毎日の緑茶やコーヒー、脳卒中予防に効果
 緑茶とコーヒーには健康効果があると聞いてはいたが、今回「緑茶やコーヒーをよく飲む人は、脳卒中になりにくい」・・・こんな研究成果を国立循環器病研究センターと国立がん研究センターなどのチームが、全国で約8万人を対象にした調査でまとめた。

 緑茶やコーヒーの脳卒中の予防効果を示す研究は過去にもあるが、今回のような大規模調査は初めて。チームは、74~45歳の女性4万4000人と男性3万8000人を平均13年間追跡調査し、これらを飲むと、脳出血や脳梗塞などの脳卒中の発症率が下がるかをみた。

 チームの責任者で、国立循環器病研究センター小久保喜弘・予防健診部医長によると、緑茶を毎日2~3杯飲む人は、まったく飲まない人に比べて14%発症率が低下。4杯以上なら20%下がった。緑茶に多く含まれるカテキンが脳血管を保護するよう働いている可能性があるという。

 一方、コーヒーを毎日1杯以上飲む人は、まったく飲まない人より発症率が20%低かった。コーヒーに含まれるクロロゲン酸の働きで血糖値が改善され、脳卒中の原因の一つである糖尿病の発症を抑えた結果とみている。(2013年3月15日  読売新聞)


 次に2013年3月14日、国立がん研究センターのプレスリリース「緑茶・コーヒー摂取と脳卒中発症との関連について」からの抜粋を掲載する。


 緑茶・コーヒー摂取と脳卒中発症との関連について
 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。これまでに緑茶、コーヒー摂取と病型別脳卒中発症との関係についての研究はほとんどなく、緑茶とコーヒー摂取の組み合わせと脳卒中発症との関係はまだありません。

 そこで、緑茶とコーヒーの摂取と脳卒中および虚血性心疾患発症(心筋梗塞など)との関係を検討することを今回の研究の目的とした。対象者は、平成7年(1995年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、平成10年(1998年)に、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、9保健所(呼称は2013年現在)管内にお住まいだった45~74歳のうち、循環器疾患、がんの既往のない追跡可能な男性38,029人、女性43,949人。その結果を専門誌で論文発表しました。(Stroke 2013年3月14日WEB先行公開)

 緑茶の先行研究では、日に1杯未満の緑茶を基準にして、日に5杯以上緑茶を摂取する群において全死亡と循環器疾患死亡のリスクがそれぞれ15%と26%低いことが報告されています。また、緑茶をよく摂取する群で脳卒中、脳梗塞、脳出血発症のリスクが低いこという報告もあります。緑茶と虚血性心疾患発症については、これまでの研究でも関連を認めませんでした。

 また、ベースライン調査では、コーヒー摂取頻度が高いと糖尿病の既往歴の割合が低い傾向にありました(糖尿病既往歴の割合は、コーヒーを飲まない群で7.1%、日に2杯以上摂取する群において3.5%でした)。糖尿病は脳梗塞の危険因子であり、そのためコーヒー摂取頻度が多いと脳梗塞の発症が低く抑えられていることが推察されます。

 研究の結論、緑茶とコーヒーの摂取の組み合わせで、両者のどちらかの頻度が多いと全脳卒中、脳梗塞、脳出血の発症リスクが低いことが分かリました。緑茶とコーヒーに関しては、緑茶で日に2杯以上、またはコーヒーで日に1杯を摂取することで、脳卒中のリスクが減少する可能性が示されました。

 今回の研究は、脳卒中発症との関連をこれだけ大勢の対象者で検討した初めてのものであり、これまでの研究と同様の結果が得られているものです。(2013年3月14日 国立がん研究センター)


 コーヒーの健康効果
 コーヒーにはカフェインが含まれていますが、血清コレステロールと血圧との関連性にはまだ決着が着いていません。また、コーヒーにはクロロゲン酸が含まれており、血糖値を改善する効果があると言われています。

 ベースライン調査では、コーヒー摂取頻度が高いと糖尿病の既往歴の割合が低い傾向にありました(糖尿病既往歴の割合は、コーヒーを飲まない群で7.1%、日に2杯以上摂取する群において3.5%でした)。糖尿病は脳梗塞の危険因子であり、そのためコーヒー摂取頻度が多いと脳梗塞の発症が低く抑えられていることが推察されます。

緑茶とコーヒーの摂取の組み合わせで、両者のどちらかの頻度が多いと全脳卒中、脳梗塞、脳出血の発症リスクが低いことが分かリました。緑茶とコーヒーに関しては、緑茶で日に2杯以上、またはコーヒーで日に1杯を摂取することで、脳卒中のリスクが減少する可能性が示されました。

この研究で用いたアンケートでは、日本茶(せん茶)と日本茶(番茶・玄米茶)の摂取頻度について尋ねていますが、今回緑茶として分析したのはそのうち(せん茶)のみになります。また、コーヒーについては、コーヒー(缶コーヒー以外)と缶コーヒーの摂取頻度について尋ねていますが、今回分析したのはそのうちコーヒー(缶コーヒー以外)で、カフェインとカフェインレスを分けて尋ねてはいませんので、この点をご留意ください。


 緑茶の健康成分
 毎日かかさず飲んでいる緑茶。ただ単に緑茶といってもいろいろな成分が入っており、多くの効能がある。

 緑茶の渋み成分であるカテキンには、体脂肪低下作用、血中コレステロール低下作用、抗酸化作用、虫歯予防、ガン予防、抗インフルエンザ作用、血圧・血糖値の上昇抑制作用、消臭作用がある。

 緑茶の苦み成分であるカフェインには、疲労感・眠気の除去作用、利尿作用、二日酔い防止、持久力をあげる作用がある。緑茶の旨味成分であるテアニンには、リラックス作用、血圧低下作用、神経細胞保護作用がある。

