日本列島2個分減少
 宇宙航空研究開発機構は9月20日、北極海の海氷面積が9月16日、昨年までの最小記録だった2007年9月24日の425万平方キロ・メートルより日本列島2個分小さい349万平方キロ・メートルになったと発表した。

 宇宙機構の観測衛星「しずく」で確認した。海氷面積はその後、増加に転じており、これが観測史上の最小記録になるとみられる。

 宇宙機構は「地球温暖化の影響が出ている」とみている。北極海では近年、薄い海氷が多く、解けやすい状態だったことに加え、8月上旬に大型の低気圧が発生し、海氷が海水とともにかきまぜられたことで縮小が進んだという。(2012年9月20日 読売新聞)


Arctic_sea

 北極海海氷の観測データ解析結果について
 宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、7月3日から第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)による地球の観測を継続してきた。

 マイクロ波放射計が観測した北極海の海氷データを解析した結果、今年の海氷面積は、8月24日に421万平方キロメートルに縮小し、それまでの観測史上最小記録を更新した。海氷面積はその後も減少を続け、9月16日に349万平方キロメートルを記録した。北極域は、すでに気温低下が始まっており、結氷に伴い海氷面積も増加へと転じていることから、9月16日の面積値がこのまま今年の最小値(観測史上最小記録)になるとみられる。

 今年の北極海氷は、観測史上初めて400万km2を下回り、これまでで最小だった2007年9月の425万km2から日本列島2つ分も小さくなった。これは、1980年代の平均的な面積と比べると、半分以下の小ささにまで縮小したことを意味している。

 北極海の海氷縮小の背景には、1980年代以降増加傾向にある北半球の気温上昇に伴い、海氷厚が徐々に薄くなり、大気場(気温や風)や海水温の影響を受けやすい状態に海氷が変化してきていることがあるとみられる。特に今年は、春の段階で北極海のほぼ半分の海域が薄い一年氷(前年の夏以降に生成した氷)で広く覆われていたこと、また、夏期には大型の低気圧が北極海上空に発生し海氷域を襲っている様子が、衛星画像でも捉えられており、海氷の融解縮小を促進する効果があったものと推定される。

 JAXAでは、今後も「しずく」による北極海氷の監視を続けていき、ウェブサイト等で最新の情報を公開する。(JAXA 2012年9月20日)


 氷の薄さが原因か?
 研究チームによると、これまでの最小記録(2007年9月18日の417万平方キロ)の際は、気象条件が大きな要因だったという。高気圧がこの地域に留まる異常な天候パターンが続き、晴天で日に当たる時間が伸びた結果、氷が解けやすくなった。
 だが今年は様子が異なる。「変化が多い夏だった。氷が元々薄くなっており、天候はそれほど関係ない。夏に解けやすくなる条件が揃っていた」とストローブ氏は話す。

 ストローブ氏のチームではコンピューターによる気候モデルを20パターン以上分析し、地球温暖化が海氷縮小に与える影響を調べた。その結果、1979年以降に観測された縮小に対して人間の活動が原因となったのは約60%、残りが自然の気候変動だという。

「温室効果ガスの観測データを入力せずにシミュレーションを実行すると、どの場合でも氷は縮小しない。現在の状況を予測できるモデルは皆、ガスの影響が及んでいる」とストローブ氏は語る。
 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の気候モデルでも、地球温暖化が続く場合、数十年後の夏には北極の氷が完全に解けると予測されている。

 アメリカ、ラトガース大学海洋沿岸科学研究所の気候研究者ジェニファー・フランシス(Jennifer Francis)氏は、新記録について次のようにコメントする。「想定よりも早く、氷のない北極の夏が訪れそうだ。50年以上先と予測するモデルもあるが、私は今後30年間でいつでも起こりうると思う」。
 ストローブ氏の研究は「Geophysical Research Letters」誌で8月25日に発表された。 (Ker Than for National Geographic News August 29, 2012)


 2007年の北極海の「海氷面積」
 2007年にそれまでの海氷面積の記録をつくったのは、融解を促進する特別な気象条件もそろっていた。2007年の夏は大気循環のパターンが異常で、シベリア東部の北に暖かい南風が吹き込み、それが融解を促した。

 北極海の海氷の減少は、単なる地球温暖化の一現象にとどまらない。海氷はその白さで太陽光線を反射するため、地球を冷却する効果がある。海氷が減少すればその分だけ海洋があらわになり、暗い色合いの海洋は太陽の熱を吸収する。その結果、ますます地球温暖化を加速することになる。

 一方、欧州宇宙機関(ESA)によると、今夏はノルウェー海からシベリア北方を経てベーリング海に至る北極海(北東)航路と、反対側のカナダ北方を経由する北西航路が、初めて同時に数週間開通した。毎年夏に安定して開通するようになると、欧州から日中韓などへの海上輸送が便利になる可能性がある。(2008/10/04 時事通信社)


参考HP 北極海氷のこれまでの衛星画像の解析結果と解説:http://www.eorc.jaxa.jp/imgdata/topics/2012/tp120825.html
北極海海氷モニターについて:http://www.ijis.iarc.uaf.edu/cgi-bin/seaice-monitor.cgi?lang=j
第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1):http://www.satnavi.jaxa.jp/project/gcom_w1/index.html


NHKスペシャル 北極大変動 [DVD]
クリエーター情報なし
NHKエンタープライズ
NHKスペシャル 北極大変動―加速する氷解/資源ビジネスの野望
クリエーター情報なし
日本放送出版協会

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please