サイエンスジャーナル

自然科学大好き!サイエンスジャーナル!気になる科学情報をくわしく調べ、やさしく解説します!

2012年12月

アイラブサイエンス 2012年10大科学ニュース!それぞれの“金字塔”をめざそう!

 今年の漢字は「金」

 2012年の世相を表す「今年の漢字」に「金」が選ばれた。ロンドン五輪での日本選手団の活躍や、山中伸弥・京都大教授のノーベル生理学・医学賞受賞などの「金字塔」が打ち立てられたことや、消費増税や生活保護費の増大など金を巡る問題を理由に挙げた人も多かった。

 しかし、混沌こんとんとした暗い世相に一筋の光明を見つけ、頑張ろうとする日本人の気概を感じる。今年の漢字で「金」は2000年にも、シドニー五輪や金融機関の破綻・再編などを受けて選ばれている。(2012年12月12日 読売新聞)

 今日は今年、ブログ「アイラブサイエンス」で発表した、科学記事の中から、2012年の科学10大ニュースを選んでみた。


2012_ScienceNews

続きを読む

赤外線望遠鏡が捉えた「宇宙の美」!へびつかい座ζ星と“バウショック”!

 宇宙のハンマー投げで飛ばされた星 
 宇宙を観察しているとさまざまなことが分かる。特に天体を写真で見ると、肉眼では捉えられない光を明らかにすることもできる。最近は電波望遠鏡も開発されていて、可視光だけでなくさまざまな波長で宇宙を観察することができるようになった。

 NASAの赤外線天文衛星「スピッツァー」は、赤外線で宇宙を観察する望遠鏡だ。宇宙空間を秒速24kmで突き進む恒星とその進行方向に広がる繊細な構造の姿を鮮やかにとらえた。この星は、かつてパートナーだった別の星の爆発の際に振り飛ばされたと考えられている。

 へびつかい座ζ星は、2.5等級で日本からは夏に見やすい。NASAの赤外線天文衛星「スピッツァー」が、宇宙空間の塵の中を秒速24kmで進むへびつかい座ζ(ゼータ)星をとらえた。恒星から吹き出す激しい恒星風が周囲のガスや塵とぶつかってアーチ状の衝撃波(バウショック)を生み出し、星の進行方向の前面に広がる繊細な糸のような構造として見えている。

 この赤外線画像は、スピッツァー宇宙望遠鏡が撮影し、NASAが12月18日に公開した。ゼータ星は高速で移動しており、そこから吹き出す恒星風が、塵の中にバウショック(弧状衝撃波)を作り出す。発光する薄い布地のように見えているこのバウショックは、赤外線波長でしから捉えられない。


Space227-giant-star-dust-clouds (NASA)

続きを読む

あの感動をもう一度!JAXA「はやぶさ2」を初公開!今度は生命の起源調査へ

 「はやぶさ2」…あの感動をもう一度
 2003年5月9日、鹿児島県肝付町のJAXA内之浦宇宙空間観測所から「はやぶさ」は打ち上げられた。イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達した。

 2005年11月、イトカワに2回着陸した後、通信が途絶。復旧後の2007年1月、カプセルのふたを閉めて地球への帰路についた。60億kmの旅を終え、地球に大気圏再突入。サンプル容器が収められたカプセルはオーストラリアのウーメラ立入制限区域内にパラシュートを展開して降下、2010年6月14日、無事に回収された。

 数々の困難を乗り越え、7年かけて地球に帰還した「はやぶさ」。光陰矢のごとし、あの感動からもう2年6ヶ月たつ。「はやぶさ」の後継機「はやぶさ2」の打ち上げが2014年12月の予定。ちょうど2年後に迫った12月26日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、開発を進めている小惑星探査機「はやぶさ2」を、相模原キャンパス(相模原市)で初めて公開した。

 プロジェクト責任者の国中均同機構教授は「はやぶさで、世界に先駆けて確立した技法をさらに洗練させる。是が非でも2014年12月に打ち上げたい」と意気込みを見せた。


Hayabusa2

続きを読む

ザリガニが真犯人だった?両生類の危機!世界に広がるカエルツボカビ症

 カエルツボカビが世界的に蔓延
 カエルツボカビ症は、ツボカビの一属一種の真菌カエルツボカビによって引き起こされる両生類の致死的な感染症である。野生の個体群でのこの疾病に対する効果的な対策は存在しない。ただし、カエルの種によって感受性は異なり、アフリカツメガエル( Xenopus laevis )やウシガエル( Rana catesbeiana )は感染しても発症しない。

