サイエンスジャーナル

自然科学大好き!サイエンスジャーナル!気になる科学情報をくわしく調べ、やさしく解説します!

2012年10月

生後1年で生える恐竜の翼!飛ぶためではなく繁殖行動のためらしい?

 恐竜が翼をもったのは繁殖行動のため
 鳥類の祖先とされる恐竜がそもそも翼を持つようになったのは、飛ぶためではなく、求愛や抱卵などの繁殖行動のためであることが、北米大陸で初めて発見された羽毛恐竜の化石を調査した北海道大学総合博物館の小林快次(よしつぐ)准教授とカナダ・カルガリー大学、米国フロリダ大学などの共同研究で分かった。米科学誌「サイエンス」に26日発表した。

 研究チームが調べたのは、カナダ・アルバータ州南部で1995年から2009年までに発見された、約7000万年前(白亜紀後期カンパニア期)の「オルニトミムス」というティラノサウルスなどと同じ獣脚類の恐竜3体の化石標本。3体のうち2体は、体長が1.5メートルと3.4メートルで、それぞれの年齢は1歳未満と約5歳の子どもとみられ、羽毛の痕(あと)が周囲に保存されていた。さらに大きな1体は、体長3.6メートル、年齢10歳ほどの成長期を過ぎた成体で、首の部分に羽毛の痕が残り、腕の骨には翼を構成する羽軸の強い「風切り羽」の痕(乳頭突起)があった。

 現代の鳥類は、生後1-2週間で翼が生え始めるが、今回のオルニトミムスのような空を飛ばない非鳥類型恐竜の場合は、生後1年以上たってからしっかりと羽が生えた翼を持つようになることが分かった。

 これまで翼の起源としては「飛翔や滑空のため」「獲物の捕獲としての道具」「地上を滑走する時のバランスのため」あるいは「繁殖行動」といった4つの説があったが、オルニトミムスは飛翔せず、植物食であり、幼少期から走行性に優れるバランス感覚を持つことから、本来は、異性へのアピール(個体識別のためのディスプレイ)や抱卵などの繁殖行動のために翼が開発されたと考えられるという。(サイエンスポータル 2012年10月30日)


Ornithomimus

続きを読む

三畳紀末の大量絶滅に、被災地のベレムナイトが生き延びていたことを確認!

 大量絶滅で76%の生物種が死亡
 大量絶滅は、過去(顕生代)に5回起こっており、これをまとめて、ビッグファイブとよぶ。多細胞生物が現れたベンド紀(エディアカラ紀)以降、5度の大量絶滅が起きている。すなわち、オルドビス紀末、デボン紀末、ペルム紀末(P-T境界)、三畳紀末、白亜期末(K-T境界)である。また、これらよりは若干規模の小さい絶滅が数度あった。

 なかでも、古生代後期のペルム紀末、P-T境界(約2億5100万年前)の大量絶滅はひどかった。地球の歴史上最大の大量絶滅といわれている。海生生物のうち最大96%、全ての生物種で見ても90%から95%が絶滅した。既に絶滅に近い状態まで数を減らしていた三葉虫はこのときに、とどめをさされる形で絶滅した。

 三畳紀/ジュラ紀境の大量絶滅では、アンモナイトのほぼすべてのグループが姿を消すなど、頭足類の歴史上最大の絶滅が起きた。また、爬虫類や単弓類も大型動物を中心に多くの系統が絶え、当時はまだ比較的小型だった恐竜が以降、急速に発展していく。全ての生物種の76%が絶滅したと考えられている。

 「ベレムナイト」はイカに近縁な頭足類で、体の内部に石灰質の殻を持つことを特長とし、アンモナイトと共に、恐竜時代の中生代の海洋生態系の中で重要な地位を占めた生物である。今回「ベルムナイト」が、三畳紀末(P-T境界)の大量絶滅を生き延びたことが確認された。


LateTriassicGlobal

続きを読む

ペルム紀末の大量絶滅は、死ぬほど暑かったから?現代の地球温暖化は?

