地下に埋蔵された廃熱利用

 コジェネレーション (cogeneration)とは、内燃機関、外燃機関等の排熱を利用して動力・温熱・冷熱を取り出し、総合エネルギー効率を高める、エネルギー供給システムのひとつである。略してコージェネ、コジェネとも呼ばれる。

 身近な廃熱利用例としては、自動車の暖房がある。自動車の内燃エンジンからの排熱が、車内暖房の熱源として利用されている。

 最近では、燃料電池コジェネレーションがある。都市ガスなどから水素を取り出し、水素と空気中の酸素から電気をつくる。副次的に発生する熱を蒸気や温水として回収するシステムで、現在、発電効率35〜65パーセント、総合効率で80〜90パーセントに達している。エネファームという名称で普及している。



引用元 日本経済新聞社:地下の眠る「下水熱」、雪国で暖房や道路融雪に活用 Wikipedia:ヒートポンプ コジェネレーション 東京下水道エネルギー株式会社:下水関連温度差エネルギー


下水道の考えるヒント2
クリエーター情報なし
環境新聞社
新エネルギーが世界を変える―原子力産業の終焉
クリエーター情報なし
NHK出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。