九州で「絶滅」のはずが
 九州では絶滅したといわれている野生のツキノワグマ。だが近年、大分、宮崎、熊本の県境の山奥などで「クマのような」大型動物の目撃情報が寄せられ、研究者らでつくるNGO「日本クマネットワーク」が25年ぶりに本格的な生息調査に乗り出した。「ネットワーク」は「中身のある調査結果が出るのでは」と意欲満々だ。
 調査は6月8日から開始。大学の研究者や地元猟友会会員の計約40人が参加し、10日まで宮崎・大分両県にかかる祖母(そぼ)・傾山(かたむきさん)山系の登山道や林道周辺を対象に、クマのふんや食べかす、つめ痕などの生息痕跡を探す。更に、赤外線センサー搭載の自動撮影カメラ約40台を長期にわたって設置する。
 九州最後のクマは、1987年に大分県豊後大野市の山中で射殺されたツキノワグマと言われている。だが「ネットワーク」によると2010年11月、古祖母(こそぼ)山で登山をしていた男性が黒くて大きな動物を目撃し、うなり声を聞いた。2011年10月には、隣の祖母山中の尾根道で登山中の女性が大型動物に遭遇し、後ろ脚で立ち上がる姿を目撃したという。調査対象地域はブナやミズナラなどの自然林が残り、人の手があまり入っておらず「クマが生息していてもおかしくない」という。



 一方、1987年に射殺されたクマの遺伝子は福井、岐阜両県に生息するものに近いと学会で発表され、九州外から持ち込まれたとの見方が有力だ。だが「ネットワーク」は「元々九州にいたとされる野生のツキノワグマの遺伝子の型が明確になっていない。今回、九州に残る古いクマの剥製や骨などからDNAの型も調べたい」としている。 
 
 宮崎県高千穂町で10年以上、クマを追っている写真家、栗原智昭さん(46)は「クマの研究は本州、北海道が中心で本格的な調査が九州に入ることは非常に画期的なこと」と期待する。3県の自然保護担当課は「関心を持って経緯を見守りたい」と話している。(毎日新聞 6月10日)

 ツキノワグマとは?
 ツキノワグマ(月輪熊、Ursus thibetanus)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科クマ属に分類される食肉類。別名アジアクロクマ、ヒマラヤグマ。体長120~180センチメートル。尾長6~11センチメートル。体重オス50~150キログラム、メス40~90キログラム。肩が隆起せず、背の方が高い。全身の毛衣は黒いが、赤褐色や濃褐色の個体もいる。胸部に三日月形やアルファベットの「V」字状の白い斑紋が入り、旧属名Selenarctos(月のクマの意)や和名の由来になっている。
 
 眼や耳介は小型。乳頭の数は6個。森林に生息する。夜行性で、昼間は樹洞や岩の割れ目、洞窟などで休むが果実がある時期は昼間に活動することもある。夏季には標高3,600メートルの場所でも生活するが、冬季になると標高の低い場所へ移動する。
 食性は植物食傾向の強い雑食で、果実、芽、昆虫、動物の死骸などを食べる。
 繁殖形態は胎生。シベリアの個体群は6~7月、パキスタンの個体群は10月に交尾を行う。主に2頭の幼獣を産む。授乳期間は3か月半。幼獣は生後1週間で開眼し、生後2~3年は母親と生活する。生後3~4年で性成熟する。寿命は24年。飼育下の寿命は約33年。

 家畜や人間への被害例もある。少なくとも亜種ニホンツキノワグマは主に6~7月にカラマツ、スギ、ヒノキなどの直径15~20センチメートル以上の針葉樹の樹皮を剥いで形成層を食べるため、植林した針葉樹を食害する害獣とみなされている。全周剥皮では枯死、部分剥皮では剥皮が大規模なら衰弱、また腐食などにより材木の価値が下がるなどの被害が生じる。樹皮剥ぎの理由はよく分かっておらず、樹液による栄養補給、餌であるニホンミツバチの巣となる樹洞の形成のため、縄張りのマーキング、繁殖行動のためのメスの誘引などの説がある。樹皮剥ぎの被害は、従来は西日本の太平洋側が中心と言われてきたが、近年では西日本の日本海側や東北地方でも深刻なことが確認されている。 参考 - ツキノワグマによる林木剥皮被害(森林総合研究所関西支所年報 第38号)また、未だ多数の支持を得るには至ってはいないが、多く植えられたスギの木を、森の生態復元のために減らそうとしている、冬眠穴になる樹洞を形成するために行っている、などという説もある。

 開発による生息地の破壊、毛皮や胆嚢、手目的の乱獲、駆除などにより生息数は減少している。アフガニスタンでは見られなくなり、バングラデシュや朝鮮半島では絶滅の危険性が高い。保護の対象とされることもあるが密猟されることもあり、中華人民共和国や朝鮮半島へ密輸されているとされる(国際的商取引は禁止されているが、例として1970~1993年に大韓民国へ2,867頭が輸入された記録がある)。旧ソビエト連邦での1970年代における生息数は6,000~8,000頭、1985年における生息数は4,600~5,400頭と推定されている。

