水の惑星の「水」はいつから存在するか?

 私たちの地球にはおよそ14億Km3の水があると言われている。 しかしそのうちの約97%が海水であり、淡水は約3%しかない。そしてこの淡水の約70%は南・北極地域の氷として存在しており、地下水を含め、川の水や湖・沼など、私たちが生活に利用できる淡水は地球上の水のわずか0.8%でしかない。

 さらにこの大部分は地下水であるため、河川や湖沼などの人が利用しやすい状態で存在する水に限ると、その量は約0.01%(0.001億キロ立方メートル)でしかないのだ。

 「水の惑星」とも呼ばれる地球だが、このように実際に使うことができる水の量は以外と少ない。比較的多湿で、水の豊かな日本に住んでいる私たちは、それほど意識することはないが、世界各地では水資源に関する様々な問題が起こっている。

 ところで、この水はいつごろから地球に存在するのだろうか?



水の惑星―地球と水の精霊たちへの讃歌
クリエーター情報なし
河出書房新社
生命の起源を宇宙に求めて―パンスペルミアの方舟 (DOJIN選書36)
クリエーター情報なし
化学同人

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。