マイコプラズマ肺炎が流行中
 昨年、全国的に大流行した「マイコプラズマ肺炎」だが、今年はその患者数をすでに超え過去最高を記録している。マイコプラズマか風邪かは、普通の人には判断できない。普通の肺炎とどこが違うのか?

 マイコプラズマ肺炎は細菌による呼吸器系感染症。長引く(約1カ月)乾いた咳と発熱が特徴で、治療しないと重症化し、重い肺炎や髄膜炎、脳炎を引き起こす可能性もある。胸の痛みや疲労感を伴うこともあるという。患者のくしゃみやせきを通しての飛沫感染する。

 初期症状が風邪と似ており、潜伏期間は2〜3週間。咳は早朝や就寝時に酷くなることも。患者の8割は14歳以下の子ども。学校や職場など一定数以上が集まる場所で広がることが多く、「風邪を引いて咳をしている人が多い」といった時は疑われる。予防には風邪やインフルエンザと同様に、手洗いとうがいが有効。免疫力を落とさないことも大切だ。

 マイコプラズマ肺炎のピークは12月から1月のため、今後も注意が必要とのこと。治療法や効果的な薬はないのだろうか?

 肺炎には抗生剤や抗生物質が効果的といわれていたが、マイコプラズマは耐性ができやすいウイルスで、あまり効果がないことが最近わかり、新薬の開発が急がれている。死亡の確率は低いのだが、重症化すると髄膜炎や脳炎などいろいろな病気が発症する。


 子供が感染すると、発症までの潜伏期間は2、3週間という。その間、自覚症状がなくて学校に通ったりするわけだから、これは怖い。マイコプラズマの特徴はなんだろう?


 熱が出て乾いた咳をしてタンがでない。そして、胸や背中の筋肉が痛む。ただ、子供によっては熱が出ないというケースもある…という。子どもが学校などで感染し、それが兄弟に広がって、さらに親へとうつって、家族全員がダウンということも少なくない。(2012年10月12日 J-CAST)

 マイコプラズマ肺炎の症状・治療・予防法清益 功浩 小さい子供より、小学校以上の子供に多いマイコプラズマ肺炎。主な症状、治療法、予防法を解説する。最近はマクロライド系抗生剤が効かないマイコプラズマ肺炎が増えているため、注意が必要。


 マイコプラズマ肺炎とは?
 マイコプラズマは正式には「Mycoplasma pneumoniae」という名前の微生物。細菌より小さく、ウイルスより大きく、細菌にもウイルスにもない性質を持っています。ウイルスはヒトの細胞の中でしか増えませんが、マイコプラズマ肺炎はウイルスと異なり、栄養があればヒトの細胞外でも増えていきます。

 また、細菌には体を保つために外側に細胞でいう膜のような壁がありますが、マイコプラズマ肺炎には細菌のもつ壁がありません。ペニシリン、セフェム系などを代表とする抗生物質の多くは細菌にある壁を壊して細菌を殺す作用を持ちますが、これらの抗生物質では壁の無いマイコプラズマに対して全く効果がありません。 この微生物は、気管や喉などの気道に感染することが特徴です。


 マイコプラズマ肺炎の症状
 胸部X線写真では肺は黒くうつりますが、白くなっている部分が肺炎。マイコプラズマ肺炎は主に気道に感染します。呼吸系に感染すると、上気道炎、咽頭炎、気管支炎、肺炎になる。肺炎は、肺炎球菌による肺炎と違うため、「非定型肺炎」「異型肺炎」と呼ばれている。 

主な症状は以下の通り。 ノドの痛み、鼻水、鼻づまり、37℃程度の微熱から39℃以上の高熱、咳、痰のからむ咳(解熱しても1ヶ月近く続く症状)、喘息があると、喘息の悪化、喘鳴(ゼイゼイ・ゴロゴロ・ヒューヒューといった呼吸) 、呼吸がしにくい呼吸困難。乳幼児に感染した場合は風邪程度で済むが、学童期頃になると肺炎を起こす。同じように大人が感染した場合も肺炎になる。


 マイコプラズマ肺炎の感染・潜伏期間
 感染から発症までの潜伏期間は1~3週間ぐらいで、4週間に及ぶこともある。一度流行すると、どんどん拡がってしまい小流行になってしまう。季節では秋から冬に多いのが特徴だ。

