオン濃度(pH)を測定。当初はやや酸性を示すpH5.6前後で推移していた。1990年代半ば以降は次第に酸性化が進み、今月7日と10日には生態系への影響が懸念されるpH3.8を記録した。硫黄汚染が原因で、硫黄の同位体比(通常の硫黄と、わずかに存在するより重い硫黄の比)は、中国で使用されている石炭中の硫黄と一致した。

 工藤教授は、衛星写真では難しかった、雲ともやなどを識別する画像処理法を開発。米国の気象衛星の画像をこの処理法で分析し、pH3.8を記録した前日の今月6日から、北京と上海の2方向から日本に向けて硫黄汚染の原因と考えられるもやが流れ込んでいるのを確認した。

 工藤教授は「今後も中国の産業活動は活発化する。日本全体で継続的な監視が必要で、排出削減に協力することも重要だ」と話している。(毎日新聞 2008年1月28日)


参考HP →  環境省大気汚染物質広域監視システム


エアロゾル学の基礎
クリエーター情報なし
森北出版
基礎からわかる大気汚染防止技術
クリエーター情報なし
オーム社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

現代の錬金術 新タイプの高温超伝導物質「LaOFeAs」を発見! 

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
超伝導とは、物質を極低温に冷やすと電気抵抗がゼロになる現象だが、それだけではない。

超伝導にはいくつかの特徴がある。それは、完全導電性、マイスナー効果(完全反磁性) ジョセフソン効果、ピン止め効果などである。

これらの様々な不思議な性質を持つことから、超伝導は単なる電気が通りやすくなるという「完全導電体」ではなく、水が氷になるような、まったく新しい第4の状態変化(相転移)であることがわかった。

超伝導を起こす物質は1911年オランダのヘイケ・カメルリング・オネスによって水銀が4.7K(−268.3℃)で突然電気抵抗がゼロになることで発見された。

1986年ドイツのベドノルツとミューラーが銅酸化物La-Ba-Cu-O系で10Kで超伝導が起こることを発見すると、さまざまな銅酸化物で高温超伝導が発見されるようになり、一大ブームを引き起こした。

1987年ヒューストン大学のチューらによって、Y-Ba-Cu-O(Y系超伝導体)が90K(ケルビン)で超伝導を示すことが発見された。

2001年青山学院大学の秋光純らのグループが、ごくありふれた物質として市販もされていた二ホウ化マグネシウム(MgB2) が、実は 39 K(ケルビン)で超伝導を示すことを発見した。JR東海はJR式マグレブに、二ホウ化マグネシウムのコイルを採用。

超伝導転移温度は次々と塗り替えられ、2004年、水銀系銅酸化物において高圧下での160Kの転移温度が最高記録であったが、その後記録は伸びず、頭うちになっていた。

今回、東京工業大の細野秀雄教授(材料科学)の研究チームが、絶対温度32K(セ氏−241度)で電気抵抗がゼロになる新しいタイプの高温超電導物質を発見した。

細野秀雄教授らは、これまで超伝導には適さないとされてきた鉄に着目。鉄とヒ素、ランタンの酸化物が層状に重なった化合物をまずつくった。さらに化合物の中の酸素の一部をフッ素に置き換えると、32Kで超伝導になることを見つけた。

今回発見された新高温超伝導物質は、「LaOFeAs」。この化合物の鉄やランタン、ヒ素をそれぞれ、性質が似た元素に置き換えることで、非常に多くの組み合わせの高温超伝導物質がつくれる可能性があるという。(参考HP JST・Wikipedia)

関連するニュース
新タイプの高温超伝導物質を発見 東工大など


東京工業大などのチームは18日、鉄を含む新しいタイプの高温超伝導物質を見つけたと発表した。この化合物は絶対温度32度(絶対零度は零下273.15度)で超伝導となった。さらに、予備的実験では同50度程度でも超伝導となる可能性が示された。高温超伝導物質はこれまで、銅の酸化物を含むグループ、金属系のグループに大別されるが、両者の中間的な「第3」のグループが見つかったことになる。

科学技術振興機構は同日、今回の成果を発展させるため、特別研究チームを発足させ、研究を支援していくと表明した。成果は米化学会誌の電子版に掲載される。

東工大の細野秀雄教授らは、これまで超伝導には適さないとされてきた鉄に着目。鉄とヒ素、ランタンの酸化物が層状に重なった化合物をまずつくった。さらに化合物の中の酸素の一部をフッ素に置き換えると、絶対温度32度で超伝導になることを見つけた。

この化合物の鉄やランタン、ヒ素をそれぞれ、性質が似た元素に置き換えることで、非常に多くの組み合わせの高温超伝導物質がつくれる可能性があるという。

超伝導は物質を極低温に冷やすと電気抵抗がゼロになる現象。より高温で超伝導になる物質があれば、送電ロスのない電線や電子機器などに応用できる。金属系では秋光純・青山学院大教授らが見つけた2ホウ化マグネシウムで絶対温度39度、銅の酸化物系は同約160度で超伝導になる物質が見つかっている。 ( asahi.com 2008年02月18日 ) 

超伝導とは何か?


超伝導とは、物質を極低温に冷やすと電気抵抗がゼロになる現象だが、それだけではない。超伝導にはいくつかの特徴がある。

完全導電性 
電気抵抗がゼロのため、一度流し始めた電流が永続する。電圧降下なしに直流電流が流れる。超伝導で初めて発見された性質である。

マイスナー効果(完全反磁性)
超伝導体内部から磁場を排除して内部磁場をゼロにする。超伝導体を磁石上で常伝導状態から徐々に冷やしていき、転移温度を超えた瞬間に浮き上がる現象がマイスナー効果によるものである。

これは常伝導状態で超伝導体内に磁束が侵入していたものが、超伝導になると同時に磁束を排除して浮き上がるものである。なお、単に超伝導体の上に磁石が浮く現象だけでは、永久電流による効果かマイスナー効果による効果かの判断はできない。

ジョセフソン効果
絶縁体を間に挟んだ2つの超伝導体間を、電圧降下なしにトンネル電流が流れる。2つの超伝導体の間に挟まれた絶縁体には超伝導状態を表す波動関数の位相差に比例した電流が流れる。ミクロな波動関数という概念をマクロに観測できるという点で、超伝導現象をもっとも象徴する特徴といえよう。

ピン止め効果
磁束が第二種超伝導体の内部にあるひずみや不純物などの常伝導部分に捕らえられ、ピンで止めたように動かなくなる現象。第二種超伝導体において、外部磁場が臨界磁場Hc1とHc2の間にあるときに起こる。(参考HP アイラブサイエンス 2007.07.06 2007.07.07より)
 

岩波講座 物理の世界 物質科学の展開〈6〉超伝導でたどるメゾスコピックの世界
栗原 進
岩波書店

このアイテムの詳細を見る
超伝導の謎を解く (図解でウンチク)
村上 雅人
シーアンドアール研究所

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

中国は農薬天国?新たに猛毒3種検出「パラチオン」「パラチオンメチル」「ホレート」

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
「メタミドホス」「ジクロルボス」高濃度の農薬が中国製ギョーザのパッケージの内側から発見されたことで、中国側の製造工程で農薬が混入した疑いが強くなった。

しかし、食品を製造した「天洋食品」はあくまで責任を否定し続けている。そうこうしているうちに、また新たな農薬が検出された。「みやぎ生協」のギョーザの袋から、猛毒の有機リン系殺虫剤「パラチオン」1・6ppmと「パラチオンメチル」1・1ppmが検出された。

そして、横浜市港北区の生活協同組合が販売している「アスパラ入り、ソースカツ」からは基準値を超える有機リン系殺虫剤「ホレート」1・2ppmが検出された。

これらの農薬は、耳かき1杯で死に至るほどの猛毒である。日本では昭和46年以降使用禁止になっている。中国で禁止になったのはつい最近だ。

日本では昭和30年代、40年代農薬が犯罪に使われたり、一家心中に使われたり、このころ小・中学生だった私は、子供心ながら「農薬とは何と恐ろしいものだ。何でそんなものを使うのだろう?」とよく思ったものだ。

