サイエンスジャーナル

自然科学大好き!サイエンスジャーナル!気になる科学情報をくわしく調べ、やさしく解説します!

2016年08月

深海は宝の山?南鳥島近くで大規模な海底資源「マンガンノジュール」を発見!

深海底熱水鉱床は宝の山

 世界の深海底には、マンガンノジュール、コバルトリッチクラスト、レアアース泥、海底熱水鉱床と呼ばれる海底鉱物資源が存在し、有用なベースメタル・レアメタルの供給源として注目されている。

 これらのうち、マンガンノジュール、コバルトリッチクラスト、レアアース泥は酸化物を主体としており、現在の酸素に満ちた(酸化的な)環境下で安定に存在する資源である。JAMSTECなどの本研究グループでは、これらの酸化物資源を対象とした科学的な研究を進めている。

 平成22年度(2010年)から平成28年(2016年)4月にかけての複数の航海により、南鳥島周辺の排他的経済水域(以下「南鳥島EEZ」)の海底を調査してきた。2013年には海底下で、最大約6,600ppm(ppmは100万分の1)の超高濃度のレアアース(希土類)を含む堆積物(レアアース泥)を発見している。


続きを読む

定説を覆す発見!クラゲが「うんち」 をすることを発見!腔腸動物はもはや死語?

 肛門のない生物

 クラゲといえば、浮遊生活をする「腔腸動物」である。体はゼラチン質で柔らかく、透明。体全体は、多くのものでは傘のような形をしている。多くの場合、傘の下面の中心部に口がある。ヒドロクラゲでは傘から柄が伸びてその先に口があるものや、口の周囲に触手が発達するものもある。鉢クラゲの旗口クラゲ類、根口クラゲ類では、口の縁が長く伸びて口腕となる。根口クラゲでは口腕が複雑化して口は口腕の先端部に小さな吸口として開口するだけで、中央の口は閉じてしまうものもある。肛門はない。腔腸とは肛門がない動物を意味する。

 クラゲの多くは傘の縁に触手がある。基本的に雌雄異体である。多くのクラゲでは、卵から幼生(プラヌラ)が生まれると、幼生は基質上に定着してポリプというイソギンチャクのようなものになる。新しいクラゲは冬季になるとポリプが御椀を重ねたような「ストロビラ」になり出芽、エフィラ幼生となって泳ぎ出す。また変態、ストロビレーションなどによっても生じる。ポリプは無性生殖によって増殖するので、これを無性世代、クラゲを有性世代と見なし、世代交代をおこなうものという場合がある。カラカサクラゲやオキクラゲはプラヌラからポリプにならずそのままエフィラとなる。


続きを読む

太陽系外縁天体(TNO)に未知の第9惑星を探して...惑星と逆方向に公転する直径200kmもの氷の塊発見!

第9惑星の探索

 学術誌「アストロノミカル・ジャーナル」の2016年1月20号によると、太陽系外縁部の極寒の暗がりに、地球より大きい未知の惑星が潜んでいる可能性があるという。カイパーベルト(海王星軌道の外側にある天体密集領域)にあるいくつかの天体の奇妙な軌道を調べると、未知の大きな惑星の重力が作用している形跡がある。

  つまり、これらの奇妙な軌道が、未知の大きな第9惑星が太陽系外縁部に潜んでいる証拠である。研究チームの計算によると、第9惑星が存在するなら質量は地球の約10倍、半径は3倍程度。「スーパー・アース」か海王星より小さい「ミニ・ネプチューン」というタイプの惑星になる。銀河系にはこのタイプの惑星がたくさんあるが、なぜか太陽系の近くでは非常に少ない。

 シミュレーションによれば、第9惑星はおそろしく遠いところにある。太陽に最も近づくときでも地球・太陽間のざっと200~300倍の距離があり、最も遠ざかるときには600~1200倍もの彼方にあり、太陽のまわりを1周するのに2万年はかかる。


 

続きを読む

週刊 サイエンスジャーナル 2016.7.24号 大西さんISSへ/火星衛星は隕石衝突?/オゾン層回復/CO2からダイヤモンド/探査機「ジュノー」木星到達/琥珀の中に鳥の羽

週刊 サイエンスジャーナル 2016.7.17号 常識が変わる医療大麻/新素材カーボンナノブラシ/自動運転技術/和牛を代理出産/泳ぐオオムカデ/絶滅危惧種センザンコウ

2016年8月24日3時36分「イタリア中部地震(M6.2)」発生!なぜアマトリーチェで被害は大きくなったのか?

