生きた化石「ソレノドン」
 ソレノドンという動物をご存じだろうか? 大型のジネズミに似た原始的な食虫類だ。キューバのキューバソレノドンSolenodon cubanusとハイチのハイチソレノドンS.paradoxusの2種でソレノドン科Solenodontidaeを構成する。体長28~33cm,尾長17~26cm,体重約1kg。体はがんじょうで頭部が大きく、吻(ふん)が非常に長い。四肢には5指があり,つめが長い。指だけを地につけて歩く指行性で、ジグザグに進み、決してまっすぐには走らないという。

 食虫類は、昆虫、ミミズなどの無脊椎動物を主食とするが、ネズミなどを食べるものもある。おもに夜行性で単独生活をし、ソレノドン、ブラリナトガリネズミなどは、哺乳類には珍しく毒を持つ。獲物にかみついて顎下腺(がっかせん)から分泌される毒液を注入し、弱らせてとらえる。

 今回、絶滅していたと思われていた哺乳類ソレノドンの捕獲に、日本とキューバの合同調査隊が成功した。キューバの国立公園内で見つけた。ソレノドンは6500万年前から骨格がほとんど変わっておらず「生きた化石」といわれている。9月19日、東京都内で報告会があり、超音波による仲間との交信など、なぞの生態が初めて報告された。


Solenodon

 ソレノドンは、唾液(だえき)に毒があるトガリネズミの仲間で、キューバとハイチなどに生息。先祖は恐竜が全盛のジュラ紀に登場し、指や歯に原始的な特徴を色濃く残す。中でもキューバソレノドンは1830年代に発見されて以来、数十体が散発的に捕獲されただけ。1970年代に絶滅したとされた。2003年に1匹捕獲されたのがきっかけで、本格的調査が始まった。

 今回見つかったのは、キューバソレノドンの雄雌7匹。北海道大などの合同調査隊が3~4月、キューバのフンボルト国立公園内で捕獲した。体長は30センチ前後で、体重は700グラムほど。「キュー、キュー」「フィッ、フィッ」と鳴く。巣穴を前脚の爪で掘ることもわかった。(asahi.com 2012年9月20日)


 キューバソレノドン
 キューバソレノドン(Solenodon cubanus)は、動物界脊索動物門哺乳綱モグラ目(食虫目)ソレノドン科ソレノドン属に分類される哺乳類。
 キューバ東部に生息する固有種である。体長25-31センチメートル。尾長17-25センチメートル。体重0.7-1キログラム。頭部や腹面の毛衣は黄褐色、背面の毛衣は灰褐色や暗褐色。前肢の爪は、指よりも長い。

 生態は、熱帯雨林に生息し、哺乳類としては珍しく唾液に毒を持つ。主に地表棲だが、木に登ることもできる。夜行性。食性は動物食で、昆虫などを食べる。繁殖形態は胎生。1回に1-3頭の幼獣を産む。幼獣は生後数か月は、母親と生活する。

 開発による生息地の破壊、人為的に移入されたノイヌ、ノネコやマングースなどによる捕食などにより生息数は激減している。1890年代から1960年代まで確認例がなかったため絶滅したと考えられていたが、1970年代にキューバ東部で再発見された。

 2012年、キューバと日本の合同研究チームが、同年3月から4月にかけての調査で、キューバ東部において生体個体7匹の捕獲に成功した。今回の捕獲で、毒のある唾液のサンプル採取にも初めて成功している。


 ハイチソレノドン
 ハイチソレノドン(Solenodon paradoxus)は、動物界脊索動物門哺乳綱トガリネズミ目(旧.真無盲腸目)ソレノドン科ソレノドン属に分類される哺乳類。ソレノドン属の模式種。

 ドミニカ共和国、ハイチ、イスパニョーラ島の固有種である。体長28-33cm。尾長22-25cm。体重0.7-1kg。ソレノドン科のみならずモグラ目最大種。背面は灰褐色、腹面は黄色味を帯びた体毛で覆われる。尾には体毛がなく灰色で、基部と先端が白い。

 鼻は軟骨質で突出する。鼻は頭骨と特殊な関節(球窩関節)により結合し可動性があり、狭い隙間に入れて獲物を探したり獲物を押さえつけて捕食することに役立つ。哺乳類としては珍しく唾液には毒が含まれており、獲物を動けなくして食べやすくするのに役立つと考えられている。毒性の唾液は下顎第2門歯の基部にある腺から分泌される。
 熱帯雨林に生息する。主に地表棲だが、木に登ることもできる。夜行性で、昼間は岩の隙間や樹洞などで休む。食性は動物食で、昆虫類や動物の死骸などを食べる。獲物を探知すると高速で詰め寄り、前肢で押さえつけて捕食する。狭い場所にいる獲物は鼻を指しこんで獲物を探し、前肢の鋭く長い鉤爪で狭い隙間や地中の獲物を引き出し捕食する。

 繁殖形態は胎生。1回に1-2頭の幼獣を産む。幼獣は生後2か月ほどは母親の乳首に噛みつき引きずられながら移動する。人間が持ちこんだノイヌやノネコなどによる食害、クマネズミなどとの競合により生息数は激減している。ドミニカ共和国では生息地を保護区としている。(Wikipedia)


世界珍獣図鑑 (オリクテロプス自然博物館シリーズ)
クリエーター情報なし
人類文化社
世界の果てまでイッテQ!珍獣ハンターイモトの動物図鑑 (日テレbooks)
クリエーター情報なし
日本テレビ放送網

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please