ツバメが減少 生息状況を全国調査
 日本人に身近な渡り鳥として知られるツバメ。このツバメが生息環境の変化などから日本各地で減る傾向にあるとして、日本野鳥の会は5月10日から始まった愛鳥週間に合わせて、生息状況の全国調査を初めて行うことになった。

 ツバメは東南アジアなどで越冬し、日本には春先になると主に九州より北の地域に夏鳥として渡ってきて子育てを行う。人の出入りの多い住宅や店舗の玄関や軒先などに巣作りをすることや、水田などの害虫を食べることから益鳥としても昔から人になじみの深い鳥として知られている。

 ところが、日本野鳥の会によると、ここ数年、「ツバメが減っている」という声が各地から数多く寄せられているという。全国で唯一、県内全域でツバメの数を長年調べている石川県では、40年前と比べて3分の1まで減っているという調査結果もある。

 主な原因について、野鳥の会では、農地が減ったことでツバメが巣作りに使う泥や餌となる虫が減ったこと、巣作りに適している軒のあるような日本家屋が減ったうえ最近の建物の壁には泥がつきにくい加工が施されていること、それに人の生活環境の変化もあって天敵となるカラスが増えたことなどを挙げている。

Hirundo rustica

 これを受けて、野鳥の会はツバメの生育状況や減っている原因を調べるため5月10日から始まった愛鳥週間に合わせて、初めて全国調査を行うことになった。一般の人に広く呼びかけて、ツバメの目撃情報や周辺の環境の変化について情報を募るほか、野鳥の会の会員などによるツバメの生息状況の実態調査なども行う方針で、野鳥の会のホームページにアクセスすれば誰でも参加できる。

 日本野鳥の会の篠木秀紀さんは「ツバメは農地で害虫を食べるなど、私たちの生活にとって大切な鳥です。古くから人間にとって最も身近で貴重な鳥が減っているということを、多くの人が一度考えてみるきっかけにしてほしいです」と話している。

 日本野鳥の会のホームページは、http://www.wbsj.org

 石川県では大規模調査
 石川県では、県内のすべての公立小学校が参加して子どもたちがツバメの生息数などを確認する大規模な調査が始まった。石川県は全国の都道府県で唯一、ツバメの生息状況の調査を40年前から毎年行っており、ことしも県内のすべての公立小学校224校の児童が参加して10日から始った。

 このうち津幡町の町立太白台小学校では、6年生の児童およそ60人がグループに分かれて自分たちの住む地域を歩いて調査した。子どもたちは、住宅や納屋の軒下をのぞき込んだり、住民に話を聞いたりしながら、ツバメの巣の数や目撃したツバメの数を調査用紙に書き込んでいた。

 石川県によると、ツバメの成鳥の数は調査を始めた昭和47年には3万3332羽が確認されたが、去年確認された数は1万1708羽とおよそ3分の1に減っているという。

 石川県では、田んぼの減少に伴い、餌になる虫や巣の材料になる泥のある場所が減っていることや、巣を作りやすい軒先のある木造住宅が減っていることなどが生息数の減少の要因と分析している。

 ツバメの生息状況に詳しい日本野鳥の会石川の平野賢次幹事は「ツバメの減少は自然環境が破壊されていることの表れであり、私たちが環境を保全していくことが大切だ」と話している。

 この調査は、愛鳥週間が終わる5月16日まで石川県内の各地で行われ、8月ごろに結果がまとめられることになっている。(NHK news)

 「日本野鳥の会」が放射性物質のツバメへの影響を調査
 福島第一原子力発電所の事故によって放出された放射性物質のツバメへの影響を調べるために、公益財団法人「日本野鳥の会」(柳生博会長、東京都品川区西五反田)が乗り出した。バードウイーク(5月10-16日)初日の10日、全国からの情報を集める「ツバメ特設サイト」をホームページに設け、参加協力を呼びかけている。

 2012年3月23日には、環境省自然環境計画課により、福島第一原子力発電所から約3キロ離れた福島県大熊町にある建物の壁で採取したツバメの巣から、1キログラム当たり約140万ベクレルの放射性セシウム(セシウム134と137の合計)を検出したことが発表された。

