惑星になれなかった天体たち

 エリス、マケマケ、ハウメア、セドナというと何の名だろう?そう、これらは準惑星(dwarf planet)だ。ただセドナ (90377 Sedna) は、まだ準惑星(冥王星型天体)に決まっていない。

 準惑星とは、太陽の周囲を公転する惑星以外の天体のうち、それ自身の重力によって球形になれるだけの質量を有するもの。国際天文学連合(IAU)が2006年8月24日に採択した第26回総会決議5Aの中で「惑星」を再定義した際に、同時定義された。この会議で冥王星は惑星から準惑星に格下げされた。

 2004年3月16日に発見されたセドナは、冥王星に次ぐ第10惑星(当時)ではないかと思われたが、直径は、冥王星の約43%の995km程度であることがわかっている。セドナは冥王星のはるか外側を大きな楕円を描きながら太陽の周りを回っている。セドナの公転周期は、何と11,000年以上もある。

 それにしてもセドナの軌道は円ではなく楕円。それも近日点が76天文単位、遠日点が約900天文単位と極端な楕円を描く。この理由は何だろう?


最新天文百科 ―宇宙・惑星・生命をつなぐサイエンス―
クリエーター情報なし
丸善
太陽系探検ガイド エクストリームな50の場所
クリエーター情報なし
朝倉書店

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。