 「暴走する温室」ペルム紀末の大量絶滅
 今から約2億9,900万年前から約2億5,100万年前までの期間をペルム紀とよぶ。以前はドイツの地層(上下二分される)名から二畳紀と呼ばれることが多かったが、近年はペルム紀と呼ばれることが多い。石炭紀の後、三畳紀(トリアス紀)の前の紀である。また、古生代の最後の紀であり、ペルム紀が終わると中生代となる。ペルム紀という名前は、ロシアのペルミという都市から名付けられた。

 ペルム紀には、様々な植物、巨大な両生類や爬虫類が生息していた。その中には、恐竜や現生爬虫類の祖先となる双弓類もいた。哺乳類の祖先に当たる単弓類(哺乳類型爬虫類)も繁栄し、陸上には豊かな生態系が築かれていた。ペルム紀の浅い海の堆積物からは、豊富な軟体動物、棘皮動物、腕足動物の化石が産出する。三葉虫なども繁栄していた。植物では、シダ植物に加え、イチョウ類やソテツ類といった裸子植物も繁栄を始めた。

 このペルム紀(二畳紀)末から三畳紀初期にかけては生物が大量絶滅し、地球がほぼ不毛の地と化した。この大きな原因は、地球が文字通り“死ぬほど”暑かったからだとする最新の研究が発表された。

 今から2億5200万~2億4700万年前、地球は「ペルム紀末の大量絶滅」と呼ばれる出来事に見舞われた。これによって、陸上植物を含む地球の生物のほとんどが姿を消した。植物が死滅した結果、CO2濃度は上がり、地球は温暖化、生き残った赤道付近の生物たちも死に瀕した。


続きを読む

バミューダトライアングルの海底に「アトランティス文明」の跡が発見される?

 バミューダトライアングルの海底に謎の水中都市の跡を発見!
 バミューダトライアングル(Bermuda Triangle)は、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域。昔から船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説があることで有名である。この伝説に基づいて、多くのフィクション小説、映画、漫画などが製作されている。

 また、過去にはアトランティス大陸が存在したともいわれている。伝説では、かなり高度な科学文明が存在していて、天然ガスや電気エネルギーが有効に利用され、合金技術なども高度に発達していた。飛行船や船舶、自動車などの輸送機関が発達し、エレベータやラジオ、遠隔投影機などが発明されていたという。

 アトランティス文明では、太陽の光とピラミッドパワーを利用したエネルギーが使われていた。こうした高度な科学技術を持ちながら、科学的・合理的な方向に流れてしまい、愛の心を忘れてしまったことから、神の怒りに触れ、紀元前8500年前頃に海中に没したといわれている。 

 伝説のアトランティス文明のあった海域上にある三角地帯、それが通称「バミューダトライアングル」と呼ばれる海域である。なぜ、船や飛行機が消えてしまうのかについては、ブラックホール説や宇宙人による誘拐説、時空が歪んでいるための「タイムスリップ説」など、諸説ささやかれているが真偽の程は定かではない。

 そんななか…カナダの科学者夫妻がロボット潜水艇を使いバミューダトライアングルの海底を調査していたところ、キューバの海岸近くの海底にて古代の巨大都市と思われる遺跡を発見したという。水深700メートルに眠っていたものは、ピラミッドにスフィンクス、文字の刻まれた建物などなど!


Bermuda Triangle

続きを読む

海洋資源・エネルギー大国、日本の切り札!浮体式洋上風力発電とは何か?

 海洋資源・エネルギーに恵まれた日本
 日本の領土は世界第61位で、377,930平方キロメートル。世界の陸地のうちわずか 0.25%しかない。しかし、海の広さは領海と排他的経済水域を合わせた広さで世界6位となる。さらに、その全海水量を計ると、世界で4位の海水量になるという。これは凄い事だ、これを活用しない手は無い。(日本は世界4位の海洋大国 山田吉彦著)

 これまで、海洋を利用した「風レンズ風力発電」をこのブログで紹介した。陸地に風車をつくる場合と違い、広い海洋というスペースを利用したものであった。さらに、深い海に囲まれた日本では「海洋温度差発電」も有効だ。また、海洋には波力、潮力などの海洋エネルギーがある。イギリスでは波力発電が実用化目前になっている。海に囲まれた日本は自然エネルギーに恵まれている。