 この病気は北米西部・中米・南米・オーストラリア東部で劇的な両生類の減少あるいは絶滅を引き起こしてきた。この病気は世界的な両生類の生息数と、世界の両生類種の30%もの種数の減少に関連している。減少のうちいくらかはこの菌によるものと信じられているが、感染に抵抗している種もあり、またいくつかの個体群が感染が低レベルで持続して生き延びていることも報告されている。

 このほど、この感染症を拡散している真犯人が明らかになった。ザリガニだ。いったいどうやってカエルツボカビを拡散しているのだろう?

 この数十年、カエルツボカビによって引き起こされる感染症がカエルなどの両生類の間で蔓延している。300以上の種が絶滅の危機に瀕しており、すでに絶滅してしまった種も多いと考えられる。しかし、体が小さく個体数の少ない種の場合、地上からその姿が消えてしまったことを確認するのは難しい。


Batrachochytrium_dendrobatidis

続きを読む

世界で最も軽い液体“ヘリウム3”を発見!月に大量に存在する、核融合燃料とは?

 ヘリウム、世界的に供給不足
 ヘリウムとは何だろう?無色、無臭、無味、無毒で最も軽い希ガス元素である。すべての元素の中で最も沸点が低く、加圧下でしか固体にならない。太陽は水素の核融合でヘリウムを大量につくっている。存在量は水素に次いで宇宙で2番目に多い元素である。

 宇宙では大量に存在するヘリウムガスが、世界的な供給不足に陥っている。地球上では、ヘリウムは天然ガスに混ざって豊富に産出する。ところが、世界生産の7割超を握る米国で大規模ガス田の設備トラブルが相次ぎ、供給量が急減。

 東京ディズニーリゾートなど有名テーマパークでは、子どもたちに人気のキャラクター入りのバルーン(風船)が販売中止になった。ヘリウムガスは風船などのほか、半導体や医療機器といったハイテク製品にも幅広く活用されており、供給不足が長引けばさまざまな産業や生活に影響が広がる恐れがある。

 ヘリウムは工業的には生産できず、世界5カ国の天然ガス田からしか産出されない「希少資源」だ。中国など新興国での需要拡大に伴い、ここ数年、ヘリウムの供給不足が慢性化していた。「希少資源」であるヘリウムは世界の需給構造のタイト化が恒常的になり、価格の高騰が続いている。

 このように、貴重なヘリウムであるが、12月20日東京大の研究チームは、1リットルに換算するとわずか2グラムという、世界でもっとも軽い液体ヘリウムを発見したと発表した。ヘリウムというと通常は気体だが、どういうことだろう?


続きを読む

注目の新エネルギー源は「下水の熱」!常時15℃、使わないのはもったいない!

 寒波到来、身近にある排熱を利用
 日本の上空には強い寒気が流れ込んでいる。 今朝の札幌上空5000メートル付近の気温は氷点下46度5分。 1957年以降の12月では、1984年12月24日の氷点下47度4分に迫る、28年ぶりの強烈な寒波。きのう25日(2012年12月)の日本列島は、44地点で12月の最低気温の記録を更新したという。

 この寒波は、週末は少し緩むという。しかし、来週の初めには次の寒波が入り、大晦日から元日にかけてはかなり冷え込みそうだ。まだ東日本大震災で避難所暮らしをしている人も多いと聞く。この寒波の中どうやって過ごしているのだろう。

 一方、各地の原子力発電所の地盤の下には活断層が有る、無いの議論が続き、いっこうに再稼働できない状況だ。今あるエネルギーを大切に使っていくしかない。

 そういえば風呂に入った後のお湯だが、毎日最後には落としてしまう。まだ温かいのに、このエネルギー、何かに使えないだろうか?

