がんの「もと」から根絶
 がんが厄介なのは再発する危険があること。抗がん剤治療で消えたように見えても、がん細胞のもとになる「がん幹細胞」がわずかに残っているとがんは再発、転移する可能性がある。

 この幹細胞だけを攻撃して取り除けば良いのだが、健康な細胞との区別がつけづらく難題である。九州大などの研究チームは、抗がん剤が効きにくいがん幹細胞を標的にした治療法を開発、マウスで効果を実証した。論文は18日付の米科学誌キャンサー・セル電子版に掲載される。

  増殖が速いがん細胞は、常に細胞分裂を行っているため、抗がん剤や放射線治療はこの分裂中の細胞を標的にしている。一方、がん幹細胞は増殖が遅く、ほとんどが増殖しない「静止期」にとどまっているため、抗がん剤などは効きにくく、再発のもとになっていた。

 九大生体防御医学研究所の中山敬一教授らの研究チームは、細胞を静止期にとどまらせる遺伝子「Fbxw7」に着目。血液のがんである白血病を発症させたマウスの同遺伝子が働かないように操作したところ、静止期にとどまるがん幹細胞が急減。このマウスに抗がん剤を投与すると、無治療のマウスや、抗がん剤のみを投与したマウスに比べ、生存率が大幅に向上した。


 同様の仕組みは、白血病以外のがんでも予測されているほか、同種の遺伝子はヒトでも確認されている。中山教授は「増えない細胞がなぜ静止期にあるかを突き止め、静止期から追い出して、たたくことができた」と話しており、今後数年をかけて、Fbxw7を一時的に働かなくする薬の実用化のめどを付けたいとしている。(時事通信 2012年3月19日)


 がん幹細胞を発見
 
昨年2012年の8月、がん再発の原因となるとされる「がん幹細胞」が存在する証拠を示す3つの研究結果が、英科学誌ネイチャー(Nature)と米サイエンス(Science)に発表されている。がん幹細胞の存在をめぐってはここ10年ほど研究者の間で議論が分かれてきたが、今回の発見によって新たな治療薬が開発できると研究者らは期待している。

 3つの研究はいずれもマウスを使って実施された。このうち、腸がんに関する研究をサイエンス誌に発表したオランダ・ユトレヒト大学医療センター(University Medical Center Utrecht)研究チームのHugo Snippert氏は、これら3つの研究成果によって、がん細胞に異なる機能を持った階層があることがはっきりと示されたと説明した。中でも「がん幹細胞」は、がん細胞を作り出す工場の役割を担っているという。

 幹細胞は体内のさまざまな組織の元になる若い細胞で、再生医療で注目されている。だが今回、Snippert氏らの研究では、健康な幹細胞が変異して腫瘍の元になる「起始細胞」を生み出すことが分かった。この腫瘍にも幹細胞が含まれており、がん細胞をさらに増殖させるのだという。

 Snippert氏によれば、がん幹細胞は正常の幹細胞と非常によく似ているため、従来の治療法では正常な幹細胞まで損傷してしまう可能性が高い。したがって今後、がん幹細胞の特徴を把握し、これにターゲットを絞った新薬の開発を行う必要があるという。

 一方、完治の望めない脳腫瘍を対象とした米研究チームは、化学療法の後に新しい腫瘍が発生する源となっていると思われる細胞を発見したと発表。「がん幹細胞が存在する証拠」だと述べている。

 また、ネイチャー誌に掲載されたベルギーと英国の合同チームの研究では、皮膚がんの中から幹細胞と似た特徴を持つ腫瘍細胞の亜集団が見つかったという。ネイチャー誌は声明で、「これらの研究を合わせて考えると、がん幹細胞に相当する細胞が存在していることを示す証拠となる」と述べている。(AFP 2012.8.2)


 「がんの再発」について
 がんは1981年以降わが国の死亡原因の第一位となり、その後がんによる死亡者数は増え続けている。最近では、1年間に新しくがんになる患者数は60万人を超え、がんで死亡する人は1年間に30万人以上になっている。これは、がんと診断された人の約半数が治っていないことを意味している。

 がん治療の基本は、早期に発見し、外科手術で悪い細胞を切り取ってしまうこと。手術がうまくいくと患者は病気が治ったと思うが、がんが他の病気(例えば外傷や奇形など)と異なるのは、再発する危険性が残っていること。その理由は、病気の原因であるがん細胞が全身に散らばって無限に増殖する性質を持っているから。

