科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!


コストコ商品の通販 リセールタウン テレビショッピング「はぴねすくらぶ」 ホットマーケット


 腸管出血性大腸菌「O111」を検出
 福井、富山両県で同系列の焼き肉店で食事した男児2人が相次いで死亡していたことが分かった。2人からは病原性大腸菌「O111」が検出され、うち1人は生肉料理を食べたことが確認されている。死亡した2人を含め同系列の3店で食事した計48人が食中毒症状を訴え、うち19人が重症で、両県が原因を調べている。

 食中毒の大腸菌としては、O157が有名だが、O111というのはあまり聞かない。どんな菌なのだろうか?

 Wikipediaによると、O157のような病原性大腸菌は、「腸管出血性大腸菌(enterohemorrhagic Escherichia coli:EHEC)」とよばれ、ベロ毒素 (Verotoxin=VT) 、または志賀毒素 (Shigatoxin=Stx) と呼ばれている毒素を産生する大腸菌である。このため、VTEC (Verotoxin producing E.coli) やSTEC (Shiga toxin-producing E.coli) とも呼ばれる。

 ベロ毒素を産生することのあるO抗原としては、O1、O2、O18、O26、O103、O111、O114、O115、O118、O119、O121、O128、O143、O145、O157、O165など多数存在する。そのうち、O157によるものが全体の約80%をしめる。従って、O157が一番話題になる。

Yukhoe

 感染した者の約半数は感染から3-5 日の潜伏期の後に激しい腹痛をともなう頻回の水様便となる。多くは発症の翌日ぐらいには血便となる(出血性大腸炎)。発熱は一過性で軽度(37 ℃台)である事が多い。血便になった当初には血液の混入は少量であるが次第に増加し、便成分の少ない血液がそのまま出ているような状態になる。

 有症者の6-7%は下痢などの初発症状発現の数日-2週間(多くは5-7日後)以内に、「溶血性尿毒症症候群(Hemolytic Uremic Syndrome, HUS)」、や脳症などの重篤な合併症が発症する。溶血性尿毒症症候群を発症した患者の致死率は1-5%とされており、体力のない、乳幼児と高齢者に危険性が高い。今回の男児もHUSで死亡した。

 生食用ではなかった?
 厚生労働省や両県によると、集団食中毒が発生したのは焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の砺波店(富山県砺波市)と高岡駅南店(同県高岡市)、福井渕店(福井市)。福井渕店で食事をした未就学男児が4月21日、下痢や腹痛を訴えて入院。溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し同27日に死亡した。

 また、同21日に砺波店で家族と食事した10歳未満の男児が同24日に嘔吐(おうと)などの症状を訴えて入院し、同29日にHUSで死亡した。生肉のユッケなどを食べていた。富山県は同店を27日から3日間の営業停止処分にした。同チェーンは「フーズ・フォーラス」(本社・金沢市)の経営で、北陸3県と神奈川県に計20店ある。

 また、砺波店で食中毒を引き起こしたとみられるユッケは、厚労省が定めた生食用食肉の衛生基準を満たしていなかったことが富山県などの調査で判明。同県警は1日、同店に立ち入り、調理手順や肉の保管状況について従業員から事情を聴いた。

 フーズ社に牛肉を販売している東京都内の食肉卸業者は「生食用としては販売していなかった」と説明。フーズ社は「生食用ではないと認識していた。国の基準に強制力はなく、会社として生でも食べられると判断し、提供していた」と話している。(毎日新聞 2011年5月1日)

 ユッケは生肉を食するものであるため、動物の腸などから付着した腸管出血性大腸菌やサルモネラなどに感染する可能性がある。このため旧厚生省は「生食用食肉の衛生基準」(1998年(平成10年)9月11日生活衛生局長通達)により生食用食肉の規格や衛生管理について定めている。しかし、これに基づく生食用食肉の出荷実績がある施設は馬肉とレバーのみであった。この基準が遵守されず、多くの加熱用食肉が飲食店の自主判断で生のまま提供されている。(Wikipedia)

 腸管出血性大腸菌
 腸管出血性大腸菌とは、ベロ毒素 (Verotoxin=VT) 、または志賀毒素 (Shigatoxin=Stx) と呼ばれている毒素を産生する大腸菌である。このため、VTEC (Verotoxin producing E.coli) やSTEC (Shiga toxin-producing E.coli) とも呼ばれる。この菌の代表的な血清型別には、O157が存在する。この菌による感染症は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律により、3類感染症として届ける必要がある。

 感染経路は、べロ毒素産生性の腸管出血性大腸菌で汚染された食物などを経口摂取することによっておこる腸管感染が主体である。また、この菌は強い酸抵抗性を示し、胃酸の中でも生残する。二次感染が起こりやすい。生の牛肉やレバーの摂食で感染リスクが高いともいわれている。

 大腸菌には、耐熱性菌体抗原であるO抗原160種類以上と、易熱性の鞭毛抗原であるH抗原60種類以上があるが、ヒトを発症させる菌数はわずか50個程度である。

1982年 アメリカのオレゴン州やミシガン州などでハンバーガーが原因食と推定される食中毒からEscherichia coli O157:H7(O157)が初めて検出される。
1993年 アメリカのシアトル周辺で大規模なハンバーガー食中毒事件も発生。その後北米、欧州、オーストラリアなどでも集団発生が相次いで発生している。

1990年 日本で、埼玉県浦和市(現さいたま市)の幼稚園にて井戸水が原因とされる食中毒が発生した(園児2名が死亡)。
1996年 日本において、爆発的な発生が見られる。特に大阪府堺市においては小学校の学校給食で提供された食品がEscherichia coli O157:H7に汚染されていた事により、10,000人を超える集団発生(堺市で小学生3名、岡山県で小学生2名が死亡)。
1997年以降、毎年千数百人の患者が発生している。(Wikipedia)

参考HP Wikipedia 腸管出血性大腸菌 大阪大学医学部 溶血性尿毒症候群(HUS)

わかりやすい細菌性・ウイルス性食中毒
クリエーター情報なし
日本食品衛生協会
病原性大腸菌O157がわかる―危険な食中毒菌一覧
クリエーター情報なし
日経BP社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please