 ヒートポンプ(heat pump)は、熱媒体や半導体等を用いて低温部分から高温部分へ熱を移動させる技術である。手法はいくつかあるが主流は気体の圧縮・膨張と熱交換を組み合わせたもので、一般家庭でもみられる製品でヒートポンプを使っているものとして冷凍冷蔵庫、エアコン、ヒートポンプ式給湯器などがある。理論は19世紀後半より、熱力学の理論としては確立されていた。

 近年、シャワーや洗濯、食器洗いなどの生活排水が、最新のエネルギー源として注目を集めている。家庭やオフィスの暖かい排水から熱を回収して強力なエネルギー源とする取り組みが、世界各地の都市で進んでいる。


続きを読む

骨粗鬆症予防に、ミカンの黄色素“βクリプトキサンチン”が効く!ミカンの健康成分

 骨粗鬆症予防にミカン 黄色い色素が骨を増やす
 ミカンをよく食べると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防できることが、果樹研究所の杉浦実主任研究員らの研究でわかった。ミカンを黄色くする色素であるβクリプトキサンチンが、骨を増やしたり、減少を抑えたりしていると考えられる。20日付米科学誌プロスワンで発表した。

 骨粗鬆症は、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状だ。患者の8割は女性である。ホルモンの分泌バランスが変化する更年期以降の女性に多く、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人が、患者になっている可能性があるとされる。初期段階に自覚症状はなく、骨折して初めて気付くケースも少なくない。

 原因としては性ホルモン・加齢以外にもある。運動の習慣がないこと、骨形成に欠かせないカルシウムを不足させる動物性たんぱく過多の食事、ビタミンDの不足した食事、カフェインの摂り過ぎ、過剰なアルコール摂取などが、食事面における危険因子となる。他には喫煙も危険因子だ。

 対策としては、運動と食物の内容が重要である。砂糖や動物性食品はカルシウムを奪う「骨泥棒」とされ、骨粗鬆症の予防のためアルカリ性食品を摂取する。酸性体質は骨を溶かしもろくする。野菜と果物を多く食べた子供は尿中のカルシウムの排出量が少なかった。野菜と果物の摂取量が多いほど骨密度が高いという研究結果が老若男女それぞれにある。

 ミカンに含まれる、βクリプトキサンチン(β-cryptoxanthin)は、天然に存在するカロテノイド色素の一つである。ホオズキやオレンジの皮、パパイヤ、卵黄、バター、リンゴ、ウシの血清など多様なところから単離される。他のカロテノイドと同様に、抗酸化物質としてフリーラジカルによる酸化的損傷から細胞およびDNAを保護していると考えられている。


β-cryptoxanthin

続きを読む

植物が“金”を生物濃縮する?金鉱床の指標植物ヘビノネゴザ、ヤブムラサキ

 黄金の国ジパングの復活
 2012年12月12日、今年の世相を表す「今年の漢字」に「金」が選ばれた。ロンドンオリッピックの金メダル、山中教授のノーベル賞。金環日食、金星の日面通過など賑やかだった2012年の天文現象を思い出す。

 一方、2012年10月9日、住友金属鉱山は、金を産出する菱刈鉱山(鹿児島県伊佐市)で新たな金鉱床を発見したと発表した。埋蔵量は約30トン、時価1300億円相当とみられ、2018年から採掘を始める。

 新鉱床は、これまで採掘していた場所より深い場所で発見された。採掘作業には総額約32億円を投資。今年11月から新しい坑道を整備し、採掘の障害となっている温泉水をくみ上げるポンプも設置する。

 菱刈鉱山は1985年から採掘を開始。これまでに計約200トンの金を産出し、国内の金産出量の9割以上を占める。新鉱床以外にも約150トンの埋蔵を見込んでいる。菱刈鉱山は、現在日本の金の産出量日本一の鉱山。資源の乏しい日本。ここで新しい鉱床が見つかったことはよいことだ。

 不景気の続く日本。日本の将来が不透明だが、かつては「黄金の国ジパング」と呼ばれた国。資源はなくとも、あらゆる分野で、金メダルのような活躍をして、すばらしい国にしていこうではないか。

 ところで、金の鉱床はどうやってでき、どうやって発見するのだろう?


Hebinonegoza_Yabumurasaki

続きを読む

ヒョウタンゴケが“金”や“レアメタル”を生物濃縮?“鉛”除去で排水浄化!