 発症年齢は8~9歳がピーク。痰や唾液、咳で人にうつる飛沫感染する。そのため、学校や会社など集団生活している環境で感染が拡がってしまう。年齢的に、小学校や中学校での流行が多い。大人の場合は何回も罹ることで多少の抵抗力がつくが、免疫を長くは維持しにくいのが特徴である。

 マイコプラズマ肺炎の診断
 血液検査で診断できる。少し専門的だが、寒冷凝集反応が陽性になったり、白血球も炎症を示すCRPも細菌感染と違って正常か軽度上昇しているにすぎないので、採取した血液からマイコプラズマ肺炎の抗体を測定する。30分で判る迅速検査もありますが、検査キットを置いていない医療機関もある。痰を培養する検査もありますが、こちらは1週間以上かかる。遺伝子を増やして診断する遺伝子検査は、実施できる施設が限られ、一般的に検査できまなし。

 また、聴診しても肺炎を疑う音を発生しないため、肺炎かどうかは、胸部X線で診断する。本来黒く見える肺が大きく白くなっているが、胸部X線だけではマイコプラズマ肺炎が原因の肺炎を確定することができない。いずれにしても、断定するためには血液検査を行い、マイコプラズマ肺炎に対する抗体を検査するのが確実。


 マイコプラズマ肺炎の治療法
 マイコプラズマ肺炎に効く抗生剤を使用する。子供にとっては苦い抗生剤であることが多いので、飲むのを嫌がる子が多い。アイスクリームなどに混ぜたりするとよい。スポーツ飲料に溶かすとより苦くなるので、注意。

 抗生物質:マクロライド系抗生剤(エリスロシン・クラリシッド・クラリス・ジスロマック・リカマイシン・ミオカマイシン・ジョサマイシンなど) 、テトラサイクリン系抗生剤(ミノマイシンなど) 、ニューキノロン系抗生剤、前述の通り、エリスロシン・クラリシッド・クラリスのマクロライド系抗生剤は、喘息の治療薬であるテオフィリンと相互作用で、テオフィリンの副作用を引き起こす可能性がある。

 最近問題になっているのが、このマクロライド系抗生剤が効かないマイコプラズマ肺炎が増えていること。2000年頃は15%程度だったが、2006年では30%になっている。マイコプラズマ肺炎と診断してマクロライド系抗生剤を使っても、通常のように効きがよくない人が増えた実感がある。1週間以内に限り、テトラサイクリン系抗生剤を使うことが多くなっている。

 テトラサイクリン系抗生剤は、8歳以下の子供に、2週間以上長く使用すると、歯が黄色になったり、骨の発達に影響を受けると言われている。ニューキノロン系抗生剤も、関節への影響から子供にあまり使用されない。副作用に注意して抗生剤を使う必要がある。咳や鼻水・鼻づまりがひどいときには、咳や鼻水を抑える薬や鼻づまりを抑える薬を使う。


 マイコプラズマ肺炎の予防
 マイコプラズマ肺炎は抗生剤で治りますが、予防が重要です。特に流行している時期には、人混みを避けて、十分な睡眠と栄養・うがい・手洗いをすること。家族内で感染しやすい。子供をマイコプラズマ肺炎と診断した時、付き添ってきた母親がひどい咳をしていることがある。その場合はマイコプラズマ肺炎かもしれない。

 以前は、4年毎の夏季のオリンピックの開催年に流行が見られたため、「オリンピック病」と呼ばれたこともあったが、現在では毎年みられるようになった。

 また、一度罹っても一生免疫力がつくわけでなく、何度も感染することがある。このマイコプラズマ肺炎は外来でも治療できるので、必ずしも入院する必要はない。肺炎の中でも、家族の入院負担がまだ少ない肺炎だ。(AllAbout健康・医療)


参考HP AllAbout健康医療:マイコプラズマは胃炎の症状・治療・予防法


アンチウイルスアクア 除菌剤「スプレーと詰め替えのセット」マイコプラズマ,ノロウイルス、インフルエンザウイルスの除菌・消臭
クリエーター情報なし
アンチウイルスアクア
肺炎マイコプラズマとその感染症―知って得する肺炎のお話
クリエーター情報なし
文芸社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please