そんな農薬の怖さを今、現代の中国で見ることができるのは、不思議な気持ちである。 

関連するニュース
耳かき1杯で致死量 新たに猛毒2種検出 みやぎ生協の中国産ギョーザ


日本生活協同組合連合会(日本生協連)は20日、昨年6月3日に中国・河北省の天洋食品が製造し、みやぎ生協(仙台市)が昨年10月に販売した「CO・OP手作り餃子」の袋から、猛毒の有機リン系殺虫剤「パラチオン」1・6ppmと「パラチオンメチル」1・1ppmを検出したと発表した。「ジクロルボス」も180ppmと高濃度が検出された。

中国製ギョーザ中毒事件に関連し、パラチオンとパラチオンメチルが検出されたのは初めて。

関係者によると、パラチオンとパラチオンメチルは日本国内では昭和46年に使用禁止になっている。中国でも平成19年から使用が禁止されたが、以前は一般的な農薬だった。

 専門家によれば、パラチオンは耳かき1杯分でも致死量になるという。厚生労働省によると、残留農薬基準はキャベツでジクロルボスが0・1ppm、パラチオンが0・3ppm、パラチオンメチルが0・2ppm。

問題のギョーザは昨年6月3日に製造されたもので、今月5日に同じ製造日で福島県のコープあいづ販売分のギョーザから、110ppmのジクロルボスが検出されたため、残っていた袋を調べていた。

同じ製造日の同商品は全国31生協に8820袋が流通したが、大半は回収されずにすでに消費されたとみられる。(産経新聞 2008.2.20 )

中国産ソースかつから基準以上の農薬「ホレート」検出


横浜市は20日、同市港北区の生活協同組合連合会ユーコープ事業連合が販売している中国産冷凍食品「レンジDEロールソースかつ アスパラ入り 200グラム8個入り」から基準値を超える有機リン系殺虫剤「ホレート」1・2ppmが検出されたと発表した。健康被害は報告されていない。

冷凍食品は中国・山東省の「山東仁木食品」製。同組合は、山東仁木食品から輸入した「れんこんのはさみ揚げ(ポーク)」「ニッキーフーズ プチ肉まん」も自主回収するという。(産経新聞 2008.2.21 )

パラチオンとは?


パラチオン (Parathion) は殺虫剤・ダニ駆除薬のひとつである。ジエチルパラチオンもしくはホリドールとも呼ばれる。純粋なものは白色結晶だが、通常、散布されるのは腐った卵やニンニクの臭いがする茶褐色の液体である。多少不安定であり、太陽光にさらすと黒ずむ。

ヒトに対する毒性
コリンエステラーゼ阻害剤として作用する。重要な酵素であるアセチルコリンエステラーゼの働きを阻害することにより、神経系を撹乱するとされる。皮膚や粘膜から、また経口摂取によっても吸収される。吸収されたパラチオンは即座に代謝されて硫黄原子が酸素原子に置き換えられたパラオキソンとなるが、これが真の毒性源である。摂取すると、頭痛、痙攣、視覚異常、嘔吐、腹痛、激しい下痢、意識喪失、震え、呼吸困難、そして肺浮腫および呼吸停止などの症状が起きる。

これらの症状は長く続くことが知られており、時には数か月にも及ぶ。一般的に知られる解毒剤はアトロピンのみであり、毎日 100 mg 以下を投与する。アトロピンはそれ自体が中毒症状を引き起こす場合があるため、一度の用量を減らして回数を増やすのがよいとされている。パラチオン中毒は、早期に発見して解毒剤や人工呼吸などの処置を施せば致死率は高くない。

呼吸困難や呼吸停止に陥った場合、低酸素症によって脳に恒久的な損傷を受ける可能性がある。また、急性中毒症から回復しても麻痺などの末梢神経障害が後遺症となることもある。パラチオンは自殺や計画的殺人に広く用いられてきた。後者の目的に使用されるのを避けるため、大部分のパラチオン製剤には警告色として青い色素が含まれている。(出典:Wikipedia)
 

初歩から学ぶ有害化学物質 (ケイ・ブックス)
見目 善弘
工業調査会

このアイテムの詳細を見る
厚生省薬害史―行政の歪が見えてくる!厚生省薬事関連訴訟の軌跡 (三一新書)
富家 孝
三一書房

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

過労により脳下垂体の細胞が死滅 ホルモンに障害!

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
最近十分に睡眠をとっていない。 やることが次から次へと思い浮かび、なかなか寝つけない。しかし、眠れなくて死んだ人はいないというから、あまり気にしないようにしていた。ところがちょっと気になるニュースを目にした。何と睡眠不足が続くと脳の一部である「脳下垂体」の細胞が死滅するというのだ。

大阪市立大の木山博資(ひろし)教授(解剖学)らは、睡眠をとらないネズミを観察し続けると、5日目頃から脳下垂体の細胞が死滅し始めることがわかった。ネズミに睡眠をとらせると、回復したが、脳下垂体が元の状態に戻るには数日間かかった。やはり、早めの休養は大切である。

脳下垂体とは脳の中央下部に垂れ下がっている、小指の先ほどの大きさの、わずか1gもない小さい組織である。しかし、その働きはすごい。多くのホルモンを分泌している場所である。最近ここから分泌する、女性ホルモンの一種「オキシトシン」に、記憶増強、精神安定作用のあることが発見された。

脳にはまだまだわからないことがたくさんある。「脳」は自然科学に残された最大のフロンティアであり、21世紀は「脳の世紀」といわれている。脳は重さわずか1,400グラム足らずの組織だが、私たちの「生」に必要不可欠な器官であり、脳なくしては、生命活動が停止する。

NHKのテレビ番組「プロフェッショナル仕事の流儀」でパーソナリティーを務め、広くお茶の間にもその顔を知られる存在となった、茂木健一郎氏は「アハ体験」など脳と心の関係を楽しく、わかりやすく説明している。「脳」はこれからも楽しみな研究分野である。 

関連するニュース
過労になると脳下垂体細胞が次々と死滅 大阪市大実験


極度の過労によって、脳の中心部にある内分泌器官、脳下垂体の細胞が次々と死滅していることを、大阪市立大の研究チームがラットによる実験でつかんだ。これまでは過労は生体の機能が落ちるだけとみられていたが、実際は生命維持の中心器官の一つが破壊されていることを初めて立証した。熊本市で15日から始まった日本疲労学会で報告した。

厚生労働省によると06年度の脳・心疾患で死亡した「過労死者」は147人。研究チームは過労を早く見つける「過労マーカー」の開発に役立つと期待している。

大阪市立大の木山博資(ひろし)教授(解剖学)らは、ラットの飼育箱の底に1センチ強の深さに水を張り、5日間観察した。ラットは体が水にぬれるのをとても嫌う性質があり、立ったまま数分うとうとする程度しか眠れなくなる。徹夜で働く人間と、ほぼ同じ状態だ。

このような状態のラットの脳下垂体を調べると、5日目に細胞が死滅し始め、下垂体の中葉と呼ばれる部分がスポンジ状になっていた。

下垂体中葉には、脳の神経核A14という部分から神経伝達物質ドーパミンが供給されている。疲労がつのるにつれて、A14のドーパミン生産能力が減り、下垂体の死滅細胞が増えていた。

実験後、飼育箱から水を抜くと、ラットはすぐに睡眠をとり、半日後には活動を再開した。しかし、下垂体が元の状態に戻るには数日間かかった。早めの休養が重要であることを示している。 ( 2008年02月15日 asahi.com )

脳下垂体とは?


脳下垂体とは下垂体(かすいたい)ともいう。脳下垂体は、脊椎動物の体に存在する器官のひとつで、多くのホルモンを分泌する内分泌器官。脳に接して、脳の直下(腹側)に存在し、脳の一部がのびてぶら下がっているように見えることからこの名がある。

脳下垂体はどこにあるのか?

