宇宙の始まりはどうなっていたか?

 宇宙の始まりはどうなっていただろう?

 宇宙の始まりについて、ある説では、宇宙は「無」から生まれたとしている。「無」とは、物質も空間も、時間さえもない状態。しかしそこでは、ごく小さ な宇宙が生まれては消えており、そのひとつが何らかの原因で消えずに成長したのが、私たちの宇宙だという。

 また生まれたての宇宙では、時間や空間 の次元の数も、いまとは違っていた可能性がある。ある説によれば、宇宙は最初は11次元で、やがて余分な次元が小さくなり、空間の3次元と時間の1次元だけが残ったという。

 宇宙は、ビッグバンで始まったという。ビッグバンのすさまじい高温は、その直前まで宇宙に満ちていたエネルギーが熱に変化した。宇宙は誕生直後からビッグバン直前までの10の34乗分の1秒の間に、「インフレーション」と呼ばれる、数十桁も大きくなるような猛烈な加速膨張を起こした。



宇宙が始まる前には何があったのか?
クリエーター情報なし
文藝春秋
宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅 (角川選書)
クリエーター情報なし
KADOKAWA / 角川学芸出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。