 ビタミン類にはビタミンC・B2・E、葉酸、Bーカロテンがあり、動脈硬化予防、抗酸化作用、皮膚や粘膜の健康維持等がある。

 そのほかの成分としては、サポニン、フッ素、GABA、ミネラル、クロロフィルがあり、血圧低下作用、抗インフルエンザ作用、虫歯予防、生体調節作用、消臭作用がある。

 これだけの効能がある緑茶はすごい。毎日緑茶を飲んで健康に過ごそう。


 コーヒーの健康効果・楽しみ方
 コーヒーの香りは気持ちのよいものだが、体によい成分が入っている。これには、DNAの酸化や心臓の老化を妨げる抗酸化作用のある物質が300種以上含まれていると言われる。抗酸化物質の効果は1杯のコーヒーでオレンジ3個分も…だが、残念なことに淹れたてのコーヒーの香りだけで、5分もするとその効果が無くなってしまう。 (毎日毎日何杯もコーヒーを淹れている店の人間にとってはうれしい話)

 世界中で愛され、飲まれているコーヒー。近年日本では、コーヒーの飲みすぎが健康に害を及ぼすと言われているが、1日3杯程度であれば、様々な健康効果があることも事実である。

 コーヒーにはナイアシンを含むビタミンB群が含まれている。その他にトリ ゴネリン、有機酸、遊離脂肪酸、たんぱく質(カフェイン、タンニンなど) もある。コーヒーは心臓の働きを促し、血行をよくする為、全身に酸素が 行き渡り、脳の働きが活発になり(覚醒作用)、皮膚もきれいになる美肌 効果もある。

 またコーヒーは、腎臓の働きを刺激し、利尿を促進。 新陳代謝も促進させ、老廃物を体外に排出 する作用がある。 代謝が促進されることで身体の疲労回復の効果もあり、副交感神 経を刺激する為、自律神経のバランスを保ち、頭脳労働の疲労にも効果がある。

 コーヒーを運動前に飲めば、脂肪を分解しエネルギーに変える働きにより、 ダイエットに効果的。しかし、砂糖はその分解の働きを妨げてしまうので 程々にしたい。さらにコーヒーに含まれるクロロゲン酸は、発がん性物質ニトロアミンの 生成を阻止する働きがある為、がん予防の効果も期待できる。

 コーヒーと言えばカフェインが有名だが、そのカフェインは胃液の分泌を 促し、胃の働きを促進させる効果がある。消化を助け、胃がもたれにくく なることから、食後の一杯にうってつけである。ただし、コーヒーは鉄分の吸収を悪くしてしまうので、貧血気味の人は飲みすぎに気を付けたい。

 調べてみると、コーヒーは肉体的にも精神的にも効用のある飲み物で利点は多い。街を歩くとコーヒーショップがあり、日本人にとっては生活の一部になっている。私は胃腸が弱く、ちょっと苦手だったが、香りは好きなので、自分にあった楽しみ方でこれからもつきあっていきたい。


 クロロゲン酸とは何か?
 クロロゲン酸(chlorogenic acid)はコーヒー豆から初めて単離された成分。多くの双子葉植物の種子や葉、中でもナス科・セリ科・キク科などの植物にも含まれている。

 生コーヒー豆には5から10%と最も多く含まれているポリフェノールのフェノール酸系に分類される色素成分である。ちなみに「クロロ」という言葉は「緑」と「塩素」という二つの意味での使われる接頭語で、たとえばクロロフィル(葉緑素)や、クロロホルム(塩素)のようになる。クロロゲン酸は若干ですが緑がかった色であるため、「緑」の「クロロ」が付けられたようだ。

 クロロゲン酸にはキレート作用があり、様々な金属と結合する性質がある。代表的なものには、鉄、銅、アルミニウム、カルシウム、マグネシウムなどがあり、このキレート作用による障害として、体内の鉄分とビタミンB1の吸収阻害が報告されている。また、クロロゲン酸を含むヤーコンのなどの料理では、アルミ製の鍋ではアルミニウムを体内に取り込んでしまうことが考えられるため、アルミ製の鍋は使わないようにしたほうが良い。

 クロロゲン酸の働きには、大腸癌、肝癌、肝硬変などの肝疾患を予防 2型糖尿病の予防効果(血糖値の抑制)活性酸素消去によるコレステロール抑制、胃液分泌を増やす作用、中枢神経興奮作用がある。

 コーヒー豆中に 5%~10% 近く含まれ、含有量はカフェイン(1%~2%)よりも多い。カフェインとともにコーヒー抽出液冷却時に認められる白濁の原因とされる。コーヒー抽出液の味覚における影響は複雑である(濃度その他の条件で渋、酸および甘を示す)。

 抽出時間が長すぎたときに顕われる雑味の原因とされる。 鉄(III) イオンの存在下で緑がかった黒色の化合物となる。アルカリ条件下で橙色を呈する。 ラジカル捕捉能を持つため、抗酸化作用が期待されている。

 糖分の吸収を遅らせる働きを持つ。 ポリフェノールの一種で、タンニンとよく似た働きをする。 コーヒーには4~5%と少ししか含まれていない。焙煎すると、その多くが分解されてしまうが、コーヒーの種類にもより、 個人差があるが大量に摂取すると便秘を起こすとされる。(Wikipedia)


参考HP Wikipedia:クロロゲン酸 国立がん研究センター:緑茶・コーヒー摂取と脳卒中発症との関連

珈琲一杯の薬理学
クリエーター情報なし
医薬経済社
緑茶パワーと健康のサイエンス
クリエーター情報なし
アイケイコーポレーション

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please