科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学の疑問を、やさしく解説!毎日3分読むだけで、みるみる科学がわかる!
お得な観劇総合チケットサイト レディースゴルフウエア通販サイト デザイン家具・インテリア・照明なら

 免疫力を低下・突然死を招く感染症
 世界で最も患者数が多いとも言われる感染症がある。厚生労働省の調査によると、日本でも7割の人がこの感染症にかかっているという。しかもこの病気、誰でも病原菌を持っており、初期の自覚症状がほとんどないという。古代から人を苦しめていることがわかっているこの病気は何だろう?

 その感染症とは「歯周病」。「え?」と思った人も多いはず。おそらく、「糖尿病などの生活習慣病とか、がんじゃないの」と思ったのではないだろうか?しかし、これらの病気は病原菌のない病気。感染症ではない。

 「歯周病なら大丈夫、自分は違う」と思っている人に意外にも自覚症状がないのだ。番組では10人の歯を専門医に診てもらうと、10人中8人まで歯周病と診断された。なぜ?それは歯の磨き方が悪いから。

Gingivalis

単に「歯の抜けるる病気」と思われていた歯周病だが、それは大間違い!近年の研究で全身に影響を及ぼすことが分かってきた。特に糖尿病とは密接な関係があり、歯周病がある人は症状が良くならないばかりか悪化してしまう事もわかった。さらに歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり、心臓病脳梗塞のリスクを高めるという研究報告も相次いでいる。

 NHKのためしてがってん「免疫力低下・突然死を招く感染症!」では、最近わかった歯周病の恐ろしさをわかりやすく解説している。たしかに「歯は万病のもと」なんて聞いたことがある。歯の状態が健康に重大な影響を及ぼすからだ。でもなぜなのかは、これまで説明されてなかった。

 ではなぜ歯周病があると糖尿病や、心臓病や脳梗塞のリスクを高めてしまうのだろうか?また、歯の正しい磨き方とは?歯周病かどうかチェックする方法は?

 糖尿病と歯周病の関係
 東京都にお住まいの佐藤さん(65)は糖尿病だ。あるとき医師に勧められて別の科の病院に行くことに…。これは大変すぐ治療しましょうといわれて、治療したところ、それまで良くならなかったヘモグロビンA1c(過去1~2か月の血糖値の状態を示す指標)値が9.8→8.8と劇的に改善した。

 神奈川県にお住まいの若山さん(72)も糖尿病だ。ここ10年でヘモグロビンA1cはよくならなかった。ところがやはり別の科に行って、治療を受けたところA1c値が7.7→6.1に下がった。いったいなぜ?

 彼らが行ったのは歯科、実は彼らは歯周病で、歯周病の菌が糖尿病を悪化させていたのだ。でも糖尿病は感染症じゃないはず。なぜ、歯周病に糖尿病が関係あるのだろう?

 歯周病菌は日本人の7割がかかっている感染症。歯周病は口の中の細菌により歯茎が炎症を起こす病気。歯を支える土台の骨に影響が及ぶと歯はグラグラに!一方、糖尿病は血液中にある物質が増えることで糖分を細胞にしまうインスリンの働きが弱くなる。

 番組ではこの物質を「阻害君」と名付けた。実は、歯周病で歯茎が炎症を起こすと阻害君が増えてしまう事がわかった。でもなぜ歯周病になると阻害君が増えてしまうのだろうか?

 そのカギとなるのがマクロファージ。体内に侵入した細菌やウイルスと戦う免疫細胞だ。歯茎では歯周病菌とマクロファージが壮絶な戦いを繰り広げる。この時、仲間を呼ぶためにマクロファージが出す物質が阻害君だったのだ。つまり、歯周病を放っておくと歯周病菌が増え、マクロファージが仲間を呼ぶために阻害君を放出。するとインスリンの働きが阻害され糖尿病が悪化するしくみだ。

 さらに、この状態が続くと体の抵抗力が下がり歯周病菌がますます増えるという悪循環に陥ってしまう。糖尿病の方が歯周病治療で良くなったのは、悪循環を断ち切ったためだったのである。

