再生医療の可能性

 再生医療(tissue engineering)とは、胎児期にしか形成されない人体の組織が欠損した場合にその機能を回復させる医学分野である。

 その方法として、クローン作製、臓器培養、多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)の利用、自己組織誘導の研究などがある。将来的には遺伝子操作をした豚などの体内で人間の臓器を養殖するということも考えられている。

 先日も先端医療センターが、iPS細胞を使った網膜の再生手術に成功した。ヒトの体のあらゆる部分を再生できればヒトは手だろうが、足だろうが、内臓を取り替え、脳を取り替えても生きることができ、永遠の生命を手に入れることができるかもしれない。



痛みに負けないカラダをつくる 関節ストレッチ&トレーニング
クリエーター情報なし
現代書林
ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典―部位別・動作別にわかりやすくリアルに徹底解説
クリエーター情報なし
成美堂出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。