 さて、今回紹介する「浮体式洋上風力発電」も日本向きの風力発電だ。洋上風力発電の一種で、洋上に浮かんだ浮体式構造物を利用する風力発電である。水深50mを超えると着床式では採算性が悪化するので、50m~200mの海域では浮体式風力発電機が設置される。


Marine_WindFarm

続きを読む

従来の10倍!アンモニア合成の新触媒は、何とセメント(C12A7)から開発!東工大

 省エネでアンモニア製造、新たな触媒開発
 アンモニアの製造というと、ハーバー・ボッシュ(HB)法が思い浮かぶ。ハーバーが考えた製造法は、鉄を主体とした触媒の上で、水素と窒素を400~600°C、200~1000atmの超臨界流体状態で直接反応させ、「N2 + 3H2 → 2NH3」 の反応によってアンモニアを生産する方法である。現代でもメタンなどの燃料から水素を取り出し、これを空気の窒素と高圧下で混合し、ルテニウムなどの触媒で製造している。

 ハーバーはこの功績で、1918年ノーベル化学賞を受賞する。ボッシュは、ハーバーの考えた理論を工業化するのに成功した人である。ドイツの三大化学メーカー「BASF」の手で工業化に移ったのであるが、それを実際に工業化するまでは大変な努力を必要とした。ボッシュは、この功績により、1931年にノーベル化学賞を受賞する。

 今回、窒素と水素からアンモニアを合成する際、加えるエネルギーが従来より少なくて済む触媒の開発に成功したと、細野秀雄・東京工業大学教授らの研究グループが発表した。
 
 10月21日付の科学誌ネイチャー・ケミストリー電子版に論文が掲載される。アンモニアは主に肥料の原料として、世界で年間1億5000万トン以上が生産されている。この触媒による工業化が実現できれば、大幅な省エネにつながる可能性がある。
 
 細野教授らは、金属の一種ルテニウムと、セメントの成分「C12A7」を組み合わせて新触媒を作った。この触媒で窒素と水素を反応させたところ、従来のルテニウム触媒よりも、反応が速く進み、10分の1以下のエネルギーでアンモニアを合成できたという。(2012年10月22日  読売新聞)


NH3

続きを読む

サメはヒトを生きるために襲うが、ヒトはサメのヒレだけを削ぎ落とす!

 サメの恐怖
 サメの恐怖はいうまでもない。米カリフォルニア州・サンタバーバラの警察が公開した1枚の写真。大きな歯型が付いたサメに襲われたサーファーのボード。10月23日、サーフィン中に襲われた39歳の男性は死亡。「犯人」は体長4.5~5メートルのホオジロザメだった。

 豪ウェスタンオーストラリア州では、ここ1年間にサメに襲われ海水浴客ら5人が命を落とすという過去最悪の事態となっており、州政府はサメを調査・捕獲し、必要なら殺す方針を打ち出した。

 同州政府のムーア漁業相は9月27日、「差し迫った脅威」を示すサメを殺すことを当局に容認するとの声明を電子メールで発表。685万豪ドル(約5億5000万円)相当の保護・調査・教育プログラムも導入した。同州はこれまでサメが攻撃してきた場合のみ殺すことを認めるとしていた。

 旅行業界は手つかずのビーチも多い1万2000キロメートルに及ぶ海岸線を持つ同州に国内外の観光客を呼び込もうとしているが、最近では7月14日に24歳の男性サーファーが州都パースから北に約160キロにあるひっそりとしたビーチで体長5メートルのサメに襲われて死亡。遺体は回収されていない。

 シドニーのタロンガ動物園にある豪州のサメ被害の記録によれば、同国全体では1791年以来、少なくともサメによる攻撃が少なくとも869件あり、そのうち216件で被害者が死亡している。ウェスタンオーストラリア州ではここ1年にスキューバダイビングをしていた米国人観光客やボディーボーダー、海水浴客が死亡する事故が起きている。(2012年9月27日 ブルームバーグ)


Environnement-shark-fins

続きを読む

NASAの探査機“キュリオシティ”光る物質を発見!地球生命の火星起源説とは?