 歯周病は心臓病の原因にも?
 手足の動脈が詰まり、ひどくなると手足の切断の可能性もある病気「バージャー病」。このバージャー病の原因のひとつとして疑われているのが歯周病菌である。

 バージャー病の多くの患者さんから血管内に歯周病菌の痕跡が発見されています。研究者によれば、特にジンジバリスという歯周病菌は心臓や大動脈、静脈などで生息し、血栓の原因になっている可能性があるという。番組ではこの細菌を「ジンの輔」と名付けた。

 ここで不思議な点がひとつ。血液には酸素と鉄分が多く含まれている。ジンの輔は鉄分は大好きなのですが、酸素は大嫌い。
それでも血管内に入り込み体内を移動していると考えられる。でも大嫌いな酸素があるのにどうやって?

 そこはしたたかなジンの輔。巧妙な作戦を練っていたのです。なんと血液に含まれる血小板の中に入って血管の中を移動していた。しかもジンの輔が出す毒は、血小板や赤血球を集めて塊にしてしまう事が実験でわかった。

 これが心臓の近くで起これば心筋梗塞、脳の近くで起これば脳梗塞となる可能性があり、突然死の引き金になる事も考えられるのだ。

 歯を磨いても歯周病のナゾ!
 歯が抜けるだけではなく、全身の病気に関わる事がわかってきた歯周病。予防には何よりも歯磨き。しかし番組で「歯磨きに自信がある」という20代から50代までの男女を調査したところ、1日2回以上歯を磨いているという皆さんでも8割の方に歯周病の初期症状が見つかった。実は歯周病予防には3つの落とし穴があった。

その1・磨き方: 毎日歯磨きをしていても歯周病になってしまうのは細菌の塊、歯こうが落ちていないため。歯ブラシを大きく動かす「ゴシゴシ磨き」だと、歯と歯のすき間に毛先が届かず歯こうがたまってしまう。磨き残しを防ぐには歯ブラシを小さく動かす「クシュクシュ磨き」がおすすめ。

その2・生活習慣: タバコを吸うと煙に含まれるニコチンなどによって歯肉が酸素や栄養不足になる。酸素が大嫌いな歯周病菌にとっては繁殖しやすい環境になってしまう。

その3・歯に自信がある人: むし歯になった事がない、歯に自信がある、という人は歯科医に行く機会が少ないため、歯周病がいつのまにか進行している場合が多い。歯が痛くなくても年に1回は歯科医へ行く事が歯周病の早期発見・予防の近道である。

 歯周病を自己診断チェック法
 最近の研究で歯周病が進むと歯が抜けるだけでなく、全身に影響を及ぼす事がわかってきた。歯を支える骨や歯肉に炎症が広がってしまうと元の状態に戻すことは困難。自覚症状がない初期の歯周病を早期発見して予防することがとても大事。

★自分で出来る歯周病チェック下記の9問のうち、自分が当てはまると思う項目の点数を合計して下さい。
歯肉がピンク色で引き締まっている・・・0点
歯肉が赤色や紫色になっている・・・・・5点
歯肉がむずかゆく、歯が浮く感じがする・5点
歯磨きすると血が出る・・・・・・・・・5点
起床時、口の中がネバネバする・・・・・10点
歯肉が赤く腫れブヨブヨしている・・・・10点
何もしないのに歯肉から血が出る・・・・15点
歯がぐらついて物がかめない・・・・・・15点
冷たい水がしみる・・・・・・・・・・・15点 

合計点数が 0点・・・歯肉は健康 5~25点・軽度の歯周病かも知れない 30点以上・重度の歯周病の可能性あり

参考HP NHKためしてガッテン 免疫力を低下・突然死を招く感染症 入江歯科医院

歯と歯ぐきを守る新常識 歯みがきだけで虫歯や歯周病が防げない本当の理由 (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
ソフトバンククリエイティブ
歯周病が治る歯ブラシ法 大人のための歯ブラシ教室
クリエーター情報なし
すぴか書房

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please