春の嵐「メイストーム」
 暖かくなってきたこの4月から5月にかけて、大風が吹き天気が崩れることがある。このような天気を「メイストーム」とよぶ。

 日本海や北日本周辺海域で低気圧が急速に台風並に発達し、広い範囲に荒天をもたらして山や海では登山者や船の遭難事故をしばしば起こすことがある。5月になってこのような低気圧の発達が見られることは少なく、通常は4月いっぱいまでである。

 この言葉の語源となったのは1954年5月9日から10日にかけて北日本近海で急激に発達し、漁船の集団遭難をもたらした低気圧である。華北から日本海に進んできたこの低気圧は、9日9時には988hPaであったが翌10日9時には北海道東方に出て952hPaまで発達した。このため北海道周辺海域では風速15~30メートルの暴風となり、ちょうどサケ・マス漁の時期であったため多くの漁船が出漁中で、361人が犠牲になった。

 最近では2013年4月5日~7日にかけて、日本海側と太平洋側にある二つの低気圧が台風並みに発達しながら北東へ進んみ、6日は全国的に強風が吹き荒れ、局地的に激しい雨が降った。悪天候の影響で航空や鉄道などの交通機関が乱れた。


 JR東海道新幹線は6日夜、神奈川県二宮町の雨量計が規制値に達したため、新横浜―小田原間の上下線で運転を一時見合わせた。

 最大瞬間風速は徳島県阿南市で6日午後2時50分ごろに34.1メートル、福井県敦賀市で同5時ごろに32.2メートルを観測。宮崎市・青島では午前9時10分ごろまでの1時間に92ミリ、和歌山県新宮市では午後4時10分ごろまでの1時間に88.5ミリ、神奈川県海老名市では午後10時40分ごろまでの1時間に102ミリの猛烈な雨が降った。 (時事通信社)

 このような春の嵐はなぜ起きるのだろうか?今回は、春のあらし「メイストーム」について説明する。


 メイストームのおきる理由
 メイストームとは、5月に現れて急激に発達する低気圧のことであり、広い範囲で天気が急激に変わり、荒れた天気となる。また、強い風や高波、大雨をもたらし、各地で被害をもたらす恐れがある。

 では、なぜこの次期にメイストームが発生するのだろうか?それは、南側からの暖気と北側からの寒気がぶつかりあっているから。この次期はちょうど初夏の暖気と冬の寒気がぶつかりあい、空気の温度差がとても大きくなる。このため日本海や北日本に存在する低気圧が急激に発達するため、メイストームが発生しやすい。しかし、必ずこの次期にメイストームが発生するわけではない。年によっては発生しないこともある。

 近年のメイストームは、2012年(平成24年)4月2日に発生、急発達しながら日本海を横断し北海道を通過、4月5日にオホーツク海に達した低気圧は、4月3日から4月5日にかけて九州・四国・本州・北海道に暴風・大雨・高波による災害を発生させた。

 ところで、いつからこのメイストームという言葉が使われるようになったかというと、日本の数値予報グループによって、急激に発達する低気圧をモデルにして数値予報の研究が始められるようになり、その数値予報グループによってこの低気圧は5月のあらしを意味する、メイストームと名付けられ、現在に至っている。

 5月は高気圧に覆われて晴れる日が多く1年で最も過ごしやすい時期だが、このようにメイストームの発生する可能性があり、急激に荒れた天気をもたらす可能性がある。時には、雷雲が発達して、局地的に激しい雷とともに、ひょうが降る可能性もある。山や海等に出かけるときには、最新の気象状況を確認するように注意。低気圧が急速に発達する時や悪天候が予想されるときは、外出を控えるように。


 2012年4月の爆弾低気圧
 4月2日に中国の黄海沿岸部で発生した1008hPaの温帯低気圧は、黄海を東に進み朝鮮半島を横断、日本海上に入った4月3日朝から急速に発達をはじめ、中心気圧が低下していった。3日15:00には972hPaに下がって、1時間に1hPa以上減少する「爆弾低気圧」の定義を満たしたが、3日午前から西日本を中心に暴風雨や高波が強さを増し、東に拡大していった。

 3日21:00には964hPaに低下するが、4日3:00には低気圧東方の閉塞前線上に新たな低気圧の中心が生じ、中心はそちらにシフトしてさらに発達していく。低気圧の中心は北海道を通過し北上、4日15:00に樺太南東沖のオホーツク海上で最低気圧となる950hPaまで発達し、その後緩やかに気圧が上がりながらゆっくりと北東に進んだ。

 低気圧の中心付近や南側・東側の寒冷前線上には発達した積乱雲があり、集中豪雨や突風が発生した。鹿児島県奄美地方、兵庫県南東部・大阪府北部・京都府南部、高知県東部などで集中豪雨となった。また最大風速・最大瞬間風速の大きな地点は低気圧の中心に近い北陸や東北の日本海側や北海道に多かったが、和歌山市、山形県小国町、仙台市、明石市、日光市、八王子市などの内陸や太平洋岸にもみられるなど広い範囲で強風が吹き荒れ、75の観測地点で観測史上最大の風速を観測した。

 低気圧の急発達が予想された4月2日夕方の段階で、気象庁は「台風並み」の暴風や高波になるとして警戒を呼び掛け、物の固定などの飛散防止を事前に行うことや強風が予想される時間帯には「できるだけ外出を控える」よう呼びかけ、これを報道機関でも報じた。

 夕方から首都圏では大規模な鉄道の制限や運休が発生、空でも国内旅客線500便以上が欠航するなどした。首都圏では帰宅ラッシュ時と強風のピーク時間帯が重なることから交通の混乱が予想されたが、前年の東日本大震災や平成23年台風第15号の教訓から早期の「分散帰宅」の動きがみられた。東京都は昼の段階で企業に「一斉帰宅の抑制」を求めるという前例のない措置をとり、他県でも早期帰宅を促す企業があった。そのため、混乱は抑えられたとの報道があった。

 倒れた小屋の下敷きなったり、風にあおられて転落するなどして、日本国内では計5人が死亡したほか、350人以上が負傷した。新潟県では延べ19万世帯で停電、建物被害が約500件、ビニールハウス等被害が約1000件、新潟市西区の国道沿いで電柱約20本が倒れるなどの被害が生じた。(Wikipedia)


参考HP 奈良県地方気象台:メイストームってなんだろう?


気象・天気図の読み方・楽しみ方
クリエーター情報なし
成美堂出版
日本付近の低気圧のいろいろ (新しい気象技術と気象学)
クリエーター情報なし
東京堂出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please