サイエンスジャーナル

自然科学大好き!サイエンスジャーナル!気になる科学情報をくわしく調べ、やさしく解説します!

2008年09月

世界最古42億年前・日本最古5億年前の地層発見!

 太陽系の化石というと何だろう?

 それは太陽系を漂う彗星や小惑星などの天体のこと。「エッジワース・カイパーベルト」という海王星より外側の領域には、約46億年前に太陽系が誕生したとき、惑星とはならずに取り残された天体が漂っており「太陽系の化石」とよばれている。

 それらの天体に人類は近づくことはできないが、そこから地球に近づいてくる彗星や小惑星を調査する取り組みが行われている。米国では1999年2月に打ち上げられたNASAの探査機「スターダスト」は2004年1月2日、氷やちりの粒子及びガスを含んだビルト第2彗星のコマのサンプルの採取に成功した。

 日本では「はやぶさ」が、2003年5月9日(金)に打ち上げられた。「はやぶさ」は小惑星「イトカワ」に2005年夏到達し、サンプルを採集して、2010年に地球に持ち帰ることを目的としている。



 地球上でいちばん古い岩石とは?

 宇宙ではこのように、46臆年前もの岩石が漂っているのであるが、地球上ではどうなのだろうか?

これまで知られていた最も古い岩は、カナダ北西部で見つかった40億3000万年前のものであったが、今回、カナダ東部のケベック州ハドソン湾東岸地域で、42億8000万年前の玄武岩質の岩石が発見された。

 発見したのはカナダ・マギル大と米カーネギー研究所のチームで、46億年前にドロドロに溶けていた地球の表面が冷え始め、43億年前頃、地球に初めて地殻ができたときの様子を知る手がかりになるという。

地殻変動がはげしい地球上で40億年以上も前の岩石が発見されるのは珍しい。


 日本最古の岩石は?

 一方、日本ではどのぐらい前の岩石が発見されているのだろうか?

 先日、茨城大や国立極地研究所の研究チームが茨城県日立市北部の山地で約5億年前にできた日本最古の地層を発見した。

 日本最古の地層はこれまで、岐阜県の飛騨山脈にあるオルドビス紀(4.9億〜4.44億年前)のものとされてきたが、今回の岩石はカンブリア紀(5.4億〜4.9億年前)という一つ前の時代にできたものになるという。

 太古の日本列島は、カンブリア紀に中国や南極大陸がつながった「ゴンドワナ大陸」の周辺にあったのではないかとする説がある。地層を形成する「日立変成岩」を調べると火山活動に由来する安山岩と花崗(かこう)岩が多く含まれていた。 日本列島誕生の謎を解くカギになるという。


 カンブリア爆発とは?

 カンブリア紀(カンブリアき、Cambrian)は地質時代、古生代前期における区分の一つで、約5億4,500万年前から約5億500万年前までとされる。

 カンブリア紀では、先カンブリア時代によって形成された海洋が地球上のほぼ全てを覆い尽くす。海中では様々な種類に至る海洋生物が現れ、中でも三葉虫等の節足動物が繁栄し、藻類が発達した。

 カンブリア紀の生物相の多様性がよく知られるようになったのはバージェス動物群の発見以来であり、この時期の初期には動物門のほとんどすべてが出現したと考えられ、この時代に動物の多様性が一気に増大した可能性がある。これをカンブリア爆発と呼ぶ。(出典:Wikipedia)


 関連するニュース
地球最古42億8000万年前の岩、カナダで発見


 カナダ東部のケベック州で、マギル大(モントリオール)などの研究チームが地球最古となる42億8000万年前の岩を発見し、26日の米科学誌サイエンスで発表した。

 これまで知られていた最も古い岩は、カナダ北西部で見つかった40億3000万年前のもので、今回の岩はこれを2億5000万年さかのぼる。地球が誕生したのは46億年前で、初期に形成された岩石が、その後の地殻変動で破壊されずに残った貴重な例と考えられる。研究チームによると「水の存在や当時の気温など、原始の地球の姿を探るうえで重要な手がかりになる」という。(2008年9月27日14時35分  読売新聞)
 
日本最古5億年前の地層、茨城の山地で発見


 約5億年前にできた日本最古の地層を、茨城大や国立極地研究所の研究チームが茨城県日立市北部の山地で発見した。

 日本列島誕生の時期が、従来説より最大で6000万年さかのぼる可能性がある。教科書を書き換える成果で、秋田市で20日から始まる日本地質学会で発表する。
 同大の田切(たぎり)美智雄教授(地球科学)らは山地の2か所で火山岩を採取。マグマが冷えて固まると、時間とともに内部のウランが鉛に分解される点に着目し、ウランと鉛の含有率から火山岩のできた時期を調べた。

 その結果、2か所の火山岩は5億600万年前と4億9800万年前のものと判明した。日本最古の地層はこれまで、岐阜県の飛騨山脈にあるオルドビス紀(4.9億〜4.4億年前)のものとされてきたが、カンブリア紀(5.4億〜4.9億年前)という一つ前の時代にできたものになる。(2008年9月19日  読売新聞) 


カンブリア爆発の謎 ~チェンジャンモンスターが残した進化の足跡 [知りたい!サイエンス] (知りたい!サイエンス 27)
宇佐見 義之
技術評論社

このアイテムの詳細を見る
図解入門 最新地球史がよくわかる本―「生命の星」誕生から未来まで (How‐nual Visual Guide Book)
川上 紳一,東條 文治
秀和システム

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

ミニビッグバンや極小ブラックホールも?「LHC」が挑む宇宙の謎

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
Webの誕生
2008年9月10日、宇宙の謎を解く「LHC」が、ついに運転開始されたが、液体ヘリウムの漏れる事故があり、現在、実験停止中である。ところで、今我々が使っているWebをつくったのは、「LHC」をつくった「CERN(欧州原子核研究機構)」のコンピューター技術者であることを、ご存知だろうか?

彼の名は「Tim Berners-Lee」。彼はは世界中に散らばっている高エネルギー物理学実験のチームメンバーの研究者の間で、瞬時に同じ情報を共有するにはどうしたらよいか悩んだ末、1990年の年の暮れ近くにWebを発明した。

「LHC」とは何か?
LHCとは、大型ハドロン衝突型加速器 (Large Hadron Collider、略称 LHC)のこと。ハドロン陽子や中性子とこれを結びつける中間子が一体になったものをいう。陽子や中性子は現在物質を分解していったときに得られる、最小の粒子である。この粒子を電磁石を使って加速し、粒子どうしを衝突させて何が起きるかを調べる機械である。

陽子や中性子などより、もっと小さなクオークやレプトンという粒子も発見されているが、これらの粒子は小さすぎて、まだ人類は自由に操作することはできない。

「LHC」は今から20年前、世界各国の物理学者が参加するCERN(欧州原子核研究機構)で、スイスとフランスの国境にまたがる地下100m、周長27キロのトンネル内につくられることが計画された。そして約5500億円を投じ、2008年9月10日ついに完成し、運用開始となった。

この巨大な加速器の中で高エネルギーの陽子ビームが加速され、光速に近い速度で正面衝突させる。そして測定装置でこの衝突の反応を観測することになっている。光速近くまで加速された陽子のエネルギーは7兆電子ボルト(7TeV)に達する。

いったい陽子どうしを衝突させるとどんなことがわかるのだろう?

「LHC」で何がわかるか?
LHC加速器では7兆電子ボルトの陽子同士の正面衝突が1秒間に10億回起こる。1回の衝突では100個の粒子が作られる。これらの膨大な数の粒子の中からごく稀にしか発生しない「ヒッグス粒子」や「SUSY粒子」を日本が建設した「アトラス」という分析装置で捕らえる。

宇宙の始まりで起こったと考えられている「ビッグバン」の状態を何度も再現する。収集された膨大なデータは世界中の約1万人の研究者が分析し、ビッグバン後の宇宙の様子の手掛かりを探る。

主な実験のテーマ
・標準理論の中で唯一未発見であり、素粒子に質量をもたらすとされている「ヒッグス粒子」の発見とその性質の測定。
・標準理論を超える、大統一理論の有力候補である超対称性理論で予言される超対称性粒子(SUSY粒子)の発見。
・原子核内の中間子の性質を調べることによって、クォーク仮説に基づく原子核構造の精密な検証及びグルーオンの性質の測定。
・余剰次元理論に基づく計算により、LHCの衝突エネルギーで生成可能とされる極小ブラックホールの検出と、それによる余剰次元理論の検証(LHCの実験エネルギーでは困難と見られているが、実験の候補には上がっている)。

関連するニュース
世界最大の円形加速器「LHC」でヘリウム漏れ、運転停止


欧州合同原子核研究機関(CERN)は20日、今月10日に運転を始めたばかりの世界最大の円形加速器「LHC」で大量のヘリウムが漏れ出す事故が起き、運転を停止したと発表した。

電気接続に欠陥があり、大電流が流れて装置の一部がとけたのが原因という。運転再開までに、少なくとも2か月かかる見通し。

LHCは、物質になぜ重さがあるかなどを解明するため、約5500億円を投じ、フランス・スイス国境に建設された。(2008年9月21日18時44分  読売新聞)

参考HP Wikipedia「LHC」・高エネルギー加速器研究機構「細極微の世界に迫るLHC」 → http://www.kek.jp/newskek/2002/marapr/cernlhc-1.html
 

ビッグバンをつくりだせ―新型加速器:リニアコライダーが宇宙誕生の瞬間に迫る
高橋 徹
プレアデス出版

このアイテムの詳細を見る
加速器がわかる本―小さな素粒子を“見る”巨大な装置 (ニュートンムック)

ニュートンプレス

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

スーパーからバナナが消えた!「バナナダイエット」人気の秘密

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
バナナダイエット流行
バナナダイエット」が流行している。各地のスーパーではバナナの売り切れが続出している。これは「バナナにダイエット効果がある」と紹介するテレビ番組や本をきっかけに売り上げが急増したためで、夕方になると品切れになる店も出てきた。輸入業者は「すぐに供給量を増やせない」とうれしい悲鳴を上げ、仕入れ値が上がるなどの影響も出始めている。

ブームは、08年春から。ぶんか社の本「朝バナナダイエット」シリーズが3月1日からの発売以来、累計40万部のヒットとなり、みのもんたさん司会の日本テレビ系「おもいッきりイイ!!テレビ」が6月5日放送から計3回も特集した。最近では森公美子さんがドリームプレス社(2008年9月19日放映)の「驚異のダイエット『D-1』コンテスト」で朝バナナダイエットに挑戦していた。

朝、バナナを食べるだけで...
私が家族と見たのは森公美子さんの番組で、驚いたことに朝バナナを1,2本と常温の水を飲むだけ、昼と晩は好きなものを好きなだけ食べられる。ただし、夕食後4時間は何も食べないようにすること。これだけで彼女は1ヶ月半で7kgも減ったという。驚いた。森公美子さん曰く「今までのダイエットはストレスを感じた。今回のダイエットは、何のストレスも感じない」

これが本当なら、誰でもバナナを食べたくなる。バナナダイエットのメカニズムはこうだ。
・食べたものを消化している時間は、消化のために内臓に血液が集まり、脂肪燃焼がされにくい。したがって、胃が空のときに一番脂肪は燃やされる
・米、芋類は消化に2〜3時間、肉の脂肪分は4時間以上もかかる。しかしバナナは消化時間が約1時間と早く、その後は、体内の脂肪が燃焼される。胃を休めることにもなる。
・常温の水は、胃腸への負担が少なく、代謝に必要な水分補給になる。

またバナナに含まれる成分もダイエット効果を促進する。
・バナナに豊富に含まれるアミラーゼ(糖質分解酵素)が、代謝を高めて脂肪燃焼を活性化する。
・バナナに含まれるポリフェノールが活性酸素を抑制し、細胞の働きを活発にしてさらに代謝を高める。

たしかにバナナはダイエットに良さそうだ。こんなに素晴らしいバナナの健康成分をまとめてみよう。

バナナの健康成分とは?


