木の枝が恐竜の化石だった
 「木の枝のようで、化石には見えなかった。一応、怪しかったので職員に聞いて、“化石”と聞いたのでびっくりしました」と発見者の中学1年生、佐々木くんは言った。

 岩手県久慈市の久慈琥珀博物館で、琥珀採掘体験場で琥珀を探していた際に発見した。化石の大きさはわずか長さ3.1センチ、最大幅1.3センチ。普通なら見逃してしまってもおかしくない。

 久慈琥珀博物館は、この化石について早稲田大学国際教養学部・平山廉教授らに鑑定を依頼。その結果、獣脚類(肉食恐竜)の化石とみられることがわかった。8500万年前に生息していた体長約2メートルの小型恐竜・コエルロサウルス類の後ろ足の中指の骨とみられている。岩手県内では初めてで、東北地方でも非常に珍しい発見だという。琥珀で有名だった久慈が、恐竜の化石でも有名になるかもしれない。

 今回のようなケースは、珍しいと思う。まず琥珀発掘の体験場があるということ。そして好奇心の強い中学生が体験したこと。我々大人だと「木の枝だろう」と思ってまず捨ててしまう。そして、近くに恐竜にくわしい学芸員さんがいたこと。そして、専門家の早稲田大学平山教授に鑑定を依頼したこと・・・。


 時・場所・人のお膳立てが整っていないと発見はできない。おそらく、普段歩く道や野山に貴重な化石が落ちていても専門家でも見過ごしているだろう。また、知識のない人が「何だろう」と思って拾っても、相談する術がなければ発見にはつながらない。私も子供に一見すると変わった石の名前を聞かれたことがあるが、何も答えられなかった。今なら迷わず近くの博物館に持っていく。

 理科好きな子供の教育には、純粋な好奇心は大切だ。こういうニュースは他の子供たちの好奇心も高めると思う。

 英国では5歳の少女が新種の翼竜の化石を発見している こちらの方の化石は2009年ホワイト島の海岸で5歳の少女デイジー・モリスちゃんが見つけたもので、推定で1億5000年前のもの。この新種の翼竜はデイジーちゃんの名前にちなんでヴェクチドラコ・デイジィモリサエ(Vectidraco daisymorrisae)と命名されたという。


 中学生発掘の化石、8500万年前の恐竜か
 青森・南部町の中学生が去年5月に岩手・久慈市で発掘した化石が、東北地方では非常に珍しい肉食恐竜のものとみられることがわかった。

 化石を発掘したのは、この春に中学2年になる南部町の南部中学校の佐々木貴杜くん(13)。佐々木くんは去年5月、久慈琥珀博物館の琥珀採掘体験場で、家族5人で採掘体験を行っていた時に化石を見つけた。

 佐々木くん「木の枝のようで、化石には見えなかった。一応、怪しかったので職員に聞いて、“化石”と聞いたのでびっくりしました」

 久慈琥珀博物館は、この化石について早稲田大学国際教養学部・平山廉教授らに鑑定を依頼。その結果、獣脚類(肉食恐竜)の化石とみられることがわかった。

 化石は長さ3.1センチ、最大幅1.3センチで、8500万年前に生息していた体長約2メートルの小型恐竜・コエルロサウルス類の後ろ足の中指の骨とみられている。岩手県内では初めてで、東北地方でも非常に珍しい発見だという。

 肉食恐竜のものとみられる化石が見つかったことで、発掘現場周辺では当時、様々な種類の恐竜や生き物がいたことが推測され、今後、同じ恐竜の他の部分の化石の発掘も期待されている。  化石は30日から、久慈琥珀博物館で一般公開されている。(日テレNEWS24 2013年03月30日)


 コエルロサウルス類とは何か?
 今回発見された、コエルロサウルス類(Coelurosauria)はジュラ紀中期に出現した恐竜。獣脚類・テタヌラ科。この仲間にティラノサウルスやマニラプトル類がいる。