 重金属を生物濃縮する植物
 動物の食物連鎖による生物濃縮では、重金属が体内に濃縮する。その中には、貴金属である“金”を濃縮するシロアリなどの動物がいることが知られている。今回は、植物が金を濃縮する話である。

 ヒョウタンゴケ(Funaria hygrometrica)は、ヒョウタンゴケ目ヒョウタンゴケ科のコケ植物。半日陰の湿った土壌に生え、植木鉢などに群生を作ることもある。アンモニアを含む土壌によく生える。茎の高さは3-10mm。葉は卵形で長さ2-4mm。胞子体は初夏に形成され、2-10cmの柄の先に洋梨型の朔がつく。葉はヒメヒョウタンゴケ属やツリガネゴケ属の各種と類似するが、朔が形成されていれば、他種と間違われることはない。

 ヒョウタンゴケは金や鉛などの重金属を細胞内に取り込む性質があることが発見されており、資源回収に利用出来る可能性があるとして注目されている。日本の理化学研究所では、重イオンを照射するなどして変異株を作り、貴金属やレアメタルを植物体内に吸収する株を作出しており、排水浄化処理などに応用する研究を進めている。(Wikipedia)

 理研植物科学研究センター 生産機能研究グループの井藤賀 操(いとうが みさお) 研究員たちは2007年、ヒョウタンゴケが水質汚染物質の一つで人体に有害な重金属である鉛を蓄積することを発見。その蓄積量は、ヒョウタンゴケを乾燥させた重量の70%にも達した。

 その成果をもとに、2008年からDOWAホールディングス株式会社(以下、DOWA)と、排水浄化装置の共同開発を進めてきた。植物科学の基礎科学研究から生まれつつある、グリーンイノベーションを紹介する。


続きを読む

シロアリが“金”を生物濃縮?バクテリアが“銅”を精製するバイオリーチングとは?

 生物濃縮される重金属
 生物濃縮は、ある種の化学物質が生態系での食物連鎖を経て生物体内に濃縮されてゆく現象をいう。

 生物濃縮では農薬や重金属が、体内で蓄積されることで過去に問題が起きた。特に公害で問題になった重金属としては、水銀やカドミウムがあげられる。水銀は化学工場(例えばアセトアルデヒド製造工程)や金の採掘・精錬にともなって排出されることが多く、我が国では水俣病の原因となった。また、イタイイタイ病を引き起こしたカドミウムについては、主に鉱山・精錬所、ニッケル・カドミウム電池製造工場、ゴミ焼却場、廃棄物埋め立て地などから、環境中に排出された。

 重金属は地球上に広く分布している元素だ。重金属という分類は比重のみによる分類のため、非常に様々な金属が含まれる。生物に必須の金属や逆に毒性の強い金属、レアメタルなど産業上重要な価値を持つ金属、その内容は非常に多様である。鉄、鉛、金、白金、銀、銅、クロム、カドミウム、水銀、亜鉛、ヒ素、マンガン、コバルト、ニッケル、モリブデン、タングステン、錫、ビスマス、ウラン、プルトニウムなどが挙げられる。

 過去に問題になったのは、毒としての重金属であったが、もし金や銀などの貴金属やレアメタルを濃縮する生物がいたらどうだろうか?それは人類にとって、大変貴重なものになるに違いない。

 実は、社会性昆虫のコロニーが環境から選択的に金などの金属を蓄積することは、以前から知られていた。例えば貴金属を採掘できそうな場所を探すのに、アリやシロアリの巣を分析する方法が役立つと提案している研究者がいる。


 

続きを読む

空気抵抗を減らすには?タイヤ側面へのフィン設置で、空気抵抗が減少した!

 高速は空気抵抗が大きくなる
 乗り物は楽しい。新幹線やリニアモーターカー、ジェット機、ロケットなど速度が大きい乗り物は、子ども達だけでなく大人も魅了する。しかし、地球上において、速度が増すと問題になるのが空気抵抗である。

 空気抵抗は速度の2乗に比例する。速度が増えれば増えるほど問題は大きくなる。空気抵抗が大きいと、その分エネルギーをロスしてしまうし、速度も低下する。どうしたらよいだろうか?

