10月8日の皆既月食

 10月8日、絶好条件の皆既月食が起こる。2011年12月の皆既月食も好条件だったが、今回は宵のころに皆既となるので、さらに見やすい。欠けはじめの18時14分にはまだ月が昇っていない地域もあるが、皆既となる19時25分から20時24分の間は全国で見ることができる。

 月のすぐ右側には6等級の天王星が位置している。明るさが弱まる皆既食の間に、月の直径およそ1~2個分まで離れていくようすを双眼鏡や望遠鏡で見てみよう。満月の姿に戻るのは21時34分だ。

 皆既月食は、月が地球の影に隠れることで、赤銅色の満月を観察できる天体ショー。今回は18時14分頃から欠け始め、19時24分から20時24分まで、1時間ほど皆既月食を観察できる見込みだ。



3万円の望遠鏡とデジカメで楽しむ 気まぐれ天体撮影ガイド2013
クリエーター情報なし
松永 安浩
星・月・夜空の撮影術 (玄光社MOOK)
クリエーター情報なし
玄光社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。