 エコルロサウルス類は、恐竜の小型獣脚類の一グループである。コエルロサウルス類の特徴は三本指の前肢と細長い尾である。またコエルロサウルス類の段階で恐竜は羽毛を持つように進化したとされる。初期の羽毛は繊維状であり保温目的のものであったとする説が有力である。

 コエルロサウルス類はジュラ紀中期にテタヌラ類から分岐した。コエルロサウルス類は元々小型獣脚類であったが、2次的に大型化したグループであるティラノサウルス類が含まれる。またここから分岐したマニラプトル形類は、鳥類により近いもので、分岐分類学的意味では鳥類そのものを含む。

 食性については、従来肉食との見方が強かったが、木の実や草などの植物を食べていた種が多かったことが、アメリカのシカゴ・フィールド博物館の研究チームの研究により判明した(Wikipedia・時事通信2010年12月31日)。

 米シカゴ(Chicago)のフィールド博物館(Field Museum)の研究者らは統計分析を行い、獣脚恐竜の6つの主要系統のうち44種が草食であったことを見出した。獣脚恐竜の90%、特に、始祖鳥および鳥類の祖先とされるコエルロサウルス類は、植物中心の食生活を送っていたとの結論に達した。

 コエルロサウルス類の身体構造には、歯がない、首が長いなど、草食であったことを示す統計的な証拠が20か所以上認められた。これまでは、獣脚恐竜、特にコエルロサウルス類は肉食だったというのが定説だった。

 研究者らは、コエルロサウルス類は雑食性の祖先を持ち、約1億4500万~6500万年前の白亜紀には肉食をやめていたと考えている。

 この時代に草食恐竜の数が圧倒的多数を占めていたことを考えると、肉食のT・レックスやヴェロキラプトルの方が例外的だったと考えるべきだと研究者は指摘している。(AFP 2010年12月21日)


 小型翼竜の新種、5歳の少女が発見
 英国南部の沿岸部で5歳の少女が発見した恐竜の化石について、研究者らは全く新しい種に属したものである ことを明らかにした。化石は2009年ホワイト島の海岸で5歳の少女デイジー・モリスちゃんが見つけたもので、推定で1億5000年前のものとされている。研究の結果、この新種の翼竜はデイジーちゃんの名前にちなんでヴェクチドラコ・デイジィモリサエ(Vectidraco daisymorrisae)と命名された。BBBCが伝えた。

 翼竜は、恐竜と同じ時期に生息していた空を飛ぶ爬虫類の一種だ。このほど新種と判明した翼竜は、発見当時5歳だったイギリス在住の少女、デイジー・モリス(Daisy Morris)ちゃんへの敬意を込め、「ベクティドラコ・デイジーモリサエ」(Vectidraco daisymorrisae)と名付けられた。

 BBCの報道によれば、2008年、当時5歳のモリスちゃんはイギリスのワイト島で散歩の途中に、黒くなった「骨が砂から突き出ている」のを見つけたという(「ベクティドラコ」はラテン語で「ワイト島の竜」を意味する)。ワイト島は白亜紀の堆積層が多く露出し、欧州でも恐竜の化石が豊富な地として知られる。

 モリスちゃんの家族は、この化石をサウサンプトン大学の古生物学者、マーティン・シンプソン(Martin Simpson)氏のところに持って行った。シンプソン氏は同僚の力を借り、これが新種であることを突き止めた。

 カリフォルニア州クレアモントにあるレイモンド・M・アルフ古生物学博物館のアンドリュー・ファルケ(Andrew Farke)氏の解説によると、「翼竜の場合、異なる(種)では、骨格の特定の部位、特に頭蓋骨と骨盤に大きな違いがある」という。ファルケ氏はオンライン科学誌「PLOS ONE」に掲載されたこの新種の翼竜に関する研究論文の編集者を務めている。

