注目される体内の硫黄化合物

 硫黄は、人体を構成する主要 4 元素(水素・炭素・窒素・酸素)に次いでカルシウムやリンとともに多く含まれる。硫黄化合物は生物内で不可欠な役割を果たしている。例えば、ビタミンB1とB7(ビオチン、ビタミンHとも)にも含まれる。

 植物の根では、硫黄は硫酸イオンの形で吸収され、還元されて最終的に硫化水素となってから、システインやその他の有機化合物に取り込まれる。アミノ酸ではシステインとメチオニンが硫黄を含み、それらがさらにペプチド・蛋白質に取り込まれる。

 体内では、L-システインと呼ばれるアミノ酸から硫化水素が生成される。最近、毒ガスとして知られる硫化水素が体内では重要な役割をしていることがわかってきた。硫化水素には抗酸化力があり、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、腎不全に治療効果があるという。また、脳に対してはアルツハイマーなどの認知症にも効果が認められるというのだ。



宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社
下垂体疾患診療マニュアル (内分泌シリーズ)
クリエーター情報なし
診断と治療社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。