 多くのがん患者が治療のあとも再発を恐れて日々を送っているが、再発の予防を医者まかせにしたり、再発は運命だとあきらめている人も多い。しかし、体にはがんに対する抵抗力や自然治癒力といったいわゆる「抗がん力」が備わっており、この抗がん力を高める方法を活用すれば、がんの再発を自分自身の努力次第で遅らせたり防ぐこともできる。中高年と言われるがん年令の人は、若い人に比べて既に抗がん力はかなり低下しており、がんを発病すること自体が、体の自然治癒力や抵抗力に問題があることを意味している。衰えている抗がん力をいかに高めるかが、再発予防のキーポイントになると言っても過言ではない。

 がん細胞を取り除くことを主眼としている西洋医学には、体の抵抗力や自然治癒力を高めてがんの再発を予防しようという視点は乏しい。むしろ、抗がん剤治療に代表されるように、残ったがん細胞を取り除くためには体の抵抗力や治癒力を犠牲にしても構わないという考え方をしがち。そのような西洋医学の欠点を補い、体の抗がん力を高めてがんの再発を予防しようという目的で、多くの健康食品や自然療法や伝統医学などへの期待が高まっている。これらの治療法が、体の自然治癒力を高めて、病気を予防したり、病気の進展を遅らせる手段として有用であることが明らかになってきた。

 健康食品や伝統医療の他にも、日頃からの食生活や生活習慣を変えるだけでもがんの再発予防に有用な方法はいくつもある。これらの情報は、最近ではマスコミや書籍やインターネットなどから容易に得られるようになった。しかし、自分に必要なものが何かを多くの人は判断できていないのではないか。宣伝で目についたものや人から勧められたものを、正確な情報を得ないまま利用しているのが現状。(体に優しい漢方がん治療)


 がん幹細胞とは何か?
 がん幹細胞(Cancer stem cells (CSCs))は、がん細胞のうち幹細胞の性質をもった細胞。体内のすべての臓器や組織は、臓器・組織ごとにそれぞれの元となる細胞が分裂してつくられる。この元となる細胞(幹細胞)は、分裂して自分と同じ細胞を作り出すことができ(自己複製能)、またいろいろな細胞に分化できる(多分化能)という二つの重要な性質を持ち、この性質により傷ついた組織を修復したり、成長期に組織を大きくしたりできる。

 がんにおいても、幹細胞の性質をもったごく少数のがん細胞(がん幹細胞)を起源としてがんが発生するのではないかという仮説があった。これをがん幹細胞仮説という。がん幹細胞は1997年、急性骨髄性白血病においてはじめて同定され、その後2000年代になって様々ながんにおいてがん幹細胞が発見されたとの報告が相次いでいる。

 がん細胞は、正常な体細胞と比較すると、(1) 高い増殖力、(2) 細胞の不死化(細胞分裂の回数に制限がない)、(3) 周辺組織への浸潤や、体内の離れた部位への転移、という三つの大きな特徴を持っている。

 しかし、がん組織を構成しているがん細胞のすべてが、これらの特徴を兼ね備えているわけではなく、実際にこれらの特徴を併せ持ち、ヒトや動物にがんを生じさせたり、進行させる能力(造腫瘍能)があるものは、全体のごく一部である。これらの一部のがん細胞は、(1) 自らと全く同じ細胞を作り出す自己複製能と、(2) 多種類の細胞に分化しうる多分化能という、胚性幹細胞や体性幹細胞などの幹細胞に共通して見られる二つの特徴を持ち、がん組織中で自己複製により自分と同じ細胞を維持しながら、分化によって周辺の大多数のがん細胞を生み出すもとになっていると考えられている。これらの一部のがん細胞をがん幹細胞と呼び、がんがこの幹細胞様の細胞から発生・進行するという仮説(がん幹細胞仮説)が提唱されている。


 がん幹細胞仮説
 がん幹細胞仮説は、すでに1970年代に提唱されていたが、それを実験的に証明することが技術的に困難であった。しかし、(1) フローサイトメトリーの発展によって特定の細胞集団のみを分離することが可能になったこと、(2) 1960年代以降、正常組織の体性幹細胞が発見され、その特徴の解明が進んだこと、(3) ごく少数のがん幹細胞だけで、がんを発生する実験モデル動物であるNOD/SCIDマウスが開発されたこと、によって、1997年に血液のがんである白血病で、がん幹細胞の存在が証明された。

 その後、トロント大学のグループを中心に白血病のがん幹細胞仮説を基にCD133等の幹細胞マーカーを発現しているがん幹細胞が乳がん、脳腫瘍、大腸癌等で発見された。日本国内では患者組織よりがん幹細胞を同定した報告は少なく、悪性脳腫瘍において岐阜大学のグループが成功している。最も進んでいるのが白血病幹細胞で米国では臨床応用へ向けた研究が進んでいる。がん幹細胞仮説は、がん発生のメカニズムを説明する上で重要な仮説であるとともに、転移のメカニズムや治療方法を考える上でも重要な知見を与えるものと考えられている。