エネルギー
1本100gあたり86kcalしかない(低カロリー)。100g中炭水化物22.5gタンパク質1.1g脂質0.2g含まれている。他の果物に比べて炭水化物が多く、ブドウ糖、果糖、ショ糖など様々な糖質が含まれていて、消化が良い割に腹持ちがよい。
無機質
カリウム、マグネシウムなどの無機質が他の食品より、豊富に含まれている。
ビタミン類
ビタミンB2・B3・B6・B9・C・Eなどが豊富に含まれている。B3はナイアシン、B9は葉酸ともいう。
食物繊維
100g中に1.1gあり、レタスなど他の野菜と同程度含まれている。
その他 
消化酵素アミラーゼ(消化によい)や神経伝達物質セロトニン(鎮静作用)ポリフェノール(向免疫力・抗がん)などをふくむ。

参考HP バナナ大学 → http://www.banana.co.jp/index.html
日テレ「思いっきりイイ!!テレビ」
 →
 http://www.ntv.co.jp/omoii-tv/teacher/080605.html 

朝バナナダイエット
はまち。
ぶんか社

このアイテムの詳細を見る
史上最楽!朝バナナダイエット―医師夫婦は35キロ、薬剤師夫婦は20キロやせた! (マキノ出版ムック)
渡辺 仁,渡辺 澄子,本橋 登
マキノ出版

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

一石二トキ(鳥?)森林保護・温暖化対策「カーボン・オフセット」

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
一石二トキ(鳥?)
27年ぶりに、トキを放鳥した新潟県佐渡市では、企業による「カーボン・オフセット」を活用した、森林の整備事業がはじまっている。トキの住む森を豊かにするとともに、二酸化炭素を森に吸収させ、地球温暖化防止の取り組みにもなるという、一石二トキ(鳥?)の運動だ。

カーボンオフセットとは?
さまざまな活動によって生じる「二酸化炭素」は直接削減することが一番よい。しかし、それができない場合、他の活動で「二酸化炭素」を吸収したり、排出量を削減したりすることで「相殺(埋め合わせ)する」方法がある。このことを「カーボン・オフセット」という。 「カーボン・オフセット」のカーボンは「二酸化炭素」、オフセットとは「相殺する」という意味。

具体的な活動としては、企業や政府が「カーボン・オフセット」付きの商品を販売する。個人はその商品を購入することで「カーボン・オフセット」に参加する。企業は収益の一部を二酸化炭素吸収源となる「森林保護活動」や温室効果ガス排出量の少ない「新エネルギー事業」への投資、発展途上国における温室効果ガス「排出削減プロジェクト」の支援などの費用に当てる。

現在、販売されている商品の例としては、日本郵政株式会社の「カーボン・オフセット年賀はがき」、近畿日本ツーリストの「カーボンオフセット付き修学旅行プログラム」、東京海上日動火災の「カーボンオフセット付き自動車保険」、セブン&アイホールディングスの「カーボンオフセット付きエコバッグ」などがあり、他にも軽自動車、お菓子、定期預金、投資信託、即席麺など様々な商品に付加したものがある。

ところで「カーボン・オフセット」と京都議定書の関係はどうなっているのだろうか?

京都議定書目標達成のために
1997年12月、国際レベルで採択された京都議定書。先進諸国に対して、2008年〜2012年の間(第一約束期間)に、1990年比で温室効果ガスの削減が数値として義務づけられ、日本にはマイナス6%という数値が設定された。

しかし、現在(2005年調べ)ではCO2排出が「プラス7.8%」と逆に増えており、削減へ向けての努力がより必要となっている。

「京都議定書」において、温室効果ガス削減の方法として定められたものに京都メカニズムがある。具体的には、CDM(クリーン開発メカニズム)、JI(共同実施)、ET(排出量取引)の3つの仕組みが導入され、国際的に運用されている。

「カーボン・オフセット」はこのうち、CDM(クリ−ン開発メカニズム)などによって、途上国への技術援助を行い二酸化炭素削減に貢献する。

関連するニュース
温暖化対策:カーボン・オフセットでトキのすむ森再生を


「カーボン・オフセット」と呼ばれる地球温暖化対策を活用し、トキがすむ森林を整備するモデル事業が新潟県で進んでいる。25日に野生復帰を目指すトキが初めて放鳥される予定で、参加企業は「温暖化対策に加え、トキの野生復帰に取り組む地元のPRにもつなげたい」と期待する。

カーボン・オフセットは、商品の製造やイベントで発生する二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを、植林や再生可能エネルギーの導入といったCO2削減策に投資することによって相殺する仕組み。

モデル事業は、新潟県が今年度から独自に始めた。まず、参加希望の企業が、排出量を相殺したい商品やサービスを登録する。今年度は、佐渡市内のスーパーマーケットなど九つの企業、団体が名乗りを上げた。有料レジ袋や観光貸し切りタクシーなどの代金の一部を、「トキ野生復帰ステーション」近くの約4.8ヘクタールの森林の間伐費用などに充てる。

この森林は、レジ袋製造やタクシー走行に伴って排出したCO2の吸収源として位置づけられるとともに、放鳥するトキの生息場所として整備されるため、野生復帰の支援にもなる。

レジ袋のオフセットでモデル事業に参加するJAエーコープ佐渡(本社・佐渡市)は「トキの放鳥に備え、自然豊かな佐渡を実現する手段としてオフセットに取り組みたい」と話す。(毎日新聞 2008年9月22日) 

参考HP 環境省「カーボン・オフセット」
 →
 http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
環境goo「カーボンオフセット」
 →
 http://eco.goo.ne.jp/word/energy/S00255_kaisetsu.html

カーボン・オフセット―自分の出したCO2に責任を持つしくみ

工業調査会

このアイテムの詳細を見る
オルタナ 2008年7月号

オルタナ

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

蘇れ!国内絶滅種「トキ」10羽放鳥 27年ぶり佐渡の大空を舞う

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
トキ放鳥27年ぶりの空
9月25日佐渡市新穂正明寺(にいぼしょうみょうじ)で、トキの放鳥が行われた。約1500人の温かい目に見守られながら10羽のトキが佐渡の大空を舞った。1981年、国内で最後の野生のトキが舞ってから27年、2003年に国内最後の野生種「キン」(36歳)が死んでから5年。こんなにはやく野性のトキが戻ってくるとは思わなかった。

もちろんこれで完全にトキが再生される補償はどこにもない。本来、野生生物が住んでいた自然環境をどれだけ取り戻せるかがカギとなる。トキを自然に放鳥し、注意深く保護していくことは、本来あるべき生態系を復元することにつながる。トキが安心して暮らせる環境は、私たち人間にとっても安全で安心な環境である。

また、今回のトキの復活には「佐渡トキ保護センター」の人たちや「日本中国朱鷺(とき)保護協会」など、多くの人たちの努力があった。今年83才になる、保護協会の会長、村本さんはトキの募金活動などを通じて約50年間活動している。中国へ通うこと21回、日中交流にも尽力してきた。放鳥されたトキは中国から譲り受けたものを人工繁殖させたものだ。佐渡トキ保護センターでは、現在110羽まで殖やすことに成功している。

現在の日本の環境は、正しいものになっているのだろうか?どうして日本のトキは、絶滅したのだろうか?そして、ここまで回復するまでに、どんな苦労があったのだろうか?

日本産トキの絶滅
かつてトキは日本国内に広く分布したが、肉や羽根を取る目的で乱獲されたため、1925年か1926年ごろには絶滅したとされていた。その後、昭和に入って1930年から32年にかけて佐渡島で目撃例が報告され、1932年5月には加茂村(→両津市、現佐渡市)の和木集落で、翌昭和8年(1933年)には新穂村(現佐渡市)の新穂山で営巣が確認されたことから、1934年に天然記念物に指定された。

当時はまだ佐渡島全域に生息しており、生息数は100羽前後と推定されていた。終戦後は、1950年を最後に隠岐に生息していたトキの消息は途絶え、佐渡での生息数も24羽[11]と激減していたことから、1952年3月に特別天然記念物に指定され、1954年には佐渡で、1956年・57年には石川県で禁猟区が設定された。

しかし、禁猟区には指定されたものの生息地周辺での開発などは制限されなかった。また、民間の佐渡朱鷺愛護会や愛好家の手でも小規模な保護活動が行われるようになったが、1958年には11羽(佐渡に6羽、能登に5羽)にまで減少した。

1960年、東京で開かれた第12回国際鳥類保護会議において国際保護鳥に指定され、会議を記念してトキをあしらった記念切手も発行された。1971年には、能登半島で捕獲された『能里(ノリ)』が死亡し、佐渡島以外では絶滅した。

トキの減少の一因として農薬(による身体の汚染・餌の減少)が取り上げられることが多いが、日本で化学農薬の使用されるようになったのは1950年代以降であり、その頃にはすでに20羽ほどにまで個体数を減らしていた。

1965年、幼鳥2羽(『カズ』と『フク』)を保護したことから人工飼育が試みられるが翌年、カズが死亡。解剖の結果、体内から有機水銀が大量に検出されたため、安全な餌を供給できる保護センターの建設が進められる。

1967年トキ保護センター開設。フクと、1967年に保護された『ヒロ』『フミ』の計3羽がセンターに移された。翌1968年『トキ子』(のちに『キン』と命名される)を保護。1970年には能登の最後の1羽『能里(ノリ)』を保護し、トキ保護センターに移送する。キンがメス、能里がオスだったことや盛んに巣作りを行っていたことから、繁殖に期待が持たれたが、1971年に能里が死亡。人工飼育下のトキはキン1羽となった。(フク、ヒロおよびフミは1968年に死亡)

1968年頃NHKがトキの営巣地である黒滝山上空にヘリコプターを飛ばし空撮を行ったが、1969年にトキが黒滝山の営巣地を放棄し人里近い両津市へ移動したのは、そのためだという指摘がある。これ以降、雛の巣立ちが認められなかったため、卵を採取して人工孵化を試みるがすべて失敗した。

1981年1月11日から1月23日にかけて、佐渡島に残された最後の野生のトキ5羽すべてが捕獲され、佐渡トキ保護センターにおいて、人工飼育下に移された。(センターで付けられた足輪の色から『アカ』『シロ』『ミドリ』『キイロ』『アオ』と命名される)その後、繁殖の試みが続けられたが全て失敗し、2003年10月10日朝、最後の日本産トキ(キン)の死亡が確認され、日本産のトキは絶滅した。ただし、生物学的にはまったく同一種である中国産のトキを用いて人工繁殖を行っているため、日本におけるトキの扱いは「絶滅」ではなく「野生絶滅」のままである。(出典:Wikipedia)

佐渡島 トキ保護の歴史
1871年 大英博物館、トキの学名を「Nipponia Nippon」(ニッポニア・ニッポン)とする。
1908年 国が「狩猟に関する規則」に基づき保護鳥指定
1926年 「新潟県天産誌」で「濫獲の為ダイサギ等と共に其跡を絶てり」と記載、県内でトキ絶滅との認識
1930年 東京日日新聞(現毎日新聞)主催の座談会が旧両津町であり、住民がトキ生息を証言
1952年 国が特別天然記念物に指定
1960年 国際保護鳥に指定
1968年 旧真野町で雌「キン」を捕獲
1974年 国、トキ人工繁殖を推進する方針決定
1981年 生息が確認されていた雌「キ」「アカ」「アオ」「シロ」と雄「ミドリ」の計5羽を全鳥捕獲も、キ、アカ死ぬ。中国・陝西省で7羽のトキ発見
1983年 ミドリとペアリングしたシロ死ぬ。ミドリとキンのペアリング開始
1985年 日中両国がトキの保護増殖で基本合意。中国から雄「華華(ホアホア)」移送
1989年 キンと華華のペアリングに失敗し、華華を返還。中国で初の人工ふ化成功(平成元)
1990年 ミドリを中国に移送し、ペアリング開始
1992年 人工ふ化失敗でミドリを日本に返還。国産トキの絶滅確実になる
1993年 国が、国産トキの繁殖を目的とした「トキ保護増殖事業計画」を策定
1994年 日中、中国産トキ「貸与」で合意。雄「龍龍(ロンロン)」と雌「鳳鳳(フォンフォン)」が日本に移送。12月、龍龍が急死
1995年 ミドリと鳳鳳の人工ふ化失敗、直後ミドリ死ぬ。鳳鳳も中国に返還
1997年 中国内で、トキの個体数が100羽突破
1998年 中国側、人工繁殖した2羽の「贈呈」を表明
1999年 雄「友友(ヨウヨウ)」と雌「洋洋(ヤンヤン)」のペアが来日。日本初の人工ふ化に成功し、雄のヒナを「優優(ユウユウ)」と命名
2000年 優優とのペアリングのため、中国から雌「美美(メイメイ)」が移送
2002年 優優と美美の間に生まれた幼鳥2羽を初めて中国に返還
2003年 日本最後の野生種「キン」(36歳)死ぬ。国は93年の「保護増殖事業計画」を変更、日本生まれの中国種を繁殖・野生復帰させる方針に転換
2004年 優優と美美の間に生まれたヒナを初めて自然ふ化
2006年 日本で人工繁殖したトキが初めて100羽を突破
2007年 自然放鳥訓練のための「野生復帰ステーション」が完成。野生順化訓練を7月に開始。鳥インフルエンザ感染症対策として12月、東京・多摩動物公園に4羽を分散飼育
2008年 自然界により近いよう造られた野生復帰ステーション内の「順化ケージ」で5月、初の自然ふ化。9月25日の試験放鳥が7月に決定。9月19日、ケージのトキ15羽を放鳥準備のために捕獲し、健康診断などのため繁殖用のケージに移す。同25日、うち10羽を放鳥(出典:佐渡トキ保護センター・毎日新聞 2008年9月26日)

