天然ガスの利点と問題点

 天然ガス(natural gas)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスで、一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。最近、日本近海で取れる資源「メタンハイドレード」も天然ガスの一種である。

 天然ガスの成分のほとんどはメタン(CH4)でできている。天然ガスの由来は、太古の昔、海に住んでいたプランクトンなどの小さな生き物である。太古の生物の死骸が海の底に沈み、それが砂や泥の中に溜まり、長い年月地層の圧力を受けて、油分が浸み出て石油になる。それが地熱などで温められて気化し、地層の山のように曲がった部分にたまることによりつくられる。

 天然ガスはパイプラインにより気体のままで運ぶか、液化天然ガスにして運ばれる。液化天然ガス(LNG)は、気体である天然ガスを-162℃以下まで冷却して液体にしたもの。体積は気体の約1/600しかないので、輸送・貯蔵を目的として液化される。



シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う
クリエーター情報なし
PHP研究所
トコトンやさしい天然ガスの本(第2版) (今日からモノ知りシリーズ)
クリエーター情報なし
日刊工業新聞社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。