水清ければ魚棲まず?
 「水清ければ魚棲まず」というのは「ことわざ」で、「あまり清廉すぎると、かえって人に親しまれない」という意味だが、本当に水がきれいになり過ぎて、魚が住めないということが起きている。
 
 場所は瀬戸内海。魚介類の漁獲量が減り続け、ピーク時の4分の1まで落ち込んでいるという。水質改善が進んだことで、植物プランクトンを育てる窒素やリンなどの「栄養塩」が減り過ぎたことが一因と分析する研究者もおり、国も実態解明に乗り出した。以下は8月26日の読売新聞記事である。

 関西空港に近い泉佐野漁港(大阪府泉佐野市)。瀬戸内海での8時間の底引き漁から戻ってきた男性(38)は、浮かない表情を見せた。この日はカレイやヒラメ、エビなどが取れたが、数はどれも少ない。
 
 「10年前は1日に7~8万円分の水揚げがあったのに、今は2万円程度。船の燃料代も高いし、ほとんどもうけはない」


Eutrophication

 農林水産統計などによると、瀬戸内海の漁獲量は1982年の46万トンをピークに減少し、2010年は17万5000トンまで落ち込んだ。80年代に比べ、カレイ類が2分の1、イカナゴは6分の1に。アサリ類は約190分の1に激減した。

 漁師の多くは船やエンジンの買い替えを先延ばしし、夜間、アルバイトで収入を補う若手もいる。大阪府内24漁協が加盟する府漁業協同組合連合会の松林昇会長は「このままでは瀬戸内海の漁業は終わってしまう」と危機感を募らせる。

 窒素量6割減
 漁獲量減少の原因として、漁師が口をそろえるのは「海がきれいになり過ぎて、魚がいなくなった」ということ。兵庫県立農林水産技術総合センター・水産技術センターの反田実所長は「海水中の栄養塩が減り、海が『貧栄養化』してきたためでは」と指摘する。

 瀬戸内海では高度成長期、工場排水や生活排水に含まれる栄養塩で富栄養化が進み、赤潮の被害が頻発。このため国は、1979年施行の「瀬戸内海環境保全特別措置法」(瀬戸内法)で工場排水制限や下水道整備などを進め、2001年には窒素やリンの総量規制も定めた。

 その結果、1983年に1リットルあたり0・34ミリ・グラムだった海中の窒素量は、昨年は0・14ミリ・グラムにまで減少。海水の透明度も大阪湾で3メートルから6メートルに広がった。

 因果関係は明確ではないが、漁獲量の減少は水質改善と並行して進む。

 窒素などを吸収して育つ養殖ノリが、栄養塩不足で黄色く変色する「色落ち」が兵庫、岡山、大分県などで頻発。大阪府南部では、魚のエサ場や産卵場になる海藻類が生えず、岩場がむき出しになる「磯焼け」もみられる。(2012年8月26日11時11分 読売新聞)

 危機感
 沿岸自治体も危機感を強め、13府県20市で作る「瀬戸内海環境保全知事・市長会議」は昨年12月、総量規制の見直しなど「栄養塩の削減から適正管理への転換」を環境省に要望した。

 同省は「栄養塩と漁獲量の相関関係ははっきりしない」としながらも、栄養塩の流れの把握や管理を目指す「海域の物質循環健全化計画(海域ヘルシープラン)」策定に向け、播磨灘北東部をモデル地域に指定。汚水浄化センターの処理能力を弱め、窒素の流入量を増やす実験を行っている。

 昨年12月からは、13府県の漁業関係者や専門家へのヒアリングを実施。水産庁も、栄養塩の流れや循環の実態を瀬戸内海東部海域で調査している。

 栄養塩とは、窒素やリンなど富栄養化の原因となる物質の総称で、ノリやワカメなどの海藻類や植物プランクトンを成長させる。増えすぎると赤潮が発生し、逆に不足すると植物プランクトンが減少して、二枚貝類や稚魚などの生育に影響する。(2012年8月24日 読売新聞)

 海の「富栄養化」と「貧栄養化」
 富栄養化とは、主に人間活動の影響により、水中海や湖沼・河川に、窒素化合物やリンなどの濃度が上昇すること。富栄養化の要因は下水・農牧業・工業排水など多岐に渡る。このような富栄養化は生態系における生物の構成を変化させ、一般には生物の多様性を減少させる方向に作用する。極端な場合では赤潮や青潮などの現象を二次的に引き起こす為、富栄養化は公害や環境問題として広く認識されてきた。

