大麻、マリファナにつきまとうイメージ

 大麻やこれを乾燥させたマリファナは、麻という植物からつくる。これに含有される化学物質カンナビノイド(約400種類の合成物の一つ特にテトラヒドロカンナビノール (THC))には様々な薬理作用があり、嗜好品や医薬品として用いられる。

 日本においては、大麻取締法により、大麻の所持、栽培、譲渡等に関して規制がある。日本では、無許可所持は最高刑が懲役5年、営利目的の栽培は最高刑が懲役10年の犯罪である。大麻所持は、ドラマや映画では悪役として登場することが多い。

 米国においても、死者が発生した自動車事故において運転者から検出されることのある物質の1位がアルコール、2位がマリファナである。大麻の影響下にある運転者の自動車事故リスクについて過去に行われた調査では、大麻の影響(典型的には運転者の血中THC濃度によって測られる)が大きいほど、自動車事故リスクが高まると報告されている。 


Marijuana-health-risks

マリファナはなぜ非合法なのか?
クリエーター情報なし
築地書館
農業経営者 2012年9月号(198号) 特集:今から始める大麻栽培 無毒大麻を産業に活かす
クリエーター情報なし
農業技術通信社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。