関連するニュース
はばたくトキ 共生の未来へ
「きれい」「うちにも飛んできて」――。佐渡市新穂正明寺(にいぼしょうみょうじ)の田んぼで25日行われたトキの放鳥。放たれた10羽のトキは、市民ら約1500人が見守る中を薄桃色の翼を広げて27年ぶりに佐渡の大空を舞い、「人との共生」に向けて新たなスタートを切った。

午前10時半すぎ、秋篠宮ご夫妻が二つの木箱のフタを開けると、2羽のトキは一瞬、戸惑った様子を見せた後、勢いよく飛び立った。続いて、トキ保護に尽力した市民や児童らの手で八つの木箱が相次いで開けられた。トキは次々と大空へ羽ばたき、1〜2分間、上空を旋回した後、田んぼを囲む山の中へ散り散りに消えていった。

放鳥を行った佐渡市立前浜小6年生の山本翔太君(11)は「うまく大空に飛び立ってくれてうれしい。間近で見るトキは本当に薄ピンクの朱鷺(とき)色で、きれいだった」と振り返った。新穂小5年生の本間拓人君(10)も「たくさん増えて、うちの家にも飛んできてほしい」と目を輝かせた。(2008年9月26日  読売新聞) 

参考HP 佐渡トキ保護センター → http://www4.ocn.ne.jp/~ibis/index.htm

コミック版 プロジェクトX挑戦者たち―幸せの鳥トキ 執念の誕生
山下 京子,NHKプロジェクトX制作班
宙出版

このアイテムの詳細を見る
最後のトキ ニッポニア・ニッポン―トキ保護にかけた人びとの記録 (ノンフィクション 知られざる世界)
国松 俊英
金の星社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

世界初?「系外惑星」の直接観測に成功!ジェミニ天文台

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
2008年9月、太陽系外の惑星とみられる天体を、カナダ・トロント大のチームがハワイのジェミニ天文台の望遠鏡で撮影に成功した。これまで、系外惑星を撮影したことはなく、これが惑星と認められれば世界初の快挙だ。

系外惑星とは何か?
系外惑星とは、太陽系以外にある惑星のこと。太陽系では、最近冥王星が惑星でなくなり、準惑星になった。現在は水星から海王星までが太陽系の惑星だ。その外側には冥王星を含む「エッジワース・カイパーベルト」。さらにその外側に「オールトの雲」に属する天体が存在する。ここまでが太陽系である。

地球から一番近い恒星は「ケンタウルス座のα星」でその距離4.4光年ある。この恒星は3つの恒星が互いにぐるぐると回っている連星と呼ばれるもので、「ケンタウルス座のα星」に惑星があるかどうかはわかっていない。

冥王星でさえ観測が難しく、最近ようやく、そのくらいの大きさの天体なら太陽系にたくさんあることが判明したばかり。冥王星よりもはるかに遠い「系外惑星」の存在はいつから考えられたのだろう?

系外惑星発見の歴史
地球が存在するのだから、太陽系以外にも系外惑星が存在するのではないかという考えは、16世紀にはジョルダーノ・ブルーノにより主張された。しかし、当時はあくまで想像の産物であり、フィクションの域を出なかった。

観測技術が発達し、実際に探査の試みがなされるようになるのは、1940年代からである。現在認められている初の発見は、最近のことで1993年に発見されたPSR B1257+12というパルサーをめぐる3つの惑星であった。ポーランドの天文家、アレクサンデル・ヴォルシュチャンによって発見された。

そして2008年9月、太陽系外の惑星とみられる天体を、カナダ・トロント大のチームがハワイのジェミニ天文台の望遠鏡で撮影に成功した。これまで、太陽系外惑星を撮影したことはなく、これが惑星と認められれば世界初の快挙だ。

しかしこの惑星、表面温度が1500℃、惑星というにはまだ温度が高すぎる。大きさも木星の8倍あり、恒星ではないかと思える。しかし、専門家の話では惑星が冷えて固まる前の段階だそうだ。恒星との距離も地球〜太陽間の約330倍(500億km)もある。

これまでに発見されている系外惑星の数はおよそ300個、そのほとんどが恒星の近くを木星のような巨大な惑星が回るパターン(ホットジュピター)である。望遠鏡で直接観測できたことはいままでなかった。系外惑星はいったいどうやって発見されたのだろうか?

系外惑星の観測方法


直接観測法
直接観測は、文字通り望遠鏡で系外惑星を直接観測することである。実際には中心となる恒星と惑星の距離が非常に近く、また恒星に比べ惑星が非常に暗いため、惑星からの光を恒星の光と分離することは非常に困難とされている。しかし直接観測のための研究は世界中で行われている。

位置天文学法
位置天文学法 (Astrometry) は、木星のような巨大な惑星によって恒星がふらつく様子を位置天文学的手法により精密観測し、それによって惑星の存在を確かめる方法である。連星の不可視伴星の発見に用いられるのと同じ手法である。1943年以降の初期の系外惑星探査に用いられたが、大きな成果をあげることはなかったが、従来にない高精度の位置天文学観測が可能になった現在、この方法によっても系外惑星が発見できるのではないかと期待されている。

視線速度法(ドップラー偏移法)
視線速度法は、ドップラー偏移法とも呼ばれ、惑星によって恒星が視線方向にふらついた時に起こるドップラー効果によるスペクトル変化を調べることで系外惑星を探す方法である。基本的には分光連星を発見する手法と同じものである。ベレロフォン (51 Pegasi b) をはじめ、多くの惑星がこの方法によって発見された。

食検出法(トランジット法)
食検出法の原理食検出法はトランジット法とも呼ばれ、惑星が恒星の前を横切る時の明るさの変化によって惑星を探す方法である。

星食や食変光星の観測と同じ原理である。地球から見て惑星が恒星面を通過する確率は非常に小さいと考えられるため、実在する惑星に対しこの方法によって発見できる惑星の割合は小さいものの、比較的安価な機材でも観測可能であり、アマチュアにも手が届くという利点がある。

重力レンズ効果を用いる方法
重力レンズ効果とは、遠くの天体から発せられた光が手前にある天体の重力により集められ、実際より明るく見えることである。手前にある天体が惑星を持つ場合と持たない場合では、遠くの天体の光度変化が異なることが理論的に予測されている。この現象を利用して系外惑星を発見することが可能であり、PLAN、OGLE、MOAのチームがOGLE-2005-BLG-390Lbを発見している。

パルサー・タイミング法
パルサーとは、周期的にパルス状の電磁波を出す天体である。パルスの原因はパルサーの自転によるものと考えられている。パルサーに惑星が存在する場合、パルスに周期的なズレが観測される。このズレから惑星を間接的に観測する方法がパルサー・タイミング法である。公式な記録上、最初に発見された系外惑星であるPSR B1257+12の惑星系などは、この方法で発見された。
(出典:Wikipedia) 

関連するニュース
太陽系外惑星?とらえた カナダのチーム、直接撮影


太陽系外の惑星とみられる天体を、カナダ・トロント大のチームがハワイのジェミニ天文台の望遠鏡で撮影した。天体の質量は木星の約8倍で、温度は約1500度。地球から約500光年離れた恒星の周りを回っているとみられる。

天体と恒星との距離は、地球―太陽間の約330倍。この恒星系ができたのは約500万年前と考えられ、太陽系の46億年前よりずっと若い。

太陽以外の恒星を周回する「系外惑星」は恒星のわずかな揺らぎを観測する方法などで300以上見つかっているが、直接撮影した例はなかった。今回の天体が系外惑星と確認されれば、初めてその姿を直接とらえたことになる。(asahi.com 2008年9月20日)  

太陽系外惑星に生命を探せ (光文社新書)
観山 正見
光文社

このアイテムの詳細を見る
異形の惑星―系外惑星形成理論から (NHKブックス)
井田 茂
NHK出版

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

近くにいる凶暴な外来種!「アライグマ」「アリゲーターガー」

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
「アライグマ」は動物園でも子供達に人気のある動物であるが、「特定外来生物」である。こう聞くと意外に思うかもしれない。日本では近年、野生化したアライグマによる被害が広がっている。

あらいぐまラスカル
「アライグマ」は「あらいぐまラスカル」というアニメで人気が出た動物である。原作は、スターリング・ノース(Sterling North)が1963年に少年時代を振り返って書いた「はるかなるわがラスカル」(Rascal)であり、ほとんどが実話である。

舞台は1910年代(原作では1918年〜1919年)のアメリカ農村地域・ウィスコンシン州。同時代の少年の日常を牧歌的に・または淡々と描写しつつ、同時に動物と人間との共存の難しさを、成長したラスカルを通して描いている。この作品はダットン動物文学賞、アメリカ図書館協会オーリアンヌ賞を受賞。1969年に映画化された。

日本では30年前「アライグマラスカル」としてアニメ化され、1977年1月〜1977年12月フジテレビ系の世界名作劇場枠で放送された。かわいいキャラクターとして人気を博した。

このアニメの影響からか、本来日本にはいない北米原産のアライグマがペットとして持ち込まれた。その後飼えなくなったアライグマが山などに捨てられて野生化し、農作物への被害や既存の野生動物の生息を脅かすなどして問題となっている。

意外に危険!特定外来生物「アライグマ」
アメリカ・ニューヨークでは、夜、大都会の中でエサを探す「アライグマ」に出会うことがある。愛くるしい姿をした動物だが、人間が接触すると狂犬病アライグマ回虫の感染症で亡くなった人もいるほど、恐ろしい動物である。役所では、市民に警告を出すと同時に駆除に取り組んでいる。

日本では今年、千葉県でクサガメやイシガメなど在来種のカメ100匹以上が喰い殺される事件があった。犯人はアライグマ。日本古来の生き物に影響を与えて初めている。

また、神奈川県横須賀市では、住宅街に被害が続出している。民家の天袋をあけたらアライグマの赤ちゃんが発見された。別の家庭では、壁の中で不気味な音が聞こえるというのであけてみると、アライグマの一家が住み着いていた。

神奈川県で捕獲されたアライグマは10年前はわずか4頭だった。それが今年は1224頭。ものすごい繁殖力だ。(出典:素敵な宇宙船地球号「外来種は警告する」)

水の中の凶暴な外来種「アリゲーターガー」
外来種の動物による異変は水の中でも起きている。近頃水質がよくなってきた多摩川。長年、魚や水質の調査を行ってきた川崎漁協の山崎充哲さんによると、「多摩川だけで100種類もの外来種が確認されている」といいます。グッピーやエンゼルフィッシュなど、そのほとんどは観賞用に買った熱帯魚で、飼いきれなくなって人為的に放流したものだという。

地球の温暖化に加え、工場排水や生活排水が流れこむことによって水温が上昇したために、多摩川でも熱帯の魚が生息できるようになってしまった。中には冬を越し繁殖する熱帯魚もいる。

多摩川の支流、大田区を流れる呑川(のみかわ)では、今年の7月、取材班の前にとんでもない生物が現れた。「アリゲーターガー」。北米に生息する肉食魚。ビーバーまで食べてしまう鋭い歯をもっている。

川崎漁協の山崎さんの協力のもと、捕獲作戦を試みた。8月1日、大潮に流れるボラをおって「呑川」をあがってきたアリゲーターガーを狙い打ち。見事捕獲に成功した。体長は114センチ。こんな魚が都内を泳ぎまわっていると思うと、せっかく鮎が戻ってきた多摩川の自然が壊されてしまう。

「一番かわいそうなのは魚たち」だと山崎さん。身勝手な人間の振る舞いが、自然のサイクルを狂わせている。 (出典:素敵な宇宙船地球号「外来種は警告する」)

参考HP Wikipedia「アライグマ」「ガー目」・テレビ朝日「素敵な宇宙船地球号”外来種は警告する”」 → http://www.tv-asahi.co.jp/earth/ 

ザ・大型熱帯魚 (アクアリウム・シリーズ)
大型熱帯魚マニアによる飼育書制作委員会,小林 道信
誠文堂新光社

このアイテムの詳細を見る
ぜったいに飼ってはいけないアライグマ
さとう まきこ,杉田 比呂美
理論社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

許可なく運搬・栽培・飼育禁止!「特定外来生物」とは何か?