 瀬戸内海でも戦後の経済発展にともなって噴出した公害問題。窒素やリンなどの富栄養化が原因で海や湖沼で発生した赤潮は、多くの映像が衝撃を与えた。原料にリンを使う合成洗剤がやり玉に挙がり、メーカーは代替品開発を迫られた。それ以前の公害は企業側に原因があったのに対し、赤潮問題は生活水準の向上による栄養塩の過剰流出にも起因した。

 豊かさを求めた消費者の行動が加害者になりかねない新しいタイプの環境問題の先駆けでもあった。赤潮対策として、政府は1978年に水質汚濁防止法を改正、水質規制の強化に乗り出した。その効果もあって、最近は赤潮および青潮が話題になることは少なくなったが、逆に瀬戸内海では陸域からの栄養塩が減少する「貧栄養化」を引き起こし、ノリ養殖や漁業に打撃を与えている。

 栄養塩が減ったことで、植物プランクトン生産量が低下したことが原因のようだ。赤潮対策によって「きれいな海」が戻ったが、これは「豊かな海」ではなかった。地元では肥料添加に加えて、下水処理緩和運転やダム放水で栄養塩を増やし、豊かな海を取り戻す努力を重ねている。ただ東京湾ではいぜん富栄養化状態にあり、規制が必要という。自然を相手にする環境対策、一律には進まない。多くの要因の重なる温暖化対策は試行錯誤が続きそうだ。(化学工業日報 2011年11月17日)

 「磯焼け」は地球温暖化も関係?
 浅海の岩礁・転石域において、藻場(海藻群落)が平年的な季節的消長や年変動の範囲を大きく逸脱して著しく衰退・消失し、貧植生状態となる現象を磯焼けといい、回復までに長い年月を要することもある。

 貧植生状態は様々な景観を呈し、無節サンゴモなどが優占する場合、裸地に近い場合、多少とも(あるいは季節を限って)直立海藻が生育する場合などがある。貧植生状態は、藻場の沖側から岸側に向かって拡大することが多いが、藻場の岸側や中帯域で発生したり、スポット状に認められたりすることもある。

 藻場は多くの生物の生活の場であり、漁場ともなっている。したがって、大規模な磯焼けが長期間持続すると、海藻が採取できなくなるだけでなく、アワビ、イセエビなどの磯根資源も減少するので、沿岸漁業、ひいては漁村経済に与える影響も大きい。

 磯焼けは少なくとも江戸時代には知られており、磯枯れとも呼ばれていた。明治・大正期の海藻学者、遠藤吉三郎が伊豆半島東岸の漁民の方言であった磯焼けの語を初めて学界で用いて以来、全国的に広く用いられるようになった。彼は、磯焼けの原因を山林の伐採に起因する出水に求め、淡水流入による急激な塩分低下を重視した。代表的な国語辞典「広辞苑」でも最新版に至るまでこれに基づく説明がなされているが、昨今、さまざまな原因が考えられている。

 現在、磯焼けの発生・持続要因として考えられているのは、気象・海況の変化に伴う水温の上昇・貧栄養化・台風発生時の激浪、ウニ・魚類など藻食動物による摂餌圧の増大、生活・産業排水の流入に伴う汚染・富栄養化・照度低下・浮泥堆積などである。これらの要因が単独または複合して影響を及ぼし、生えていた海藻が枯れる、食われる、剥ぎ取られる、あるいは生えにくくなることによって貧植生状態となる。

 各地の磯焼けは、地形、海洋学的特性、生物の種組成、沿岸の歴史(漁業・生活・陸域保全など)などによって実態が異なり、すべての磯焼けを単一のモデルで理解することは難しい。国内において広域的に問題となるのは、北日本ではキタムラサキウニ、南日本ではアイゴやブダイの摂餌圧の増大、太平洋岸では黒潮や親潮の流軸の離接岸などで、近年は地球温暖化に伴う沿岸水温の上昇も懸念されている。

 外国においても、ウニの摂餌圧増大、エルニーニョ発生、沿岸の富栄養化・汚染による磯焼けが各地で知られている。磯焼けの実態にもよるが、低水温で栄養塩が豊富な海洋深層水は、水温抑制や栄養塩添加に有効で、屋外流水培養による基礎研究、海域への放水による局所的な藻場形成などに期待がかかる。 (海洋深層水利用学会 第5巻、第1号、2001年)

参考HP 海洋深層水利用学会: 磯焼け Wikipedia:富栄養化

森が消えれば海も死ぬ―陸と海を結ぶ生態学 第2版 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
藻場を見守り育てる知恵と技術 (磯焼け対策シリーズ)
クリエーター情報なし
成山堂書店

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please