脳下垂体は、およそ首から上のいわゆる頭蓋骨のほぼ中心にある。別の言い方をすれば、眉間の奥7cm前後のところにある。

脳下垂体のすぐ中上には左右の視神経とその交叉部がある。また、脳下垂体の左右には海綿静脈洞という太い静脈があり、その中を内頸動脈という太い動脈や眼球を動かす神経などが走っている。

正常な脳下垂体は 「女性の小指の先端」くらいの大きさで、重さは1gもない。 これはさらに前葉と後葉の2部に分かれており、前者が大きな容積を占めている。

脳下垂体のはたらきは?


一ロでいうと、全身のホルモン(内分泌)の中枢

前葉、後葉ともに多くの支配ホルモンを分泌していますが、そのうち特に重要なものをあげる。

前葉のホルモン
成長ホルモン 小児期から思春期にかけて、手足や内臓の成長を促します。
・プロラクチン 分娩後に乳汁を分泌させる働きをする。月経を止める。
・甲状腺刺激ホルモン 甲状腺に命令して、ホルモンを分泌させる働き。  
副腎皮質刺激ホルモン 副腎に命令して、ホルモンを分泌させる働き。男女とも生涯必要。
性腺刺激ホルモン これには2種類あり、それぞれ卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモンという。

後葉のホルモン
抗利尿ホルモン 腎臓に働きかけて尿量を少なくする働きをします。男女とも生涯必要です。
・子宮収縮ホルモン オキシトシンともいう。分娩時に子宮を収縮させます。
 

ジュラシック・コード―あなたの脳に潜む「爬虫類脳」の不思議
テレビ朝日,全国朝日放送=,渡邊 健一
祥伝社

このアイテムの詳細を見る
人体の不思議〈第2巻〉コントロールする神経系・感覚器 (人体の不思議 Volume 2)
佐藤 達夫
メディイシュ

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

温暖化で沈みゆく島?いいえ世にも珍しい虫食いで消えゆく島

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
地球温暖化による海面上昇でツバルやモルジブ、マーシャルといった島々が消えてなくなることが心配されている。また、ヴェネツィアなどの都市、東京やオランダ、バングラデシュの一部などのように、海岸沿いに海抜以下の地域を有する諸国や都市にとっても重要な課題となっている。

ところで、海面上昇でもないのに消える島があるという。それは何と日本。広島県東広島市安芸津町沖にあるホボロ島だ。昭和30年代には高さ約22m、東西約120m、大小ふたつの岩山が並ぶ島だったが、現在は、大きいほうの岩山がきれいになくなり、高さ6mほどの小さい岩石が島の端に見えるだけとなった。

波や風による浸食ではない。どうしてこんなことになったのだろう?



広島大学・沖村雄二名誉教授らが調査した結果、ナナツバコツブムシという体長1cmほどの甲殻類 が、島内で大繁殖して無数の巣穴をほっていた。その数は島全体で、数百万匹から数千万匹も生息。大繁殖の原因は養殖用の牡蠣の排泄物が餌になったと考えられる。

さらに、ホボロ島は火山灰 や噴石が積もった「デイサイト溶結結晶凝灰岩」という、もともと風化しやすい地質構成であったため、島の浸食が異常に早く進んだことがわかった。このように、生物によって地形が変わるほど浸食された記録は、これまでほとんどなく、世界的にもめずらしい現象である。

通常、風と波による浸食では数千年から数万年かかるものを、わずか数十年で消滅させてしまう生き物の力は、まさに驚きだ。

関連するニュース
広島のホボロ島、温暖化で?虫繁殖し食いつぶされる


虫に侵食された広島県のホボロ島 広島県東広島市安芸津町の沖合約500メートルの瀬戸内海に浮かぶ無人島「ホボロ島」が、1000万匹にのぼる小さな虫に、食いつぶされようとしている。

専門家は「地形の変化は本来数千、数万年単位でないと論じられないが、島はあと100年ほどでなくなるだろう」と驚きを隠せない。

虫はナナツバコツブムシといい、体長約1センチ。島を調査している沖村雄二・広島大名誉教授(地質学)は、「海水温の上昇でプランクトンが増え、それをえさに大量発生した虫が、侵食を重ね、島全体に無数の穴が開いた」と地球温暖化の影響を指摘する。

島は、東西約90メートル、南北約35メートル。最も高い地点はかつて約22メートルあったが、今では干潮時でも6メートルの岩が西端に残るだけ。地元の丸い竹かご「ホボロ」をひっくり返したような形に見えることから名付けられた島は、満潮時には大半が水没してしまうという。(2007年11月27日13時12分  読売新聞)


地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル
山本 敏晴
小学館

このアイテムの詳細を見る
ツバル―海抜1メートルの島国、その自然と暮らし
遠藤 秀一
国土社

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

「人力発電」で出力5W!人のエネルギーでどこまで発電できるか?

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
エネルギーの単位は何だろうか?
正解は「J(ジュール)」または「Wh(ワット時)」である。

では1J(ジュール)とはどんなエネルギーなのだろうか?
正解は1Wの電力で1秒間電流を流すときの発熱量である。 1J=1W×1s。

人のエネルギーはどのくらい出るのだろうか?
鳥人間コンテストの人力飛行機部門では、人のエネルギーだけで飛行機を飛ばすのでその大きさが問題となる。持続的に300W出せれば優秀な人間だそうだ。エネルギーは1秒間の電力(W)で表されるが、普通の人では100W(ワット)程度だろう。

このエネルギーを人力発電に使うと、手回し発電機などで得られる電力はわずか3〜5W程度。エネルギー効率は3〜5%と低い。それでも消費電力の小さい、携帯ラジオ・懐中電灯・携帯電話・パーソナルコンピュータの利用や充電のための電源として利用できる。

そして、災害時や紛争地帯・無人地帯のように燃料や電池の補給が難しい局面では重宝されている。世界各地の情報格差解消が期待される100ドルPCでは、手回し式充電器で利用できるパーソナルコンピュータを研究中である。

今回、走ったり、歩いたりする際に、ひざにかかる力の一部を吸収して電気に変える人力発電装置を、カナダと米国の研究チームが開発した。走ることで最大54Wまで出る。発電効率は54%に達し、なかなかのものである。

ゆっくり歩きながらでは、平均で5Wの発電が可能だという。エネルギー効率は5%であるが、手回し発電機とほぼ同じで、しかも歩いて移動しながらの発電であるから効率は良いといえる。

将来もっと人力エネルギーを、効率良く電気エネルギーに変えることができれば、ロボットスーツなど様々なものが動かせるようになるかもしれない。まだまだ効率化がねらえそうな、興味深い研究分野である。

【災害時・緊急用】スーパーモバイルエコチャージャー(シルバー)RKJ-SL

(株)エアーズジャパン

この手回し発電機は5W


関連するニュース
「人力発電」歩くだけで携帯10台分 平均出力5ワット(W)


走ったり歩いたりする際、ひざにかかる力の一部を吸収して電気に変える人力発電装置を、カナダと米国の研究チームが開発した。平均出力は5ワット(W)に達し、携帯電話なら約10台を一度に動かすことができるという。

発電設備のない場所で電力供給するのに役立つかもしれない。米科学誌サイエンスで発表。 人がうまく歩けるのは、踏み込んだときに余った力を太ももの裏側の筋肉などで吸収し、動きをコントロールしているからだ。

研究チームは、足を振り出す際にこの余分な力を効率よく吸収し、発電機を回して運動エネルギーを電気に変える装置を開発した。 この装置を足に付けた6人にランニングマシンの上で歩いてもらったところ、体にほとんど負担を感じることなく発電することに成功

そのうち1人は、走ることで最大出力54ワット(W)を得ることができた。 これまでに靴に取り付ける人力発電装置などが開発されてはいるが、出力は0.8ワット(W)が限度だった。

研究チームは、へき地でのコンピューター利用や携帯用医療機器の電源などに役立つとみている。 ( asahi.com 2008年02月12日)
 

試運転済み!官公庁仕様(緑) ヤマハ発電機EF900iS-OD-YAMAHA

YAMAHA

この発電機はガソリンエンジンで900W出力

エネルギーの単位は何か?


