世界最大の鳥類は?

 鳥類は、セキツイ(脊椎)動物の一つ。主な特徴として、前足が翼に変化しており、後足で二本足歩行をするとともに、多くの種が飛ぶことができる。全身が羽毛に覆われ、恒温である。歯がなく、くちばしをもつ。生殖は卵生である。

 世界で約1万種弱が確認されており、その約半数5747種は、スズメのなかま(スズメ目)である。生息地は地球上のほとんどすべての地域・環境に適応した種が存在する。

 鳥類で最も大きなものは何だろう?重さでは「ダチョウ」。世界一大きい鳥であり世界一重い鳥。体高2,5m、体重は最大で150kg程度になる。飛ぶことはできないが時速70kgで走ることができる。ダチョウが大きくなったのは草原に棲み、草食を選んだため腸が発達し、体が大きくなった。



鳥の雑学事典
クリエーター情報なし
日本実業出版社
鳥類学
クリエーター情報なし
新樹社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。