 一つは形である。空気抵抗を減らす形というものがある。流線型という形は、魚の形を真似てつくられたそうだが、車、新幹線、ジェット機など、高速の乗り物のデザインに取り入られている。見た目にもかっこいい。

 もう一つは、まわりの空気の流れを制御しスムーズにすることである。こちらの方は空気の流れなので、見た目だけでは分からない。例えば、トンボは高速で飛行するが、トンボの羽の表面は意外にも凸凹している。最近、この凸凹が、空気の小さな渦をたくさん作り、外側の空気をスムーズに流していることが分かった。

 これは、古代エジプト人がピラミッドの建設に使う巨大な石の下に、コロと言われる丸い棒をかませて運んだことに似ている。丸い棒がくるくる回ることで、スムーズに巨石が移動できた。このコロが小さな渦にあたる。小さな渦がまわりの大きな空気の流れをスムーズにする理屈だ。


FinTire

続きを読む

12光年先、くじら座タウ星のハビタブルゾーンに「第2の地球」を発見?

 ハビタブルゾーンとは何か?
 第2の地球が発見された。第2の地球はこれまでいくつも発見されているが、今回は、これまでで最も地球に近く、12光年先の距離にある。しかも、ハビタブルゾーンだった。

 ハビタブルゾーンとは、恒星の周囲で惑星の表面温度が高すぎず低すぎず、水が液体で存在でき、したがって地球上のような生命を維持するのに適した領域をいう。ハビタブルゾーンを周回することが分かった惑星はかなりあるが、大半は木星や海王星くらいのサイズで、生命がいる可能性は低い。

 NASAは2011年12月5日、600光年先にある太陽に似た恒星を周回する地球とよく似た惑星が確認されたと発表。生命の存在に最適な位置だった。NASAの宇宙望遠鏡ケプラーが発見した惑星は、ケプラー22bと名付けられた。ケプラー22bは直径が地球の約2.4倍。恒星のハビタブルゾーンの中心域で、海王星より小さい惑星が見つかったのは、初めてのことだった。

 さらに、2011年12月20日、NASAが発表した2つの惑星、ケプラー20eとケプラー20fは、“地球サイズ”と呼べる初めてのものだった。だが、恒星に近すぎて残念ながら生物は棲めそうになかった。この発見で、ケプラーが地球サイズの小さな惑星でも発見できることが証明された。

 今回、「くじら座」のタウ星に発見された惑星は、地球から12光年先のハビタブルゾーンにあり、大きさは地球の5倍、生命が存在する可能性がある惑星としては、これまで発見された中で最も地球に近い。

Tau_cet

続きを読む

世界最強!4万倍強化した“X線自由電子レーザー”が、化学反応の瞬間を捉える?

 超高強度のX線レーザーを開発
 X線レーザーは、X線のレーザーである。X線は波長が短く、1pm(ピコメートル)~10nm(ナノメートル)程度しかない電磁波である。波長がおよそ10pm(ピコメートル)よりも短い電磁波であるγ線(ガンマ線)はX線の一部である。 

 レーザーというと、DVDなどで使われるレーザーが身近にあるが、これらは、可視光や紫外光の波長領域、つまり波長が数100ナノメートルの光を出すレーザーである。これに対し、X線レーザーの波長は、0.1ナノメートル以下である。この波長は原子の大きさ程度に相当するため、原子や電子の分布といった、今まで見ることができなかった非常に小さな世界を映し出すことができる。

 今回、 高輝度光科学研究センター、大阪大学、東京大学、理化学研究所、科学技術振興機構の5者は12月17日、X線自由電子レーザー(XFEL)施設「SACLA」において、原子レベルの表面精度を持つ集光鏡により、世界で最も強いX線レーザーのマイクロビームの実現に成功したと発表した。

 XFELは極めて強い光のため、通常の虫眼鏡のような屈折レンズにその光を入射した場合、屈折レンズがほんの少しの光を吸収しただけでも、温度上昇によりレンズが破壊され、集光ビームを安定して利用できない。

 そこで研究グループは、XFELを集光するために反射鏡を利用して、光を1点に集める方法を採用することにした。鏡の表面にすれすれの入射角(約0.1°)でXFELを照明し反射させることで、鏡材料へのXFELの吸収を桁違いに低減可能とし、さらに、反射現象を利用することで100%に近い反射率が得られるというわけだ。


XFEL

続きを読む

世界最高の変換効率37.7%!これは便利!ビーズ型太陽電池と半透明太陽電池

 太陽電池の変換効率37.7%
 太陽電池の光エネルギーを電気エネルギーに変える変換効率は現在、20%。しかし先端技術では、変換効率が40%以上で、発電コストが1キロワット時当たり7円という汎用電力料金並みの太陽電池を2050年までに実用化することを目指し、開発を進めている。