正解は「J(ジュール)」である。

他には、カロリー(cal)、キロワット時(kWh)、電子ボルト(eV)、などが使われる。1ジュール:1 J = 1 N・m = 1 W・s  1カロリー:1 cal = 約 4.2J(4.1858 J) 1キロカロリー:1 kcal = 1,000 cal  1キロワット時:1 kWh(kW・h) = 860.0 kcal = 3600000J(3.6 MJ[メガジュール]) という関係がある。

1J(ジュール)とはどんなエネルギーなのだろうか?


正解は1Wの電力で1秒間電流を流すときの発熱量である。 

他には「1ニュートンの力が力の方向に物体を1メートル動かすときの仕事」と定義され、J(ジュール)は「ニュートンメートル」(N·m)と書き表すこともできる。もう一つは「1ボルトの電位差の中で1クーロンの電荷を動かすのに必要な仕事」とも定義されている。 1 ジュール = 1 W · 1 s = 1 ワット秒 1 ジュール = 1 N · 1 m = 1 ニュートン・メートル = 1 kg · m2 · s-2 1 ジュール = 1 C · 1 V = 1 クーロン・ボルトという関係がある。  

電池不要!レスキュー119多機能スーパー携帯充電器RKJ-119

(株)エアーズジャパン

この手回し発電機は5W
手回し充電ラジオ ホワイト

ソニー

この手回し発電機は5W

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

新世代DVDに決着!SONY「ブルーレイ」圧勝・東芝「HD DVD」撤退

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
新世代記録装置として、注目されていた「HD DVD」と「ブルーレイ(以下BD)」。両方とも従来のDVDに比べて記録容量が3〜5倍大きくなっていた。

この容量を利用して、1枚のDVDでハイビジョン画質で番組・映画を録画、鑑賞できたり、パソコンなどの大量データを記録、保存することができる。

その秘密は光とレンズにある。従来のDVDでは赤色レーザーを使用。その波長は650nmであった。「HD DVD」や「BD」では青紫色レーザーを使用。その波長は405nmと細くなる。

これだけでもより多くのデータを記録できるが、さらに開口数の大きな対物レンズを採用。データを読み書きする「光スポット」の面積を従来のDVDの約5分の1に絞り込むことで、同じ直径12cmディスクでありながら、約3〜5倍もの高密度な情報の記録/再生を実現できるようになった。

「HD DVD」と「BD」は、同じ青紫色レーザーで波長が405nmのものを使用している。「使用する光の波長は同じだが、レンズの開口数と記録層などに違いがあり、記録容量は「HD DVD」は「BD」に比べて少ない(HD DVDは30Gb BDは50Gb)。ただ、従来のDVDは「BD」と互換性はないが、「HD DVD」はこれまでのDVDを使用でき、互換性に優れていた。

「HD DVD」は東芝とNECが共同で開発した青紫色半導体レーザー世代の光ディスクの規格である。ピックアップレンズで世界シェアトップの三洋電機も開発に参加した。

「BD」はソニーや松下電器産業、シャープなどが推進していたが、新世代DVDの販売が本格化した昨年の年末商戦で、日本では「BD」方式の対応機が90%超のシェアを占め、「HD DVD」を圧倒した。また、市場の動向を左右する映画ソフトでも、米ワーナーブラザースが「BD」に一本化すると発表するなど、映画界で「BD」支持の動きが広がった。

あれだけ、テレビCMで宣伝していた、東芝の損失も大きいが、東芝の「HD DVD」を購入した人はどうするのであろう?

関連するニュース
新世代DVD:東芝、HD−DVD撤退へ ブルーレイ圧勝、規格争い終止符


高画質のハイビジョン映像を長時間録画できる新世代DVD対応機の規格争いで、東芝は16日、「HD−DVD」(HD)方式から撤退する方向で最終調整に入った。ライバルの「ブルーレイ・ディスク」(BD)方式に販売シェアで大きく引き離され、ソフトを供給する米映画会社も相次いでBD方式への支持を表明。HDの劣勢は鮮明となり、事業継続は困難と判断した。東芝首脳は同日夜、「いろいろなシナリオを想定して検討している。来週中には決める」と語った。

東芝が離脱すると互換性のない両方式の規格争いはBD勝利で決着、規格は統一される見通しだ。

新世代DVDを巡っては、東芝が推進するHDと、ソニーや松下電器産業、シャープなどが推進するBDが激しい主導権争いを展開してきた。だが、新世代DVDの販売が本格化した昨年の年末商戦で、日本ではBD方式の対応機が90%超のシェアを占め、HDを圧倒した。

また、市場の動向を左右する映画ソフトの品ぞろえでも、米ワーナーブラザースがBDに一本化すると発表するなど、映画界でBD支持の動きが広がった。

15日には、小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズもBD方式支持を表明。HD陣営は巻き返しが困難な状態に追い込まれた。

東芝は当面、店頭販売は継続するが、生産は停止し、在庫がなくなり次第、販売も取りやめるとみられる。東芝の損失は数百億円に上る見通し。

両規格の併存で、消費者はこれまで対立陣営に属する映画会社のソフトが見られない事態となっていた。

国内大手メーカーを二分した新世代DVDを巡る規格争いは、VHS方式とベータ方式に分かれて争ったかつての「ビデオ戦争」の再現といわれたが、80年代半ばにベータを推して敗れたソニーが今回はBDで雪辱した格好だ。(毎日新聞 2008年2月17日)


PLAYSTATION 3(20GB)

ソニー・コンピュータエンタテインメント

ブルーレイ再生可能
SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載 ブルーレイ ハイビジョンレコーダー 2層タイプ BD-AV10-S シルバー
シャープ
ブルーレイ再生・録画
SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD320GB BDZ-T70
ソニー
ブルーレイ再生・録画

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

特別天然記念物「アホウドリ」2500羽に回復!危機的状況は続く

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
国の特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリが今春、2500羽を回復する見込みであることが、東邦大学の長谷川博教授の調査で分かった。長年の保護活動の成果が現れてきた。

1945年には、乱獲のため絶滅したと考えられていたアホウドリが、その後鳥島で再発見される。その数が保護活動により回復し、1000羽を超えたのが1999年。このペースなら2017年ころに4000羽に達する。ただ、鳥島は噴火の恐れがあるので、今年から5か年計画で、火山のない小笠原諸島・聟(むこ)島に約50羽のひなを移住させ、新たな繁殖地を作る。

長谷川教授は「現在の営巣地、鳥島尖閣諸島と併せて、3か所で繁殖し、5000羽を超せば絶滅の心配はなくなるだろう」と話す。

小笠原諸島・聟(むこ)島への「アホウドリ移住作戦」は、山階鳥類研究所、環境省、米国魚類野生生物局が共同で計画。鳥島で年に200羽ほど誕生するひなのうち約10羽を船で聟島に運び、研究者が3カ月ほどえさを与えて育てる。これを5年ほど続け、新しい繁殖地をつくる。

また、ひなが新天地を故郷と思い、新たな繁殖地になるよう絶壁の上の平地にデコイと呼ばれる親鳥、若鳥にそっくりのFRP(繊維強化プラスチック)製模型(高さ約70センチ)が30体が並べられる。

しかし、アホウドリなどの鳥類を取り巻く環境には、まだまだ危機的な状況が存在する。 (参考 アイラブサイエンス2006.11.02

アホウドリを取り巻く環境


羽毛布団の原料
開国明治維新の後、八丈島出身の実業家玉置半右衛門は、西洋に大きな需要がある羽毛布団の原料となるアホウドリが鳥島に多数生息することを聞くと、1887年、東京府から鳥島無料拝借の許可を得て、数十人の人足とともに島に渡る。

これがアホウドリ乱獲の始まりとなり、年間20万羽、15年間で推定約500万羽が殺されたとされる。1902年8月9日に鳥島硫黄山が大噴火、当時の島民125名全員が死亡する惨事となり、「アホウドリの祟り」と恐れられた。

1927年には再び開拓団が入植、アホウドリ採取禁止となる1933年まで捕獲が続いた。1949年にはアホウドリ絶滅が宣言された。1951年、鳥島にごく少数が生存しているところを再発見され、その後は保護団体による手厚い保護活動が続けられている。2003年には1840羽(うち尖閣列島300羽)まで生息数が回復した。