 1986年に発生したチェルノブイリ原発事故では、放射性物質の影響により、ツバメに部分白化や尾羽の不均一な個体が生じたことや、放射線量の多い地域では雛の数が少ないなどの現象が報告されている。

 その調査では「部分白化」と呼ばれる、色彩異常を起こしたツバメの割合が、汚染地域周辺ほど高いことがわかっている。調査結果によると、羽色を鮮やかに保つのに使われる「カロテノイド」という色素をもつ鳥が、地味な羽色の鳥に比べて大きく減少していることが分かった。また、オレンジ色と茶色の羽色に使われる「フェオメラミン」という色素に対し、放射線物質量が強い影響を与えることがわかった。

 非汚染地域に比べツバメの親鳥の生存率が下がり、繁殖していない個体の割害が増えた。また、1巣あたりの産卵数や孵化率が低下したことで、ヒナの数も減った。同時に、ツバメの血しょうや肝臓、卵の中の抗酸化物質が低くなっていることもわかった。放射線量が高い地域の個体ほど、精子の奇形率が高いこともわかっている。

 今後、福島の原発事故でも同様の異常が生じる可能性があり、全国的な規模でこれらの状況を把握しておく必要がある。(日本野鳥の会)

 ツバメの生態
 ツバメ(Hirundo rustica)はスズメ目、ツバメ科に属する鳥類である。全長は約17 cm、翼開長は約32cm。背は光沢のある藍黒色で、喉と額が赤い。腹は白く、胸に黒い横帯がある。尾は長く切れ込みの深い二股形で、この尾の形をツバメにちなんで燕尾形という。翼が大きく、飛行に適した細長い体型である。脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない。

 鳴管が発達しており、繁殖期になるとオスは『チュビチュビチュビチュルルルル』と比較的大きなさえずり声で鳴く。さえずりは日中よりも早朝から午前中にかけて耳にする機会が多い。飛翔する昆虫などを空中で捕食する。また、水面上を飛行しながら水を飲む。

 北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県以外で繁殖し、沖縄県では旅鳥。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。

 一部、越冬する個体があり、しばしば「越冬ツバメ」と呼ばれる。特に中日本から西日本各地で越冬し、そのような場合、多くは集団で民家内や軒下などで就塒する。日本で越冬している個体が日本で繁殖したものであるのか、それともシベリアなど日本より北方で夏に繁殖したものであるのかはよく分かっていない。

 泥と枯草を唾液で固めて巣を造る。ほとんど人工物に造巣し、民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著である。これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからだと考えられている。

 巣は通常は新しく作るが、古い巣を修復して使用することもある。産卵期は4~7月ごろ。一腹卵数は3~7。主にメスが抱卵する。抱卵日数は13~17日。その後の巣内での育雛日数は20~24日。1回目の繁殖の巣立ち率は概ね50%程度と推定される。1回目繁殖に成功したつがいあるいは失敗したつがいのうち、詳細は不明であるが、相当数のつがいがその後2回目あるいはやり直しの繁殖をする。

 雛(ヒナ)を育てている間に親鳥のうちどちらか一方が何らかの理由で欠けると、つがい外のツバメがやってきて育てているヒナを巣から落して殺してし まう行動が観察されている。一方で、つがいの内メスが欠けた場合なのかどこからともなく複数の他のツバメが集まり、その中から選ばれたように一羽ツバメが新たなつがい相手となって、子育てを継続するさまも観察されている。

 落ちているツバメのヒナを拾って人間が育てることはとても困難であるし、野鳥なので日本での飼育は鳥獣保護法によって禁じられているが、保護のために許可を得て飼育することは可能である。(Wikipedia)

参考HP Wikipedia:ツバメ 日本野鳥の会:ツバメ目撃情報の呼びかけ

新・山野の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)
クリエーター情報なし
日本野鳥の会
小鳥のさえずり
クリエーター情報なし
デラ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please