我が家はエコハウス
 風薫る5月、窓を開けると風が心地よい。5月に入ると花粉症の症状も落ち着く。ホッとする季節の到来である。スギ花粉は全国平均で2月中旬から飛散しはじめ、3月から4月上旬までが飛散時期。ヒノキの花粉は5月中旬まで飛散するという。

 毎年我が家では、この時期木製窓のペンキ塗りをする。防虫剤・防腐剤を含んだ、キシラデコールをすべての窓枠に塗っていく。天気の良い日に行うと作業は面倒だが気持ちが良い。

 この木製窓は三重になっていて、断熱性がよく結露もしない。冬は床暖房をつけると、気密性も高く過ごしやすい。いわゆるエコな住宅だ。本来、家に興味がなかったが、家内の勧めで、3年前に家を建ててよかったと思う。

 環境省によると、エコハウスとは、断熱、気密、日射遮蔽、日射導入、蓄熱、通風、換気、自然素材などの「環境基本性能」を確保した上で、必要なエネルギーは、太陽光、太陽熱、風、地中熱、水、バイオマス、温度差などの「自然エネルギー」を上手に生かす技術や工夫をした家のこと。

 我が家も、オプションとして太陽光発電をつけたかったが、予算の関係で難しかった。いずれにしても、エコハウスにすれば快適な暮らしができ、ちょっと豊かな気持ちになれる。世界にはどんなエコハウスがあるのだろう?


 藻で自家発電、最新のエコ建築
 ドイツ、ハンブルクの国際建築見本市で発表された15室のアパート「BIQ」。南面には藻が入った長方形のガラスパネル(バイオリアクター)が設置されており、電力の一部を賄えるという。建築事務所「Splitterwerk Architects」と技術コンサルタント企業「アラップ」がプロトタイプとして制作した。

 パネルには水と栄養分が絶え間なく流れ、藻の成長を促進。設計者によれば、断熱や遮音の役割も果たし、夏場の太陽光を遮る効果が期待できる。繁殖して増えた藻は建物内で発酵させ、生成されたバイオガスで発電機を回し消費電力の一部を賄う。また、パネルで太陽熱を集め、温水を作ることもできる。

 藻から再生可能エネルギーを生み出す研究は長年、世界中で続けられている。藻は成長が速く、栄養分やスペースも少なくて済むなど、再生可能エネルギー源として他の作物よりも優る点があるからだ。

 BIQの設計者は、褐虫藻と共生関係を結ぶサンゴのように、今後は藻をさまざまな方法で利用した建築物が出現すると予想する。

 アラップ社は独創的なコンセプトが特徴で知られ、シドニー・オペラハウスや複数のオリンピックスタジアムの建設にも参加している。(Brian Clark Howard for National Geographic News April 24, 2013)


 エネルギー・ラボ、最新のエコ建築
 ハワイ島のカムエラ(Kamuela)にある、ハワイ・プレパラトリー・アカデミー(Hawaii Preparatory Academy)の校舎、エネルギー・ラボ(Energy Lab)。2010年に完成したこの学習センターは研究所と展示場を兼ねており、環境技術について学ぶため学生たちが通う。アメリカグリーンビルディング協会のLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)認定プログラムで、最高ランクのプラチナを取得。環境に優しい建築物に対する選定基準を設けているプロジェクト、リビング・ビルディング・チャレンジ(Living Building Challenge)の認証も受けている。

 リビング・ビルディング・チャレンジを運営するアメリカのNGO、国際リビング・フューチャー協会(International Living Future Institute, ILFI)のWebサイトには、「最も重要な目標は、環境に配慮した持続可能な生活システムについて次世代を担う学生に理解してもらうことだ」と記されている。

 省エネに優れたデザインを採用したエネルギー・ラボは、太陽光発電施設や雨水を生活用水として利用するための貯水タンクを設置。生産するエネルギーと消費エネルギーの収支を、差し引きゼロにする「ネット(正味)・ゼロ」建築を実現している。FSC(森林管理協議会)認証を受けた持続可能な木材が使われ、健康に有害な化学物質も発生しない。

 ILFIによれば、設計者は“場所に対する思い”を意味するハワイ語「イーケイ('ike)」の概念も重視したという。立地条件は、“周囲の環境との共鳴”。「太陽エネルギーを利用するため南を正面とし、風力発電とパッシブ換気のため強い貿易風を受けるようにした。すぐ隣では持続可能な農業の復活を目指すプロジェクトも進行中で、ハワイならではの景観を保っている」。(Brian Clark Howard for National Geographic News April 24, 2013)


 エコハウスとは何か?
 地域の気候風土や敷地の条件、住まい方に応じて自然エネルギーが最大限に活かされることと、さらに身近に手に入る地域の材料を使うなど、環境に負担をかけない方法で建てられることがエコハウスの基本となります。

 環境省エコハウスモデル事業では、「環境基本性能の確保」「自然・再生可能エネルギー活用」「エコライフスタイルと住まい方」の3つのテーマを基本的な考えとした上で、地域の特性を十分に活かした家づくりを目指しています。

1.環境基本性能の確保
 1)断熱 2)気密  3)日射遮蔽 4)日射導入 5)蓄熱 6)通風 7)換気 8)自然素材 といったことが十分に理解され、実践されていることが基本になります。住まいの基本性能を確保することで、住まいに必要なエネルギーを最小限に抑えることができ、かつ快適な住宅となります。

2.自然・再生可能エネルギー活用
 環境基本性能を確保した上で、必要なエネルギーは自然エネルギーを最大限利用し、なるべく化石燃料に頼らない生活ができることがエコハウスに求められます。地域の特徴をよく読み取り、太陽光、太陽熱、風、地中熱、水、バイオマス、温度差を上手に生かす技術や工夫が大切です。

3.エコライフスタイルと住まい方
 現在人口は減少の傾向にありますが、その反面世帯数が増え、家庭からのエネルギー消費量が増加しています。集まって住むための新しい仕組みづくりや、農地付き住宅のような新しいライフスタイルの提案が住宅を考える上で必要です。日除けのために草木を植えたり、暑い時は窓を開ける、寒い時は一枚着るなど、住まい手の意識や行動も大切です。

4.地域らしさ
 エコハウスがそれぞれの地域で永く受け入れられる、魅力ある住宅であるためには、地域の気候風土、文化に根ざした、地域らしい住宅であることが大切です。その地域らしさは、地域の気候風土、文化などにより長い間培われてきた地域資源でもあります。周辺環境、材料、工法、デザインなど、地域の特色を生かした住宅であることがエコハウスには求められます。(環境省)


参考HP 環境省:ECO HOUSE National Geographic news:エネルギーラボ、最新のエコ建築 藻で自家発電、最新のエコ建築


エアコンのいらない家
クリエーター情報なし
エクスナレッジ
図解 エコハウス (エクスナレッジムック)
クリエーター情報なし
エクスナレッジ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please