 今回、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とシャープは、37.7%という世界最高の変換効率を持つ太陽電池の開発に成功した。

 この太陽電池は、インジウムやガリウムなど2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を3層重ねた構造をしており、化合物3接合太陽電池とよばれる。それぞれの層が異なる波長の光を吸収することで変換効率を高めることができる。

 昨年11月には、同様のしくみで、36.9%の世界最高値を達成している。今回の成果は、受光面に占める有効受光面積の割合を増やすことで実現できたという。

 一方、変換効率は今までと変わらないものの、ちょっとした工夫で、付加価値を付けて使い勝手のよくなった太陽電池も販売されいる。今日は新タイプの太陽電池の中で、ビーズ玉のように加工してつなげると布のようになる小粒球状の太陽電池と、半透明で発電と採光を両立でき、建築用ガラスとして活用できるシースルー太陽電池を紹介する。


SolarBattery

続きを読む

“宇宙の夜明け”が見えた?およそ133.2億年前の初期銀河をハッブル宇宙望遠鏡で撮影

 “宇宙の始まり”への挑戦
 宇宙の果てはどうなっているのだろう?宇宙の始まりはどうなっていただろう?…これは現在も探求が続けられている、天文学の最大テーマの一つである。

 2012年4月24日、国立天文台などの研究チームは、すばる望遠鏡(米ハワイ島)を使った観測で、これまでで最も遠い127.2億光年先に、銀河が集まる銀河団を見つけたと発表した。約137億年前の宇宙誕生から10億年に満たない時期の「原始銀河団」の発見は、宇宙の構造が形成される過程を解明する手掛かりになった。

 今回、NASAのハッブル宇宙望遠鏡が、137億年前のビッグバンから数億年後の“宇宙の夜明け”に誕生した、7つの銀河の姿を撮影するのに成功した。発見したのは米カリフォルニア工科大や東京大、米航空宇宙局(NASA)などの国際チームで、12月12日に発表した。

 最も古いものはビッグバンから3億8千万年後にできた。7つの銀河の形成時期には2億年以上の幅があり、研究者は「宇宙の温度が冷えて最初の星々が生まれた夜明けの時期を経て、一度にではなく徐々に銀河がつくられたことが確認できた」としている。

 チームには欧州宇宙機関(ESA)も参加。今年8~9月にハッブル望遠鏡の能力を最大限に使って、宇宙の限られた領域を集中的に観測した。撮影できた遠くの7つの銀河について光の波長成分を分析した結果、ビッグバンが起きた3億8千万~6億年後に形成されたと推定した。(共同)


Hubble Ultra Deep Field

続きを読む

すでに「第6の戦争」が始まっている!日本人よ正しい思想で、祖国繁栄のために戦おう!

 ネットは「第5の戦場」、人間の脳は「第6の戦場」
 最近、サイバーテロという言葉が話題になったが、これは、ネットワークを対象に行われるテロリズムである。サイバー攻撃と呼ばれる場合もある。

 日本では、企業や国家機関・省庁に対するサイバー攻撃が有名で、ウェブサイトのアクセス超過による閲覧不可能な状態から、クラッキングによる改竄(かいざん)を受け、何等かのメッセージが残されたケースもある。2010年7月には米国の調査機関メディア・リサーチは、中国人民解放軍の海南島基地の陸水信号部隊が、米国や日本の省庁などへ不正にアクセスしていることを発表している。

 こうした、サイバー空間における国家間の攻撃を「第5の戦場」と呼ぶ場合がある。これは、陸・海・空・宇宙に次ぐ5番目の戦場という意味である。今回、これに次ぐ6番目の戦場として、人の「脳」が指摘されるている。それによると、他人に脳を乗っ取られ遠隔操作される…。そんなことも可能になるという。


Brain

続きを読む

卵白摂取が筋肉の代謝を高め、内臓脂肪を減少させる?卵白ペプチドの効果

 卵白が内臓脂肪を減少させる
 マヨネーズでお馴染みの“キユーピー”は12月13日、卵白の摂取が筋肉での代謝を高め、内臓脂肪を減らす可能性があるという試験結果を発表した。ちなみにマヨネーズで使うのは卵黄の方だ。