 火成岩を発見
 NASAの火星探査車「キュリオシティ」が火星を探索している。先日調査した岩石が、地球の火成岩と類似する成分を持っていることがわかった。さらにキュリオシティは、スコップを使って初めての土壌サンプル採取も行った。

 「キュリオシティ」が調査した火星の岩石の名は「ジェイク・マティアビッチ」。9月22日に行った接触調査の結果で予想外の発見があった。「ジェイク・マティアビッチ」の化学組成は、地球の火山地帯でよく見られる火成岩の組成と似ていたのだ。このような火成岩は主に地殻下のマントル内で、比較的水が豊富なマグマが圧力上昇で結晶化して形成される。

 まだ1個の岩石を調査しただけであり、その形成過程が地球と同様であるとは言い切れないが、少なくとも岩石の形成を研究する良いスタートラインになるだろう。今回は化学カメラ装置とアルファ粒子X線分光器を同時に運用することでジェイク・マティアビッチの詳細な情報が得られたが、キュリオシティにはさらに多くの分析装置が搭載されているため、今回の結果は今後の岩石や土壌調査の序幕にすぎない。

 続いてキュリオシティは「ロックネスト」と名づけられた地域で10月9日と12日に2回、土壌サンプルの採取を行った。今回の採取サンプルは成分分析ではなく、装置クリーニングに使われる。採取した砂を使って、分析装置内についているかもしれない地球の物質をこすり落とすのだ。2回目まではこのようなクリーニングのための採取で、3回目の採取サンプルからは成分分析に使われる予定だ。(NASA)


Mars_Curiosity

続きを読む

地下鉄丸ノ内線のアルミ缶破裂事故、強アルカリと両性元素(Al)の反応が原因か?

 地下鉄丸ノ内線で14人けが 洗剤破裂か
 まるで中学校・理科「酸・アルカリ」の実験に出てくるような事故が起きた。地下鉄で、アルミ缶にアルカリ洗剤(パイプ洗浄剤?)を入れて振ってしまい爆発したらしい。以下はNHKニュースの引用である。

 東京・文京区にある東京メトロ・丸ノ内線の駅に停車中の電車内で、乗客が持っていたアルミ缶が突然、破裂し、乗客14人がけがをした。 東京消防庁によると、缶の中に入っていた液体洗剤が容器と化学反応を起こして破裂した可能性があるということで、警視庁が詳しい原因を調べている。

  10月20日午前0時すぎ、東京・文京区にある東京メトロ・丸ノ内線の本郷三丁目駅で「電車内で缶が爆発してけが人が出ている」と110番通報があった。 警視庁によると、前から5両目にいた男性3人、女性11人のあわせて14人の乗客が顔などにやけどのけがをして手当てを受けたが、いずれも意識はありけがの程度は軽いという。 電車内では20代の乗客の女性が液体を入れた缶を持っていて、この缶がいきなり破裂したとのこと。

 この女性は警視庁に対して「自宅を掃除するために、勤めている飲食店から油汚れを落とす強力な液体る洗剤を分けてもらい、500ccのコーヒーのアルミ缶に入れて持っていた」と説明しているという。 東京消防庁によると、缶の中の液体洗剤はアルカリ性とみられ、この液体が容器のアルミ缶と化学反応を起こして破裂した可能性があるという。 警視庁が当時の状況や詳しい原因を調べている。(NHKnews 2012年10月20日)


Al+NaOH

続きを読む

45億年前、月の誕生理由は「巨大隕石衝突」!亜鉛分析でほぼ確定か?

 月の誕生、「巨大隕石衝突説」確実か?
 月の誕生は地球と巨大隕石(いんせき)とが衝突した結果によるもの──この37年前に提唱された説を裏付ける科学的痕跡が新たに見つかったとする研究論文が17日の英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。

 地球の衛星である月が誕生した過程については、天文学者たちが1975年の会議である仮説を提唱した。数十億年前、まだ生まれてまもなかった地球と、火星ほどの大きさの隕石が衝突して月ができたという「巨大隕石衝突説」だ。学者たちはギリシャ神話の月の女神セレネ(Selene)の母親の名にちなんで、この隕石を「テイア(Theia)」と名づけた。