イタリア中部地震 発生!

 イタリア中部で8月24日未明に起きた地震の被災地では、救助にあたる消防隊員たちによる懸命な捜索が続いているが、倒壊した建物のなかに取り残されている人たちの生存率が大きく下がるとされる発生から72時間が過ぎ、消防隊員たちは厳しい現実に直面している。

 この地震はイタリア中部で起きた地震で、2016年8月24日3時36分(日本時間10時36分)にイタリア中部のペルージャ県ノルチャ付近を震源として発生したマグニチュード6.2の地震である。

 8月27日の時点で、278人が死亡し、特に被害が大きかったアマトリーチェでは、倒壊した建物の中に取り残されている人がいるとして消防隊員らによる懸命な捜索が続けられている。


続きを読む

生きている化石「カブトガニ」、北九州曽根干潟で400匹超死ぬ!日本で絶滅危惧種、米国では無数に存在

 生きている化石「カブトガニ」

 カブトガニというと生きている化石と呼ばれ、4億4500万年前の地層から近縁種が見つかっている。三畳紀(2億3000万年前)からはほぼ同じ形態の化石が出土する。

 約2億年前、カブトガニは現在と変らない姿で、恐竜たちと共に生きていた。様々な環境の変化に伴い、恐竜は絶滅の道をたどり、カブトガニはしぶとく生き残った。なぜカブトガニだけ生き残ることができたのか?それは、恐竜に比べ体が小さく、少量の食料で生きていられること、冬眠する生物であったことが原因であると言われている。更に体脂肪を蓄えることができ、1~2年間も絶食状態で生き抜けるという。

 そんなしぶといカブトガニが日本では絶滅の危機に瀕している。日本国内の生息分布は過去は瀬戸内海と九州北部の沿岸部に広く生息したが、現在では生息地の環境破壊が進み生息数・生息地域ともに激減した。日本では佐賀県伊万里市、岡山県笠岡市の繁殖地が国の天然記念物に、愛媛県西条市の繁殖地が県の天然記念物に指定している。 


続きを読む

太陽系に最も近い恒星ケンタウルス座のα星「プロキシマ」に第二の地球を発見か?

地球そっくりの系外惑星は存在するか?

 最近は第二の地球が発見されたというニュースが流れても珍しくはなくなった。ハビタブルゾーン、つまり恒星から適度な距離があり、岩石型の惑星ならば、生物の存在の可能性があるのでそう呼ばれているようだ。

 だが、地球のように青く美しい惑星は残念ながら発見されていない。

 系外惑星の探索に活躍してるのがNASAの系外惑星探査衛星「ケプラー」だが、最近発見された1284個が系外惑星のうち、ハビタブルゾーンに位置するものはわずかに9個。系外惑星の存在は珍しいものではなくなったが、生命が存在できる惑星になるとまだまだ少ない。

 今回、太陽系に最も近い恒星の周りで、地球に似た惑星が見つかった。岩石でできており、水が存在する可能性もあるという。だが、恒星に近いため、地球とは似ても似つかない存在らしい。英ロンドン大などの研究者らが8月25日付の英科学誌ネイチャーに発表された。