 同成果は同社および東京慈恵会医科大学、食品総合研究所らの共同研究によるもので、詳細は12月15~16日に開催される「第10回 日本機能性食品医用学会」で発表される予定。

 キユーピーでは鶏卵の栄養機能や調理特性についての研究を進めており、これまでの卵白に関する研究として、卵白が血中コレステロールの低下や内臓脂肪を低減させることや、卵白ペプチドが生体内の抗酸化力を高めることなどを確認してきた。今回の研究では、卵白の摂取により内臓脂肪が減るメカニズムの検討を目的として、2種類の試験を実施した。

 1つ目は卵白を20%配合した飼料を28日間ラットに摂取させた「卵白群」と、対照としてカゼインを20%配合した飼料を摂取させた「カゼイン群」の、各群10匹による試験で、摂取開始後28日目に、内臓脂肪重量(腎周囲、精巣周囲、腸間膜)の測定を行った。その結果、卵白群では、カゼイン群と比較して内臓脂肪重量が有意に減少していることが確認されたという。

 2つ目は、1つ目の試験と同じ飼料を各群8匹に14日間摂取させ、摂取開始後14日目に骨格筋重量(腓腹筋、ヒラメ筋)の測定を行ったほか、骨格筋の脂肪燃焼酵素活性の測定を行った。この結果2、卵白群では、カゼイン群と比較して骨格筋重量が有意に増加していることが確認されたほか、脂肪燃焼酵素活性は有意に高値を示すことが確認された。


Albumen

続きを読む

乳酸菌飲料のペプチドで、記憶・集中力が改善?おいしい!ヨーグルトの作り方

 乳酸菌飲料で記憶・集中力が改善!?
 乳酸菌は腸内環境をよくし、乳酸菌生産物質によって、糖尿病、心不全、緑内障、ガンなど殆どの病気を軽減させたり、療す可能性が注目されている。

 カルピス株式会社(本社:東京都渋谷区)の発酵応用研究所は、自社保有の乳酸菌「ラクトバチルス・ヘルベティカス(Lactobacillus helveticus)」で発酵させて作った乳酸菌飲料(殺菌済み)の飲用で、ヒトの記憶力や集中力などが改善されることを、中部大学応用生物学部の横越英彦教授との共同研究で確認したと発表した。

 この効果は2012年10月に、マウスの実験でこれらの効果を確かめていたことを発表していたが、今回はヒトでの効果を確かめた。研究結果は12月2-6日に米国・ハワイ州で開かれた国際機能性食品学会(ISNFF 2012)で発表した。

 同研究所は、もの忘れを自覚する45歳から70歳までの男女20人(平均年齢50.9歳)に、ラクトバチルス・ヘルベティカスで作った乳酸菌飲料200ミリリットルを1日1回朝食前に飲んでもらい、8週間後に「アーバンス神経心理テスト」を用いて、「即時記憶」「空間認知」「言語」「集中力」「短期記憶」について評価した。

 その結果、飲用前と比べて総合点と言語、集中力、短期記憶で改善効果がみられた。とくに言語では「意味流ちょう性」(野菜や動物の名前をできるだけ挙げさせる)の項目、集中力では「数唱」(読み上げた数字〈1・5・3・4・8など〉を覚えて答えさせる)と「符号」(図形の下の空欄に90秒間内で、対応する数字を記載させる)の各項目、短期記憶では「図形再生」(約20分前に模写してもらった図形を思い出して描かせる)の項目が有意に改善されることが分かったという。(サイエンスポータル 2012/12/14)


CALPIS_Effect

続きを読む

ニュージーランド、トンガリロ山が噴火!世界の火山、最近の噴火と過去の大噴火

 ニュージーランド、トンガリロ山が噴火
 日本では、2011.3.11、東日本大震災の影響で、富士山に噴火の可能性があると話題になっている。世界ではどうなっているのだろうか?

