科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学の疑問を、やさしく解説!毎日3分読むだけで、みるみる科学がわかる!
ネットショップ・ECサイト構築 さくらのVPS レンタルサーバー月額105円 美ら海レンタルサーバー

 カンブリア紀の頂点捕食者
 アノマロカリス(genus Anomalocaris)は、約5億2,500万~約5億0,50万年前(古生代カンブリア紀)の海に棲息していた捕食性動物である。現在知られている限り、カンブリア紀最大の動物であり、当時の頂点捕食者(生態ピラミッドの最高次消費者)であったと考えられる。

 体長1メートル近く、硬い殻に包まれ、目が飛び出ており、当時の生物の中ではかなり大型だった。独特な丸い口には放射状に重なり合う32枚の歯があり、口の脇からトゲの付いた2本の触手が前に伸びていた。

 アノマロカリス類では種類によって、消化管の入り口にもびっしりと歯が生えていることが確認されている。カンブリア紀の三葉虫には齧られた痕がしばしば発見されており、アノマロカリスの口器によるものとも言われていた。

Anomalocaris-canadensis

 ところが、最新の研究では、アノマロカリスの化石には固い三葉虫を噛んでいた形跡がなく、柔らかな「ぜん虫類」を主食とする“軟弱者”だったとする説が発表された。

 コンピュターモデルで解析 
 アノマロカリスはこれまで、この頑強な口で、同じく海底に生息していた無脊椎の節足動物である三葉虫など硬い殻に覆われた生物を噛み砕いて食べていたと考えられていた。しかし、アメリカにあるデンバー自然科学博物館の古生物学者ジェームズ・“ホワイティ”・ハガドーン氏の研究チームは、アノマロカリスの口の3Dコンピューターモデルを使った研究を行い、従来の説を否定する新説を発表した。

 「アノマロカリスは“百獣の王”ではなかったのではないかと我々は考えている」とハガドーン氏は語る。「素晴らしい化石だという事実は変わらないが、海をわがもの顔に泳ぎまわって無力な三葉虫を切り裂くといった、おなじみのアニメーションは見直しの必要がありそうだ」。

 アノマロカリスの口のコンピューターモデルでは、現生のエビの柔らかい殻すら噛み砕くことができないことが示された。これでは、ほとんどの三葉虫が持つ硬い殻には歯がたちそうにない。それどころか、口を完全に閉めることさえできなかったらしいという。

 つまり、アノマロカリスは、非常に小さいか脱皮したばかりの柔らかい三葉虫を吸い込んで食べることはできたかもしれないが、「三葉虫の約95%は殻が硬すぎて噛めなかっただろう。先に口の方が壊れてしまったはずだ」とハガドーン氏は推測する。

 このコンピューターモデルの結論を裏付ける証拠は化石にも見られると同氏は付け加える。例えば、研究チームはアノマロカリスの口の部分の化石を400点以上調べたが、日常的に硬い殻を噛み砕いていた生物なら当然あるはずの傷跡がまったく見られなかった。さらに、胃の内容物や排泄物の化石からも、アノマロカリスが硬いものを食べていたという証拠は見つからなかった。

 アノマロカリスは三葉虫ではなく柔らかいものを食べていた可能性が高いとハガドーン氏は話す。「1つの仮説として、水中にいる柔らかいぜん虫類やプランクトンを食べていたのではないかと考えられる」。

 この研究は、2010年10月31日~11月3日にデンバーで開催されたアメリカ地質学会(GSA)の年次総会で11月1日に発表された。(National Geographic News November 4, 2010)

 カンブリア爆発の原因
 従来、「カンブリア大爆発」は、カンブリア初期に一斉に生物の体制が出そろった現象と説明されてきた。これはスティーヴン・ジェイ・グールドに依るところが大きい。グールドはカンブリア紀に異質性(生物の体制の種類)が爆発的に増加し、その後は減少に向かっていると主張した。彼によればこれは偶然か、自然選択では説明できない何らかのメカニズムが存在することになる。

 その後の分子遺伝学の進歩から遺伝子の爆発的多様化はカンブリア爆発のおよそ3億年前に起こっていることが分かり、カンブリア初期に短期間に大進化が起こったわけではないとの考え方が主流となった。すなわちカンブリア爆発は「化石記録の」爆発的多様化であり、必ずしも進化的な爆発を意味しない。

 リチャード・ドーキンスはカンブリア紀あるいはそれ以前に特殊な(総合説では説明できないような)進化現象が起き、生物の体制が出そろったというグールド以来の視点、爆発という概念自体に批判的である。彼に依れば、例えば現代の脊椎動物と無脊椎動物が根本的に異なっているのは、両者が長い地質学的時間の間に異なる方向に進化してきたからであり、少なくとも現在の証拠からは種分化した当初から全く異なる体制を持っていたと考える理由はないと主張する。

 1998年に進化生物学者で古生物学者のアンドリュー・パーカーはカンブリア爆発の原因として、有眼生物の誕生による淘汰圧の高まりをあげた「光スイッチ説」を提唱した。生物の歴史上、はじめて眼を持った生物(三葉虫)が生まれ、積極的に他者を捕食することによって眼をもっていない生物に対して有利となった。眼と、硬組織を獲得した生物がその捕食に対抗できるようになったという説である。そのために化石記録は短期間で爆発的に多様化したように見える。パーカーはカンブリア爆発を「多くの門が同時期に一斉に硬組織を獲得した現象」と推定している。

 カンブリア爆発の原因として、スノーボールアース(雪球地球)の終結との関連性が従来から指摘されていたが、パーカーはスノーボールアース終結からカンブリア爆発まで、少なくとも3200万年も経過していることから、関係があったとしても間接的なものにとどまると述べている。

 約10億年前に多細胞生物が出現し、その後、8億〜6億年前 にスノーボールアースの間、生物は存在し続けた。多細胞生物は原口を獲得し、強力な捕食能を有するに至った。海底には熱水鉱床などの熱水を発する箇所があり、スノーボールアースの間、その近辺で生物は隔離されて生存したと考えられる。このような地理的な隔離は、ガラパゴスとかオーストラリア大陸のように生物の多様性を形成する。

 スノーボールアースの地理的な隔離の間、どのように捕食するか、どのように捕食から逃れるかの観点から多細胞生物は多様性を形成し、これがエディアカラ生物群やバージェス動物群のような多様性を形成し、スノーボールアース終結からカンブリア爆発まで、少なくとも3200万年も経過していることから、その間、全地球的な捕食と被捕食の生存競争が存在したと考えられる。(Wikipedia)

National Geographic アノマロカリス、実は軟弱者だった? 

NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX 1
クリエーター情報なし
NHKエンタープライズ
生命史35億年の大事件ファイル―生命創造から人類出現まで (ニュートンムック Newton別冊)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please