 この説は、衝突によってテイア全体と原始地球のマントルの大半が溶解、蒸発し、その後冷えて凝集したものが月になったと主張するもので、月が太陽系の衛星中で5番目に大きく、地球の4分の1程の大きさがあり、しかも地球からわずかしか離れていないことを説明できるとされた。ただコンピューター・シミュレーションを用いて同現象が現実に起きていた可能性が示されるまで、この説は脇へ追いやられていた。

 しかしこの度、アポロ(Apollo)計画で持ち帰られた月の土壌を質量分析計で精査した結果、この説を裏付ける化学的証拠を発見したとする論文が発表された。論文によると、月の土壌には比較的重い亜鉛同位体がわずかに多く含まれていた。蒸気雲の中で重い同位体が軽い同位体よりも急速に凝集したことが原因と考えられる。このわずかな、しかし決定的な差は同位体分別と呼ばれる。


続きを読む

人類が次に目指す宇宙「ケンタウルス座アルファ星」に、地球サイズの惑星発見!

 太陽系から一番近い星に系外惑星を発見
 キュリオシティが火星へ行き探査を続けている。火星に生命が存在するかどうかを調査するためだ。すでに水が流れた川の跡を発見した。今から40億年前の太古の時代には海と陸地が存在していたことが確実視されている。現在はなぜ海がないのかまだわかっていない。

 キュリオシティは17台のカメラと、高性能の分析装置を備えており、まるで地球にいるかのようにして、火星を調査している。生命の存在、または生命が存在したことはほぼ確実だと考えられる。キュリオシティの分析結果が楽しみだ。

 さて、火星への有人調査も計画されている。宇宙への夢は広がるばかりだ。やがて人類は太陽系を自由に調査する時代が来るだろう。少し気が早いが、太陽系の次の目標を考えると、当然、最も近い恒星になるはずだ。それが、ケンタウルス座のアルファ星である。

 今回、太陽系から最も近い恒星系であるケンタウルス座アルファ星系に、地球とほぼ同じサイズの惑星が存在することが明らかになった。太陽から最も近い恒星であるケンタウルス座アルファ星Bの周囲を、地球とほぼ同じサイズの惑星が回っていることが明らかになった。


α_Centauri

続きを読む

可視光でも光触媒!「銅系化合物酸化チタン」に優れた抗菌・抗ウイルス性能!

 光触媒の性能
 酸化チタンというと、「光触媒」であるが、この効果は1972年、東京大学の本多健一氏と藤嶋昭氏によって発表された。2012年にはノーベル賞の有力候補者として、現在、東京理科大学長である藤嶋昭氏(70)の名前があげられた。残念ながら今年の受賞はならなかったが、我が母校の学長となられた藤嶋昭氏が受賞されれば、私も卒業生の一人として名誉なことである。

 光触媒は、いろいろなところで使われている。酸化チタンを10~20nm(ナノメートル)の大きさの粉末にして、いろいろな物質にコーティングする。これに太陽光(紫外線)が当たると強い酸化力がはたらく。これが、光触媒の原理であり、これにより殺菌効果が確認されている。

 また、コーティングされた表面に水をかけると水が全面を覆ってしまう、超親水性効果という現象も確認されている。すると、油汚れがあっても、水が油を浮かせてしまう。これも光触媒の大きな特徴の1つ。これらの効果は、既に建材のセルフクリーニングや、空気や水の浄化、殺菌、ガラスの曇り防止など、様々な場面で利用されている。

 今回、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東京大学は10月11日、「銅系化合物酸化チタン」材料で従来よりも優れた抗菌効果に加え、これまでは実現困難とされていた抗ウイルス性能に優れた新しい光触媒材料を開発したと共同で発表した。


Photocatalyst

続きを読む

北極海の海氷過去最小!南極の海氷過去最大!一見矛盾、その意味は?

