科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!

ラーメンの自家製麺って簡単なの? 初めてでも安心のレンタルサーバー NTT PCのレンタルサーバー


 命をかけた防災無線…南三陸
  「早く逃げてください」--。街全体が津波にのみ込まれ約1万7000人の人口のうち、約1万人の安否が分からなくなっている宮城県南三陸町は、町役場が跡形もなくなるなど壊滅した。多くの町職員や警察官、消防職員が行方不明となったが、その中に津波に襲われるまで防災無線放送で住民に避難を呼びかけた女性職員がいた。

 「娘は最後まで声を振り絞ったと思う」。同町の遠藤美恵子さん(53)は、避難先の県志津川高校で涙を浮かべた。娘の未希(みき)さん(25)は町危機管理課職員。地震後も役場別館の防災対策庁舎(3階建て)に残り、無線放送を続けた。

 難を逃れた町職員(33)によると、地震から約30分後、高さ10メートル以上の津波が町役場を襲った。助かったのは10人。庁舎屋上の無線用鉄塔にしがみついていた。その中に未希さんはいなかった。

Foretaste

 遠藤さんは「(生き残った職員から)『未希さんが流されるのを見た』という話を聞いた。もうダメだと思う」とつぶやいた。

 地震直後、遠藤さんの知人、芳賀タエ子さん(61)は「6メートル強の波があります。早く逃げてください」という未希さんの放送の声を聞きながら、携帯電話だけを持ち、着の身着のままで車で避難所の志津川高校のある高台を目指した。停電で信号が動いておらず、周辺道路は渋滞していた。高台への道路を上がる時、振り向くと渋滞の列からクラクションが鳴り響き、その背後から津波が家屋などをなぎ倒しながら追いかけてくるのが見えた。

 芳賀さんは懸命にアクセルを踏み、数十メートルの高さの高台に逃れた。車を降りて避難所の階段を上がった。遠藤さんもたまたま避難していた。芳賀さんは遠藤さんの手を握って言った。「娘さんの声がずっと聞こえたよ」高台から見下ろす街は濁流にのみ込まれていた。(毎日新聞 2011年3月13日)

 死者・行方不明者2万7368人
 警察庁によると、4月2日午後4時現在、12都道県警が検視などで確認した死者は1万1828人、家族らから届け出があった行方不明者は1万5540人で、計2万7368人になった。全壊は9都県で4万5763戸となった。

 岩手、宮城、福島3県の死者については1万1706人の検視を終え、81%の9494人の身元が確認された。遺族や自治体に引き渡されたのは9598人。

 都県別の死者数は、北海道1人▽青森3人▽岩手3484人▽宮城7192人▽山形1人▽福島1092人▽東京7人▽茨城22人▽栃木4人▽群馬1人▽千葉17人▽神奈川4人。

 17都県2190カ所の避難所で暮らす人は16万5282人。全壊建物は岩手1万2563戸、宮城2万9500戸と調査が進み増加したが、福島は2413戸と依然、把握が難しい状況が続いている。(産経新聞 4月2日)

 宏観異常現象
 未曾有の大災害となった東北大震災、これだけの大災害となると、やはり予知の方法はなかったのだろうか?...と誰もが思う。科学的な方法でなくてもよい。どんな方法であっても、大災害の起きる理由、そして私たちはどうすべきかを知りたい...そう思うのは私だけであろうか? 

 今回の大地震前の3月4日夜、茨城県鹿嶋市の下津海岸に小型のクジラ「カズハゴンドウ」52頭が打ち上げられていたのが発見されていた。ニュージーランドを襲った大地震の2日前の2月20日にも、ニュージーランドのスチュワート島という小さな島にクジラが107頭、打ち上げられていたことがわかっている。軍用超音波が原因かといわれているが、この二つの大地震前のクジラの大量死は単なる偶然とは思えない。

 また、今回の地震でも、地震雲らしいものを観察したという報告もある。また、地震の数日前から耳鳴りがする人も少なからずいたようだ。これらの地震の前触れともいえる現象は、宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)という。生物的、地質的、物理的異常現象とされるものなどを、ひとまとめにして呼称するものであるが、科学的なメカニズムや根拠、妥当性についての検証、証明は行われていない。

 予知と予言と預言
 インターネットの掲示板には、2011/02/20(日)に次のような予言の書き込みがあったと話題になっている。2011年、九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される。2012年、2011年に始まっていた大陸での戦争が休戦。2013年、世界中の海岸が陥没してゆくらしい。2014年、とつぜん、地球に接近して来る小惑星が発見され、大戦争がひき起される。2015年、宇宙ステーションか何か大きなものが宇宙から落ちてくる。2015年からは、世界的に(呼吸器系の?)奇病が大流行するらしい...。

 宗教の世界ではキリスト教であろうと、イスラム教であろうと、天変地異は信仰心をなくした人類への警告であると指摘する。私の好きな幸福の科学の「太陽の法」などの書籍でも、多くの預言が警告の形で書かれている。そういう、考え方があってもよいかと思う。人類は大自然の前ではあまりにも無力な存在だからだ。

 しかし、一方では科学的に立証可能な研究成果も報告されている。

 大震災40分前上空の電子急増「前兆か」
 北大理学研究院の日置(へき)幸介教授(地球惑星物理学)は、東北大震災(M9.0)の40分前、震源地上空の電子の量が局地的に増えていたことを突き止めた。日置教授は震災後、昨年のチリ地震(M8.8)をはじめ、過去の大地震直前にも同様の現象が起きていることを確認。「電子の急増は、巨大地震の前兆の可能性がある」とみている。

 日置教授によると、国土地理院の衛星利用測位システム(GPS)観測網のデータを基に、地上約80~500キロの電気を帯びた空気の層である「電離層」の電子の量を解析した。

 その結果、11日午後2時46分発生の巨大地震から40分余り前の午後2時以降、震源地の三陸沖の上空で、電子の量が通常より2割ほど増えたことが分かった。

 このため、同教授は過去の巨大地震に関してもさかのぼって分析。昨年2月のチリ地震の発生40分前、1994年10月の北海道東方沖地震(M8.2)の発生50分前に、震源地上空の電子が局地的に増える現象をそれぞれ確認した。

 電子が増えた理由について、日置教授は「地震前にわずかな断層のひずみが生じ、そこから放出された電子で地表が広範囲に電気を帯び上空の電子を増やした可能性がある」とみている。

 2003年9月の十勝沖地震(M8.0)では電子の増加はみられなかったことから、「M8を上回る巨大地震の40~50分前に共通して起こる現象ではないか」と推測する。(北海道新聞3月28日朝刊掲載)

 今回、緊急地震速報が役に立った。海の底深くで発生する海溝型地震では、初めのゆれから、主要動が到着するまでには時間がかかる。この時間を利用して、地震速報を発令するのだ。この断層から発生する電気は、大地震発生40分前の予知に利用できる可能性がある。
 

参考HP この大災害を予言していた超能力者がいた! 北の国から猫と二人で思うこと 何か予兆はなかったか? オーパの幸福実現等宣言! 海岸にクジラ懸命の救出劇

地震予知の科学
クリエーター情報なし
東京大学出版会
地震雲を追いかけて―あなたも地震を予知してみよう
クリエーター情報なし
北國新聞社出版局

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please