続きを読む

世界初!超正確な原子時計「光格子時計」で標高差の精密測量に成功!相対性理論応用

正確な1秒を求めて

 古代から人類は正確に時(とき)を計ろうとたゆまぬ努力を続けてきた。紀元前3500年頃のエジプトでは石で作った背の高いモニュメント(オベリスク)を建て、その陰の動きで時を知ろうとした。16世紀にガリレオ・ガリレイは振り子が一定の周期で振れることを発見した。この原理を応用した振り子時計によって、人類は自然に頼らずに時を刻む技術を手に入れた。

 かつての1秒の長さの定義は、地球の自転や公転などに基づいた天文学的な定義によるものだった。すなわち1年で地球は太陽のまわりを公転し、地球は1日に1回自転する。これをもとにして、1日を24等分して1時間とし、60等分して60分・60秒を決めたのである。

 だが、実際の地球の動きは理想どうりになっていなかった。1年は365日ピッタリではなく約365.2422日である。このずれを調節するために4年に1回366日の年、閏年(うるうどし)を設けた。また、地球の自転周期は23時間56分4.06秒であるが、地球は自転しながら公転もしているので、1日に換算すると約24時間になっている。


続きを読む

Rioオリンピック終わる!やっぱり母は強かった?女子マラソンはママランナーが金獲得

日本、過去最多のメダル41個

 南米初開催のリオデジャネイロ五輪は、17日間の熱戦に終止符を打ち、21日(日本時間22日朝)に閉会式を迎えた。日本は史上最多の41個のメダルを獲得した。4年後の東京五輪に向けた選手強化にどう生かし、メダルの効果を社会にどう還元していけるだろうか。

 柔道では日本男子が全階級でメダルを取り、「お家芸」復活を印象づけた。男女計12個も過去最多で、日本の総メダル数を押し上げた。また、レスリングもロシアの9つに次いで7つの素晴らしい成果をあげた。競泳でも7つ。陸上の男子400mリレーの銀メダルには感動した。歴史的な快挙だった。体操も念願の団体金、内村航平選手の逆転の金メダルも凄かった。

 バドミントンも凄かった。女子ダブルスの高橋礼華(あやか、26)、松友美佐紀(24)組が日本に初の金メダルをもたらしたバドミントンは、国内の指導者に固執せず、長期的視野で海外の指導者を招いた。監督の朴柱奉(パクジュボン)氏(51)は元韓国代表で1992年バルセロナ五輪の金メダリストである。


続きを読む

「トリプル台風9・10・11号」発生!台風が3つも発生したその原因は?知っておきたい「避難情報」

 関東を直撃した「台風9号」

 強い台風9号は22日午前、伊豆諸島付近を北進し、同日午後0時半頃、千葉県館山市付近に上陸した。神奈川県湘南地域では境川、目久尻川が増水し、珍しく避難勧告が出された。幸い近くに川や山もないので洪水や土砂崩れの恐れはなかったが、このようなときはどうしたらよいのだろうか?

 22日に関東に上陸した台風9号の影響で、県内では相模原市で1人が死亡したほか、横浜市や川崎市などで少なくとも8人がけがをし、約61万人に避難勧告が出た。交通機関も大きく乱れた。横浜地方気象台によると、23日も大気が不安定な状態が続き、昼前から夜にかけて雷を伴う雨が降ると予想されている。地盤が緩んでいる場所もあり、同気象台は引き続き警戒を呼びかけている。

 横浜市港北区や都筑区などを流れる鶴見川は、水位が普段より最大で約6メートル上昇した。県のまとめでは、22日午後8時現在、横浜市の一部や厚木市全域など県内14市町村の約26万世帯(約61万人)に避難勧告が出た。横浜市と葉山町で建物の一部破損が計5件あった。


続きを読む

週刊 サイエンスジャーナル 2016.7.10号 がんを増殖させるタンパク質/小惑星イトカワの歴史/老化抑制物質NMN/やんばる国立公園誕生/ボグバターとは?/夢の電機飛行機

週刊 サイエンスジャーナル 2016.7.3号 存在する第2の月/気候変動についての楽観論/重力波天文学の幕開け/2つの太陽を持つ惑星/クラゲに閉じ込められて泳ぐ魚/心臓なしで555日

