核磁気共鳴(NMR)の発見

 核磁気共鳴(NMR、Nuclear Magnetic Resonance)とは、外部静磁場に置かれた原子核が固有の周波数の電磁波と相互作用する現象である。

 この原理を利用したものにMRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像)がある。CTスキャンはX線を使うのに対し、MRIは放射線は使わないので放射線被曝はない。 生体を構成する組織の種類による、画像のコントラストが、CTよりも高いなどの利点がある。

 本来はNMR-CTと呼ばれるものであったが、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズがいろいろな誤解を生む可能性があったため意図的に使われなくなり、MRIに落ち着いた。



核磁気共鳴の基礎と原理
クリエーター情報なし
共立出版
めざせMRIの達人―月刊インナービジョン連載「めざせ達人シリーズ“MRI編”」より
クリエーター情報なし
インナービジョン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。