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
特定外来生物とは何か?

外来生物とは、たとえばアライグマ、カミツキガメのように、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって外国から入ってきた生物のことを指す。

外来生物のうち、生態系等に被害を及ぼすものについて政府が指定し、輸入等が原則として禁止されているものに特定外来生物がある。特定外来種に指定されると飼育、栽培、保管及び運搬することが原則禁止される。

特定外来生物は人間の生命・身体、農林水産業、生態系に対してとても大きな影響を与えることが考えられる。したがって、もしこれに違反した場合、重い罰則が課せらることがある。「たくさんあるから一つ持ち帰えろう」ということはできないので注意を要する。

特定外来植物ミズヒマワリ・オオキンケイギク
特定外来生物は動物だけではなく、植物にも見られる。動物であれば手を出さずに気をつけるかもしれないが、植物だとうっかり持ち帰りそうである。茨城県利根・河内両町から稲敷市に流れる新利根川沿いに大発生しているミズヒマワリもその一つ。

ミズヒマワリは、中南米原産であるが、輸入熱帯魚とともにやってきた。ハスやアシのような水生植物の多年草で、高さは0.5〜1m以上になる。開花期は9〜10月。両性花。在来水草を駆逐し、酸素濃度の減少によって魚類の生育が脅かされることが指摘されている。

オオキンケイギクはキク科の植物の一種。北アメリカ原産の宿根草で、開花期は6〜7月頃。花が美しいので、よく栽培されている植物。キバナコスモスによく似ているが、葉の形が違う。2006年2月1日より外来生物法に基づき特定外来生物として栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止となった。

現在、オオキンケイギクは多くの家庭で栽培されている。しかし、特定外来生物に指定された植物は、個人が栽培しただけであっても、懲役または罰金が科せられるので、無許可で栽培してはならない。

関連するニュース
特定外来生物ミズヒマワリが猛威 茨城・新利根川沿い


中南米原産で国の特定外来生物に指定されている多年草のミズヒマワリが、茨城県利根・河内両町から稲敷市に流れる新利根川沿いに大発生している。13日は地元選出の国会議員や県議、県職員らが川沿いを視察した。在来種を駆逐するほか、霞ケ浦につながる排水機場の機能にも障害を与える恐れがあるため、参加者らは近く環境省や国土交通省に報告し、対策を検討する。

ミズヒマワリは95年に愛知県で初めて確認された。地元の農業者らによると、新利根川沿いでも10年ほど前から見かけるようになり、今年は霞ケ浦に注ぐ新利根川べりの約10キロの間に群落が点在している。高さ1メートルくらいに成長して白い花をつける。折れた茎や葉からも新芽を出すほど繁殖力が強いため、いずれ霞ケ浦でも大繁殖する可能性があるという。

川沿いに育つため、水質を悪化させる心配がある除草剤が使えない。今のところ、枯れる冬場に手作業で抜くしか駆除の方法がないという。同日調査に訪れた県環境政策課の宮本満課長は「繁殖力が強いため、抜いてもその場で放置することができない。専門家の話を聞き、国にも管理を申し入れたい」と語った。 (asahicom 2008年9月15日)

参考HP Wikipedia「ミズヒマワリ」「オオキンケイギク」
税関「特定外来生物」 → 
http://www.customs.go.jp/mizugiwa/gairai/gairai.htm
環境相「外来生物法」 → http://www.env.go.jp/nature/intro/ 

ほんとうの環境問題
池田 清彦,養老 孟司
新潮社

このアイテムの詳細を見る
外来種ハンドブック
村上 興正,鷲谷 いづみ
地人書館

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

中国から世界に広がる「メラミン」混入問題 ゆらぐ「食の安全」

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
事故米に続き、また「食の安全」を脅かす問題が起きた。中国乳製品の「メラミン」混入問題である。「メラミン」は食器や生活雑貨に使われる樹脂の原料。毒性は低いとされるが、他の化学物質と反応して結晶化すると、腎臓障害を起こす。

これまでの「メラミン」混入問題
昨年2007年5月、米国で購入したペットフードに毒物が混入、米国の犬と猫16匹が腎不全にかかって死亡したほか、約1万匹のペットが嘔吐(おうと)や食欲不振などの異常を訴えた事件が起こった。 調べてみると原料に中国産小麦を使用しており、その中に「メラミン」などの物質が検出された。

今回2008年9月、中国粉ミルクメーカー22社の製品から「メラミン」が検出された。事件による被害は20日の時点で、乳幼児5人が腎不全で死亡、患者数6000人以上。「メラミンによる腎臓結石発症の可能性のある潜在患者数は3万人になる」(新華社通信・電子版)という。中国国内各地の病院では親に抱かれて検査に訪れる乳幼児が絶えない。

粉ミルクのほか、牛乳や他の乳製品、輸出向け加工品からも「メラミン」が検出されており、中国の食の安全問題は海外にも飛び火している。シンガポールでは中国から輸入した乳製品から、香港では中国を代表する大手メーカー「伊利」のアイス菓子など8製品から「メラミン」が検出。韓国では、中国産と韓国産を混ぜてつくった養殖魚のエサから「メラミン」が検出。

日本では、日清医療食品が21日、丸大食品から納入し、病院や福祉施設に販売した業務用「クリームパンダ」の生地に「メラミン」混入が確認された中国企業の牛乳が使われていたことがわかり、自主回収される。販売先は全国3054施設、販売数は7月以降で計3万154袋(1袋10個入り)に上り、85〜90%は消費されているという。

またまた起きた食品偽造。なぜ乳製品に平気で「メラミン」を入れるのだろうか?

なぜ乳製品に「メラミン」が?
中国の問題の企業では、牛乳を水で薄めて、タンパク質を多く見せかけるために「メラミン」を混ぜる。食品分析ではタンパク質の窒素成分が基準となり分析される。「メラニン」にも窒素が含まれるためタンパク質と誤って分析されるようだ。

中国当局は事件に関係した業者などの18人を逮捕した。逮捕された業者のある男は、公安当局の取り調べに対し、「飲んだらどうなるか考えなかった。自分の家族には飲ませていない」と供述しているという。

中国紙によると、メラミン混入の不正は2005年4月から行われていて、当局者の証言などから、メラミン混入は「業界内で“暗黙のルール”になっていた」(中国紙・新京報)との疑念が起こっている。

これらの供述・証言からは儲かりさえすればよいという気持ちだけで、「良心」というものが感じられない。それにしても中国ギョウザ事件の場合もそうだが、日本政府は輸入段階でこういう不正を止めることができないのだろうか?

厚労省もお手上げ状態?
厚労省によると、「メラミン」は工業用の樹脂として使用されるため「食品に混入することはあり得ない。国際的にも食品の添加物にはなり得ない」として検査項目に入れていなかった。

現在の検査項目は大腸菌などの細菌、食品添加物、抗生物質、残留農薬に重点が置かれている。「終戦直後の厚生省(当時)は、酒にメチルアルコールが混入していないかなど、さまざまな『贋造』を検疫で調べていた」が、近年、品質を重視する消費者志向から「贋造品」を輸出してくるケースはなかったという。

厚労省幹部は「工業用の化学物質は数万種類はある。次は何が出てくるか分からない中で、すべてを検査をするのは費用に加え、技術面でも不可能。日本の輸入業者が、中国の工場に衛生管理者を常駐させて、原料から製品まで一括管理するしか手がない」と検疫体制の限界を認めている。

中国だけでなく日本でも起きている度重なる偽装。いったいどうやってこの偽装の連鎖を止めたらよいのだろうか?

ゆらぐ「食の安全」根本的解決はできるか?
日本も中国も「経済至上主義」でよく似ており、こういう問題はいくらでもおきる。米国はいいかげんのようでも、日曜日には礼拝に行く、歴としたキリスト教国家なので、食の安全は確保されている。「宗教的良心」があるからだと思う。マレーシアはイスラム教の国で、イスラム信者に他宗教を伝道してはいけないという法律があるくらい、自国の宗教を重んじている。他のイスラム国家も同様だ。

日本と中国は何が起きても不思議でない「特別な国」なのだが、そうした情報も認識もなく、無防備なのが怖い。例えば毎日見るテレビ番組は、営利目的のスポンサーがつくっているのであるが、そのことを意識していない。もし番組制作にある意図があったとして、果たしてそれを見抜けるだろうか?

私は「宗教的良心」と「道徳的良心」は違うと感じている。「宗教的良心」は死後と現世をつなぐ確信がある。「道徳的良心」は残念ながら死後のことまでは及ばず、言葉の上での「良心」に過ぎない。宗教の中には古くて現代に合わないものもある。だから、この問題を解決するには、新しくて正しい宗教教育と社会改革しかないと思うのだがいかがなものだろうか? 

参考HP Wikipedia「メラミン」
アイラブサイエンス「ペットフードに”メラミン”中国の食品安全基準に問題」 →
 http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp/e/ced2470f76f335da4f15c23dcba97b4a

どうすれば食の安全は守られるのか―いま、食品企業に求められる品質保証の考え方
奥田 貢司
日科技連出版社

このアイテムの詳細を見る
「食の安全」心配御無用!
渡辺 宏
朝日新聞社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

地上最強のカビ毒・天然発癌性物質「アフラトキシン」とは何か?

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
学校給食にもカビ毒
事故米の事件は泥沼のように広がっている。今度はカビ毒をもった米を政府から「島田化学工業」が購入し、これをもとに作ったデンプンを「すぐる食品」に転売。「すぐる食品」はこれをデンプン入りオムレツに使い、5年間に渡って愛知県の小中学校に45万食納入していた。

現在、中国では毒入り粉ミルクが問題になっているが、中国も日本もよく似ている。法律で政府を決め、法律で営利目的を会社に認める国である。だから、お金に困ると何をするかわからない。政府も会社も事故米を承知で取引をするのだから同罪である。

もうそろそろ、法律やお金で人を動かすのには限界があると気がついて良いのではないだろうか。先に自由経済を受け入れた日本ですらこれだから、とても中国の批判はできない。同じ穴のムジナである。これを立て直すには、正しい宗教理念に基づいた教育と社会の育成しかないと思うのだがいかがなものだろうか?

さて、カビ毒というと聞き慣れないがいったい正体は何だろう?

カビ毒の正体は何か?
正体はアフラトキシン (aflatoxin) という、熱帯から亜熱帯地域にかけて生息するアスペルギルス・フラバス(Aspergillus flavus)などのカビにより生成される物質である。

アフラトキシンは地上最強の天然発癌物質とされ、その毒性はダイオキシンの10倍以上といわれる。主に肝細胞癌を引き起こす原因物質として知られている。少なくとも13種類(代表的なものはB1, B2, G1, G2, M1の5種類)に分かれるが毒性はB1が最も強い。

発癌機構は、アフラトキシンが肝臓の代謝酵素シトクロムP450によって活性化され、DNAと結合して付加体を形成する。付加体DNAは遺伝子変異や複製阻害を引き起こし、細胞を癌化するメカニズムである。

アフラトキシンはコウジカビがつくる?
この猛毒アフラトキシンをつくる「アスペルギルス・フラバス」というカビ、日本で味噌、しょう油、酒等の発酵食品を製造するために使う「コウジカビ(アスペルギルス オリゼ)」と非常に近いなかまである。コウジカビも同じ毒をつくるのではないか?と心配され、何度もテストされたが、安全性は確認されている。

ほんのちょっとの差でかたや「有用微生物」かたや「猛毒微生物」になるのだから不思議ではある。なぜそんなカビが輸入した米などの食品に入っているのだろう?