 南極海で海氷過去最大
 今年9月16日、北極海の海氷面積が、昨年までの最小記録だった2007年9月24日の425万平方キロ・メートルより日本列島2個分小さい349万平方キロ・メートルになった。一方、同時期、南極周辺では、海氷面積が過去最高を記録した。

 北極海の方は、JAXA(宇宙開発機構)の観測衛星「しずく」で確認した。JAXAは「地球温暖化の影響が出ている」とみている。北極海では近年、薄い海氷が多く、解けやすい状態だったことに加え、8月上旬に大型の低気圧が発生し、海氷が海水とともにかきまぜられたことで縮小が進んだという。

 コンピューターによる気候モデルによると、地球温暖化が海氷縮小に与える影響は、CO2排出などの温室効果ガスの増加が原因とするものが約60%、残りが自然の気候変動によるものとなった。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の気候モデルでも、地球温暖化が続く場合、数十年後の夏には北極の氷が完全に解けると予測されている。

 こうした地球温暖化や海氷融解、海面上昇がたびたび報じられるなか、南極の方では、一見明るいニュースと思える気候解析データが発表された。冬の南半球において、南極大陸の冷たい海に浮かぶ海氷の面積が増えていることがわかったのだ。


Antarctic-sea-ice-hits-new-maximum-record

続きを読む

発見!スッポンは口から“排尿”する?スッポンの驚くべき健康成分・効果

 スッポンの効能 効果
 スッポン料理というと、疲労回復、貧血、滋養強壮に効く。スッポンは歩く漢方薬と言われ、2億年も前から姿・形を変えず地球上に存在し、寿命は約100年、水だけでも1年は生き続けることができるという驚くべきパワーを持っている。

 スッポンは日本や中国では、古くから食されていた。日本の場合、縄文時代中期の貝塚などから発掘されている。 美味しい出汁がでるため、スッポンを使った鍋料理(まる鍋)や雑炊、吸い物は日本料理の中では高級料理とされる。

 また、古代中国の書『周礼』によれば、周代にはスッポンを調理する鼈人という官職があり、宮廷で古くからスッポン料理が食されていた。現在も安徽料理のポピュラーな食材として用いられている。 滋養強壮の食材とされているが、肉には水分が多い。蛋白質、脂質が少なくカロリーは低い。ビタミンA、ビタミンB1も多い。

 高級食材のイメージのあるスッポンだが、最近、生態に関する研究発表があった。それによると、中国のスッポンは口から“排尿”するという。水たまりに入って口から尿素を排出していることが判明した。世界で初めて口からの排尿が確認された動物だ。


Suppon

続きを読む

超高度・超音速ダイブ成功、世界記録を更新!成層圏は成層ではなかった!

 超高度ダイビングに成功、史上最高の高度(3万8000m)
 超音速とは、音速を超えること。その速さは、標準大気中で1225km/h である。オーストリア人の元兵士、フェリックス・バウムガルトナーさん(43)が10月14日、地上約3万8000メートルからのスカイダイビングに成功した。関係者は、史上最高高度から、史上初の超音速でダイビングするなど、3つの世界記録を更新したとしている。

バウムガルトナーさんは、米ニューメキシコ州の上空に高さ3.3メートル、幅2.4メートルのカプセルに乗って大型の気球で上昇。気温が約マイナス68度にもなる成層圏上部から飛び降り、約10分後にパラシュートで地上に到着した後、ガッツポーズで喜びを表した。

同プロジェクトのウェブサイトによると、バウムガルトナーさんの最高落下速度は時速約1342キロに達し、音速を超えた初めてのスカイダイバーとなったほか、史上最も高い高度の有人気球飛行とスカイダイビングという記録を打ち立てたという。

これまでの高度記録は、52年前に元米空軍のジョー・キッティンジャー氏が樹立した約3万1300メートル。バウムガルトナーさんは7月、約2万9500メートルからのダイビングに成功していた。(2012年 10月 15日 ロイター)


続きを読む

カリブの海賊の秘宝?カリブ海の深海で、怪しげに発光する生物群

 カリブ海の深海生物調査
 カリブ海(Caribbean Sea)は、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。南はベネズエラ、コロンビア、パナマに、西はコスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、ベリーズ、そしてメキシコのユカタン半島に、北はキューバ、イスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国、ジャマイカ、プエルトリコといった大アンティル諸島に、東は小アンティル諸島に接している。

