カニ・エビ大好き日本人

 日本には、ご飯と汁物、香の物をベースに、煮ものや魚の料理を組み合わせる伝統的な食の形式があり、この基本は今日も生きている。2013年12月4日、「和食~日本人の伝統的な食文化~」がユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されたのは記憶に新しい。

 日本の食材の中では魚介類の人気は高い。調査してみると、魚介類の中では特にカニとエビが全国的に上位を占めている。カニやエビは、「贅沢な食材」と捉えられているようだ。ちなみに好きな魚介類ベスト10をあげると 1位 カニ 2位 エビ 3位 まぐろ 4位 さんま 5位 いか 6位 うなぎ 7位 ほたて貝 8位 あさり 9位 明太子 10位 牡蠣(かき)の順である。(味の素「嗜好調査」2000)

 日本で人気のカニやエビだが、カニやエビはキチンと呼ばれる固い殻に覆われている。キチンは地球上ではセ ルロースの次に多量に生産されているものと推定されているが、そのほとんどは固すぎるため廃棄されている。資源の枯渇化が叫ばれる中、地球上に残された数少ない巨大な未利用生物資源(バイオマス)として、このキチンの利用研究が近年、急速に進展してきている。



キチンキトサン粒100% 280粒
クリエーター情報なし
山本漢方製薬
一万人の医師が使い始めた健康回復物質「キチン・キトサン」―症状・病状別に徹底検証!
クリエーター情報なし
現代書林

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。