アスタキサンチンに高睡眠効果
 アスタキサンチンというと、ノーベル化学賞を受賞したオーストリアの生化学者、リヒャルト・クーンらによって1938年に発見された物質。高い抗酸化作用で知られている。

 アスタキサンチンは、トマトに含まれるリコピンやニンジンなどのβ‐カロテンと同じカロテノイド(天然に存在する色素成分)の一種で、赤い色素成分。海産物に多く含まれる色素成分である。サケ科など魚類の筋肉の赤色部分、甲殻類の殻、甲殻類を餌とするマダイの体表など、自然界に広く分布している。

 このアスタキサンチンに新たな効果が発見された。それは高い睡眠効果。「アスタキサンチン」と「亜鉛」をマウスに摂取させる試験を行った結果、両成分を同時に摂取することで、高い睡眠改善効果が得られることを、富士フイルムが発表した。


 最近、アスタキサンチンの持つ機能性について数々の研究が行われ、生活習慣病予防効果や、抗疲労作用、抗炎症作用、美肌作用など、健康食品、美容食品の有効な素材として市場に紹介されている。

 特に注目されているのが、その強力な抗酸化作用。アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンEの約550倍から約1000倍、野菜に含まれるβ(ベータ)‐カロテンの約40倍、ブームとなったコエンザイムQ10の約800倍という報告もあり、「自然界最強の抗酸化成分」ともいわれている。

 活性酸素は、細胞や脂質を酸化させ、ガンや動脈硬化など多くの病気に関係していることが明らかにされているが、アスタキサンチンは、動物実験において、ガン細胞の増殖を抑制する効果や炎症反応抑制効果、抗体産生促進効果なども発見されている。


 「ノンレム睡眠」を深くする成分
 睡眠は、深さと特徴により、身体は休息しているのに脳が活動している睡眠を「レム睡眠」、脳の活動も低下している睡眠状態の「ノンレム睡眠」に分類でき、ヒトは眠り始めると、まず深いノンレム睡眠に入り、その後、レム睡眠とノンレム睡眠を、成人では合わせて平均90分のサイクルで繰り返していることが知られている。良く言われる"良い睡眠"とは、寝付くまでの入眠時間が短く、また眠り始めてから最初の約3時間にノンレム睡眠の占める割合が多く、さらに夜中に起きる(覚醒する)ことがない睡眠のことで、良い睡眠をとることにより、寝起きがスッキリするといった効果を得ることができる。

 これまで両者は、両成分を含む食品の人への体感試験を行った際、良く眠れる、寝覚めが良いという体感を得てきており、そうした体感からそれを実際に確かめるべく今回、特定の成分をマウスに摂取させ、「行動量試験」を実施し、非摂取群との比較を行った。

 具体的には、マウスの体重1gあたり「アスタキサンチン46mgと亜鉛73mg」、「亜鉛単成分で73mg」「水(比較対象)」の3種類を、7匹ずつのマウスの群に分け、それぞれに経口投与し、その後、脳波計により睡眠中のマウスの脳波測定を行ったという。

 その脳波計での測定データをもとに、入眠から4時間におけるノンレム睡眠時間の長さを計測したところ、マウスに亜鉛を摂取させると、比較対象である水を摂取させた場合と比べて、ノンレム睡眠時間が約2倍になることが判明したほか、亜鉛とアスタキサンチンを同時に摂取させた場合では、亜鉛単成分よりもノンレム睡眠時間が長くなり、水を摂取した場合と比べて3倍以上、亜鉛単成分に対しても約2倍となり、深い睡眠が得られることが判明したという。

 この結果に対し、研究グループでは、アスタキサンチンと亜鉛の摂取により、視床下部や脳幹などの脳内の睡眠をつかさどる領域に何らかの作用をしているのではないかと推察している。