なぜ輸入食品にカビ毒は入っているのか?
カビ毒が作られるには、それぞれに適した温度、湿度が必要。アフラトキシンが作られる最適条件は、温度30℃前後、湿度95%以上であるため、高温多湿の熱帯地方が最も適している。また、土壌中のカビを調査した結果、アフラトキシンを作るカビは、日本にはあまり分布していないことが分かった。これらのことから、日本国内で、食品にアフラトキシン汚染が起きる可能性は低いものと考えられている。

今回、中国産の米からアフラトキシンが検出されたが、イラン産ピスタチオ、ペルー産ピーナッツ等のナッツ類や干しイチジク、トウモロコシ、ナツメグなどの香辛料からも過去に検出されたことがある。

日本ではどのような対策を取っているのか?
日本では輸入食品についてカビ毒の検査を行っている。日本の規制値は、アフラトキシンB1に対して設定されており、全食品を対象として10μg/kgとなっている。規制値を上回るアフラトキシンが検出された食品は食品衛生法違反となり、行政処分等によって排除される。

食品用もしくは食品加工を目的として輸入された穀類で一定レベル以上のアフラトキシンが検出されたものは食品用途用および家畜飼料として使用することはできず、工業用「糊」他用途への転換や廃棄処分が行われる。ただし、国内では米を原料として糊を製造するメーカーは存在せず、コーンスターチ等に限られる。

過去のアフラトキシンによる被害
1960年にイギリスで七面鳥が大量死した際の分析中に発見された。その際は「ターキーX」と呼ばれていた。人に対する急性中毒の例としては1974年にインドで肝炎のために106名という多くの人が死亡した事件やケニアでの急性中毒事件などがある。

1997年〜2000年 - イランから輸入されたピスタチオから検出
2002年 - ペルーから輸入されたナッツから検出
2004年 - ベトナムから輸入された米(政府保管米)から検出
2005年 - 中国から輸入されたそば粉から検出
2008年 - 中国製品による食中毒が社会問題となった時期、主に中国から輸入されたピーナッツ類から2ヶ月間で8件検出
2008年 - 中国産の「事故米」が大阪の米販売業者・三笠フーズにより、少なくとも1998年以前から各地に食品用として転売されていた(2008年9月に発覚し、報道された)

参考HP Wikipedia「アフラトキシン」・東京都健康安全研究センター「カビ毒アフラトキシン」 → http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/08/08.pdf 

食品のカビ汚染と危害 (食品のカビ―基礎編)

幸書房

このアイテムの詳細を見る
トコトンやさしいカビの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
カビと生活研究会,佐々木 正実
日刊工業新聞社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

「血液検査」で何がわかる?「中性脂肪」「コレステロール」「尿酸」

 血液検査で何がわかる?

 健康診断で行う血液検査、今回は中性脂肪悪玉コレステロール(LDL)尿酸の数値が悪化した。わずか40ml程度の採血で、こんなに様々なことがわかるのには驚かされる。いったい血液の中のどんな成分で何がわかるのだろう?

血液検査は、主に3つの方法で検査をし、病気の発見や体質の発見に役に立つ。
その方法とは、「血液一般検査」、「血清検査」、「生化学検査」である。

 血液一般検査とは
「赤血球」や「白血球」の数や形など血液そのもののチェック(末梢血検査)。血液一般検査では、さらに次のような検査を行ない、診断の手がかりとする。
・血液凝固検査…止血の働きを調べる。
・赤沈(せきちん)…血液の沈降(ちんこう)速度を調べる。


 血清検査とは

 「血清」の中に「抗体」ができているかどうか、また、できているとしたらどれくらいかを調べるのが、免疫・血清学的検査。「抗体」をつくる原因となる細菌やウイルスなど、外部からの侵入物を「抗原(アレルゲン)」という。この抗原が抗体と結びつく現象を、「抗原抗体反応」あるいは免疫反応と呼ぶ。


 生化学検査とは

 血液中にまじる、たんぱく質、糖質、酵素などの成分を検査。血液を遠心分離器にかけて、赤血球や白血球、血小板などの有形成分と、液体成分「血清」とに分離し、「血清」中の物質を分析するのが血液生化学検査。

「血清」の中にはたくさんの物質が溶けており、生化学検査では、おもに次のような物質を検査する。

 血液に溶けている主な物質
血清たん白:総たん白、アルブミン、グロブリン、TTT、ZTT
有機塩:クレアチニン、尿素窒素、尿酸、クレアチニン・クリアランス
糖質:血糖、グリコヘモグロビン
脂質:総コレステロール、中性脂肪、β-リポたん白、HDLコレステロール、LDLコレステロール
血清酵素:GOT(AST)、GPT(ALT)、γ(ガンマ)-GTP、LDH(乳酸脱水素酵素(にゅうさんだっすいそこうそ))、アミラーゼ、ALP(アルカリフォスファターゼ)、ACP(酸性フォスファターゼ)、ChE(コリンエステラーゼ)、LAP(ロイシンアミノペプチダーゼ)、ALD(アルドラーゼ)
色素:ビリルビン、ICG、BSP
電解質:ナトリウム、カリウム、カルシウム、クロール
ホルモン:甲状腺(こうじょうせん)ホルモン、甲状腺刺激(こうじょうせんしげき)ホルモン

 ずいぶんたくさんの物質が溶けているものであるが、それぞれどんな健康に関係するのであろうか?今回、結果のよくなかったもののついて調べてみる。


 中性脂肪

 中性脂肪は体内にある脂肪の一種。体内のエネルギーのうち、使われなかったものは皮下脂肪として蓄えられるが、その大部分が中性脂肪。
中性脂肪は食事として摂取された後、小腸で吸収され、リポたん白と結びついて、カイロミクロンとなり、血液の中に入る。血液の中では、エネルギー源の運搬や貯蔵、臓器や組織の維持に重要な役割を果たしている。

血液中の中性脂肪が多くなりすぎると、コレステロールと同様、動脈硬化性疾患の危険因子となる。中性脂肪の基準値は30〜149 mg/dlである。


 コレステロール

 コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。

だが、コレステロールや中性脂肪が多すぎる状態(高脂血症)が長く続くと、心臓の冠状動脈硬化や脳動脈硬化をおこしやすくなる。

コレステロールのうちLHLコレステロールは「悪玉」と呼ばれ肝臓でつくられたコレステロールを体の隅々まで運ぶ機能を果たす。HDLコレステロールは「善玉」と呼ばれ、余分なコレステロールを回収して肝臓に戻すはたらきをする。LDLコレステロールの基準値は70〜139  mg/dlである。


 尿酸

 からだの中の細胞は、毎日新しくつくられていく一方、古いものは壊れていく。細胞中のタンパク質の分解によって生じた燃えかすが尿酸である。

尿酸は、「痛風」の原因となる物質としてよく知られている。激しい運動やストレスなどでも体内につくられる。血清中での尿酸の飽和濃度(溶ける濃さの限度)は7.0mg/dℓ。飽和状態になると針状の尿酸塩の結晶となって、足の親指のつけ根や膝(ひざ)の関節にたまる。そこが炎症をおこし、激しい痛みを伴う痛風発作を生じる。

このほか、腎臓にも沈着して炎症をおこしたり、腎臓や尿管の結石の原因になったりする。尿酸の正常な血液中の濃度は3.8〜7.0 mg/dlである。


参考HP Wikipedia「血液検査」・株式会社アクアジャパン「血液検査の見方」
 → 
http://www.aqua-japan.com/kenko/1.html
ウエルネス・コミュニケーションズ「血液生化学検査とは」
 →
 http://www.pluswellness.com/checkup/ippan/0080071000/
 

これでわかる病院の検査―血液検査からMRIまで (ブルーバックス)
奈良 信雄
講談社

このアイテムの詳細を見る
スタンダード検査血液学
日本検査血液学会
医歯薬出版

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

「血液」とは何か?その成分と働き

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
血液型が話題になることが多い。特に話題になるのはABO式だが、他にはRH式、HLA式、MN式など約300種類の分類法が発見されている。ほとんどは、赤血球や白血球の表面のタンパク質の違いによって分けている。

ところで、そもそも血液とは何だろうか?

血液とは何か?
血液とは血管に流れる動物の体液である。全身の細胞に栄養分や、酸素を送り届けたり、全身の細胞から不要となった老廃物二酸化炭素を運び去る働きをする。

また、ケガをしたときに血液を固めるフィブリノーゲン免疫グロブリン、アルブミン、ホルモン、神経伝達物質などのタンパク質をふくんでいる。

ヒトの血液の量は体重のおよそ 1/13(約8%)であり、体重 70 kg の場合は、約 5.4 kg が血液の重さである。

血液の色が赤いのはなぜ?
血液の色はヒトを含む脊椎動物の場合は「赤く」見える。これは赤血球に含まれるヘモグロビン(鉄を含むタンパク質)の色である。ゴカイやミミズ等の環形動物の血液も赤いが、これはヘモグロビンと同じく鉄系ではあるがエリスロクルオリンという成分による。

無脊椎動物であるカニ、エビやタコは銅系タンパク質のヘモシアニンのために青色の血液を持っていたり、ホヤなどではバナジウム系のヘモバナジンのため緑色に見える血液を持つなど多数の血色素が存在する。同じような色であっても異なる色素成分によることも多い。また、呼吸色素の種類により、酸素の運搬能力(効率)も異なる。

血液の成分とは?
血液には血球成分と血漿成分(液性成分)からなり、その比率は 45:55 である。また、血球成分は赤血球96%、白血球3%、血小板1%で構成される。血漿成分は水分96%、血漿蛋白質4%、そのほか微量の脂肪、糖、無機塩類で構成される。

赤血球
骨の中の骨髄で作られる1個の細胞。血液中に最も多く含まれる。
(1)形…中央に窪みのある円盤状。核はない。
(2)働き…ヘモグロビンという色素を持ち酸素を運搬。
ヘモグロビン->鉄を含んだ色素。赤血球が赤いのはヘモグロビンを含むため。

白血球
赤血球と同じく、1個の細胞から成る。顆粒球、リンパ球、単球がある。
(1)形…アメーバ状で赤血球よりも大きい。
(2)働き…血液中を動き回り、体内に入ってきた細菌を食い殺す

血小板
細胞の一部がちぎれてできたもの。
(1)形…不定形。赤血球よりも小さい。核がない。
(2)働き…血液の凝固に関係する。

血漿(けっしょう)
血液中の淡黄色の透明な液体。水 (91%) の次にたんぱく質 (7%) が多い。

アミノ酸、脂質、ブドウ糖、無機塩類などの栄養分を溶かし込み、各組織へ運ぶ。呼吸で生じた二酸化炭素、不要物を運ぶ。また血しょうの中には、血液を固めるフィブリノーゲンや免疫グロブリン、アルブミン、ホルモン、神経伝達物質などのタンパク質もふくむ。

組織液(間質液)
血漿が細胞の外にしみ出したもの。組織内の細胞と血液との交換によって成分が変化するため、体の部位ごとに成分は異なる。

アミノ酸、脂質、ブドウ糖、無機塩類などの栄養分や、呼吸で生じた二酸化炭素、老廃物を含む。また血しょうと同様に、アルブミン、ホルモン、神経伝達物質などのタンパク質もふくむ。

リンパ
リンパ管の中を流れる液で、成分は血漿とほぼ同じであるが、白血球の一種であるリンパ球が見られる。

その働きは、組織から余剰になった液を取り除き、消化吸収された脂質を循環系まで運ぶ 。また免疫担当細胞(リンパ球、単球、抗体を産生する形質細胞)の産生をする。


参考HP Wikipedia「血液」「赤血球」「白血球」「血漿」「組織液」「リンパ」 

O型自分の説明書
Jamais Jamais
文芸社

このアイテムの詳細を見る
トコトンやさしい血液の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
毛利 博
日刊工業新聞社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

悪玉コレステロールをやっつけろ!「スタチン」の働くしくみ

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
 今年の定期健康診断
 今年の定期健康診断の結果がでた。尿酸値や中性脂肪も増えていたが、今まで異常がなかった悪玉コレステロール(LDL)の値がいきなり0から150に増えていた。善玉コレステロールは(HDL)はほぼ変わらず42。

これまで気にしていなかった、悪玉コレステロールが増えたのはショックだ。ところで悪玉コレステロールと善玉コレステロールとは何だろうか?