週刊 サイエンスジャーナル 2016.6.26号 今年は異常気象?/銀河系の質量を測定/養殖フグに毒はない/緑茶がダウン症に効果/113番目の元素「ニホニウム」/冥王星は生きていた

週刊 サイエンスジャーナル 2016.6.19号 自然界に第5の力?/銀色の新種ヘビ/太陽系第9惑星/火星が接近中!/電磁波実は危険?/南海トラフの現状

栄養豊富なゴキブリのミルクを発見!漢方薬で大量養殖、良質の動物性たんぱく質はいかが?

食用になるゴキブリ?

 ゴキブリといえば嫌われもの。隠れ家になりやすい汲み取り式の便所や台所を経て人間に対してサルモネラ菌などの病原体を伝播させたりする。ただし、ネズミや蚊などと異なり、ゴキブリが特定の病気を媒介することはない。まれにゴキブリに対してアレルギー反応を示し、喘息の発作を起こす人がいる。

 また、機械類に侵入して内部の配線等を切断・破壊したりといった行動も注目される。活動する人を襲って傷つける事はないが、就寝中などに噛まれる事例もある。

 熱帯を中心に、全世界に約 4,000 種、うち日本には南日本を中心に 50 種余り(朝比奈 1991 によると 52 種 7 亜種)が知られる。世界に生息するゴキブリの総数は 1兆 4853億 匹ともいわれており、日本には 236億 匹(世界の 1.58%)が生息するものと推定されている。


続きを読む

夢の超特急「ハイパーループ」 年内に試験走行へ!時速1100キロ超の交通システム

 夢の超特急ハイパーループ年内試験走行へ

 夢の超特急ハイパーループが年内に試験走行する。しくみは日本の超伝導リニアと同じだ。違うのは超伝導リニアが空気中を走るのに対し、ハイパーループは真空中を走るということ。そのため、空気を抜いたチューブの中を走行する。

 超伝導リニアは浮上しているのだから、接地摩擦抵抗がない。日本の誇る技術であり到底、時速600km/hを安全に走行できる乗り物は、不可能かと思えわれた。ところが、このスピードを遙かに乗り越える乗り物ができる。何と、最高時速1287km(800マイル)で、ロサンゼルスとサンフランシスコ間640kmを30分で結ぶという。いったいどんな乗り物なのだろうか?

 2016年早々に米カリフォルニアでの着工が決定。2018年には乗客も運ぶ予定だという。そんな構想を立てているのが、億万長者の起業家イーロン・マスク氏だ。高架のチューブ内で空気の力を使って人が乗る「ポッド」を浮上させ、ソーラーパワーにより音速で走らせる「ハイパーループ」というシステムを目指している。


続きを読む

北極海で400歳のサメ発見!長寿世界一は日本、動物たちの長寿世界一は?

日本は、世界一の長寿国

 長寿世界一の国はといえば、日本が話題になるが、今年の長寿世界一はどこだろう?

 世界保健機関(WHO)が5月19日発表した2016年版の「世界保健統計」によると、2015年の日本人の平均寿命は83.7歳で、世界で首位だった。日本は統計を遡ることができる20年以上前から長寿世界一の座を守り続けている。素晴らしいことである。

 日本の男女別では、女性が世界首位の86.8歳、男性が6位の80.5歳。男性の首位はスイスで、81.3歳だった。男女合わせた世界全体の平均寿命は71.4歳で、2000年に比べ5歳延びた。女性は73.8歳、男性は69.1歳だった。


続きを読む

第62回ノーベル生理学・医学賞 ワトソンとクリック「核酸の分子構造および生体における情報伝達に対するその意義の発見」

ノーベル賞受賞者の栄光と転落

 おそらく誰もが聞いたことはあるであろう「DNA」。細胞の核の中にあるひも状のものが生物の設計図であるとは驚くべきことだ。このDNAの二重らせん構造を発見したのが、ワトソンとクリックであり、二人は1962年のノーベル医学・生理学賞を受賞した。これは「20世紀最大の発見」といわれる。

 ところが、2014年12月、86歳になるワトソンが自分のノーベル賞メダルを米ニューヨークのクリスティーズでオークションにかけた。存命中の受賞者のノーベル賞メダルが競売にかけられるのは異例のことだ。何があったのだろうか?

