性決定の条件とは?
 性別はどうやって決まるのであろうか?人間の場合、XY染色体の組み合わせによって決まる。XXが女性、XYが男性となる。だが、すべての生物がそうやって決まるわけではない。

 なかにはカタツムリなどのように雌雄同体の生物、クマノミなどのように雄性先熟(雄になり次に雌になる)という生物もいる。ユムシ動物ボネリムシは、浮遊性の幼生が海底に定着して成熟を迎える。その際に、個体が単独で定着した場合は雌となり、先に定着している雌に接触した場合は雄(矮雄)となって雌に寄生する。これを「環境性決定」という。

 変わった性決定の方法があるものだ。ワニやカメのなかまも変わっている。ワニ類は、高温と低温でメスになり中温でオスになる。カメ類は、低温でオスになり高温でメスになる種と、低温と高温でメスになり中温でオスになる種がある。このような性決定を「温度依存性決定」という。



引用元 Wikipedia:性決定 National Geographic news:温暖化でウミガメの性比に異変?

性と進化の秘密 思考する細胞たち (角川ソフィア文庫)
クリエーター情報なし
角川学芸出版
有性生殖論―「性」と「死」はなぜ生まれたのか (NHKブックス No.1212)
クリエーター情報なし
NHK出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。