 悪玉コレステロールと善玉コレステロール

 実は悪玉も善玉もコレステロールは同じ。ただし、コレステロールは血液に溶け込めないため、リポたんぱくというカプセルに包まれて血液中を移動する。そのカプセルのうち、からだの隅々までコレステロールを運ぶ働きをしているものが「悪玉」、反対にからだから余分なコレステロールを回収する働きをしているものを「善玉」と呼んでいる。

 

 やはりコレステロール自体の量を減らすしかない。コレステロールは動物性脂質というが、食べて吸収されるのは20%で、体内で80%はつくられるという。しかしこれが多いと、血管が詰まりやすくなったり、動脈硬化が起き、脳溢血などの原因になるので低い方が良いと言われている。


 ピーナッツなどの植物性脂質には植物ステロールと呼ばれる物質を取ると、悪玉コレステロール(LDL)を抑える働きがあるというから、植物性脂肪を取るようにして、動物性脂肪はなるべく取らないようにした方がよい。


 ところで、コレステロールを薬で抑える方法はないのだろうか?それがあるのだ。コレステロール低下薬「スタチン」である。


 コレステロール低下薬「スタチン」
 今年のラスカー賞を受賞した「スタチン」の発見者、遠藤章博士は1966〜1968年、アルバート・アインシュタイン医科大学(ニューヨーク)に留学。コレステロールが米国で年間数10万人が死亡する心筋梗塞の主要な原因であることを知る。


 帰国後有効なコレステロール低下剤の開発を目指して、2年間に6000株の菌類を調べ、1973年に青カビからコレステロール合成阻害剤ML-236B(コンパクチン)を発見した。これが世界で3000万人が服用している。この 「スタチン」のもとになる物質であった。では、「スタチン」はどうやって、コレステロールの量を抑えるのであろう?

 「スタチン」の働くしくみ
 コレステロールはどこでできるか?実は体内のコレステロールの8割は、肝臓で何段階もの化学反応を経て合成される。

 「コンパクチン」はこの合成過程初期に不可欠な酵素(律速酵素)「ヒドロキシメチルグルタリル(HMG)-CoA還元酵素」の働きを強力に抑える。

 律速酵素とは、反応によってできる物質の全体の量を決める。この酵素が阻害されるため、反応代謝物が作られず、コレステロール合成量が激減するしくみだ。

 「コンパクチン(メバスタチン)」をもとに開発されたHMG-CoA還元酵素阻害剤はその後も次々と登場。薬剤名の末尾がすべてスタチンであったことから「スタチン」系薬剤として分類されるようになった。

参考HP Wikipedia「スタチン」・高脂血症治療薬「ピタバスタチン」
  
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/030911html/index.html


新薬スタチンの発見―コレステロールに挑む (岩波科学ライブラリー)
遠藤 章
岩波書店

このアイテムの詳細を見る
ひと目でわかるスタチン系薬物の薬物相互作用
沢田 康文,寺本 民生
メディカルパースペクティブス

このアイテムの詳細を見る
ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please 

祝!遠藤章博士「ラスカー賞」受賞 「スタチン」の発見と開発で

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
ノーベル賞の登竜門:ラスカー賞
ラスカー賞とは、正式にはアルバート・ラスカー医学研究賞といい、医学で主要な貢献をした人に与えられる、アメリカ医学会最高の賞である。

ラスカー賞はしばしば「アメリカのノーベル生理学・医学賞」とも呼ばれる。実際、ラスカー賞を受賞した人のうちの68人が、さらにノーベル生理学・医学賞を受賞しているという。

この栄えある賞をバイオファーム研究所所長、遠藤章博士が受賞した。次はノーベル医学・生理学賞かもしれない。日本人として誇りに思うし、次期ノーベル賞が大変楽しみである。

受賞の対象となったのは、コレステロール低下薬「スタチン」の発見である。会見した遠藤博士は「人への効果の道筋をつけるまで山あり谷ありで、途中で断念しようと思った。権威ある賞をいただき、最高の栄誉だ」と語っているように、この「スタチン」の効果が認められるまでには長い年月を要した。

「スタチン」の発見と開発の歴史
スタチン」は心筋梗塞と脳卒中の予防のために、世界で3000万人が使う、「ペニシリン」と並び奇跡の薬と言われている。「スタチン」も「ペニシリン」も青カビから発見された。

1973年、遠藤博士は2年間に6000株の菌類を調べ、青カビ(ペニシリウム・シトリヌム)の培養液からコレステロール合成阻害剤ML-236B(コンパクチン)を発見。コンバクチンは後に薬品名「スタチン」として使用される。
1974年、予想に反してコンパクチンがラットのコレステロールを下げないために、74年初めに開発が中止される。
1976年、遠藤博士はラットに効かない原因を突き止め、同僚の獣医師と共に、コンパクチンが産卵鶏とイヌのコレステロールを劇的に下げることを示す。
1977年春には、ラットに肝毒性があるとして、再度開発中止の危機に直面。
1978年、遠藤博士は、大阪大学医学部の山本章医師と協力して、78年2月、コンパクチン(スタチン1号)による重症患者の治療に踏み切る。同年夏までに最重症の家族性高コレステロール血症ホモ接合体を除く重症患者8名で安全性と劇的なコレステロール低下作用を認め、コンパクチンの再復活を果たす。
1980年夏には発ガン性があるとする誤判断で開発を完全に中止。
1987年、三共を追随してスタチン2号となるロバスタチンを発見した米国のメルク社は、膨大な毒性試験で発ガン性がないことを証明、発売に漕ぎ着ける。その後、三共もプラバスタチン(商品名:メバロチン)など6種のスタチンが商業化される。(出典:Wikipedia)

好きなことを続け、評価を受けること
1973年のスタチンの発見から薬効が認められるまで14年、今回の受賞までは35年。生きていてよかったという感じである。これだけ長い間続けられたのは「好きだから」に違いない。事実、博士は少年時代からカビとキノコに親しんでいたのに加え、大学では我が国が得意とする応用微生物学(例えば醸造学)を学び、留学前の数年間はカビとキノコの酵素を研究していたという。

私が大学時代学んでいたのも、応用生物科学であった。当然、応用微生物学も学んだ。今になって思うと、もう少し真剣に学んでいればよかったな...と思うが、博士のような根気は当時の私にはなかった。今は科学の広い範囲に興味を持ち、サイエンスライターとして毎日、根気強く調べることが日課となっている。

人生において大切だと思うのは、自分の好きな分野をはやく見つけること、そしてそれを、人のために使うことだと思う。博士の経歴を見ると、数々の賞を受賞されている。賞というとくだらないという人もいるが、どんな賞でも受賞すればまわりの多くの人が認めてくれ、協力者も現れる。博士はよい手本を示している。我々も何かで誰かの役に立とう。そしてどんどんコンテストにも応募し、評価を受けてみよう

関連するニュース
ラスカー賞:コレステロール低下薬発見の遠藤章氏ら5人に


医学分野で画期的な成果を上げた研究者に贈られる「ラスカー賞」の受賞者に、遠藤章・東京農工大特別栄誉教授(74)ら5人が選ばれた。米アルバート・アンド・メアリー・ラスカー財団が14日発表した。受賞者のうち75人がノーベル賞を受け、ノーベル賞の登竜門とされる。授賞式は26日にニューヨークで行われる。

コレステロール低下薬「スタチン」の発見で、心臓病の予防と治療に貢献したことが評価された。

遠藤氏は東北大農学部卒業後、製薬企業「三共」(現・第一三共)に入社。約6000種類のカビやキノコの中から、体内でコレステロール合成を阻害する物質を73年に発見した。製薬会社が相次いで治療薬を発売し、世界で約3000万人が服用している。

会見した遠藤氏は「人への効果の道筋をつけるまで山あり谷ありで、途中で断念しようと思った。権威ある賞をいただき、最高の栄誉だ」と語った。

遠藤氏の受賞で、ラスカー賞を受けた日本人は利根川進・米マサチューセッツ工科大教授(87年ノーベル賞受賞)ら5人となった。(毎日新聞 2008年9月14日)

参考HP Wikipedia「遠藤 章」・「ラスカー賞」・「スタチン」
サイエンスポータル”オピニオン”「スタチンから学んだこと
バイオファーム研究所長 遠藤 章 氏(掲載日:2007年10月24日)」
 →
 http://scienceportal.jp/HotTopics/opinion/32.html
 

新薬スタチンの発見―コレステロールに挑む (岩波科学ライブラリー)
遠藤 章
岩波書店

このアイテムの詳細を見る
ひと目でわかるスタチン系薬物の薬物相互作用
沢田 康文,寺本 民生
メディカルパースペクティブス

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

「深紫外線(280nm)LED」誕生!新開発化合物半導体で高出力実現

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
つい最近「青色LED」が開発されたと思ったら、今度は「深紫外線LED」が開発されたという。いったい「深紫外線LED」とはどんなものだろう?またどんな半導体が使われているのだろう?

太陽電池発電のしくみ
地球温暖化対策のため、効率のよい新エネルギーの開発競争が激しい。先日は「化学電池」や「太陽電池」の開発最前線についてお伝えした。

新型の「太陽電池」にはシール型太陽電池や透明型太陽電池など夢のあるタイプのものが開発されている。ところでこれらの太陽電池はどうやって発電しているのだろうか?

ここに使われているのが半導体である。シール型にはCIGS皮膜(Cu,In,Ga,Se)という半導体材料が使われているし、透明型には窒化ホウ素(BN)という半導体が使われている。こうした半導体にはp型とn型があり、これを接合することで大きな電位差を生じ発電する。

化合物半導体と発光ダイオード
半導体というと一昔前まではシリコン(Si)半導体が主流であったが、現在はそれ以外の物質(Ga,As,In,Pなど)を使った化合物半導体の研究が盛んである。また半導体は光を当てると発電したり、加熱すると発電したり、電流を流すと発光したり...と様々な性質があるので、太陽電池以外にもトランジスタ、発光ダイオード、ICなど様々な半導体デバイスに使われている。

さて、発光ダイオード(LED)というと1993年11月、窒化ガリウム(GaN)を使った「青色LED」を開発した中村修二氏が有名であるが、2002年12月には「紫外線LED(365nm)」をナイトライド・セミコンダクター(鳴門市 村本宜彦社長)が開発に成功している。

深紫外線LEDの開発
今回、2008年7月には、深紫外線(280nm)を連続出力10mW(世界最高)発光した「深紫外線LED」の開発に理化学研究所と松下電工株式会社の共同チームが成功した。殺菌、医療、生化学産業、公害物質の分解処理などの各応用分野への展開が期待される。

今回成功のポイントは、化合物半導体AlGaN結晶にInを数%添加し、結晶中のIn組成がnmオーダーで不均一に分布するゆらぎ効果を利用して、高効率の発光を実現させたこと。そして、結晶が成長する際に材料であるN、Ga、Al、Inの供給比を変化させ、結晶成長速度も従来の3分の1程度とし、Al組成比が50%以上と高いInAlGaN結晶を高品質に成長させることに成功したことにあるという。

関連するニュース
世界最高出力の深紫外線発光ダイオード


殺菌効果を初めさまざまな応用が期待されている深紫外線を世界最高の出力で発光させるダイオードの開発に、理化学研究所と松下電工の研究チームが成功した。

理化学研究所効率LEDデバイス研究チームの平山秀樹副チームリーダーらは、窒化アルミニウムガリウム(AlGaN)にインジウム(In)を数%添加し、さらにアルミニウム(Al)の組成費を高めることで、飛躍的に高い発光効率を持つInAlGaN結晶をつくりだした。

室温状態で得られる出力は、殺菌に有効な波長282ナノメートルの深紫外線で10.6ミリワット。これまでの記録は、米国サウスカロライナ大学の研究チームが達成した8ミリワット(波長280ナノメートル)だった。