延縄(はえなわ)漁業による混獲
しかし現在、別の理由で絶滅が心配されている。その一つはマグロ・カジキ類などを対象とした「浮延縄漁業」やマゼランアイナメ(ギンムツ)やメルル−サ(ヘイク)、タラ類、オヒョウなどを対象とした「底延縄漁業」による「混獲」である。

例えば、マグロ延縄では幹縄(main line)の長さが1回に100 km 以上の長さに及び、それに数1000本の釣針(hook)がつけられる。それを1隻が1日に何回も投縄・揚縄する。したがって、1隻が1日に万単位の釣針を投入することになる。たとえ1回の投縄による混獲の頻度がわずかだとしても、1日の投縄回数や操業日数、操業船舶数が掛け合わされ、年間に数万羽のアホウドリ類が犠牲になる。

少産少死の生活史特性をもつアホウドリ類は、成鳥の死亡率が増加すると潜在的繁殖能力が失われ、個体数が急速に減少。死亡率が在る限度を超えると、個体数の回復が不可能になり、致命的打撃と受けることになる。

海洋汚染による影響
もう一つは海洋汚染による影響。アホウドリ類はおもに海面近くの魚類、イカ類、動物プランクトンなどを食べており、ヒナにも同様のものを与える。ところが、アホウドリとともに鳥島で繁殖しているクロアシアホウドリのヒナの餌の中に、海上に浮遊するたくさんのプラスチックのゴミが入っていることがわかった。

クロアシアホウドリのヒナは、調査のために捕獲すると威嚇のために胃内容物を吐き出す。クロアシアホウドリのヒナには標識調査といって渡り経路や寿命を調べるために捕獲して足環を装着する。捕獲の時に1回程度、胃内容物の吐き戻しがあるがヒナの成長に影響はない。

この胃内容20個体分から人工物を取り出して集めると、発泡スチレン(発泡スチロール)、ゴム状プラスチック、梱包用テープ、シート状プラスチック、テグス、繊維、綿状物、輪ゴム等のプラスチック類が見つかった。(参考HP 山階鳥類研究所・Wikipedia)

関連するニュース
特別天然記念物アホウドリ、春には2500羽に


特別天然記念物アホウドリの保護が進み、今春の巣立ち後には2500羽を回復する見込みであることが、東邦大学の長谷川博教授の調査で分かった。

15日からは、伊豆諸島・鳥島(東京都)で生まれたひなの一部を小笠原諸島・聟(むこ)島(同)に移して、新しい繁殖地作りも始まる。

長谷川教授の昨年末の調査では、鳥島の2か所の営巣地で計382つがいの産卵が確認された。順調なら5〜6月に約240羽程度が巣立ち、鳥島のアホウドリは約2100羽になる。もうひとつの繁殖地の尖閣諸島でも今春の巣立ち後に約400羽に達すると推定され、両方を合わせて約2500羽になる計算だ。

鳥島のアホウドリが1000羽を超えたのが1999年。同じペースなら2017年ころに4000羽に達する。ただ、鳥島は噴火の恐れがあり、山階鳥類研究所が今年から5か年計画で、火山のない聟島に約50羽のひなを移住させ、新たな繁殖地を作る。

長谷川教授は「鳥島での増殖は極めて順調。将来、3か所で繁殖し、5000羽を超せば絶滅の心配はなくなるだろう」と話す。(2008年2月2日 読売新聞)

参考ホームページ

東邦大学メディアネットセンター
 → http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/ahoudori/index.html

山階鳥類研究所アホウドリ復活への展望
 → http://www.yamashina.or.jp/albatross/ahou_mokuji.html


アホウドリに夢中 (ノンフィクション 科学の扉)
長谷川 博
新日本出版社

このアイテムの詳細を見る
ミッドウェイの海鳥たち―モイヤーさんと海のなかまたち
ジャック・T. モイヤー
フレーベル館

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

こんなに違う!ウミタナゴ、実は3種類 京大教授ら調査・分類

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
ウミタナゴ(Ditrema temmincki)は、スズキ目ウミタナゴ科に分類される魚類の一種。

日本各地の沿岸にすむが、東北太平洋側に大型が多い。魚類では珍しく、胎生で、晩春から初夏にかけて20〜30尾の胎児を産む。塩分濃度の高い磯の藻が生えているような所を好み、また、内湾の防波堤の近くにもいる。地域によって多少差があるが、晩秋から岸近くにやってきて産卵の終わる初夏に深場へ去る。

冬の防波堤での玉ウキ釣りの対象魚として親しまれており、漁港に係留してある漁船の下などに群れていることが多く、場所によっては魚影を見ることが出来る。アオイソメやオキアミ等を餌に使って釣る。

口が小さく、アタリがわかりにくいため、遅あわせでややコツがいる。 ウミタナゴではコマセが必携品。アミを少しずつポイントにまいて魚を寄せる。コマセがないと釣りにならないから注意。

料理としては、胎生のため安産の「おまじない」として食べる地方もある。身は淡白な白身で小骨が多い。 塩焼きがオーソドックス。他に素揚げ、煮物、刺身でも食べる。

このように身近な魚であるが、中坊徹次・京都大教授(魚類学)らの調査で 実際は「アカタナゴ」「ウミタナゴ」「マタナゴ」の3種類に分かれることがわかった。昔から食べられていた魚が3種類もあったというのは珍しい。

関連するニュース
ウミタナゴ、実は3種類 京大教授ら調査・分類


海釣りファンに親しまれ、塩焼きにして食べることが多い「ウミタナゴ」は、実際は「アカタナゴ」「ウミタナゴ」「マタナゴ」の3種類に分かれることが、中坊徹次・京都大教授(魚類学)らの調査でわかった。日本の英文魚類学専門誌に発表した。食卓にのぼる魚について新たに分類の見直しが行われるのは珍しいという。

ウミタナゴの新たな分類
 
ウミタナゴはシーボルトが「日本動物誌」で紹介し、1853年に正式に学名がつけられた。北海道中部以南の日本各地と朝鮮半島にすみ、体長は20センチ前後。体は銀色のものが多いが、中坊教授は15年ほど前、徳島県内の漁港で、体色が赤みを帯びたウミタナゴが水揚げされているのを見て「ウミタナゴは1種類ではないのではないか」との疑問を抱いた。環境生物研究所の片渕弘志・副研究員と共同で、全国各地と朝鮮半島から約300匹の標本を集め、ひれの形やうろこの数などを詳しく調べた。

その結果、ウミタナゴは、一つの種(アカタナゴ)と二つの亜種(マタナゴ、ウミタナゴ)に分類できることがわかった。アカタナゴとマタナゴは関東地方から南の太平洋沿岸、ウミタナゴは日本海側を中心に分布していた。えらぶたにある黒い斑点の数は、マタナゴは1個、ウミタナゴは2個で、一般の人が区別する上でのポイントになるという。 ( asahi.com 2008年02月06日 )
 

釣れる!!楽しい!堤防釣り入門
堤防磯投げつり情報編集部
辰巳出版

このアイテムの詳細を見る
空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (三浦半島・湘南・西湘・真鶴編) (Cosmic mook)
磯釣り研究会
コスミック出版

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

遺伝子組換えトウモロコシは安全?フランスで「MON810」栽培禁止

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
遺伝子組換え食品は人体に対する安全性が確認され、国に認可されれば、十分に安全であるといえる。ところが、一度認可された遺伝子組換えトウモロコシがフランスで栽培禁止となった。どういうことなのだろうか?

やっぱり遺伝子組換え作物は、人体に有害なのだろうか?