 2011年11月21日、ニュージーランド北島のトンガリロ国立公園で、標高1978メートルのトンガリロ山が大噴火した。今年8月にも1897年以来の大規模噴火を起こしたばかり。今回は5分間続き、噴煙は上空4キロに達した。激しい火山活動はひとまず終息したと見られているが、同規模の噴火が数週間以内に発生する可能性も指摘されている。

 ニュージーランドの空の便は、北島上空を飛ぶ国内線の一部が運休となった。2010年にアイスランドで発生したエイヤフィヤットラヨークトル火山の噴火など、非常に大規模なケースでは、地球規模で航空便が麻痺する危険性もある。

 アメリカにあるコロラド州立大学大気科学共同研究所(CSU/CIRA)のスティーブン・ミラー氏は8月、次のように解説している。「多くの火山灰にはガラスの微粒子が含まれている。一方、飛行中のジェットエンジンは、ガラスを溶かすほどの高温で稼働している」。

 「浮遊している火山灰がエンジン内部のタービンブレードなどの表面に溶けて付着すると、ダメージを受けて最悪の場合停止してしまう。また、操縦室前方の風防の表面が削られて曇り、パイロットの視界を遮ることになる。砂嵐で自動車のフロントガラスがすりガラス状になるのと同じ現象だ」。(Christine Dell'Amore for National Geographic News November 22, 2012)


WorldVolcano

続きを読む

ノロウイルスGII/4変異型、全国で検出・拡大・流行中!対策は手洗いと消毒!

 猛威をふるうノロウイルス
 ノロウイルスを原因とする感染性胃腸炎が猛威をふるっている。原因とみられるのが新たに検出された「変異型」のノロウイルス。感染力が強いとされるこの「変異型」が、東京、大阪など、16の都道府県に広がっていることが確認された。

 全国的に猛威をふるいはじめているノロウイルス。感染すると下痢やおう吐、発熱などの症状が現れる。通常は3日以内に回復するが、体力の弱い幼児や高齢者は死亡する場合があるため、注意が必要だ。

 「1日大体20~30人、日によってはもっとたくさんの患者が来る。例年のおそらく1.5倍から2倍ぐらいの患者がいると思う」(杉並堀ノ内クリニック 粂川好男小児科院長)

 東京都によると、263か所の医療機関で、主にノロウイルスが原因で、感染性胃腸炎になった患者数を調査した結果、先月26日から今月2日までの1週間で6210人にのぼっている。これは去年のおよそ2倍、3年前のなんと8倍の患者数。

 福岡市でも10月ごろから急激に患者が増え始めたという。「少し例年より早いような気がします」(下村小児科医院 下村国寿院長)この小児科医院では、待合室が、おう吐や下痢を訴える子供たちでいっぱいになる日もある。


Norovirus

続きを読む
科学用語でクリック!
ギャラリー
  • 恐竜の進化史書き換えか 「革命的」新系統樹、英チームが発表!T・レックスとステゴサウルスが同じ仲間に?
  • 将来の火星移住、宇宙空間で人体に何が起こるのか?骨密度・筋力低下、授精しにくいことも判明
  • 北朝鮮4発のミサイル同時発射、日本は情報収集衛星の打上げ成功!米国と協調し自分の国は自分で守れ!
  • SiとNだけでできた世界で3番目に硬い透明セラミックスを発明!ダイヤモンドより硬い物質とは?
  • 栃木の「男体山」新たに活火山に認定へ!活火山とは何か?定義見直しのきっかけとなった「御嶽山」噴火
  • 土星に64個も多数の衛星、中にはUFOみたいな変わった衛星も...NASA探査機が撮影
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
livedoor プロフィール

 サイエンスジャーナルに
 関する、取材の申し込みや
 お問い合わせは、記事の
 コメント欄にご記入お願い
 致します



logo

bnr-yt-fact-min

The Liberty Web
未曾有の危機到来!
自分の国は自分で守ろう!

最新コメント
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る
黄金の法―エル・カンターレの歴史観
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る

楽天SocialNewsに投稿!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←Click
人気ブログランキングへ     please

月別アーカイブ
まぐまぐ

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

最新科学情報やためになる
科学情報 をメルマガで!
540円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


ダイジェスト版
Yes,We Love Science!
もご利用下さい。

ツイッター相互フォロー
科学・環境・Twitter情報局
をご利用下さい。

 現在、記事の一部しか表示
されません。記事のすべてをお読み頂くためには、
メルマガ登録後に配送される
パスワードが必要です。
 御登録お願い致します。
なおパスワードは一定期間
ごとに変更されます。

Let’s tweet Science!
















































































































































理科学検定に挑戦しよう!











































































































  • ライブドアブログ