 がん細胞が他の臓器に転移するためには、その細胞が原発巣から遊離するだけではなく、到達した部位で新しくがんを形成する能力が必要となることから、転移においても、がん幹細胞が関与することが示唆されている。また一般的な抗がん剤による治療では、固形腫瘍の縮小が治療の指針とされており、腫瘍の大部分を占める、がん幹細胞としての機能を持たない、分化したがん細胞だけを標的としている可能性がある。

 また一部のがん幹細胞には、薬剤耐性を獲得しているものがあることも指摘されている。がん幹細胞仮説によると、治療によって大部分のがん細胞を除いても、ごく少数のがん幹細胞が生き残っていれば再発が起こりうることになり、これが、がんにおいてしばしば再発が起きる理由だと考えられている。がん幹細胞を標的として除去することができれば、がんの転移や再発の防止にも有用な治療法の開発につながることが期待されている。

 また、逆にがん幹細胞を完全に分化させて、自己複製能を失わせる事が出来れば、がんは摘出手術等により治癒させる事が理論上可能となる。これが癌幹細胞分化療法仮説である。実際、ラットの脳腫瘍細胞株やヒト脳腫瘍幹細胞の中に分化に抵抗性を示す細胞群がいるのは確かなようである。

 がん幹細胞が仮説に過ぎないのは、がん幹細胞を頂点とした階層があるとした場合、最下層の分化したがん細胞がいわゆる先祖帰りをしてがん幹細胞化している可能性が否定されていないからである。特にiPS細胞の開発が先祖帰り説を支持するであろう。つまり分化した細胞を遺伝子操作により幹細胞にもどすiPS細胞の概念は、遺伝子変異によりがん細胞もしくは正常細胞ががん幹細胞化する可能性を含んでいる。


 がん幹細胞仮説の歴史
 がんが幹細胞の性質をもったごく少数の細胞を起源としているという仮説は、1860年代にはすでに存在したが、幹細胞の存在自体が永らく証明されなかった。

 1960年代、ティルとマックロークがマウス骨髄に自己複製能をもった幹細胞がいることを証明し、さらにマウス骨髄移植の実験により、すべての血液細胞が骨髄にあるごく少数の血液幹細胞に由来することを証明したことをきっかけとして、脳や腸、皮膚、乳房などさまざまな臓器で臓器特異的な幹細胞が発見された。正常幹細胞の研究が進むにつれ、正常幹細胞とがん細胞とに多くの類似点があることが判明した。

 例えば、 自己複製能 多分化能 テロメラーゼ活性 抗アポトーシス経路の活性化 細胞膜の担体輸送の活性化 等である。 臓器特異的な幹細胞ががんの起源かもしれないという説や、幹細胞の成熟障害によりがんが発生するという説が唱えられた。

 同時にES細胞や正常幹細胞等の発生・発達に関わるシグナル(Notch, Wnt, Shh etc)ががんの発生増大に関与している事も、がん幹細胞説を支持している。また、がん細胞を試験管内で培養すると、増殖能をもった一部の細胞のみがコロニーを形成することからも、がん幹細胞が存在するのではないかと考えられてきた。

 しかし、多くのがん幹細胞の培養方法は正常幹細胞の培養方法を応用したものであり、この培養方法にマッチした、人工的培養条件に適応した細胞群のみをとらえていると考える事も出来る。現在がん幹細胞の定義は「自己複製」「多分化能」「元のがんと同じ表現型のがんの形成」(マウスへの移植等により)等である。 1997年、ヒト急性骨髄性白血病の白血病細胞のうち、細胞表面にCD34抗原をもちCD38抗原をもたない細胞集団を免疫不全マウスに移植すると、もとの白血病患者と同様の病気を発症することが報告され、このCD34+CD38-細胞はヒト急性骨髄性白血病の幹細胞であると考えられた。(Wikipedia)


参考HP Wikipedia:がん幹細胞 科学技術振興機構:がん幹細胞の撲滅による新しいがん治療法の開発


実験医学 増刊 29ー20―ステムネス,ニッチ,標的治療への理解 がん幹細胞
クリエーター情報なし
羊土社
実験医学 2013年1月号 Vol.31 No.1 がんのheterogeneity―その解明と攻略への次なる一手~微小環境,がん幹細胞,ゲノム変異の統合的理解からがんの“不均一性
クリエーター情報なし
羊土社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please