原因特定できず
 利根川水系から取水する首都圏の浄水場の水道水から有害物質ホルムアルデヒドが検出された問題で19日、千葉県では柏、野田、流山の三市の全域と八千代、我孫子両市の一部で断水し、計約34万4千世帯に影響が出た。群馬県は「利根川の上流を調査した結果、原因を特定できなかった」と発表した。(後に化学物質ヘキサメチレンテトラミンを特定)

 「特段の異常は認められないという状況にあります。裏返すと、原因が現状では特定できない」群馬県は5月19日、利根川の支流など8つの地点で化学物質「ホルムアルデヒド」について調査したが、いずれも基準値を下回ったという。また、東京都は20日未明、埼玉県の三郷浄水場で基準値を超えるホルムアルデヒドが検出されたと発表した。三郷浄水場からの取水や送水は止めているが、断水などの影響はないという。(2012/05/20 産経news)

 「ホルムアルデヒド」とは、どんな物質なのか? ホルムアルデヒドは常温では無色透明の刺激臭がある気体。水に溶けやすく、水溶液は「ホルマリン」と呼ばれ、生物の標本腐敗を防止するために使われる。
Formaldehyde
 いろいろな物質と簡単に結合する性質なので、プラスチックや塗料、接着剤、しわを防ぐ加工剤など幅広い製品の原料になる。有機物の燃焼で発生することがあり、森林火災で放出されることがあるほか、車の排ガス、たばこの煙にも含まれている。

 高濃度の気体は、目や鼻、呼吸器に刺激を与えるので、涙やせきの原因になることがあるほか、長期間にわたって吸い込むと発がん性がある。目の痛みや頭痛、呼吸困難などを発症する「シックハウス症候群」は、住宅建材の接着剤に含まれるホルムアルデヒドが原因物質のひとつとされている。

 世界保健機関(WHO)の飲料水水質ガイドラインは、ホルムアルデヒドを1リットル中0.9ミリグラム含む水を1日2リットル、何十年間も飲んでも「明らかな発がん性は示さない」としている。厚生労働省は2003年に、このガイドラインを基にさらに約10倍厳しい水質基準(1リットル当たり0.08ミリグラム)を策定した。「基準値を超えた水を仮に3、4日飲んだとしても健康に影響はない」(健康局水道課)としている。富山大の田口茂客員教授は「この状況が何年も続けば問題だが、短期的に摂取しても心配は要らない」と話している。

 群馬県
 利根川水系の浄水場で有害物質のホルムアルデヒドが検出された問題。5月19日、関東3県で取水停止措置が相次ぎ、千葉県では断水になる地域も出るなど生活への影響が広がった。原因となる化学物質を扱う事業所が群馬県の利根川支流にあることも判明したが、これだけ広範囲で検出されるのは珍しく、関係自治体は汚染源の特定を急いだ。

 「一体何が起きたのか」。群馬県では県水道課の職員が原因特定に追われた。数日前から東部地域水道浄水場(千代田町)でホルムアルデヒドが検出されており、5月19日に利根川をはじめ、支流の烏(からす)川(高崎市)、鏑(かぶら)川(同)、鮎川(藤岡市)など計8地点で採水し検査会社に調査を依頼した。

 烏川周辺には、塩素と反応してホルムアルデヒドを生成する化学物質ヘキサメチレンテトラミンを扱う事業所が複数あるという。県水道課では「浄水場で水道水を作る際に消毒のために混ぜる塩素が、上流から流れてきた何かの物質と化学反応を起こしてホルムアルデヒドになったのではないか」と推測する。(2012.5.19 産経news)

 埼玉県
 一方、埼玉県では行田浄水場(行田市)で取水制限を行ったが、川の水質改善が確認されたため、5月19日午前5時には解除。結果的に生活時間帯にはほとんど影響がなかった。その要因について県は、国土交通省が18日夜から利根川上流の2カ所のダムを放流し、利根川の流量が通常のほぼ倍になったことによる影響が大きいと分析している。

 埼玉県では平成15年11月、行田浄水場で処理後の水から微量のホルムアルデヒドが検出されたことがある。このときは利根川支流にある県内の化学薬品工場の排水にホルムアルデヒドの原因物質のヘキサメチレンテトラミンが含まれていることが判明した。

 こうした経験に基づき、埼玉県は当初から、今回も化学系の工場からヘキサメチレンテトラミンが流出していると推測。19日には利根川水系での水質調査で群馬県内を流れる烏川沿いを割り出した。

 厚生労働省によると、ホルムアルデヒドは、草や藻などの有機物(アミン類)が含まれた水を塩素消毒すれば発生するため、浄水場で検出されること自体はめずらしくない。しかし、同省は「基準値を超えるホルムアルデヒドが広域で長期間検出されるのは初めてではないか」と話している。(2012.5.19 産経news)

 ホルムアルデヒド
 ホルムアルデヒド (formaldehyde) は有機化合物の一種で、最も簡単なアルデヒド。毒性は強い。分子式は CH2O。酸化メチレンとも呼ばれ、IUPAC命名法では メタナール (methanal) と表される。CAS登録番号は [50-00-0]。
 触媒存在下にメタノールを空気酸化して得られる。さらに酸化が進むとギ酸となる。融点 −92 ℃、沸点 −19.3 ℃、分子量 30.03である。刺激臭を持つ無色の気体である。

 水などの極性溶媒に可溶で、37% 以上の水溶液はホルマリンと呼ばれる。ホルムアルデヒド及びホルマリンを含むホルムアルデヒド水溶液は、毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されている。簡単に重合し、無水のものはトリオキサン (CH2O)3、水溶液からはパラホルムアルデヒド HO(CH2O)nH を生ずる。
 フェノール樹脂、尿素樹脂などの原料としても広く用いられる。ホルマリンの2008年度日本国内生産量は 1,128,801 t、工業消費量は575,633 t である。
 人体へは、粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こす。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を生ずる。
  接着剤、塗料、防腐剤などの成分であり、安価なため建材に広く用いられている。しかし、建材から空気中に放出されることがあり、その場合は低濃度でも人体に悪影響を及ぼす、いわゆる「シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つとして知られる。現在、建築基準法によりホルムアルデヒドを放散する建材の使用制限が設けられている。建材には、放散量によって最低F☆☆☆☆から最高F☆までのランクがある。
 1948年10月30日から1990年11月22日まで農薬登録を受け、殺菌剤として稲のいもち病やジャガイモの黒あざ病防除に種子消毒の形で使用された。WHOや厚生労働省により 0.08 ppm の指針値が設けられている。現在のところ、性能規定や指針値を超えた場合の罰則等はない。ホルムアルデヒドはWHOの下部機関である国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され、発癌性があると警告されている。(Wikipedia)

ホルムアルデヒド シャットアウト 300ml
クリエーター情報なし
さいと
「分解式。」 黄色ぶどう球菌や大腸菌O-157、肺炎かん菌、サルモネラ菌、MRSAに静菌活性値5以上。トイレ臭ペット臭タバコの臭いや濡れ雑巾の臭い・・・ホルムアルデヒドも分解。
クリエーター情報なし
株式会社 ナチュラ

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please