 中華人民共和国での1995年における生息数は12,000~18,000頭と推定されている。日本では九州の個体群は捕獲例が1941年、確実な目撃例が1957年以降はなく絶滅したと考えられている。1987年に捕獲例もあるがミトコンドリアDNAの分子系統学的解析から、琵琶湖以東の個体あるいは琵琶湖以東の個体に由来する個体が人為的に移入された後に捕獲されたと考えられている。だが近年においても祖母・傾山系や九州山地では目撃例が多々あり、生存している可能性もある。(Wikipedia)

 絶滅のおそれのある地域個体群(環境省レッドリスト)
 日本国内における個体数は、10,000頭前後と推定されていた。しかし堅果類の凶作年の2004年に約2,300頭、2006年に約4,600頭のクマが捕殺された後も、大量に目撃されていることから実態数は不明である。2010年の大量出没年の際に朝日新聞が、各都道府県の担当者に聞き取り調査を行った数では16,000頭~26,000頭と幅が大きい上、数十頭の個体数と考えられていた岡山県などで推測数の半分近くが捕獲される例が相次ぎ、誤差の大きさをうかがわせている。

 これは、平均生息密度が1平方kmあたり1頭以下と極めて低いことなどに理由があり、個体数の推測に用いる区画法、ラインセンサス法、ヘアートラップ法などでは限界があるためである。

 上記の樹皮剥ぎをスギやヒノキ等、造成林で行うことによって発生する林業被害や、果樹や農作物、養蜂、家畜及びその飼料を食害するなどの農業被害が存在する。また、個体そのものに遭遇し、危害を加えられるケースもある。そのため、日本では本種は危険動物として認識されている。出没は森林内はもとより、森林と人間の居住エリアとの境界付近で、出遭い頭であることが多い。

 こうした場所に行くときは、聴覚が鋭いクマの特性を利用して、よく鳴る笛や鈴を必ず携行するなど、人間の存在をクマに知らせることが重要である。また、クマは背中を見せて逃げるものを追う習性があるため、出遭ってしまったときは、静かに後ずさりすべきである。 なお、熊は死肉を食す習性もあり、遭遇したときに死んだふりをするというのは、イソップ寓話『熊と旅人』の話の一部であり、自ら死を招くような行為である。(Wikipedia)

 さまざまなクマの仲間
 最大種はヒグマもしくはホッキョクグマで体長300cm、最小種マレーグマでも体長100~150cmとネコ目内でも大型種で構成される。一般に、密に生えた毛皮と短い尾・太くて短い四肢と大きな体、すぐれた嗅覚と聴覚をもつ。
 
 頭部が大きいわりには目は小さく、耳も丸くて短い。視力は弱い種が多いが、聴覚・嗅覚は鋭い。顎が発達しており、犬歯も大きいが、ネコ目の多くが、臼歯(きゅうし)が肉を切り裂くための裂肉歯に変化しているのに対し、クマ科では裂肉歯が植物などをすりつぶすのに適した、短くて扁平なものに二次的な変化を起こしている。歯式は3/3・1/1・4/4・2/3=42(本) ・乳頭式は2+0+1=6(個) のものが一般的(アカグマの上顎門歯は2本)、寿命は25年から40年の種が多い。
 
 四肢は力強く、筋肉質でがっしりとしている。前後の肢は幅が広く、その先には長く湾曲した鉤爪を備えた5本の指を有しており、この鉤爪は引っ込めることができず、木登りや穴掘りに優れた形状をしている。また前肢後肢とも、足の裏の大部分がネコ目の特徴である毛の生えていない肉球形状であり、踵を地面につけて歩く蹠行性動物である。
 
 主に山岳地帯や森林に生息するが、ホッキョクグマは氷原に生息する。秋期に豊富に栄養を摂って、冬季に冬ごもりを行う種もいる。冬眠中のクマは体温が下がり、呼吸数や心拍数が減るとともに、餌や水を口にしなくなるだけでなく、排泄や排尿も見られなくなる。主に植物食傾向の強い雑食だが、ホッキョクグマ(アザラシ等)やヒグマ(サケ等)、ナマケグマ(シロアリ等)は動物食傾向が強い種も存在する。
 
 成獣の雌は7-8か月の妊娠期間を経て、約1-4子(平均で約2子)を出産する。冬ごもりを行う種は冬ごもり中に幼獣を産む。

 ヒグマ ツキノワグマ マレーグマ ジャイアントパンダ クマ科は、イヌ科やアライグマ科と比較的類縁関係が近いとされる。パンダ類の分類については諸説あり、パンダ科として独立させたり、レッサーパンダをアライグマ科に含めるなどされてきたが、DNA分析による結果から、ジャイアントパンダはクマ科に含まれ、レッサーパンダは独立のレッサーパンダ科とする考え方が有力となっている。 3亜科の関係は、ジャイアントパンダ亜科が離れており、クマ亜科とメガネグマ亜科が近縁である。そのため、ジャイアントパンダ亜科を別科とする、あるいは、メガネグマ亜科をクマ亜科に含めることがある。(Wikipedia)

動物地球遺産 ~絶滅危惧種・珍獣たちのビジュアル博物館~
クリエーター情報なし
シンフォレスト
ナショナル・ジオグラフィックの絶滅危惧種写真集 (P-Vine Books)
クリエーター情報なし
ブルース・インターアクションズ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please