フランスで問題となったのは、米・モンサント社の遺伝子組換えトウモロコシ「MON810」。フランスの遺伝子組換えトウモロコシはこの種しかないから、もしこれがダメとなるとトウモロコシの遺伝子組換えは全面禁止と同意になる。

諮問委員会のルグラン委員長は「害虫、ミミズ、微生物への否定的影響を証明する事実が浮かんだ。また、花粉が予想を超え数百キロも飛んでいることへの懸念もある」と指摘している。

「MON810」は害虫の殺虫性に優れ収穫増が見込めるトウモロコシとして期待されている。素朴な疑問として、まず、アワノメイガが食べて死ぬトウモロコシをヒトが食べて大丈夫なのだろうか?次に、アワノメイガが食べて死ぬのならば、ふつうの虫も殺してしまい、生態系に重大な影響が出るのではないか?

同様に殺虫効果のある、米・シンジェンタ社が生産した遺伝子組換えトウモロコシBt11(デントコーン)を例にして調べてみた。その結果は次の通りである。

1.人体に対する影響
Btトウモロコシをアワノメイガなどの特定の昆虫が食べるとBtタンパク質により餓死する。これは虫の消化液がアルカリ性のためにBtタンパク質が完全に消化されず、残ったものがこれらの昆虫の腸管にある受容体に結合して、栄養素を吸収出来なくする為である。

これらの昆虫と違って消化液が酸性である人間やほ乳類は、Btタンパク質を他のタンパク質と同じようにアミノ酸にまで分解し、また、受容体を持っていないので、食べてもまったく害がない。消化器官の違いを上手に利用した遺伝子組み換え技術により、使用する農薬・殺虫剤の量は削減され、収穫量を増やすことができる。

2.他の昆虫に対する影響
遺伝子組み換えトウモロコシ(Btコーン)の花粉をまぶし、オオカバマダラの幼虫に与え、時間を追って生存率を調べたところ、遺伝子組み換えトウモロコシの花粉をまぶした葉を食べた幼虫は、時間とともに生存率が減少し、4日後には44%が死亡した。

たしかに他の昆虫にもBtトウモロコシの花粉は有毒であるが、花粉の飛散は3m離れれば数個〜20個/cm2程度となり、花粉の付着した葉を与えたところ、10個〜306個/cm2の花粉が付着した葉を食べると致死率20%となった。自然状態では、他の昆虫の存続に与える影響は無視できる」と結論づけられた。 ( 1995年5月20日の科学雑誌 Natureより )

果たして、遺伝子組換えトウモロコシ「MON810」の安全性はどうなのか?

関連するニュース
フランス:遺伝子組み換えトウモロコシを栽培禁止


フランス政府は9日、米・モンサント社の遺伝子組み換えトウモロコシ「MON810」仏国内での栽培禁止を発表した。仏国内では2万ヘクタール以上で栽培されており、一部農民は裁判で禁止解除を訴える構えだ。

遺伝子組み換え作物に関する諮問委員会のルグラン委員長は「害虫、ミミズ、微生物への否定的影響を証明する事実が浮かんだ。また、花粉が予想を超え数百キロも飛んでいることへの懸念もある」と指摘している。

MON810は害虫の殺虫性に優れ収穫増が見込め、欧州連合(EU)が承認したことで数年前からフランスも導入。昨年はEU内でスペインの7万5000ヘクタールに次ぐ2万2000ヘクタールで栽培された。

仏トウモロコシ生産者組合によると、禁止命令がなければ今年は10万ヘクタールで栽培予定で、同組合は禁止命令による損害を1000万ユーロ(約15億6000万円)とし、一部組合員の提訴を示唆している。(毎日新聞 2008年2月10日)
 

トウモロコシ―歴史・文化、特性・栽培、加工・利用
戸沢 英男
農山漁村文化協会

このアイテムの詳細を見る
トウモロコシが魚になる日―遺伝子操作はこんなに怖い!?
マーク・L. ウィンストン
清流出版

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

調査捕鯨に妨害行為 「環境保護」か「環境テロ」か?

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
「環境保護団体ではない。エコテロリストだ。」日本鯨類研究所側がグリーンピースシーシェパードを非難する。その行為を見ると確かにテロだ。異臭を放つ酪酸の入った瓶を投げつける。体当たりで調査船に当たってくる。スクリューにロープや網を絡ませようと近づいてくる。

エコテロリストとは環境問題や動物の権利擁護を口実に非合法の破壊、脅迫、暴行などのテロ活動を行う者。環境テロリストともいう。この言葉の定義については論争の的となっており、しばしば暴力的な行為を行う環境保護団体に対する蔑称として用いられる。

2006年1月8日、南極海において捕鯨問題をめぐって対立している日本鯨類研究所とグリーンピースとの間で問題が起こった。鯨類研究所の調査捕鯨の実施と、それに対するグリーンピースの抗議行動である。調査捕鯨母船「日新丸」とグリーンピースのキャンペーン船「アークティック・サンライズ」の接触事故?があった。

この接触事故に関しては、双方共にビデオ・写真を公開して事件の説明をしているが、双方が「相手にぶつけられた」と主張しており、見解は対立している(日本鯨類研究所は、日新丸は他船に貨物を移し替える為停船していたと主張している)。

グリーンピースについては米国の連邦捜査局(FBI)からは国内テロリズムの団体として監視されている団体であるという。グリーンピースは、本来は国際的な環境保護団体。オランダのアムステルダムに本部を置く。

シーシェパードは反捕鯨を掲げるアメリカの環境保護団体。今月15日、「第2勇新丸」にワイヤをからませ、不法に乗船してきたメンバー2人を、日本側が一時拘束。18日には「第3勇新丸」に対し、酪酸の入ったビンを投げつける妨害行為を行った。

双方の主張を見てみるとわけがわからなくなる。日本はクジラを食する分化を持ち、調査捕鯨においても致死的調査によって、鯨肉を持ち帰ることが、国際法で保証されていると主張。

ところが、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの環境保護団体は、南極海サンクチュアリやオ−ストラリアが領海権のある海域で、その国内法に基づき日本鯨類研究所が鯨肉を持ち帰る以上、商業捕鯨であると主張、致死的調査を認めようとしない。

日本鯨類研究所の主張する国際法の方が、おそらく優先するに違いない。米英豪の環境保護団体が国内法でのみ対抗するのは、その主張に多分に感情が含まれている。とにかく双方は歩み寄る気配がない。難しい国際問題である。

日本鯨類研究所の主張
  →   http://www.icrwhale.org/05-A-d.htm 
グリーンピースの主張
  →   http://www.whalelove.org/raw/content/fun/1653364.pdf

関連するニュース
また日本捕鯨船に妨害行為 今度はグリーンピース


グリーンピースのゴムボートが補給船「オリエンタル・ブルーバード」側のフェンダーのワイヤーに絡まり、非常に危険な状態を発生させた=(財)日本鯨類研究所 提供 水産庁に入った連絡によると、22日午前9時半ごろ、南極海で日本の調査捕鯨母船「日新丸」が補給船から給油を受けようとしたところ、環境保護団体「グリーンピース」が両船の間に大型ゴムボートを割り込ませる妨害行為を行った。

日新丸はグリーンピースに対し、警告を行ったが、妨害を強行。ゴムボートが一時、補給船の緩衝用ブイのワイヤに絡まる危険な状態になった。ワイヤはまもなく補給船側の乗組員らがゴムボートから取り外し、両船ともけが人はなかった。この後、給油は継続された。

グリーンピースは大型ゴムボートのほかに、妨害行為を撮影するため、メンバーが乗り込んだ別のボートの計2隻約8人で、日新丸と補給船に近づいてきたという。

日本の調査捕鯨をめぐっては、反捕鯨を掲げるアメリカの環境保護団体「シーシェパード」が今月15日、「第2勇新丸」にワイヤをからませ、不法に乗船してきたメンバー2人を、日本側が一時拘束。18日には「第3勇新丸」に対し、酪酸の入ったビンを投げつける妨害行為を行った。

日本の調査捕鯨に対する一連の妨害行為の様子は、日本鯨類研究所のホームページで動画で公開されている。( 2008.1.22 産経新聞 )

ラッド豪首相:日本の「調査捕鯨」認めず 監視継続を強調


オーストラリアのラッド首相は10日、同国テレビのインタビューで「日本が商業捕鯨を『調査捕鯨』と称しているのは正しいことではない」と語り、国際法廷への提訴など法的手段を視野に、オーストラリア政府が南極海で日本の捕鯨活動の監視や撮影を続けるとの姿勢をあらためて強調した。

