STAP細胞は存在するのか?

 STAP細胞は本当にあるのか?もしあるならば、iPS細胞よりもつくりやすい万能細胞となり、人類への恩寵となる。それにしても未熟な研究論文だった。他の論文からの流用が問題。引用部分はあっても良いが、わかるように書かねばならない。信頼できる細胞なのだろうか?複雑な問題だ。

 第3者でSTAP細胞をつくるのに成功していないのも謎だ。一度はSTAP細胞の再現に成功したという研究者が出現したが、すぐに取り消された。マスコミのバッシングに耐える確実な再現方法をつかんでいないのだろう。

 もはや真実を知るには、小保方氏が直接記者会見で弁明するしかない。そんな状況で、記者会見が行われた。よく出てきたものだと思った。場合によっては徹底的に糾弾されるからだ。そこには少しやつれた小保方氏の姿があった。会見では、未熟な論文に何度もわびながら、STAPの真実を訴えた。



小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する
クリエーター情報なし
幸福の科学出版
nature (ネイチャー) ダイジェスト 2014年 03月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
ネイチャー・ジャパン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。