 カリブ海の総面積は、約275万4000平方キロメートル(106万3000平方マイル)。最も深いのは、キューバとジャマイカの間にあるケイマン海溝で、水深7684メートル(2万5220フィート)である。 カリブ海全域を「カリブ地方」と呼ぶ。カリブ海は多島海で、この海域に浮かぶ数多くの島々を総称して「カリブ諸島」あるいは「カリブ海諸島」と呼ぶ。 「カリブ」の名称は、コロンブスの北米大陸到達をさかのぼること約100年の昔より小アンティル諸島から南アメリカにかけて先住していたカリブ族の名に由来する。

 そのカリブ海、バハマ沖で最近、深海生物の調査が行われ、深海発光生物の秘められた生態が明らかになった。

 研究チームは有人潜水艇「ジョンソン・シー・リンク(Johnson-Sea-Link)」に乗り込み、ナマコ、イソギンチャク、竹サンゴ(bamboo coral)、ヤドカリなど、深度1000メートルの世界に生息するさまざまな発光生物を収集。特に海底に住む生物がどのような生物発光を行うのか、実験室でさまざまな調査が行われた。


Caribbean_Sea

続きを読む

ボルネオは生物多様性の宝庫!世界遺産キナバルで160種の新種発見!

 ボルネオ島で生物多様性調査
 ボルネオ島(Borneo Island)は、東南アジアの島で、面積は725,500km²で日本の国土の約1.9倍の大きさである。 世界の島の中では、グリーンランド島、ニューギニア島に次ぐ、面積第3位の島である。

 南シナ海(西と北西)、スールー海(北東)、セレベス海とマカッサル海峡(東)、ジャワ海とカリマタ海峡(南)に囲まれている。インドネシア・マレーシア・ブルネイ、この3か国の領土であり、世界で最も多くの国の領地がある島となっている。

 今回、世界でも有数の生物多様性にあふれた地として知られるボルネオ島北部、マレーシア領に位置するキナバル山で9月、オランダとマレーシアの合同調査チームが新種の動物、植物、菌類の大規模な調査を行った。

 オランダとマレーシアの生物学者チームによる2週間で、1400種以上の動物、植物、菌類を記録、新種を約160発見している。クモや甲虫、カタツムリ、イトトンボ、シロアリ、ハエなどが新たに確認されたという。


Borneo

続きを読む

“ダイヤモンド”でできた惑星を発見!希少な宝石が誕生する条件とは?

 ダイヤモンドの希少性
 ダイヤモンド(diamond)というと、美しい宝石であるが、炭素(C)の同素体の1つであり、天然で最も硬い物質である。

 ダイヤモンドは炭素を多く含む火成岩である「キンバーライト」が、地球の奥深く、地下120km以上のマントル層(マグマの中)という高温高圧の条件下にあって形成される。その後、別のマグマとともに、地殻の割れ目を通って地表近くまで急上昇、火山噴火する。その後、マグマは急速に冷却固化する。さらに地表に出るまで、長い間の風化に耐えねばならない。

 このため、ダイヤモンドの産出地は「キンバーライト」の認められる、ロシア、アフリカなどの安定陸塊に偏っている。2004年時点のダイヤモンド総産出量は15600万カラット(以下、USGS Minerals Yearbook 2004)で、上位6カ国は、ロシア (22.8 %)、ボツワナ (19.9 %)、コンゴ民主共和国 (18.0 %)、オーストラリア (13.2 %)、南アフリカ共和国 (9.3 %)、カナダ (8.1 %) であり、これだけで世界シェアの90%を占める。

 ダイヤモンドを含む「キンバライト」の産出地は、世界でもほんの10か所くらい。それほどダイヤモンドができる条件は難しく、だからこそダイヤモンドが貴重であるともいえる。ところが、今回、宇宙でダイヤモンドを豊富に含んだ惑星が発見された。


Diamond_Planet

続きを読む

太陽系における“天の川銀河”回転速度は10%速く、ダークマターは20%多かった!

