環境負荷の多い太陽光発電

 再生可能エネルギーとは、広義には、太陽・地球物理学的・生物学的な源に由来し、自然界によって利用する以上の速度で補充されるエネルギー全般を指す。

 エネルギー資源に恵まれていない日本は、太陽光、風力、波力・潮力、流水・潮汐、地熱、バイオマス等、自然の力を利用して、発電、給湯、冷暖房、輸送、燃料等、エネルギー需要をまかなっていかねばならない。

 地下資源価格の高騰、枯渇性資源が持つ有限性への対策、地球温暖化への対策、緩和策等の目的の他、近年利用が増加しており、2010年時点では世界の新設発電所の約1/3(大規模水力を除く)を占め、年間投資額は2110億ドルに達している。

 固定買い取り制度が導入され、普及の進んだ「太陽光発電」であるが、太陽光発電のパネルをつくるのに必要なエネルギーや製造過程で出るCO2は、太陽光発電の利用で相殺できるものなのだろうか?



原子炉を眠らせ、太陽を呼び覚ませ
クリエーター情報なし
草思社
誰も答えない!太陽光発電の大疑問―エネルギー供給技術を評価する視点
クリエーター情報なし
不知火書房

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。