夢の水素循環型社会に期待の「光触媒」

 「光触媒」というと酸化チタン(TiO2)であるが、酸化チタンを水に入れると、紫外線のはたらきで、水を酸素と水素に分解できる。本多氏・藤嶋氏の「光触媒」発見以来、工学的な応用として酸化チタンを利用した水から水素を得る研究がなされている。

 水素は次世代主要エネルギーと期待されている物質。「光触媒」は、太陽の光エネルギーから水素というクリーンエネルギーが生成されることを意味し、夢のエネルギー循環サイクルといわれている。このため本多氏・藤嶋氏の発見はノーベル賞候補である。だが、現状では効率が低く、大規模な製品化には至っていない。

 今回、可視光で水から水素を発生する光触媒として4酸化3スズ(Sn3O4)を、物質・材料研究機構の阿部英樹主幹研究員と梅澤直人主任研究員らが発見した。スズの資源が豊富にあり、安価で、毒性も低いため、大規模な水素燃料製造に道を開く可能性があるという。



図解・水素エネルギー最前線
クリエーター情報なし
工業調査会
図解入門よくわかる最新光触媒の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
クリエーター情報なし
秀和システム

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。