科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!

腰がらくらくウエストスリマー 海外旅行保険インターネット契約 5分で入れる!AIU海外保険

 福島第2原発と女川原発
 東日本大震災では、福島第1原子力発電所の2号機取水口付近のコンクリート製立て坑「ピット」の亀裂から海に直接流出していた高濃度の放射能汚染水が問題になっている。しかし、汚染水の漏水は水ガラス(止水剤)の注入によって、ついに止まった。採取された海水に含まれる放射性ヨウ素131の濃度も徐徐に減っている。

 今回、福島第1原子力発電所ばかりが注目されているが、東北にある他の原子力発電所は大丈夫なのだろうか?

 東北電力は4月7日、女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)で観測された3月11日の津波の高さが約13メートルに達し、想定の9.1メートルを超えていたと発表した。敷地のほとんどは浸水をまぬがれ、全3基が冷温停止している。地震計の記録を分析した結果、3号機の原子炉建屋地下では最大加速度573ガルを記録、想定の512ガルを上回った。

 一方、日本原子力発電も東海第2原子力発電所(茨城県東海村)で高さ約5.4メートルの津波が観測されたと発表した。想定する高さ5.7メートルは下回っていた。地震の揺れも、耐震設計の想定を下回った。(2011年4月7日19時01分  読売新聞)

Onagawa-hatsuden  

 なぜ女川原発は無事だったか?
 東日本大震災の際、東北電力の女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)も、東京電力福島第1原発と同じクラスの津波に襲われたが、福島第1のような大きな被害はなく、危機的な状況に陥ることはなかった。その違いは何だったのか。

 福島第一原発から北に約120キロ離れた太平洋岸にあり、3つの原子炉が並ぶ女川原発。福島第1原発を襲った津波は高さ14メートルを超えたが、女川町を襲った津波は17メートルクラスだったとする調査結果が出ている。津波で、女川原発の1~3号機のうち、2号機の原子炉建屋の地下3階が浸水したが、原子炉を冷やすために不可欠な電源が失われることはなかった。

 女川原発の安全審査で想定した津波の高さは最大9.1メートル。想定を大きく上回ったのは、福島第1原発と同じだ。それにもかかわらず、被害が小さかった理由について、東北電力は「詳しい経緯は今後の調査を待たなければならないが、余裕を持った造りが大きかったと考えられる」と指摘した。

 海面から高い女川原発
 「余裕」が最も表れているのは、原子炉建屋の海面からの高さだ。同原発の主要施設の標高は14.8メートルあり、10メートル前後だった福島第一より高い。女川原発は2号機の熱交換器室が浸水の影響で使えなくなった1系統を除き、非常用電源が正常に稼働した。施設の位置の高さが津波の被害を防いだ可能性があるという。

 また、女川原発では、福島第一原発とは違い、外部電源が失われなかったことも大きかった。東北電力によると、女川原発につながる2系統の送電幹線のうち、片方は地震の影響で止まったものの、もう一つは電気を送り続けた。同原発1号機は変圧器の故障でこの外部電源が使えなくなったが、2、3号機では維持された。福島第一原発で外部電源が喪失したことについて、東電側は「送電鉄塔が地震で倒れたため」と説明している。

 ただ、津波対策として原発を海面からより高く建設することは容易でないという。原発は大量の冷却水を必要とするため、海水面近くに造らなければならない。核燃料や運搬時に燃料を包むキャスクなど、何トンもの重量がある荷物は船で敷地内に運び込まれることが多く、建屋の標高が高くなれば、作業がそれだけ困難になるという面もある。

 宮崎慶次・大阪大名誉教授(原子炉工学)は「原発は、硬い岩盤の上に建設することが不可欠だ。国内でも、原子炉建屋の高さがまちまちなのは、適した岩盤の位置によるという事情がある」と話している。(中井大助)

 原発廃止論は当然か?
 今回の福島第1原発の事故は、スリーマイル島の事故を超え、世界でも注目される事故になった。この事故で、日本だけでなく世界中で原発の建設計画に反対するムードが盛り上がっている。しかし、計画停電を行っている現在、原発を使わずにどうやって電力の供給を間に合わせるのだろうか? 

 原発は昼も夜も同じペースで電力を生み出し続けてきた。そのため、原発は日本の電力のベース(ベースロード)となっていて、火力や水力発電が昼のピーク時の電力供給を埋めているのが現状である。

 風力や水力、太陽光発電等を全力で進めたとしても、これから人口が百億人に向かおうとする中で、エネルギー供給は全く足りない。世界のエネルギー需要は、新興国の経済成長の加速により、2008〜2035年までに36%増加することが見込まれている。

 その際のエネルギー源としては、化石燃料に代わる「代替エネルギーによる発電」が全体の3分の1を占めることが予測されており、その主力として原子力が期待されている。

 海洋温度差発電など多様なエネルギーの開発は急ぐべきだが、現状では原発の発電量とは比較できない程の電力量しか見込めず、経済効率も十分ではない。

 日本の年間発電力量9,565億kwのうち、原子力は29%、天然ガス29%、石炭25%、水力8%、石油7%(2009年度統計、『原子力・エネルギー』図面集2011より)となっており、原発は日本の電力供給の柱となっている。

 今、原発を止めれば、日本中が停電の日々となる。新エネルギーが開発されるまでの数十年もの間、「計画停電」を続けるわけにはいかない。 もし、原発計画が白紙になれば、日本の工場の稼働も滞り、国内の工場は外国へ逃げ、日本は空洞化する。そうなれば日本経済は大打撃となり、日本は世界の三流国へと落ちていく...。

 世界一安全な原発を目指せ!
 日本のような「資源小国」が原発を放棄することは自殺行為に等しい。左翼勢力は震災後、「原発反対デモ」を活発化させているが、原発廃止を唱えるならば、原発の代わりになるエネルギーを具体的に明示すべきである。

 人類はもはや電気の無い原始生活に戻ることはできません。そうであればなおさら、安易な原発廃止論に乗ることはできない。

 だからこそ日本は「世界一安全な原発」をつくることを目指すべきだ。元々、日本の原発技術は、世界的に見ても高い安全性を有している。今回の事故を受け、「それでも万が一の事があれば怖い!」と、生理的に原発を受け付けなくなった方もいらっしゃるかもしれない。 しかし、飛行機はエンジンが止まったら墜落する。自動車事故と異なり、航空機事故の場合は死亡する確率が極めて高く、都市上空で墜落すれば大惨事になる。

 こうしたリスクも踏まえ、利便性と安全性の両面から最もバランスのとれた形態で今の旅客機は運航されている。それでも飛行機に乗る人がいなくならないのは、やはり便利で高速、快適だからである。

 飛行機の墜落事故があったからと言って、それで人類が飛行機を使うことを放棄していたら、今のようなグローバルな文明は開かれなかったことだろう。

 原発も同じである。航空機のように、利便性と安全性の両立を目指し、徹底的な努力改善を続けるべきである。人間のやることに完璧はないが、その都度、失敗や危機を乗り越え、前進し、より安全で快適な技術開発にチャレンジしていくべきだ。

 
参考HP Happiness Letter Web 世界一安全な原発を! 

日本の原発技術が世界を変える(祥伝社新書225)
クリエーター情報なし
祥伝社
新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (朝日選書)
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please