科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学の疑問を、やさしく解説!毎日5分読むだけで、みるみる科学がわかる!


 新種カエルは世界最小の脊椎動物
 米ルイジアナ州立大の研究チームは1月13日までに、2009年にパプアニューギニアで発見した新種のカエル(Paedophryne amauensis)が世界最小の脊椎動物だとする研究結果を米科学誌「プロスワン」に発表した。

 米CNNが伝えた。成体の体長は平均7.7ミリで、熱帯雨林の湿った落ち葉の上に生息。生まれたときからオタマジャクシではなくカエルの姿をしているという。雄はコオロギのような声で鳴き、ダニのような微小生物を食べているとみられる。

 これまで発見された、最小のカエルもパプアニューギニアで、昨年の12月16日に、新種のカエルとして、2種発表されていた。この時も、体長はおよそ8.5~9ミリと、8.8~9.3ミリ。どちらも1センチに満たない極小サイズだ。それぞれ学名をPaedophryne dekotとPaedophryne verrucosaと名付けられた。

Minimum Animal

 以前、世界最小のカエルとされていたのも、やはりPaedophryne属の仲間で、体長10ミリ程度のものだった。ただ、これまでは「四足歩行」の脊椎動物として、世界最小であったが、7.7ミリのカエルの発見は、脊椎動物の中でも世界最小になった。これまでの記録は、2006年1月に発表された、体長7.9ミリの魚だった。

 「小型のカエルが新しく見つかるたびに、いつもその小ささに驚いている。まったく、可能性の限界に挑戦しているようだ」と、コンサベーション・インターナショナル(CI)の両生類の専門家ロビン・ムーア氏は言う。(ロイター 2012.1.14)

 体長わずか7.7ミリ
 今回、発見されたのは、大きさがイエバエほどしかないカエル。最新研究によると、これまで確認された中で最小の脊椎動物だという。

 新発見のこのカエルは学名をPaedophryne amauensisといい、体長は平均7.7ミリ。それまで最小とされていた東南アジアの魚の一種で、メスの大きさが約7.9ミリのPaedocypris progeneticaよりも髪の毛の太さ分ほど小さい。

 先ごろパプアニューギニア南部で行われた現地調査において、研究チームはPaedophryne. amauensisと、もう1つ別の極小カエルの新種、Paedophryne swiftorumを発見した。こちらは体長約8.6ミリだ。

 「まだまだ小さなカエルが発見されているのは驚くべきことだ」とコンサベーション・インターナショナル(CI)の両生類の専門家ロビン・ムーア氏は話す。ムーア氏は今回の研究には参加していない。「彼らが他のどの生物も占めていない生態的地位を確保するために適応している」ことは明白だと同氏は述べている。

 実際、これらのカエルは、大型の捕食者に見過ごされるダニなどの小型の無脊椎動物を食べるために小さな体に進化した可能性が高いと、研究の共同執筆者でバトンルージュにあるルイジアナ州立大学の生物学者クリストファー・オースティン(Christopher Austin)氏は述べている。

 捕獲が難しい極小カエル
 2010年にその存在が報告されたPaedophryne属は、どの種もみな小型で、ニューギニアの熱帯雨林の林床に堆積した落ち葉の中にのみ生息するとみられる。

 この小さな生物の居場所を特定するため、研究チームは鳴き声に耳をすまし、それがどこから聞こえるのかを突き止めようとした。彼らの高い鳴き声は、人間の耳にはとりわけ発生源を特定しづらいため、これは至難の業だ。

 オースティン氏と大学院生のエリック・リットマイヤー(Eric Rittmeyer)氏は、4回試みた末にカエルの居場所を特定し、その場所の落ち葉を手のひら一杯につかんではポリ袋に入れた。

 そして袋の中身をくまなく探ったところ、「ようやくこの小さいやつが落ち葉の上に飛び出してきた」とオースティン氏は話す。カエルは非常に小さく、皮膚の模様も土のような色をしているため、肉眼で捉えることは難しい。そこでオースティン氏は撮った写真にズームインするという、デジタルカメラを顕微鏡のように使う方法を用いた。

 しかし、カエルを撮影することは、見つけることと同じくらい難しい。オースティン氏がカメラを目の前に構えたとき、被写体はすでに逃げてしまった後ということも多かった。同氏によると、今回見つかった新種は「驚くべきジャンプ力を持ち、自分の体長の30倍の距離を跳べる」という。

 カエルはご存じの通り両生類だ。他の種類の脊椎動物でも、体を小型化する方向に進化したものがいるに違いない。世界にはどんな小型の脊椎動物がいるのだろうか?魚類、爬虫類、鳥類、哺乳類について調べてみた。

 世界最小の「魚」発見
 2006年1月、インドネシア・スマトラ島中部の泥炭湿地林から、体長7.9ミリと世界最小の新種の「魚」が見つかった(CNN)。

 この魚は鯉の仲間だが、成熟したメスでも体長はわずか7.9mmしかない。もともと1996年にこの魚は発見されていたが、新種とは思われず誤って既存の種に分類していたとのこと。

