福島第一原発事故、農地の除染はどうする?
 東日本大震災は未だ29万8千人(2013年6月現在)の人たちが避難生活を余儀なくさせられている。その中には福島第一原発事故による、放射線物質による大地の汚染で帰れない人も多い。また、多くの農家の人が土地が汚染されていて、生活の糧が得られない状態が続いている。

 土地の除染はどのくらい進んだろうか?土地の除染には、これまで表土を「取り除く」ことを中心に行われてきた。しかし、農地の場合は問題だ。そこには先祖代々受け継いできた、豊富な養分や微生物が存在するからだ。

 放射生物質で問題になるのはヨウ素とセシウムだ。他にも放射背物質はあるが、特にこの2つは人体に蓄積されやすいので問題がある。だが、ヨウ素は半減期が8日と短く現在問題はない。セシウムは半減期が30年と長く100年後も0にならない。

 現在、除染で放射性セシウムを吸収するのにゼオライトが使われている。しかし、たとえセシウムを吸着しても、取り除く時に他の養分やミネラル、微生物などを取り除いてしまっては元も子もない。何とかセシウムを吸着したゼオライトだけ取り除くことはできないだろうか?

 もし、ゼオライトに磁性体を付着することができれば、磁石で回収することができる。そんな夢の技術を、世界で初めて開発した。愛媛大学の逸見彰男教授と青野宏通教授だ。


 愛媛大の人工ゼオライト 福島でセシウム除染の実証実験を開始
 愛媛大学は12日、環境省の委託を受け、福島県で土壌中の放射性セシウムを除去する実証実験を始めたと発表した。同大が作った人工鉱物「人工ゼオライト」を土壌にまき、セシウムを吸着する。既に福島の除染で使われている天然ゼオライトと比べて約3倍の平均吸着能力があるという。2013年度にかけて技術確立を目指す。

 逸見彰男教授を代表とする研究グループが担当する。実験は伊達市と南相馬市の2地点で、東日本大震災後は使われていない農地を使う。

 人工ゼオライトは石炭火力発電所の焼却灰を原料に化学合成して作る。1平方メートルの土壌に20キログラム程度の人工ゼオライトの粉末をまいた場合、土壌中の9割のセシウムは除去できるとみており、効果を実証実験を通じて確認する。

 人工ゼオライトをまいた後の土壌は回収し、現地に設置する機械を通じて人工ゼオライトと土壌に分離する。1日当たり100キログラムの土壌を処理できる装置の開発を進めており、今年度中に現地に投入する。(2012/7/13 日本経済新聞)


 磁性化ゼオライト セシウム90%除染 愛媛大、福島で実証実験
 放射性セシウムの吸着力が強い「磁性化ゼオライト」を開発した愛媛大農学部の逸見彰男教授(65)らのグループは4月17日、福島県内の放射能汚染土壌で実証実験を行った結果、90%前後の高い除染率が確認されたと発表した。

 ゼオライトはセシウムを吸着することから、東日本大震災による東京電力福島第1原発の事故以降、除染剤として注目を集めている。

 逸見教授らが開発した人工鉱物である磁性化ゼオライトは、結晶の穴がセシウムイオンとほぼ同じ大きさの0.36ナノ(ナノは10億分の1)メートルのため、セシウムだけを効率的に集めることができる。また、火力発電所の焼却灰を原料としているため、1キロ200円程度と低コストなのが特徴。

 福島県川俣町と飯館村などで行われた実証実験では、セシウムを吸着した磁性化ゼオライトを取り出すために新たに開発された「磁選機」を投入。  水で撹拌(かくばん)した土壌を磁選機に通したところ、川俣町では土壌1キロあたり1700ベクレルが121ベクレル(除染率約93%)、飯館村では1万3000ベクレルが1360ベクレル(同約90%)となり、いずれも高い除染効果が認められた。(産経news 2013.4.18)


 夢を叶えるならできるまでやるしかない
 逸見教授らは、今年度も同じ場所で実証実験を行い、今回の技術のより効率的、効果的な手法確立をめざす。

 夢の磁性ゼオライトの開発は、2013年6月9日、TBS「夢の扉」で放送、紹介された。開発者の一人、愛媛大学農学部の逸見教授のモットーは「夢を叶えたいなら出来るまでやるしかない」以下はTBS「夢の扉」ホームページからの引用である。(TBS:夢の扉

 『先祖代々受け継がれてきた土地で、もう一度農業を!そして福島を元気にしたい』

 福島では、原発事故から2年以上が経っても、未だに農業を再開できない農家がいる。土壌の除染の中でも、最も難しいとされるのが、“農地の除染”。農地は、養分や微生物に富む「表土」が命。現在行なわれている、表面をはぎ取る除染方法や、深い部分の土と入れ替える方法では、肥よくな土を失ってしまう。

 そんな現状を打破する“夢の技術”が生まれた。肥よくな土を残したまま、放射性セシウムだけを90%以上除去できるという、画期的な技術開発に成功したのが、「人工ゼオライト」研究の第一人者、愛媛大学教授の逸見彰男。

 土の研究一筋、40年の逸見。火山灰土壌で農作物が育ちにくいのはなぜか、という誰も解明してこなかったナゾに挑んで10年。さらに10年をかけて、土壌改良材「人工ゼオライト」を、“廃棄物”の石炭灰から生み出した。

 時に、「研究してもムダ」と批判されても、決してあきらめなかった逸見。『自らの研究を世の中に役立てたい』 強い信念をもって、研究を続けた。

 セシウムを吸着する人工ゼオライト。原発事故後、逸見の研究に一気に関心が高まるが、問題はその回収方法だった。土の中のゼオライトだけを回収するカギは・・・、磁石?

 福島の田んぼで、逸見のゼオライトを使った実証実験が行なわれた。果たして、農家が何十年もかけて育ててきた農地は、よみがえるのか―?


ゼオライトの科学と工学 (KS化学専門書)
クリエーター情報なし
講談社
スドー 特撰ゼオライト 250g 《有害なアンモニア(アンモニウム)を吸着》【金魚用 水質調整 淡水専用】
クリエーター情報なし
SUDO

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please