火星:地球に2年ぶり最接近 満月と紅白の競演

 火星が2年ぶりに接近している。 地球は太陽の周りを365日かけて回るが、火星は687日かけて回る。このため、地球と火星の接近は約2年2か月ごとに起きる。

 2年ぶりに地球に近づいている火星が4月14日、最接近し、赤く輝く星が春の夜空を彩った。満月に近い円い月が近くに並ぶ紅白の競演もあり、天文ファンを楽しませた。

 14日は地球から9239万キロまで近づき、最も明るく見える恒星シリウスと同程度のマイナス1.5等級で輝いた。午後5時半ごろに東の空に昇り、夜には東南の方角に月と並んで見えた。



2035年 火星地球化計画     (角川ソフィア文庫)
クリエーター情報なし
角川学芸出版
双子の探査車がとらえた火星風景 (宇宙画像ebook)
クリエーター情報なし
株式会社ブックブライト

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。