 新たに見つかった翼竜は、アズダルコ上科と呼ばれるグループに属している。この仲間について、シンプソン氏と同じくサウサンプトン大学に所属し今回の論文の共著者でもあるダレン・ナイシュ(Darren Naish)氏は、「個人的な意見だが、翼竜の中でも最も興味深いものの1つだ」と、声明の中で述べている。

 「このグループに属する翼竜は白亜紀のみに生息し、すべて歯を持たない。また、その多く(おそらくすべて)は、森林地帯や熱帯雨林、氾濫原といった陸上環境での生活に特に適応していた」。(Ker Than for National Geographic News March 22, 2013)


 翼竜アズダルコ科とは何か?
 翼竜としては最大だった、ケツァルコアトルス(Quetzalcoatlus)が有名だが、この仲間がアズダルコ科。ケツァルコアトルスは中生代の終わり、白亜紀末の大量絶滅期の直前の時代を生きていた翼竜の一種(属)。翼指竜亜目(プテロダクティルス亜目)中のアズダルコ上科- アズダルコ科に分類される。

 約8,400万年前(中生代白亜紀後期カンパニア階)から約6,550万年前(同・末期マーストリヒト階)にかけての約1,850万年を、海進時代の北アメリカ大陸に生息していた。現在知られる限りで史上最大級の翼竜であり、同時に、史上最大級の飛翔動物である。

 属名 Quetzalcoatlus は、アステカ神話に登場する有翼の蛇形の神ケツァルコアトル(ナワトル語: Quetzalcōātl)に因む。 種小名 northropi は全翼機の開拓者ジャック・ノースロップの空気力学に対する功績を讃えての献名。中国語では、Quetzalcoatlus を「風神翼龍」、Quetzalcoatlus northropi を「北方風神翼龍」と呼んでいる。

 最初の化石は、1971年の夏に米国はテキサス州ビッグ・ベンド国立公園内の白亜紀地層を調査中であったテキサス大学の学生ダグラス・ラーソンによって発見された。 それは翼の骨の一部分であり、この生物は翼開長が12mにも及ぶと判断され、1975年、新種 Quetzalcoatlus northropi として記載された。

 加えて、未だ記載の無い種が1996年、同じくテキサスからケルナーとラングストンによって報告されている。 Quetzalcoatlus sp. と仮称されるこちらは、翼開長約5.5m(18ft)と模式種の半分程度の大きさであった。

 また、2002年にモンタナ州のヘル・クリーク累層 (Hell Creek Formation) より発見のアズダルコ類の頚脊柱化石(見本BMR P2002.2)も、ケツァルコアトルス属の1種である可能性ありとされている。推定翼開長約5- 5.5m(16.5- 18ft)。

 ケツァルコアトルスが生息していた地域は、亜熱帯と温帯の海と湿地・ラグーンに満たされていたであろう白亜紀海路(Cretaceous Seaway (Western Interior Seaway))にあたる(化石の分布だけで言えば Western Interior Seaway と重なる)。 当時の大陸の様子はリンク先の画像にて確認のこと。

 本種の出現より約600万年前の約9,000万年前(Late Cretaceous (90Ma))の北アメリカ大陸は白亜紀海路によって中央を分断され、多くの水域が広がっていた。

 中生代が終わる約6,500万年前(K-T (65Ma))の北アメリカ大陸では白亜紀海路が閉じて、現世に通じる一大陸塊となっている。この時期に本種は絶滅した。(Wikipedia)


参考HP Wikipedia:コエルロサウルス類 ケツァルコアトルス National Geographic news:小型翼竜の新種、5歳の少女が発見


ナショナル ジオグラフィック[DVD] スカイ・モンスター 太古の空を支配した―翼竜
クリエーター情報なし
日経ナショナルジオグラフィック社
恐竜の時代―1億6000万年の歴史パノラマ (ニュートンムック Newton別冊)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please