 この魚はその生態や体の構造がとてもユニーク。体は半透明で、体もそして脳も骨格により保護されていない。また、メスは体内に2、3個の卵を作ることができるくらいの小さな卵巣しかもたない。オスは大きな腹びれと発達した筋肉を持つのが特徴で、これらは交尾時にメスをしっかりつかまえるためと見られている。

 何よりこの魚は泥炭地の、pHが3という酸性度が高い泥水の中に生息することが可能だ。これまで、泥炭湿地林にはあまり生物が生息していないと考えられてきたが、最近の調査や研究の結果、非常に多様な生態系があることが判明。しかし、計画性のない開発や養殖場開設のため、泥炭湿地林は減少する一方だという。

 非常に奇妙な魚。絶滅しないようにするとともに、生態の詳しい解明も進んでいってほしい。

 世界最小のトカゲ
 去る2001年12月3日に全世界の爬虫類研究者とフリークの間に衝撃的なニュースが流れた。
カリブ海の小さな島でアメリカとプエルトリコの生物学者のチームがSphaerodactyus ariasae(スファエロダクチルス・アリアサエ)という名前のヤモリ(ヤモリはトカゲの1グループです)を発見したのだが、こいつがまた小さい!

 Sphaerodactyus属というのはその名もまさにチビヤモリ亜科に属するグループなのですが、今回発見されたヤモリはなんと体長(鼻の先から尻尾の付け根までの長さ)が1.6cmしかない。また普通のヤモリは1回の産卵で2卵を産むのですが、この仲間で知られている種は1回の産卵でたった1個の卵しか産まないという点も興味深い。やっぱり、体が小さいからだろうか。

 この大きさは、直径1.8cmのダイム(10セント硬貨)の上で丸まれるほど。さらにこのヤモリ、最小のトカゲというステータスだけではなく、両生類を除いた陸生脊椎動物中最小の栄冠に輝いたことにもなる。

 世界最小の鳥
 鳥類の世界最小は、マメハチドリ(豆蜂鳥:Mellisuga helenae)である。アマツバメ目ハチドリ科に分類される鳥類の一種だ。

 この鳥、キューバの固有種で、全長4~6cm、オスがやや小さい。体重2gと鳥類の中で最小、最軽量。また、卵も同様に鳥類一小さく、最軽量で、長さ6.5mm、重量約0.3g。

 山地から海岸にかけての湿原の森林に生息する。花の蜜や昆虫、クモなどを食べる。チョウやハチなど、花蜜食の昆虫と花の蜜をめぐって争うことがある。

 巣づくり、抱卵、子育てはメスだけが行う。1秒間に50~80回羽ばたかせる、ホバリング(停空飛翔)ができる。ただしホバリングは激しい運動であるため栄養価の高い花の蜜を吸い、栄養を蓄える。

 世界最小の哺乳類
 キティブタバナコウモリ(Craseonycteris thonglongyai)は、動物界脊索動物門哺乳綱コウモリ目(翼手目)ブタバナコウモリ科ブタバナコウモリ属に分類されるコウモリ。本種のみでブタバナコウモリ科ブタバナコウモリ属を形成する。

 トウキョウトガリネズミと並んで、世界最小の哺乳類とされる。体長2.9-3.3cm。前腕長2.1-2.6cm。翼開張15-17cmとコウモリ目最小種。尾がない。背面が褐色や赤褐色、灰色などの体毛で覆われる。

 耳介は大型で、耳珠がある。飛膜の色彩は暗色。左右の後肢の間に僅かに尾膜がある。単独から500頭にもなる大規模な群れを形成して生活する。食性は動物食で、昆虫類を食べる。観察などによる生息地の破壊、採集などにより生息数が減少している。

 トウキョウトガリネズミ(東京尖鼠:Sorex minutissimus hawkeri)は、トガリネズミ目トガリネズミ科トガリネズミ属に属する小型のトガリネズミの1亜種である。世界最小の哺乳類の1つとされている。ユーラシア大陸北部に広く分布するチビトガリネズミの亜種である。トウキョウという名前であるものの、日本では北海道に分布する。

 北海道のサロベツ原野、幌延町や猿払村、東部の浜中町の火散布沼、標茶町の虹別、標津町、釧路町の入境学、白糠町、根室町、鹿追町などで生息確認されている。

 頭胴長45-49mm、尾長約27-31mm、体重約1.5-1.8gである。体毛は、背面が暗褐色で、腹面が銀灰色になる。体毛の長さは、背中側で約3mmである。ササや低木がまばらに生える草原や湿原周辺の草地などに生息する。体が小さいため、約30分おきに採食と休息を繰り返す。コオロギやクモなどの昆虫類を食べる。多摩動物公園の展示飼育においても、昆虫類が与えられている。生息数が少ないため、生態についての情報が少ないのが現状である。

参考HP Wikipedia トウキョウトガリネズミ National Geographic news 最小の脊椎動物7.7ミリのカエル

NHK DVD Bebes d’animaux-小さな動物たちの物語-
クリエーター情報なし
ジェネオン エンタテインメント
最強動物をさがせ〈3〉小さな生きもの (最強動物をさがせ 3)
クリエーター情報なし
ゆまに書房

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please