 アスタキサンチンと亜鉛の相乗効果
 ちなみに、アスタキサンチンは自然界に広く分布している天然由来の抗酸化成分。サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイド(色素)の一種で、トマトのリコピンや人参のβ‐カロテンなどのカロテノイドが活性酸素を消去する抗酸化作用をもつ成分として知られているが、アスタキサンチンは、これらよりも強い抗酸化作用をもつ成分として、注目されるようになってきており、機能性食品の原材料としては、ヘマトコッカス藻あるいはオキアミを原料としたアスタキサンチンが使われているという。

 また、亜鉛は牡蠣、豚レバーなどに多く含まれる成分で、体のさまざまな働きに関与する必須ミネラル16種の1つであるほか、体の中にある酵素の構成成分で、活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれる活性酸素除去酵素の構成成分でもあり、抗酸化作用にも関わりがあることが知られている。

 なお同社では、今回の試験結果から、従来のアスタキサンチンと亜鉛が持つ抗酸化作用とは異なる、効果睡眠改善効果という新たな効果が示されたとしており、今後、アスタキサンチンと亜鉛による睡眠改善メカニズムのさらなる解析を進めるとともに、ヒトでの睡眠改善効果検証試験を実施し、アスタキサンチンと亜鉛の新たな応用を検討していく方針としている。(富士フイルムニュース)


 アスタキサンチンとは何か?
 アスタキサンチン (astaxanthin) は1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質である。β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される。IUPAC名は 3,3'-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4'-ジオン。自然界に広く分布する。甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られる。

 名前はギリシャ語の "yellow flower" に由来するが、実際の色は赤色である。生体内では遊離型、モノエステル型、ジエステル型の3形態が可能であるが、多くは脂肪酸エステル型であり、血漿リポタンパク質と結合した形で存在する。

 甲殻類ではタンパク質(オボルビン、クラスタシアニン)と結合し、カロテノプロテインとして存在している。タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色を呈するが、加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色を呈する。甲殻類を茹でると赤くなるのはこの現象に由来する。

 分子式は C40H52O4 で β-カロチンとほぼ同様の構造であるが、両端のシクロヘキセン環部位の水素がヒドロキシ基(3および3'位)とカルボニル基(4および4'位)に置換している。3および3'位のヒドロキシ基の位置により (3R,3'R) 体、(3R,3'S) 体(meso 体)、(3S,3'S) 体の三種が存在し、さらに分子中央の共役二重結合の cis-, trans- による異性体も存在する。

 また、3および3'位にヒドロキシ基を持たない物質はカンタキサンチン(canthaxanthin, β,β-カロテン-4,4'-ジオン)と呼ばれ、これはフラミンゴが餌から摂取したアスタキサンチンを変換することで生成し、ピンク色の元としている物質である。

 アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化反応から生体を防御する因子として働いていると考えられる。また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われている。(Wikipedia)

 近年、アスタキサンチンの持つ機能性について数々の研究が行われ、生活習慣病予防効果や、抗疲労作用、抗炎症作用、美肌作用など、健康食品、美容食品の有効な素材として紹介されている。

 特に注目されているのが、その強力な抗酸化作用。アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンEの約550倍から約1000倍、野菜に含まれるβ(ベータ)‐カロテンの約40倍、ブームとなったコエンザイムQ10の約800倍という報告もあり、「自然界最強の抗酸化成分」ともいわれている。  活性酸素は、細胞や脂質を酸化させ、ガンや動脈硬化など多くの病気に関係していることが明らかにされているが、アスタキサンチンは、動物実験において、ガン細胞の増殖を抑制する効果や炎症反応抑制効果、抗体産生促進効果などが発見されている。

 このため、活性酸素が原因となるすべての病気の予防、治療への効果が大いに期待されており、研究がさらに進むことによって、健康食品の有効な素材として、さらには新しい医薬品として、さまざまな形で有効活用しようという機運が高まっている。


参考HP 富士フイルム:アスタキサンチンと亜鉛で高い睡眠効果


ネイチャーメイド アスタキサンチン
クリエーター情報なし
大塚製薬
小林製薬の栄養補助食品 亜鉛 徳用 120粒
クリエーター情報なし
小林製薬

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please