花の遺伝子を組み換える

 花の「遺伝子組換え」というと、「青いバラ」を思い出す。青いバラ「アプローズ」はサントリーフラワーズが開発し、2009年11月3日から販売開始になった。1本2000円〜3000円で売られている。

 「青いバラ」は、過去800年の品種改良の歴史の中で、多くの育種家が挑んできた夢だった。青いバラの開発はそれまで成功しておらず、英語では「不可能」の代名詞とも言われていた。新開発「アプローズ」の花言葉は「夢叶う」である。

 遺伝子組換え技術とは、ある生物が持っている有用な遺伝子を、他の生物に組み入れて新たな性質を加える技術。最近スーパーで売られている豆腐などに、「遺伝子組換え大豆は使用していません」という表示がされているのを見た人も多いと思う。



ドキュメント遺伝子工学 巨大産業を生んだ天才たちの戦い (PHPサイエンス・ワールド新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所
遺伝子工学: 基礎から応用まで
クリエーター情報なし
東京化学同人

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。