「証拠を集めた上で勝訴できるかどうか見極める」として提訴については検討中とした。首相は捕鯨問題で意見の相違があっても、両国がこれまで築いた「第一級の外交関係」は維持できると述べた。

オーストラリア政府は7日、同国の巡視船が南極海で撮影した日本のクジラ捕獲現場の写真やビデオを公開した。( 2008.2.8 毎日新聞 )


捕鯨問題の歴史社会学―近現代日本におけるクジラと人間
渡邊 洋之
東信堂

このアイテムの詳細を見る
人間と環境と文化―クジラを軸にした一考察
岩崎・グッドマン まさみ
清水弘文堂書房

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

迫る!東海地震 地球深部探査船「ちきゅう」が南海トラフを調査

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
南海トラフとは、東海から紀伊半島そして四国、九州の沖合海底に存在する水深4,000m級の深い溝(トラフ)のことである。その全長は1,000kmを超える。この場所では海側のプレート(フィリピン海プレート)が陸のプレート(ユーラシアプレート)の下にもぐり込んでおり、非常に活発で大規模な活断層である。

南海トラフの各所では、東海地震、東南海地震、南海地震などのマグニチュード(M)8クラスの巨大地震が約百年ごとに発生している。これは過去の史料に記述されているものから求めたもので、過去500年間で南海地震と特定できたのは4回あり、1605年以降の4回の地震の発生間隔は、92.0年から147.2年までの範囲にあった。その平均発生間隔は114.0年(約百年)と求められる。次に、最近南海トラフで起きた地震をあげる。

1854年には東海沖で安政東海地震(M8.4)が起きている。
1994年には紀伊半島南東沖を震源とする東南海地震(M7.9)が発生。
1946年には同じく紀伊半島南方沖の南海地震(M8.0)が起きている。

このうち東海沖では1854年12月23日の安政東海地震以来150年以上経過しており、次の東海地震の発生が今、最も危険性が高くなっている。ちなみに1923年の関東大震災は相模トラフで起きた海溝型地震であり、南海トラフとは別の話になる。

海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が紀伊半島沖の熊野灘の「南海トラフ」を掘削することに成功した。今回はちょうどフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下にもぐり込む境界付近の浅い部分のコアが採取できた。

浅い領域の境界面は地震の震源域ではないが、津波の発生原因となった断層が採取された可能性があり、津波が起きる過程の解明につながるという。掘削計画は、11年まで予定されていて、その中には海底深い震源付近の掘削も予定されている。

また、「南海トラフ」の海底下には未来のエネルギー源になり得る膨大な量のメタンが眠っている。トラフや海溝には有機物が集まりやすく有機物をメタンに変えるメタン生成菌など、未知の微生物が潜んでいる可能性があり、世界中の様々な分野の研究者がこのプロジェクト(統合国際深海掘削計画 IODP)に参加している。(参考HP JAMSTEC)

関連するニュース
地球深部探査「ちきゅう」帰港 南海トラフの地質採取


紀伊半島沖の熊野灘で巨大地震の震源域「南海トラフ」を掘削していた海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が和歌山・新宮港に帰港。6日、採取したコアと呼ばれる地質試料を公開した。南海トラフの断層面の地質も採取、津波の発生過程を調べる手がかりになるという。

昨年9月に始まった航海は、新宮港の南東約60キロの熊野灘で実施。延べ約8000メートル分の試料を採取した。南海トラフは海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込む境界で、その浅い部分のコアも採取できた。

「ちきゅう」は5日に航海を終え、新宮港に帰港していた。13日に高知新港(高知市)に入り、同機構の高知コアセンターに試料を降ろす予定。

掘削は、11年まで計画されており、繰り返し起きてきた巨大地震のなぞに迫る試料を採取する。

首席研究者の木村学・東大教授(構造地質学)は「浅い領域の境界面は地震の震源域ではないとされるが、津波の発生原因となった断層が採取された可能性がある。津波が起きる過程の解明につながる」と話している。

9日午前9時から新宮市民会館で研究者らが成果を報告するシンポジウムがある。また、10、11の両日午前10〜午後3時、「ちきゅう」の一般公開がある。入場無料。天候の悪化などで中止もある。問い合わせは新宮市商工観光課(0735・23・3333)へ。 ( asahi.com 2008年02月06日 )
 

東海地震の予知と防災

静岡新聞社

このアイテムの詳細を見る
東京大津波 東海・東南海連鎖地震、ついに発生す! (PHP文庫)
柘植 久慶
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

バイオ燃料が地球温暖化を加速?アマゾンの違法伐採を防げ!

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
地球温暖化対策にバイオ燃料をつくるため、大豆やトウモロコシを植えるため、森林を伐採することがかえって温暖化に拍車をかけている。

この問題を米国の環境保護団体「ネイチャー・コンサーバンシー」とミネソタ大学の共同チームが数値化し計算した。その結果、森林伐採することで森が蓄えていた炭素が大量の二酸化炭素(CO2)として放出され、数十年から数百年後まではCO2抑制効果が出ないということがわかった。

試算の結果、元を取るのに時間がかかるのは、インドネシアやマレーシアの泥炭地。この森林を伐採し、パームやしの畑に変える場合で423年。ブラジルの熱帯林を大豆畑にした場合は319年、米国中部の草原をトウモロコシ畑に変えた場合でも93年かかる。

これらの期間に達するまでは、化石燃料を使う場合よりもCO2の排出量が総計で多くなり、地球温暖化を促進するという。(2008年2月8日 読売新聞より)

こうした状況を打開すべく、ブラジルでは違法伐採の取り締まりに、日本の地球観測衛星「だいち」を使う。「だいち」は夜でも曇りでも地上を観測できる能力があり、ブラジル政府が期待を寄せている。日本政府は途上国援助(ODA)の枠組みで支援するという。

衛星写真を見ると、ブラジルのパラ州を東西に走るアマゾン横断道路(トランスアマゾニカ)と、その周りに魚の骨のように広がる熱帯雨林の伐採跡「フィッシュボーン」が観察できる。

アマゾンの熱帯雨林は全世界の熱帯雨林の30%を占め、二酸化炭素を取り込み、酸素を作りだす「地球の肺」の役割を果たしてきた。しかし過去20年間、毎年四国とほぼ同じ面積の1万7千km 2 が消失し続けていると言われている。

1960年代にブラジルでは、農民のアマゾンへの入植を積極的に勧め、原生林を伐採して全長5,500kmに及ぶアマゾン横断道路を建設した。入植者は、農地を開くために伐採を繰り返し、地味がなくなった土地は野焼きされ牧場として開発されました。このようにして、熱帯雨林は道路沿いから次第に消失していき、画像に見られるような「フィッシュボーン」のパターンが作られてきた。

現在では、ブラジル政府による森林保全施策が進められているものの、伐採や野焼きも依然として続けられている。アマゾンに住む農民たちにとって、伐採や野焼きは生活の手段であり、土地を整えるための基本的な農業技術のひとつである。

発展途上国に森林伐採させることなく、経済的に自立させ、しかも地球温暖化を減速させる方法はないものだろうか?