 “天の川銀河”は20%重かった
 国立天文台の本間希樹准教授や鹿児島大学、韓国天文宇宙科学研究院、独マックスプランク電波天文研究所などの研究チームは、地球や太陽系が含まれる「天の川銀河」の基本尺度を、巨大な電波望遠鏡を使った三角測量によって正確に決定した。その結果、天の川銀河の回転速度は従来値よりも10%速く、銀河全体の質量もこれまでの推定値よりも20%ほど大きいことが分かった。

 天の川銀河の精密測量は、岩手県奥州市と鹿児島県薩摩川内市、東京都小笠原村、沖縄県石垣市の4カ所に設置された直径20メートルの電波望遠鏡を結んだ巨大観測システム(VERA;VLBI Exploration of Radio Astrometry)で行った。これらの4つの電波望遠鏡で同時に観測することにより、直径約2,300キロメートルの日本列島サイズの望遠鏡と同じ性能を持つ。その位置測定精度は10マイクロ秒角(3億6,000万分の1度)と、月面上に置かれた1円玉を地球から見分けられるほどの世界最高の観測精度だという。

 研究チームは、天の川銀河にある52個の天体の動きを精密に調べ、解析した。その結果、天の川銀河の基本尺度である太陽系から銀河中心までの距離は2万6,100±1,600光年、銀河中心を回る太陽系の回転速度は秒速240±14キロメートルとの数値が得られ、その距離と速度から、太陽系は天の川銀河内を約2億年で1周していることが分かった。


VERA

続きを読む

「iPS細胞の世界初の臨床応用」に疑義浮上・拡大!心筋細胞を殖やして移植?

 不可解な読売新聞の記事
 2012年10月8日、ノーベル医学・生理学賞は、京都大学の山中伸弥教授が受賞し、日本列島は喜びに包まれた。しかし、わずか3日後の11日、iPS細胞をめぐりおかしな問題が起きた。

 読売新聞が1面で「iPS細胞が、米国ハーバード大学の日本人研究者チームで、すでに臨床応用に成功していた」という記事を掲載。ところがこれに疑惑が浮上、 当の読売新聞は、夕刊で当事者のインタビューをのせていたが、12日未明になって、大学や病院から否定的な情報が次々と出て来た。

 いったいどんなことが起きたのだろう?まず、11日、読売新聞は朝刊の1面及び3面「スキャナー」と同日夕刊の1、2面に、「iPS心筋を移植」「iPS実用化へ加速」などの見出しの記事を掲載した。

 いずれも、米国ハーバード大学の森口氏がiPS細胞から作った心筋細胞を重症の心不全患者に移植する治療を実施したという事実を前提としており、主要部分に誤りを含んだ記事だった。


moriguti

続きを読む
科学用語でクリック!
ギャラリー
  • 約2.7万年前、石垣島で国内最古の全身骨格発見!日本人南方由来説 3万年前の大航海再現プロジェクト進行中
  • 永世中立国「スイス」では核シェルター100%!「日本」はわずか0.02% 平和を守る意識なし?
  • 系外惑星の多様性「ウォーム・ネプチューン」発見!ホットジュピター、スーパーアースなどバラエティ豊かな仲間
  • 太陽質量の1.6億倍?銀河中心から移動する超大質量ブラックホール発見!重力波の反動で飛び出した模様
  • ヒトの骨を食べるシカをはじめて観察!人体が自然に腐敗し、分解されていく過程を明らかにする「死体農場」
  • 地震の空白域で震度7が2回、地震の常識を覆した「熊本地震」から一年、震災に学ぶべき教訓とは何か?
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

 サイエンスジャーナルに
 関する、取材の申し込みや
 お問い合わせは、記事の
 コメント欄にご記入お願い
 致します



logo

bnr-yt-fact-min

The Liberty Web
未曾有の危機到来!
自分の国は自分で守ろう!

最新コメント
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る
黄金の法―エル・カンターレの歴史観
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る

楽天SocialNewsに投稿!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←Click
人気ブログランキングへ     please

月別アーカイブ
まぐまぐ

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

最新科学情報やためになる
科学情報 をメルマガで!
540円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


ダイジェスト版
Yes,We Love Science!
もご利用下さい。

ツイッター相互フォロー
科学・環境・Twitter情報局
をご利用下さい。

 現在、記事の一部しか表示
されません。記事のすべてをお読み頂くためには、
メルマガ登録後に配送される
パスワードが必要です。
 御登録お願い致します。
なおパスワードは一定期間
ごとに変更されます。
























































































Let’s tweet Science!
















































理科学検定に挑戦しよう!











































































































  • ライブドアブログ