波長が200ナノメートルから350ナノメートルの深紫外領域の光は、殺菌効果をはじめダイオキシンなど公害物質の分解、高密度光記録など幅広い分野に革新をもたらすと期待されている。しかし、これまで光源としては、大型で寿命も短く、かつ高価なガス・固体を媒体とする紫外レーザやガスランプなどしかなかった。

今回の成果により、携帯用小型殺菌灯などの実用化が期待でき、今後の研究の進展でワットレベルの出力が得られれば、汚染物質の高速処理などさらに応用分野が広がる、と研究チームは言っている。(サイエンスポータル 2008年7月7日)

参考HP:理化学研究所・松下電工株式会社プレスリリース 2008年7月4日
「殺菌用途に最適な深紫外光を10mWで発する高出力発光ダイオード登場」
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/080704/detail.html
ナノライド・セミコンダクター株式会社
http://www.nitride.co.jp/index.html
アイラブサイエンス「化合物半導体とは何か?」
http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp/e/cb59cb5309a252ca28915005b8ea7d80 

これで半導体のすべてがわかる! 改訂版―ビジネスマン教科書
西久保 靖彦
秀和システム

このアイテムの詳細を見る
化合物半導体デバイスの魅力―インターネット世界を支える (ケイ・ブックス)
福田 益美,平地 康剛
工業調査会

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

沖縄の石西礁湖 「白化現象」でサンゴの7割が消える 

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
我が青春の沖縄
学生時代に沖縄の友人に連れられて、沖縄本島から石垣島そして与那国島まで行った。海の美しさに魅了され、それから十数回足を運んだ。

始めはシュノーケリングで海中のサンゴや色とりどりの熱帯魚を観察して楽しんだが、やがてスキューバダイビングを覚え海中を散策した。



沖縄の自然に魅了され移住する人も多い。私もそうしようと考えたことは何度もあったが、生きていくための”仕事”がそこにはなかった。

やがてこちらで就職し、結婚するとお金はすべて家庭優先となり、もう沖縄に行かなくなって12年経つ、いつかは家族で行きたいと思うのだが夢で終わるかもしれない。

当時のサンゴの美しさが印象に残っているので、環境問題でサンゴが話題になるといつも気になる。

石西礁湖と地球温暖化
石西礁湖とは、南西諸島の石垣島と西表島と近くの島々に囲まれたサンゴの発達した比較的浅い海域のことを言う。十数年前までは、サンゴや熱帯魚があふれる美しい場所であった。

石西礁湖のサンゴが、この5年間で約7割失われていたことが、国立環境研究所と朝日新聞社の共同調査で分かった。この原因は何だろう?

サンゴが死滅するその最大の原因は白化現象である。白化現象は地球温暖化で海水温が30℃以上になるとサンゴが死滅する現象である。

今年の調査では石西礁湖ではサンゴを食い荒らすオニヒトデも増加しているが、今後も懸念されるのは海水温上昇に伴う白化の多発である。気象庁によると、この海域の海面水温の年平均値は過去約100年間ですでに0.7度上昇しているという。

サンゴ礁は海の熱帯雨林と呼ばれ、生物の多様性が高い。海にすむ魚種の4分の1が生息するといわれる。沖縄に訪れる人達が心安らぐような自然、一生の思い出になるような自然をいつまでも残しておきたいものだ。

関連するニュース
サンゴ7割消えた 沖縄の石西礁湖、環境研と本社が調査


日本最大のサンゴ礁域、沖縄県・石西礁湖(せきせいしょうこ)に広がるサンゴが、この5年間で約7割失われていたことが、国立環境研究所と朝日新聞社の共同調査で分かった。白化現象が最大の原因とみられる。地球温暖化で白化が頻発するとさらに損傷を受ける恐れが高い。

石西礁湖は、石垣島と西表島に挟まれた東西約30キロ、南北約20キロの範囲に広がるサンゴ礁海域。浅い湖のような海底に300種超のサンゴが分布する。沖縄本島など、より北の海にサンゴの幼生を供給する役割も果たしている。

この海域で7月下旬、本社機「あすか」を使い高度約3千メートルを飛行、高解像度の写真約1100枚を撮影した。画像データを環境研の山野博哉・主任研究員(自然地理学)が分析。航空機調査と並行し、石西礁湖内の約30カ所について海中も調査した。

石西礁湖内でサンゴが分布する場所ごとに、今も生きているサンゴの面積を算出した。生きたサンゴを足し合わせた面積は6.2平方キロで、環境省が03年に同様の方法で航空撮影した画像の分析(18.7平方キロ)に比べ、約67%減っていた。

最大の原因は、07年夏〜秋に発生した白化とみられる。台風の大波でサンゴが破壊された場所も多かった。

石西礁湖ではサンゴを食い荒らすオニヒトデも増加しているが、今後、最も懸念されるのは海水温上昇に伴う白化の多発だ。気象庁によると、この海域の海面水温の年平均値は過去約100年間ですでに0.7度上昇している。

山野さんは「サンゴの減少は予想を超えるものだった。海水温の上昇が続けば、サンゴが回復する前に何度も白化が繰り返され、壊滅的な被害を受けるだろう」と話す。

サンゴ礁は海の熱帯雨林と呼ばれ、生物の多様性が高い。海にすむ魚種の4分の1が生息するといわれる。サンゴの体内に共生する藻類が、高い海水温などが引き金で抜けてしまうのが「白化」で、サンゴの大量死につながる。国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、海面温度が1〜3度上がるとサンゴの白化や広範囲の死滅が頻発する恐れがあると指摘している。 (asahi.com 2008年9月10日)

参考HP 石西礁湖自然再生プロジェクト
 → 
http://shizensaisei.com/icms/07f647d347
アイラブサイエンス「サンゴの白化はなぜおきる?」
 → 
http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp/e/4387a55625e2f87ff8c0cfdb1f615112 

海洋微生物と共生―サンゴ礁・海底熱水孔の生き物たち (ベルソーブックス 31)
石田 祐三郎
成山堂書店

このアイテムの詳細を見る
海の自然再生ハンドブック―その計画・技術・実践 (第4巻)
海の自然再生ワーキンググループ,国土交通省港湾局
ぎょうせい

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

どこでも「貼れる」夢のシール型高性能太陽電池誕生!効率17.7%

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
地球温暖化、燃料資源の枯渇・高騰に対処するため、「化学電池」同様「太陽電池」の開発にも期待が寄せられている。

前回のおさらいだが、太陽電池にはどのようなタイプがあっただろうか?

正解は、シリコン系化合物系そして有機系である。それぞれのタイプの太陽電池のエネルギー効率はどのくらいであろうか?

太陽電池のエネルギー効率
エネルギー効率はシリコン系が一番よく、実用化されているシリコン太陽電池では約18%である。前回は窒化ホウ素(BN)という化合物半導体を使った透明太陽電池の開発について述べたが、まだわずか2%程度。有機系では10.4%程度である。



新開発フレキシブルなCIGS太陽電池
産業技術総合研究所(以下産総研)太陽光発電研究センターの化合物薄膜チーム 仁木 栄 研究チーム長(副研究センター長)と石塚 尚吾 研究員は、帝人株式会社(以下帝人)の協力を得て、非シリコン系材料であるCIGS薄膜を用いたフレキシブル太陽電池をつくり。変換効率を17.7%と飛躍的に高める技術を開発した。

CIGS皮膜は銅(Cu)、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、セレン(Se)からなるカルコパイライト型と呼ばれる結晶構造をもつ半導体材料Cu(In,Ga)Se2の薄膜。この金属層に、ポリマーの基盤を組み合わせて、薄くて曲げやすくエネルギー効率の高いフレキシブルな太陽電池をつくる研究を進めていた。

CIGS光吸収層へのアルカリ添加
フレキシブルCIGS太陽電池の高効率化に必要とされる技術課題の一つに、CIGS光吸収層へのアルカリ添加の問題があった。ナトリウム(Na)などのアルカリ金属はCIGS太陽電池において、ホールキャリア密度の増加、開放電圧の増大など、性能向上に不可欠な不純物(ドーパント)として知られる。

産総研では、安定なアルカリ化合物であるケイ酸塩ガラス層(ASTL:Alkali-silicate glass thin layer)を基板上に形成し、この層の製膜条件の制御により、裏面電極層を通過してCIGS光吸収層に取り込まれる、アルカリ量を制御する技術を開発(以下「ASTL法」という)。この技術により再現性良く、しかも簡便にアルカリ添加を行うことができ、CIGS太陽電池のエネルギー変換効率の大幅な向上が実現した。

関連するニュース
フレキシブルなCIGS太陽電池で効率17.7%を達成
「貼れる」高性能な太陽電池シールも可能に−


独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 吉川 弘之】(以下「産総研」という)太陽光発電研究センター【研究センター長 近藤 道雄】化合物薄膜チーム 仁木 栄 研究チーム長(副研究センター長)と石塚 尚吾 研究員は、帝人株式会社(以下「帝人」という)の協力を得て、非シリコン系材料であるCIGS薄膜を用いたフレキシブル太陽電池のエネルギー変換効率を飛躍的に高める技術を開発した。この技術によりセラミックス、金属箔、ポリマーなど様々なフレキシブル基板を用いた高性能な太陽電池の作製に成功した。

銅(Cu)、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、セレン(Se)からなる半導体材料CIGSを用いた太陽電池は、光電変換層の厚さを数µmと薄くできる。この利点を活かし、曲面への設置や持ち運びが可能な、軽量でフレキシブルな太陽電池への応用が期待されている。これまでフレキシブルCIGS太陽電池の高性能化は困難であったが、今回、新しいアルカリ添加制御技術の開発、およびポリマー基板の新しいハンドリング技術の開発を行い、フレキシブルCIGS太陽電池のエネルギー変換効率を大幅に向上させた。

本研究成果は、2008年7月28日〜29日に日本科学未来館で開催される第4回産業技術総合研究所 太陽光発電研究センター成果報告会、および9月1日〜5日にバレンシア(スペイン)で開催される第23回欧州太陽光発電国際会議(23rd European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition)で発表される。(2008年7月16日 産総研プレスリリース)

参考HP 産総研プレスリリース:フレキシブルなCIGS太陽電池で効率17.7%を達成

トコトンやさしい太陽電池の本 (B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ)

日刊工業新聞社

このアイテムの詳細を見る
太陽電池 2008/2009―急拡大する市場と新技術 (2008)

日経BP社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

夢の透明太陽電池(BN/Siヘテロダイオード)の試作に成功!

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
先日、電気自動車搭載に向けて改良中の「リチウムイオン電池」について調べたが、そもそも電池にはどんな種類があるだろうか?

そもそも電池とは?
電池は大きく分けて「化学電池」と「物理電池」に分かれる。「化学電池」にはおなじみのマンガン電池からアルカリ電池、ニッケル水素電池、そして、期待されている「リチウムイオン電池」、「燃料電池」などが入る。

「物理電池」とは、光や熱による物理変化によって生じるエネルギー(放射エネルギー)を電気エネルギーに変換するものをいう。

これには熱電地、原子力電池と、おなじみの「太陽電池」が入る。現在期待されているのは太陽電池であるが、どんな種類があるのだろうか?

太陽電池の種類
これには大きく分けて3つのタイプがある。シリコン系化合物系そして有機系である。

シリコン系はシリコン半導体を使ったもの、化合物系は化合物半導体を使ったもの、有機系は色素を使って太陽光を電気エネルギーに変換する。エネルギー効率はシリコン系で最大40.7%、化合物系で25.1%、有機系で10.4%と小さくなる。
参考HP アイラブサイエンス太陽電池とその種類”有機系太陽電池”とは何か?

