世界各地で「スーパームーン」…大きさ14%増
 月と地球の距離は? 正解は38万キロである。教科書にはそう書いてある。しかし、いつも38万キロとは限らない。これは平均の距離なのだ。

 月は地球の周囲を楕円だえん形の軌道で回っており、地球に最も接近した時に満月を迎えると、スーパームーンになる。今回、月が地球に最接近したのは日本時間5月6日午後1時ごろ。米航空宇宙局(NASA)によると、通常の満月より大きさが14%、明るさが30%増した。(2012年5月8日  読売新聞)

 今回のスーパームーンでは月と地球の距離は35万6955キロ。月は米東部標準時5日の午後11時34分(日本時間6日午後0時34分)に満月となり、その1分後に近地点に到達した。

 2011年3月19日の満月では、距離35万6575キロまで近づき、約20年間で最も短い距離になった。「スーパー・スーパームーン」ともいえる近さだった。月と地球の距離は実は一定ではなく、月が地球に最も近づいた位置(近地点)にあるときと、地球から最も離れた位置(遠地点)にあるときでは、約5万キロも差がある。

Supermoon

 米ワシントンD.C.(Washington, DC)にある米海軍天文台(US Naval Observatory)によると、この時の月は、近地点から1時間以内に満月となり、18年に1度のほぼ完璧な「スーパームーン」だったという。(c)AFP/BELGA 2011年03月21日

 週末にスーパームーン、迷信の真偽は?
 月が満月を迎えるタイミングと、地球との距離が年間で最も近くなるタイミングが重なる「スーパームーン」現象が、5月5日の夜(日本時間6日の昼頃)に訪れた。
  「スーパームーン」という呼び名が使われるようになったのは1979年頃からと言われており、月が近地点で満月(または新月)になることを指す。この現象は平均して1年に1回は起こるという。
 「年内の通常の満月と比べ、16%大きく、30%明るく見える。大したことはないと思うかもしれないが、明らかにいつもより大きく感じるはずだ」と、イリノイ州シカゴにあるアドラープラネタリウムの天文学者ゲザ・ギュク氏は話す。
 スーパームーンが夜空に現れると自然災害が起きるという噂があるが、天文学者たちは迷信だと考えている。月の接近で地球に大きな影響が出る心配はない。

 「満月と新月の際には、潮の満ち引きが最も大きくなることはよく知られている。これが高潮と重なると洪水が起こることもあるが、地震などの自然災害との関連性を示す科学的根拠は何もない」とギュク氏は述べる。「スーパームーンははるか昔から何度も発生してきた現象だ。いつもより美しい満月が現れる以外は、特別なことは起こらない」。

 地平線上のスーパームーン
 スーパームーンの満月が地平線から顔を出す、各地の日没直後のタイミングが絶好のシャッターチャンスとなるだろう。

「濃い色に染まった月が、視界の手前にある建物などの奥から現れる」とギュク氏は話す。

 月の軌道の大きさはわずかに変化するため、近地点での地球との距離も毎月異なる。例えば2011年3月のスーパームーンでは35万6575キロまで近づき、約20年間で最も短い距離になった。
 来月にも、満月と近地点を通るタイミングがおおよそ重なる。ただしギュク氏によると、地球との距離が今回より少し遠い35万8482キロになるという。

「しかし0.5%ほど小さく、明度も約1%低いだけなので、十分満足できるだろう」。(National Geographic News May 8, 2012)

 次回の“近地点の満月”は来年6月23日
 いつもの満月よりも大きく、明るい“スーパームーン”が5日から6日にかけて世界各地で観測された。NASA(米航空宇宙局)などによるとこの現象は、地球を周回している月が地球に最接近したときにちょうど満月になったもので、大きさが通常よりも14%、明るさも30%増して見えた。

 大体14カ月おきに起きており、次回は来年6月23日に見られるという。 NASAによると、この現象の科学的用語は「地球に最接近した地点(近地点:ペリジ、perigee)の月」という意味の「perigee moon」だ。それがなぜ「スーパームーン」と特別な名前がついたのか定かではなく、NASAも「人々の注目や興味を引く効果はあるが・・・」と、科学的な説明に努めてきた。

 月は地球の周りを、楕円軌道を描いて地球の周囲を回っている。地球から最も遠く離れた遠地点(アポジ、apogee)と最も近接した近地点(ペリジ)との差は5万キロメートルにもなるという。ところが、地球も太陽の周りを公転しているので、月の近地点は一定ではなく、周回ごとに異なってくる。

 今月6日午前3時35分(世界標準時)の“近地点の満月”は、地球から35万6955キロメートルの距離だった。ところが昨年3月19日の“近地点の満月”は、今回よりも380キロメートルも地球に近かった。さらに米国の科学啓蒙機関「アーススカイ」は、今後の“近地点の満月”について計算している。

 2013年6月23日(35万6991キロメートル)、2014年8月10日(35万6896キロメートル)、2015年9月28日(35万6877キロメートル)、2016年11月14日(35万6509キロメートル)だ。 NASAなどは、ホームページやNASAテレビなどを通して、“スーパームーン”について子どもたちにも分かるように解説してきた。背景には、古くからのバンパイア伝説や、満月による人心や地殻変動(地震)、疫病などへの影響などがネット上で取り沙汰されていることもあるようだ。(サイエンスポータル 2012年5月8日)

参考HP サイエンスポータル:次回の“近地点の満月”は来年6月23日

月の謎と不思議がわかる本
クリエーター情報なし
学習研究社
NHKスペシャル 月と地球 46億年の物語 ~探査機かぐや 最新報告~ [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please