クロスカップリングに「パラジウム・ニッケル触媒」

 2010年のノーベル化学賞といえば、日本人が2人が受賞したことを覚えているだろうか。受賞したのは、鈴木章・北海道大名誉教授(80)、根岸英一・米パデュー大特別教授(75)、リチャード・ヘック・デラウェア大名誉教授(79)の3人。

 授賞理由は有機合成の「クロスカップリング反応」であった。「クロスカップリング反応」は、2つの化学物質を選択的に結合させる反応のこと。特に、化学物質は炭化水素で、それぞれの物質が比較的大きな構造(ユニット)を持っているときに用いられることが多い。

 結合する2つのユニットの構造が等しい場合はホモカップリング、異なる場合は「クロスカップリング」という。一般式としては以下のように表される。 ホモカップリング : R-X + R-X → R-R  クロスカップリング: R-X + R'-Y → R-R' R・R'は炭化水素である。



有機合成のための触媒反応103
クリエーター情報なし
東京化学同人
トコトンやさしい触媒の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
クリエーター情報なし
日刊工業新聞社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。