新開発!透明太陽電池
今回、物質・材料研究機構半導体材料センターの小松正二郎グループリーダーらが今回、可視光に対して透明で、しかももっとも丈夫な材料(高温耐火物)のひとつである高密度窒化ホウ素(BN)による太陽電池の試作に世界で初めて成功した。

太陽電池はシリコン太陽電池の普及が世界的に進んでいる。今回の太陽電池は化合物として窒化ホウ素(BN)を使い、シリコン(Si)と接合することに成功した。シリコン型と化合物型の混合(BN/Si系)太陽電池である。

試作品の発電効率は2%で、実用化されているシリコン太陽電池の18%にははるかに及ばないが、「出だしのデータとしては前途有望な値」と物質・材料研究機構の研究チームは言う。

高密度窒化ホウ素(BN)は高温にも強い丈夫な材料であり、可視光に対して透明な電池が出来る。これにより、蓄電池との組み合わせによる車載型サンルーフ発電システム、サングラスや窓に貼り付けられる太陽電池などの開発が期待される。

関連するニュース
透明な太陽電池試作


窒化ホウ素(BN)を材料とし透明な太陽電池を試作することに、物質・材料研究機構半導体材料センターの小松正二郎グループリーダーらが初めて成功した。

高密度窒化ホウ素は高温にも強い丈夫な材料として知られている。試作品の発電効率は2%で、実用化されているシリコン太陽電池の18%にははるかに及ばないが、「出だしのデータとしては前途有望な値」と物質・材料研究機構の研究チームは言っている。

研究チームが用いた製造法「レーザミキシング・プラズマCVD」は、電池薄膜の表面がミクロンサイズのコーンに覆われるため、太陽光の反射を抑え、光吸収効率を向上させる特徴も持つ。透明という長所を活かし、サンループ車や窓にはり付けられる太陽電池などの応用が期待されている。(2008年9月5日 サイエンスポータル編集ニュース)

参考HP 独立行政法人物質・材料研究機構プレスリリース →
「BN/Siヘテロダイオード太陽電池の試作に成功!」
− 世界初・耐久性に優れ宇宙でも活躍・将来は透明太陽電池も −

http://www.nims.go.jp/jpn/news/press/press247.html 
 

トコトンやさしい太陽電池の本 (B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ)

日刊工業新聞社

このアイテムの詳細を見る
太陽電池 2008/2009―急拡大する市場と新技術 (2008)

日経BP社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

諸外国ですでに導入「環境税」 その意味と狙いとは?

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
環境省の斉藤鉄夫環境相は9月11日、日本経団連の御手洗冨士夫会長ら首脳と会談し、地球温暖化対策の一環で二酸化炭素(CO2)排出源に幅広く課税する「環境税」の導入を訴えた。

しかし、御手洗会長は「世界一高い法人税を負担する中で、これ以上の負担はとても耐えられない」と述べ、同税に反対した。「環境税」とは最近よく聞くがどんなものだろうか?

環境税とは何か?
環境税は、地球温暖化防止のための有力な手法のひとつとして議論されている税金で、電気・ガスやガソリンなどのエネルギー資源に課税することで二酸化炭素の排出量に応じた負担をする仕組み。炭素税ともいう。

環境税の導入によって、まずガソリンや化石燃料を使って発電している電気などの値段が高くなる。次に、省エネ効果(省エネしようとする意識の変化)や価格インセンティブ効果(省エネ機器への投資や買換えを促進)、アナウンスメント効果(温暖化対策を促進)が期待されている。

一方で、環境税が地球温暖化対策全体の中で果たす役割や効果が明確ではない、 負担が家計・企業に広く及ぶ、景気回復の足かせや企業の国際競争力低下など経済への影響が懸念される、などの指摘もある。家電の買い換えも予算が必要であるし、なんといっても電気代、ガソリン代がまた上がるのを受け入れられる人は少ない。現時点では導入の難しい税制である。

環境税はいつ導入されるのか?
平成19年度に環境税を創設するという環境省の希望は見送られたが、環境税は検討課題の筆頭に位置付けられた。
 
「平成20年から京都議定書の第1約束期間が始まることを踏まえ検討する」という記述は、待ったなしの切迫感を持って環境税に取り組む、との意思が表明されたものと思われる。
 
また、「既存の税制との関係等に考慮を払いながら、総合的に検討する」という文言についても、来年行われる特別会計、特定財源改革の具体化、歳出歳入の一体改革の議論とあわせて環境税についてもしっかり検討を進める必要があるという趣旨。 

政府においては、2005年4月に閣議決定された京都議定書目標達成計画では、「真摯に総合的な検討を進めていくべき課題」とされており、これに沿って、政府全体としても検討を進めていくことになっている。

諸外国における導入状況
温室効果ガスを削減するという観点から、化石燃料やエネルギーに課税する環境税は、欧州諸国において、導入が進められている。

具体的には、1990年頃より、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマークといった北欧諸国やオランダで導入された。また、最近では、1999年に、ドイツとイタリア、2001年にはイギリスといった欧州主要国でも次々に導入されている。

これらの国々では、導入に当たり、それぞれの国の実情に応じた形で、税率や軽減措置、税収の使途等を定め、導入に至っている。

関連するニュース
環境税:導入で平行線 環境相と経団連会長が会談


斉藤鉄夫環境相は11日午前、東京都内のホテルで日本経団連の御手洗冨士夫会長ら首脳と会談し、地球温暖化対策の一環で二酸化炭素(CO2)排出源に幅広く課税する「環境税」の導入を訴えた。これに対し、御手洗会長は「世界一高い法人税を負担する中で、これ以上の負担はとても耐えられない」と述べ、同税に反対する姿勢を改めて示した。

環境相はまた、政府が10月からの試行を目指す排出量取引制度について、「排出量取引は世界の潮流で低炭素化を進める一つの重要な手段」と強調した。御手洗会長は「(投機的資金の流入などによる取引価格の高騰で)産業を破壊する可能性もある」と指摘し、慎重に制度設計を進めるよう要請した。(2008年9月11日 読売新聞)

参考HP Wikipedia「環境税」・環境省「環境税Q&A」 →http://www.env.go.jp/policy/tax/know/qa.html
 

環境税―税財政改革と持続可能な福祉社会
足立 治郎
築地書館

このアイテムの詳細を見る
環境税 (環境経済・政策学会年報 (第9号))

東洋経済新報社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please

やっぱり有罪!「ビスフェノールA」サルの神経組織形成を阻害

ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
2008年4月米政府は、プラスチック製の食器などから溶け出す化学物質ビスフェノールA(BPA)について、「現在の摂取量が、胎児や子供に対し、神経系や行動、乳腺への影響、女子の早熟を引き起こす懸念がある」とする報告書案を公表した。また、カナダ保健当局はビスフェノールA(BPA)を有害物質に指定した。

9月6日読売新聞によると、ビスフェノールA(BPA)によって、脳の神経組織の形成が妨げられることが、サルを使った米エール大などの実験で分かり、米科学アカデミー紀要電子版で発表した。

ネズミでは知られていた現象だが、内分泌や脳の構造が異なる人間でも起きるのかどうか、安全性をめぐる議論の焦点となっていた。今回の霊長類への影響を初確認したことで、いよいよヒトへの危険性が確実なものとなってきた。

日本ではビスフェノールAについては、ヒトに対する耐容一日摂取量は1993年(平成5年)に、50μg/kg体重/日と設定されている。今回サルに投与した量は同じ50μg/kg体重/日であった。

ビスフェノールAとは何か?


ビスフェノールA (bisphenol A) は2つのフェノール部位を持つ芳香族化合物である。しばしば BPA と略称される。2当量のフェノールと1当量のアセトンの反応によって合成される。

歴史・用途
1891年にロシアの化学者ディアニン (A. P. Dianin) によって初めて合成された。1930年代には合成エストロゲン(女性ホルモン)の1つとして研究されていたが、当時ジエチルスチルベストロールがエストロゲンとして強い活性を持つことが明らかにされたため、ビスフェノールAが合成エストロゲンとして使われることはなかった。

樹脂原料としての利用
現在ではポリカーボネート製のプラスチックを製造する際のモノマーや、エポキシ樹脂の原料として利用されている。抗酸化剤、あるいは重合禁止剤としてポリ塩化ビニルの可塑剤に添加される。

ポリカーボネートの用途はサングラスやCDから水・食品の容器まで多くの日用品にわたり、壊れにくいため哺乳瓶にも使われている。歯科治療用の歯の詰め物や、缶詰の内側を被覆するエポキシ樹脂の中にも含まれている。

健康影響に関する研究
ポリカーボネートやエポキシ樹脂のようなビスフェノールAを原料とする種類の合成樹脂では、強力な洗剤で洗浄した場合や酸・高温の液体に接触させた場合にビスフェノールA成分が溶け出すことが知られている。アメリカ合衆国での調査では、ヒトからかなりの確率で検出された。

内分泌攪乱化学物質としての懸念
ビスフェノールAを摂取するとエストロゲン受容体が活性化されて、エストロゲン自体に類似した生理作用を表す。1930年代に卵巣を除去したマウスにこの物質を投与する実験が行われ、作用が初めて証明された。更に他の動物やヒトのがん細胞での実験により、内分泌攪乱化学物質として作用するための最少量は 2–5 ppb とされている。よって精子数の減少や男性不妊などの原因になるとされている。(出典:Wikipedia)

関連するニュース
「ビスフェノールA」脳の神経組織に悪影響…サルで証明


プラスチック製の食器などから溶け出す化学物質ビスフェノールA(BPA)によって、脳の神経組織の形成が妨げられることが、サルを使った米エール大などの実験で分かった。米科学アカデミー紀要電子版で発表した。

ネズミでは知られていた現象だが、内分泌や脳の構造が異なる人間でも起きるのかどうか、安全性をめぐる議論の焦点となっていた。

異常が現れたのは、記憶や学習をつかさどる海馬などの、「スパイン」とよばれる構造。体内のホルモン「エストラジオール」の働きで形成が促進され、神経細胞同士の信号のやり取りに重要な役割を果たす。ところが、アフリカミドリザルにBPAを4週間与え続けた結果、エストラジオールの働きが妨げられ、領域によってはスパインの数が半分以下に減少した。

霊長類への影響を初確認したことで、研究チームは「うつ病などの気分障害にもつながる可能性があり、医療機器や食器などへのBPA使用について懸念が増した」と指摘している。

実験では、アフリカミドリザルの背中にポンプを埋め込み、1日に体重1キロ当たり50マイクロ・グラムのBPAを体内へ送り込んだ。日本など世界各国で、同じ量のBPAが、毎日摂取しても問題がない基準値とされている。(2008年9月6日 読売新聞)

参考HP アイラブサイエンス「環境ホルモン”ビスフェノールA”はやっぱり危険?」 

奪われし未来
シーア コルボーン,ジョン・ピーターソン マイヤーズ,ダイアン ダマノスキ
翔泳社

このアイテムの詳細を見る
レイチェル・カーソン―「沈黙の春」で地球の叫びを伝えた科学者
ジンジャー ワズワース
偕成社

このアイテムの詳細を見る
ビスフェノールA [詳細リスク評価書シリーズ 6] (詳細リスク評価書シリーズ)
中西 準子,宮本 健一,川崎 一
丸善

このアイテムの詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please 

科学用語でクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 沖縄に世界最大級(直径11.1メートル)のサンゴの「微環礁」を発見!環礁と微環礁の違いとは?
  • 5回目の重力波は「中性子星」の合体!世界中の天文台で観測「重金属の起源」を確認
  • 国立公園で100頭以上のカバが大量死! 炭疽菌とそれを使用した事件・犯罪・戦争など
  • 第3の生物圏「地中」!海底下2000mの石炭層に倍加時間が数百年以上の微生物群を発見
  • 2017年10月11日 新燃岳6年ぶり噴火、14日には噴煙2300メートルに!天変地異は国難のあらわれ
  • 太陽系の準惑星「ハウメア」に「環」、通説覆す発見!環のある天体は巨大惑星だけではなかった
最新記事
livedoor プロフィール

 サイエンスジャーナルに
 関する、取材の申し込みや
 お問い合わせは、記事の
 コメント欄にご記入お願い
 致します



logo

bnr-yt-fact-min

The Liberty Web
未曾有の危機到来!
自分の国は自分で守ろう!

最新コメント
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る
黄金の法―エル・カンターレの歴史観
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る

楽天SocialNewsに投稿!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←Click
人気ブログランキングへ     please

月別アーカイブ
まぐまぐ

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

最新科学情報やためになる
科学情報 をメルマガで!
540円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


ダイジェスト版
Yes,We Love Science!
もご利用下さい。

ツイッター相互フォロー
科学・環境・Twitter情報局
をご利用下さい。

 現在、記事の一部しか表示
されません。記事のすべてをお読み頂くためには、
メルマガ登録後に配送される
パスワードが必要です。
 御登録お願い致します。
なおパスワードは一定期間
ごとに変更されます。



























































































Let’s tweet Science!
















































理科学検定に挑戦しよう!






























































































  • ライブドアブログ