バナナの皮置くと6倍滑りやすくなる!

 10月に発表される、ノーベル賞の前哨戦として行われる「イグ・ノーベル賞」。毎年ユーモアあふれる研究に贈られるが、しっかりとした学術に基づいているのが特徴だ。

 9月18日、米国の米ハーバード大学で授賞式が開かれた。24回目となる今年は、バナナの皮を踏んだ時の滑りやすさを研究した、北里大医療衛生学部の馬渕清資(きよし)教授(63)らが物理学賞を受賞した。日本人の受賞は20組目で、2007年から8年連続だ。

 馬渕教授らのグループは、ふだん研究する人工関節の性能向上に、バナナの皮の滑りやすい仕組みを応用できないかと考えた。バナナの皮の内側を下にして床に置き、靴で踏む実験を100回以上繰り返した結果、皮がない時に比べて、6倍滑りやすくなることがわかったという。皮の外側を下にした場合は3倍だった。


参考 Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%A9%E6%93%A6%E5%8A%9B

マイナビニュース:http://news.mynavi.jp/news/2014/09/19/293/


イグ・ノーベル賞 世にも奇妙な大研究に捧ぐ! (講談社+α文庫)
クリエーター情報なし
講談社
media5 Special Version 4 高校シリーズ 高校物理
クリエーター情報なし
メディアファイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。