 ワトソンは2007年10月、新著宣伝のため英国を訪問。英日曜紙サンデー・タイムズのインタビューに対し「アフリカの人々の知能は私たちと同じという前提で社会政策がつくられているが、すべての知能テストがそうではないことを示している」と発言。 「今後10年内に遺伝子が人間の知能に差をもたらしていることが発見されるだろう」と人種によって知能指数が決定されるという人種差別に当たる持論を堂々と展開した。


続きを読む

第62回ノーベル化学賞「球状タンパク質の構造研究」 ぺルーツとケンドルー世界初!タンパク質の立体構造解明

タンパク質の構造解析

 私たちの体は数十兆個もの細胞からなっており、一つひとつの細胞の活動が私たちの「生命」の基本となっている。細胞はさまざまな成分からできているが、なかでもタンパク質は、細胞の構造をつくり、生命活動を推し進め、調節するという大切な役割を果たしている。

 細胞の中ではたらくタンパク質は何万種類もあり、それぞれが独自のかたち(立体構造)とはたらき(機能)をもっている。細胞の活動の鍵となるタンパク質の構造と機能を解明することは、生命のしくみを理解する上でとても重要である。また、多くの病気は細胞の活動の不調に由来するので、病気の治療法を開発するのにも大切だ。さらに、動植物や微生物を上手に利用して食料や有用物質を生産するのにも、タンパク質の研究は貢献する。

 これまでの研究により、タンパク質の構造を解析するための基本的な手法はほぼ確立されている。生命にとって重要なタンパク質の構造が次々に明らかになり、これに伴って機能の解明も大きく進んだ。だが、タンパク質の中にはまだ構造の分かっていないものも多く存在する。


続きを読む
科学用語でクリック!
ギャラリー
  • プラスチック食べる虫を発見!プラごみ問題も解決?現状ではプラスチックの再利用が最優先
  • 世界初の快挙!夢の分子“カーボンナノベルト”(カーボンナノチューブの基本構造)の合成に成功
  • 太陽系からわずか40光年先に地球似の惑星を発見!望遠鏡で大気の有無や地球外生命の痕跡も分析
  • 世界最長の2枚貝、奇妙な「エントツガイ」の驚くべき生態を初めて解明!口がないのに生きている?
  • 第64回ノーベル生理学・医学賞 ブロッホ・リネン「コレステロール、脂肪酸の代謝と調節の機構に関する研究」
  • 第64回ノーベル化学賞 X線結晶解析学の開花、ドロシー・ホジキン「X線回折法による生体物質の分子構造の決定」
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

 サイエンスジャーナルに
 関する、取材の申し込みや
 お問い合わせは、記事の
 コメント欄にご記入お願い
 致します



logo

bnr-yt-fact-min

The Liberty Web
未曾有の危機到来!
自分の国は自分で守ろう!

最新コメント
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る
黄金の法―エル・カンターレの歴史観
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る

楽天SocialNewsに投稿!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←Click
人気ブログランキングへ     please

月別アーカイブ
まぐまぐ

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

最新科学情報やためになる
科学情報 をメルマガで!
540円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


ダイジェスト版
Yes,We Love Science!
もご利用下さい。

ツイッター相互フォロー
科学・環境・Twitter情報局
をご利用下さい。

 現在、記事の一部しか表示
されません。記事のすべてをお読み頂くためには、
メルマガ登録後に配送される
パスワードが必要です。
 御登録お願い致します。
なおパスワードは一定期間
ごとに変更されます。



























































































Let’s tweet Science!
















































理科学検定に挑戦しよう!











































































































  • ライブドアブログ