関連するニュース
アマゾンの違法伐採、衛星「だいち」が監視へ


ブラジル・アマゾンの熱帯雨林で横行する違法伐採の監視に、日本の地球観測衛星「だいち」が一役買う。夜でも曇りでも地上を観測できる能力にブラジル政府が期待を寄せ、支援を要請していた。日本政府は途上国援助(ODA)の枠組みで支援する方針だ。
 
アマゾンの違法伐採を衛星で監視 
アマゾンの熱帯雨林は世界最大だが、ブラジル国立アマゾン研究所によると、もとは約500万平方キロあったのが、この30年で約66万平方キロ失われた。過半が違法伐採によると考えられている。

ブラジル政府は違法伐採の摘発に力を入れ、03年からは早期発見のため各国衛星による地上の写真を活用。05、06年と森林消失面積が減って一定の成果を上げてきたが、07年になって再び伐採が急増した。通常の衛星は晴天の日中しか地上を撮影できず、雨期の10月から4月を狙う違法伐採者も増えてきた。

これに対し、06年に打ち上げられた「だいち」は電波を地表に向けて発射し反射波で地上の様子をとらえるセンサーを備える。夜も撮影できるほか、雨雲も「透視」可能で、1年を通して違法伐採の発見に使える。

「だいち」の特長に関心を持ったブラジル政府からの支援要請を受け、日本側は「だいち」のデータを観測後10日以内に提供することになった。またODAで画像データ処理の技術研修をするほか、地方警察への情報伝達の仕組みを整備するなどの計画がまとまった。08年度から3年間で2億円程度の支援を予定する。5月にも調査団を派遣し詳細を決める。

ブラジル環境省のウンベルト・メスキータ部長は「違法伐採取り締まりには『だいち』の画像利用が不可欠だ。日本の協力に期待は大きい」という。 ( 2008年02月10日 asahi.com )
 

アマゾンで地球環境を考える (岩波ジュニア新書 (516))
西沢 利栄
岩波書店

このアイテムの詳細を見る
熱帯雨林の生態学―アマゾンの生態系と動植物
ジョン・C. クリッチャー
どうぶつ社

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please 

惑星誕生の場「原始惑星系円盤」をすばる望遠鏡が捕らえた!

科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
最近、太陽系外の惑星を探す研究が成果を上げている。一昔前は木星よりも大きい巨大惑星しか探せなかったが、最近では技術が進み、地球並の大きさの惑星も発見されるようになった。 将来、地球のように美しく、生命にあふれる惑星が見つかるかも知れない。

さて、太陽系の外にある惑星はどうやって見つけるのだろう?現在のところ、太陽系外の惑星を直接見ることは難しい。だが、惑星が公転していると、恒星の方も重力で引っ張られ、微小ながら規則正しい「ぶれ」が生じる。すると恒星のスペクトルに変化が見られるので、これを検出することで系外惑星を発見できる。

これまで発見した惑星は「ぶれ」の大きい大型惑星であった。惑星が軽いほど恒星に生じる変化は小さいのだが、世界最高の精度で検出できる「HARPS」という分光器を使えば地球型惑星も発見することができる。(アイラブサイエンス2007.4.27号より) 

ところで、約46億年前、太陽や惑星は誕生したといわれるがどのように誕生したのだろう?太陽や惑星、太陽系の誕生にはまだわからないことが多い。地球のような生命にあふれる惑星の誕生のしかたがわかれば、第2の地球の発見に役立つかも知れない。

今回、国立天文台「すばる望遠鏡」が地球型惑星の誕生する原始惑星系円盤を発見した。これまでにも原始惑星系円盤はいくつか発見されているが、原始の地球に似た惑星が存在しそうなものは今回が初めてだという。

国立天文台では広い宇宙を見わたし、第2の地球を発見するために、今日も地道で根気のいる観測を続けている。原始惑星系円盤の発見は、すばらしい観測成果のひとつである。(参考HP 国立天文台)

太陽や惑星の誕生する原始惑星系円盤とは?


我々の銀河系には、水素を主成分とし、岩石質や有機質の微小な塵(ダスト)(星間塵)を含む星間ガスがある。このような星間ガスが集まり、星間雲になると、水素分子や一酸化炭素、シアン化水素、アンモニアなどさまざまな分子が形成されていく。これを分子雲と呼ぶ。

太陽は分子雲の中で誕生する。分子雲はいくつかの塊に分裂しながら、太陽や惑星へと進化を始める。分子雲は収縮と同時に回転を始めて、円盤形の原始太陽系星雲原始惑星系円盤)になっていく。

中心付近に分子雲の集まった原始太陽は、すぐに核融合するわけではない。原始惑星系円盤の中では、いくつかの塊を形成して原始惑星ができる。中心の原始太陽はまわりのガスを取り込み成長し続ける。50億年前、太陽系はこのような成長過程をたどったと考えられている。

46億年前、太陽が核融合を始めたときに残された星雲ガスは、太陽風により吹き飛ばされ消失したと考えられている。これが太陽系の誕生である。

関連するニュース
惑星:「誕生の場」をすばる望遠鏡で撮影


若く軽い恒星の周りで、地球のような固体の惑星の誕生の場となる円盤状のチリを撮影することに、総合研究大学院大と国立天文台などの研究チームがすばる望遠鏡(米ハワイ島)を使って成功した。

中心の恒星の重さは太陽の10分の1で、円盤の重さとともに、これまでに撮影された中で最も軽い。チームは「地球型惑星の誕生過程を探る上で絶好の観測対象だ」と話している。固体の惑星だけが誕生すると思われるチリの円盤が直接観測されたのは初めて。米の天体物理学専門誌で発表した。

惑星は、太陽のような恒星の誕生時に、恒星の周りに円盤状に集まるガスとチリからできる。恒星が太陽以上の重さだと円盤も重くなって木星のようなガス状の巨大惑星ができ、その内側にできる地球型惑星は観測しにくくなる。

同大の工藤智幸博士らは、年齢約10万年と若く、地球から約460光年の距離にあるおうし座内のFN星(15等星)を、すばる望遠鏡の近赤外線カメラで観測。FN星の輝きを隠して撮影のうえ画像処理し、円盤表面のチリで反射された光の画像を得た。

円盤の半径は地球−太陽間の約260倍、質量は地球の約2100倍で、FN星の6%にあたる。円盤の質量と分布から、地球質量以下の小さな固体惑星だけが複数個生まれると予想されるという。チームは「より詳細に観測すれば、惑星ができるときにチリが集まる様子がとらえられるかもしれない」と話す。(毎日新聞 2008年2月8日)
 

太陽系のふしぎ―こんなことが知りたかった (ニュートンムック)
原 恵,渡部 潤一
ニュートンプレス

このアイテムの詳細を見る
[ナショナル ジオグラフィックDVD BOX] 宇宙に挑む(DVD3巻セット)
ナショナル ジオグラフィック
日経ナショナルジオグラフィック社

このアイテムの詳細を見る
見てわかる 宇宙 (日経BPムック)
デービッド・A・アギラー
日経ナショナルジオグラフィック社

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please

科学用語でクリック!
ギャラリー
  • 世界最高齢アホウドリ、66歳でヒナかえす!スーパーママが太平洋の孤島で今年も子育て奮闘中
  • 世界初!タンパク質の結晶核ができる瞬間をとらえる!難しいタンパク質の結晶化解明に道
  • 植物は「かおり」で会話する?草刈りの匂いでダイズの防衛能力が向上!「植物間コミュニケーション」は存在する
  • 地球温暖化で拡大する感染症を阻止せよ!武器は「蚊の工場」、広大な中国から蚊を一掃できるか?
  • ニュージーランドは未知の大陸「ジーランディア」の一部だった!海に沈んだ「アトランティス」大陸の謎
  • ついに環境汚染が深海まで到達!マリアナ海溝の深海生物(エビ)に、中国最悪の川を超える50倍のPCB検出!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
livedoor プロフィール

 サイエンスジャーナルに
 関する、取材の申し込みや
 お問い合わせは、記事の
 コメント欄にご記入お願い
 致します



logo

bnr-yt-fact-min

The Liberty Web
未曾有の危機到来!
自分の国は自分で守ろう!

最新コメント
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る
黄金の法―エル・カンターレの歴史観
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る

楽天SocialNewsに投稿!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←Click
人気ブログランキングへ     please

月別アーカイブ
まぐまぐ

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

最新科学情報やためになる
科学情報 をメルマガで!
540円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


ダイジェスト版
Yes,We Love Science!
もご利用下さい。

ツイッター相互フォロー
科学・環境・Twitter情報局
をご利用下さい。

 現在、記事の一部しか表示
されません。記事のすべてをお読み頂くためには、
メルマガ登録後に配送される
パスワードが必要です。
 御登録お願い致します。
なおパスワードは一定期間
ごとに変更されます。

Let’s tweet Science!
















































































































































理科学検定に挑戦しよう!











































































































  • ライブドアブログ